FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
202003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202005
通達を出しました!
従業員の皆様に「通達」を出しました。

一般の事業者にとって、規模の大小問わず大変な状況になってきています。
しかし、まず守るべきは従業員さんの健康、ご家族の幸せです。

世界を巻き込むウイルスが早く収束し、
その後に素晴らしい未来がやってくることを念じて、過ごしていきたいと思います。


従業員の皆様へ

日々の勤務、ありがとうございます。

現在、新型コロナウイルス感染症の影響で、
世界のさまざまな国で都市封鎖や外出制限が実施されています。
感染原因や経路については不明な点が多く、不安に感じられている方も多いと思います。
また現在、都市部を中心として多くの感染者が見られ、日々増加していく傾向にあります。

本日コロナウイルス対策の通達を出しましたが、
皆様にはまずご自身が感染しない努力をしてもらいたいと思います。
その上で、近くの人を感染させてしまう怖さを十分に認識してください。
感染した場合、大切なご家族や友人、会社の同僚、そしてお客様にも影響が及びます。
自分がしなくても… 少しくらいなら… という軽い気持ちが、
取り返しのつかない状況につながりますので、意識を強く持った行動をお願いいたします。
 
しばらくは十分な活動が出来ない状況が続きますが、
今しかできないことを前向きに取り組むことによって新たな未来が開けていきます。
日々生かされているという感謝の精神で、この苦境を乗り越えていきましょう!


コロナウイルス対策について

1.出勤時、昼食時、外出から社内に入るときは、必ず手洗い・うがいをする。

2.平素から原則として社内、社外ともマスクを着用する。

3.社内、店内の定期的な換気を行う。

4.4月末日までは通常の外商訪問活動を休止する。
  但し、顧客からの要望や問い合わせによる案件については、連絡の上訪問する。

5.国から営業自粛要請、各自治体より緊急事態宣言が発令、または同様の要請が
  出た場合、その地域の店舗営業は休止する。

6.各上長の判断により、臨機応変の営業対応を行えるものとする。

7.昼夜を問わず、集団での飲食会開催・参加は禁止する。


以上。通達でした。
奈良に「鹿」登場!
奈良 蔦屋書店さんに名和晃平さんの作品がお目見えしました。

その名も、「Trans-Sacred Deer (g/p_cloud)」

IMG_7495 2
IMG_7493.jpg

奈良では「鹿」を神の使いとして扱います。
春日大社の祭神が鹿島神社から神鹿に乗ってやってきたと伝わっているため、
この作品は、その象徴的な場面を表現していると言えます。

この「鹿」は、彫刻家でありアーティストである名和晃平さんの新作。

昨年秋の大丸心斎橋店「鳳/凰」に引き続いて
若林佛具製作所の職人さんで製作させていただきました。

木彫は、若手仏像彫刻師チーム
漆塗は、現場工事もできる敏腕の若手塗師チーム
箔(金箔・プラチナ箔)は、代々お付合いのメイン箔押師チーム

漆は下地、中塗りを万全に。箔はいずれも二度押しです。


先日、ここ蔦屋書店の内覧会が開催され、
ご覧になった方からは「え?!木で出来ているの??」という声も聞きました。
鳳凰の時の反応と同じです。


名和さんが言う言葉の中に、
木地、漆や箔はリセットできるものであり、
仏像を中心として奈良時代、平安時代から既に千年という時を超えて
実証されているものであると。

なので、3Dプリンターなどの樹脂製品とは基本的に違うものなのです。

他にはできない、弊社仏具職人の技術がフルに発揮できる場所として、
今後も名和さん&メンバーの皆さんと協働できればありがたいと思っています。

4月4日オープン!
時期的に難しい面もありますが、ぜひ奈良へお出かけくださいませ。

実物は迫力満点です!!


一級セコカン!
今年は受験することになっております。

「一級建築施工管理技士」

IMG_0363.jpg


既に2級は取得していますが、現在はあまり役に立ちません。

来年より試験制度が変わるらしく、本年は現行制度最後の受験となります。
何でも「技士補」という資格ができるようです。

より難しくなるのか??

ということで有言実践! テキストも揃って参りました。

時間的にどっぷり講習を受けに行くというわけにはいきませんが、少しは必要。
全くの自習というのも私には向いていないと思います。


さて、全国的に外出自粛が続いておりますが京都本店は開店しています。
お客様にも来ていただいていて、有り難いことだと思います。

やはりお仏壇は必要に応じてご購入されます。
そして、この時期はゆっくりと選んでいただけると思います。

何とも意図的??に経済を崩壊させるような感覚も感じながら、
これ以上、世界の皆様が影響を受けないように念じております。

顔晴って(^^)参りましょう!


本社屋上より!
東京では外出自粛要請、外務省からは海外渡航自粛要請と
何とも自粛ムードが収まる気配を見せないどころか、広がりを見せています。

地域差はあるのでしょうが、花見の時期に外へ出られないというのは
何とも寂しい感じがします。


うちの娘の情報では、シンガポールも今晩から職場と学校を除く10名以上の
集まりが禁止となり、映画館も休館。
狭い国土で、海外渡航も自粛、かなり退屈で窮屈な生活を強いられるようです。


ということで、昨日日中の本社屋上です。
本当にいいお天気で、京都市内は見た目平和な感じが漂っています。

IMG_0308.jpg

IMG_0306.jpg

IMG_0310.jpg

IMG_0309.jpg

しかし、京都の中小企業、特に宿泊、飲食をはじめとする観光関連業や
そこに繋がる業種の皆様は大変な時を迎えています。

ぜひ早く治療薬が開発され、社会経済が徐々に元へ戻り、
日本に世界に活気が甦ることを切に希望します。


覚悟はよいか。
新型ウイルスにより世界経済はますます先が見えないような状況ですが、
ここまでの広がりは誰も予想できなかったことだと思います。

オリンピックが延期されるなど、おそらく誰一人考えもしなかったでしょう。

覚悟があるかないか…

会社を取り巻く環境というものは刻々と状況が変わっていきます。
もちろん、個人も仕事、体調、家族の状況など、年々変化していくものです。
同じところに留まることはあり得ないのです。

松下幸之助さんが著書の中で語られているのは、


すべてのことにおいて、
いろいろの姿で刻々に「覚悟はよいか」と問われているのである。
そのことをみずから察知して、自問自答するかしないかは、
その人の心がけ一つであろう。

ましてや昨今のわが国の社会情勢、経済情勢は、
世界の動きとともに寸刻の油断もならない様相を呈しつつある。
つねに「覚悟はよいか」と問われることを、おたがいに覚悟したいものである。


人生は修行の連続により、魂が成長していきます。
どんなことが起ころうとも、
それは生まれる前にある程度は自分で決めてきているのです。
(信じられなくて普通です!)

覚悟を持ってことにあたると、意外と道が開けてくることがあります。
ことにあたらない(行動しない)人は体験できません。

これは、私が少しだけ体感したことです。
でも、また次のハードルがやってきています。

さて、
昔、本や映画でノストラダムスの大予言やノアの箱舟などが流行りましたが、
現状はまさにハリウッド映画を再現したような内容であるように思います。

人ごとではありません。
個人が防御するより他はないのです。
外から帰ったら、手洗い・うがいを必ずいたしましょう!!

お寺様の動座法要
長年お付き合いをいただいている西福寺様で
御本堂耐震補強に伴う修復工事の起工式が執り行われました。

IMG_0160.jpg

IMG_0162.jpg

今回は、御本尊の阿弥陀如来が本堂から庫裏の内仏へ移られる
「御動座」の準備と進行をさせていただきました。
(若林でお輿をご用意して、阿弥陀様にお立ちいただく形をとっています)

お手伝いの役員の皆様、ありがとうございました。

IMG_0178.jpg

最初にご縁をいただいたのが昭和53年といいますからかなり古いお話。
御本堂の仏具修復から御内仏、納骨堂までご下命をいただいています。
卯兵衛相談役はじめ歴代の営業担当者がみんなお世話になっているお寺様です。

またご親戚のお寺様にも多くご縁をいただいており、
本当にありがたい事であると感謝を申し上げる次第です。
ご縁を継続してきた若林の先人にも併せて感謝しなければなりません。

建設業者様に引き続いた私の挨拶でも、その辺りを申し上げました。

IMG_2102.jpg

さて、これから御本堂修復のお仕事が始まります。
お寺様の期待以上のものを納められますよう進めて参りたいと思います。

担当のY君、よろしくお願いいたします!


開明社の総会!
令和2年度の開明社の総会が開催されました。
開明社とは御本山西本願寺出入り業者の会のことです。

新型コロナウイルスで世界が縮小ムードの中、多くの社員が出席されました。
場所は伏見の「魚三楼」さん。

IMG_0127.jpg

IMG_0129.jpg

歴史ある京料理のお店で、創業250年を数える名店です。

おそらくこの時期に大きな宴会をされることは少ないと思いますが、
ちょっとメディアが騒ぎ過ぎではないでしょうか。

今回、議長を依頼されて議案の審議をさせていただきました。
こんなところにJCで培った経験が役に立っています…

IMG_0130.jpg

ということで、今回はさすがに御本山からのご出席はなく、
社員だけでしたが和やかに過ごすことができました。

IMG_0133.jpg

今回理事長が交代され、創業400年の負野薫玉堂さんへ。

歴史ある開明社の一員として、
今後も御本山とともに歩む体制を築いて参ります。


「よそ者 若者 馬鹿者」
知人がFacebookで革新的な行動の話をアップしていました。
地域再生や企業活動など、改革を起こす人は「よそ者 若者 馬鹿者」であると。


PHPから発刊されている本があります。

「若者、バカ者、よそ者」
イノベーションは彼らから始まる!

ということで、この本の解説には次のようにあります。


行き詰まった日本を変えるにはどうすればいいか。
その答えは、いままでのやり方を変えることだ。
家電メーカーの業績不振は、中国や韓国メーカーの技術的なキャッチアップと
円高によるものだろうが、変わらない企業の側にこそ問題がある。

人が変わらなければ、結果が変わらない。
著者は、過去の成功体験に頼らないで組織を改革するには、
「若者、バカ者、よそ者」の力が必要だと説く。
つまり、固定観念にとらわれない強力なエネルギーを持つ若者、
旧来の価値観の枠組みに収まらない、はみ出たバカ者、
組織の外にいて従来の仕組みややり方を知らない、批判的に見るよそ者である。

元気のない日本企業と社会を活性化すること、
新製品の発明・発見、新市場の開拓、新しい産業組織の実現など、
いま日本に求められているのは、まさに創造的破壊なのだ。


経済学者のシュンペーターという人がいます。

市場経済はイノベーションによって不断に変化している。
そして、イノベーションがなければ、市場経済は均衡状態に陥っていき、
企業者利潤は消滅し、利子はゼロになる。
したがって、企業者は創造的破壊を起こし続けなければ生き残ることができない。


創造的破壊… まさしくその通りだと思います。

今、コロナウイルスが世界を巻き込んでいますが、
世界も日本も変わらなければならないという警告だと感じます。
今までの社会の枠組では、いずれ世界が破綻するということではないでしょうか。

イノベーションを起こすのは、まず個々の企業からです。
従来と同じ考え方、行動でこれからも過ごせると思っているとその企業は消えます。

昔はこうだったとか、自分はこうしていたとかいう人もいますが、
それ自体が通じなくなっていることが多いのです。早く気づくべきですね。

ということで、個人的には「馬鹿者」であり続けたいと思います。


今年もきれいに咲きました!
うちの家と隣の実家の間にある梅。

今年もきれいに咲いてくれました!!

56ACBFA9-6BAB-4C2C-9BCC-8657E6B92056のコピー2

数年前に家を建てる時に、実家の庭にあった多くの木を切りました。
(もともと呉服屋の別荘だったそうです)

戦前にここへ引っ越してきた曽祖父には大変申し訳なかったのですが、
家を建てるためには仕方がありません。

その中でも、専門家である植木屋さんから
「この梅だけは残しておいたほうがいい」と言われたのがこの木です。

明治期に植えられた梅だと思うのですが、姿形が大変美しいのです。

今年もきれいな花を咲かせました。
朝から美しい花を見ると幸せな気分になります。


100年以上の時を超えても咲き続けるこの梅を見習って
頑張って顔晴って参りたいと思います。


不安な時こそ行動を!
最近の新型ウイルスに関する報道は、不安を煽るようなものが多くうんざりします。
本当に意味のある情報だけをAIがピックアップしてくれないものでしょうか。

企業としては危機管理の観点から、出勤時、外から帰社時に“手洗い&うがい”をお願いしています。
従業員一人ひとりの掛からないように注意する行動が必要です。
もちろん人の集まるところ、密室に行かない等 …他に気をつけることは多々ありますが。

社会状況が“右にならえ”になって来ると、企業活動が消極的になり経済も停滞してきます。
そこで言い訳して行動が止まってしまうことのないよう、気をつけたいものです。


不安に挑む

いつの世でも、われわれにとって完全に安穏であるという状態はないといってよい。
お互い人間である以上、程度の差こそあれ不安動揺なしにはいられないと思う。
それが人間本来の姿である。
しかしだからといって、ただ不安動揺し、
それにおびえてなすところなくウロウロしているというのでは、
そこから何も生まれてこない。
そうではなく、不安は感じるが、しかしその不安に敢然と闘いを挑み、これを打破していく。
むずかしい仕事、困難な要求に直面して、一面に不安を感じるが、反面かえって心が躍る。
そしていろいろの考えを生みだしこれを克服していく。
そういうふうでありたいと思う。


いかがでしょうか。松下幸之助さんの言葉です。

不安動揺し、それにおびえてなすところなくウロウロしている…
これこそ日本の現状ではないでしょうか。

「日本こそが世界を救える唯一の国である」という言葉を信じて
大好きな日本を応援していきたいと思います。

新型ウィルスの影響
京都市内の観光地は閑古鳥が鳴いている…というのは本当ですね。
JR東海、京都駅の駅長さんも
新幹線は「人が少ないですわ〜」とおっしゃっていました。

いかに中国をはじめとする海外の観光客に頼っていたかよくわかります。


さて、若林佛具製作所の関連会社が運営する仏壇・仏具販売の「なごみ工房」。

楽天市場を中心とするECサイトに出店していますが、
発送を一部依頼している倉庫屋さんが、当日受注の発送ができないというのです。

え?

そう、
小中学校、高校が休校のために、パートさんが出勤できないということでした。

さあ大変です。
楽天はスーパーセール中!「あす楽」(翌日配達)を外すわけにはいきません。
月曜日から、社内発送対応が始まります。
他部署皆さんの力を借りて、ぜひ前向きに進めていただきたいと思います。…

無責任な言い方に聞こえますが、私はこれも訓練だと思います。
いつもアウトソーシングしていたものが突然出来なくなる。
一つの危機管理です。
ぜひコロナショックを乗り越えて、がんばってほしいです。


企業としては、感染者を出さない施策は必要です。
出てしまったら、企業活動自体に重大な影響が出てしまいます。

外出から帰社後の手洗い、うがいは必須ですので、
再度朝礼で徹底しなければならないと思います。


若林商報(寺院向カタログ)発刊!!
ついに完成いたしました!

京仏具「若林商報」令和二年発行

ということで
今回は商品が掲載されている「商報」
御本山、別院をはじめ直近の代表的な「納入実績」
商報に掲載されている仏具の「価格表」
が3冊で1セットとなっています。

IMG_9967.jpg

まずは若林佛具製作所が今までお取引させていただいたお寺様に対して発送、持参
して参りますが、ご要望をいただきましたらお送りさせていただきます。

全国的に見て一般のお寺様に閉塞感があることは事実だと思いますが、
そんな時だからこそ、今後のビジョンを描いていただく機会としていただければと
考えています。

京都は価格が高い!

というイメージをお持ちのお客様も多いと思います。
しかし、今はそんなことはありません。

確かに京都の職人でハンドメイドで作ると、どうしても大量生産より高くなって
しまいますし、若林では仏具の修理年数として50年〜100年先を考えて作りますので、
どの工程も手を抜けないということもあります。
安ければいい!という考え方は、結局先々で苦労されるお客様が多いのが実情です。


時代は変わっています。

若林はこれまでの様々な経験とノウハウをもとに、ご事業の予算にあった内容を
ご提案させていただいております。

お問い合わせいただきましたら、
すぐに担当が対応させていただきますのでお気軽にご連絡ください。

フリーダイヤル(各店共通)0120−37−8585
メールアドレス info@wakabayashi.co.jp

以上、よろしくお願いいたします。


コロナウィルスについて
日本中、いや、世界中(の報道)がえらいことになっていますね。

ここまでになるとは… 様々なメディアやソースから情報が得られることで、
それに反応してよくもあり悪くもある動きが出てきます。

恐れを植え付けるような報道ばかりは、ぜひやめていただきたいと思います。
逆に健常者は重篤化しないことも、もっとPRした方が良いのではないでしょうか。
この際、タバコはダメ!と言っていただくのもいいと思います。

と言いつつ私には何もできませんので、
外出から戻ったら「うがい」「手洗い」、これを続けていきたいと思います。
まず、自分がかからないことですね。

弊社では、従業員の皆さんに通達を出させていただきました。


コロナウィルスについて

1. 出勤時、外出から社内に入る毎に手洗い、うがい(手の消毒)をする。

2. 外出時は原則マスクを着用し、せき、くしゃみのある従業員は社内でも着用する。

3. 発熱(微熱)等のある従業員は直ちに会社に申し出る。

4. 検査はしていなくとも新型コロナウイルスの特徴である発熱、倦怠感、咳、
  息苦しさ等の症状が出ている従業員は出勤を禁止する。

5. 出張で宿泊するホテル等でビュッフェ、バイキング形式の飲食は避ける。

6. 飲食を伴う懇親会等は当面行わない。

7. 意識に地域差があるので、各上長の判断で臨機応変の営業対応を行う。

以上


皆様もまずは自分がかからないことです!

知恩院さんの「華頂」
知恩院さんが毎月発行されている冊子「華頂」。
その中に毎月「御影堂(みえいどう)ニュース」のコーナーがあります。

IMG_9879.jpg

IMG_9877.jpg

IMG_9878.jpg
(ユニフォームに若林工芸舎の名前が見えます)


3月号の内容は、幢幡(どうばん)の納品!
若林工芸舎が設計し新調させていただいたこの幢幡、
明治14年に作られたものがあったのですが、今回新調され6.2m、重さ400g。
間違いなく世界最大級となっています。

2年前に木地の状態で一度吊り下げてバランスを確認しています。

もともとの吊り元は、小屋組の梁に巻きつけてありましたが、
今回、その吊り金具一式も新しく作り直しました。
何から何まで大掛かりです!

100年先までは、間違いなくこの御影堂に吊られていることでしょう。
また50年後、100年後の修理には、若林が関わっている(いたい)と思います。

壮大なタイムトラベル的なお話ですが。


これから4月の落慶法要に向けて着々と準備が進んでいきます。
施工業者として、今から出席させていただくのを楽しみにしています。

コロナウィルスが早く収束してくれるよう祈りつつ…


久々の築地本願寺さん!
東京支社、築地店の皆さんとの面談で、東京にやって参りました。
初日午後は東京支社での面談。

どうしてもお一人あたりの予定時刻をオーバーします。
1年に一回なので話が広がることもあり、無理があるのでしょうか?
懇親会ではおいしいお肉をいただき、東京支社の皆さんと交流。
やっぱり二次会では寝てしまいました^^;
お付き合いいただいたIさん、S君、ありがとうございました。


翌日は朝から築地店の皆さんとの面談。
築地という良き立地で店舗を構えさせていただいている有り難さを感じながら、
そこで日々頑張ってくれている女性従業員さんには感謝しています。

朝から築地本願寺さんの本堂と合同墓、カフェ・ショップを見学。
あらためて、素敵な境内地へと変貌した築地さんは魅力たっぷりです。

以下、さまざまな場所にて撮影していますので、ご覧ください。

3D7905B2-752F-40C1-8FC8-A587F2B33C59.jpeg

142CEE2F-C80B-4CD7-BF5C-CA08DA86F1F3.jpeg

0BAFCFB0-F52B-4C69-B089-DE14018F5BA9.jpeg

9AB0864F-64D5-4F1C-A594-8228B33A33DA.jpeg

1A3B6A1E-FCBA-4C4D-AA64-9A43FA63F3DD.jpeg

ACF743B5-8495-4789-BEC6-2DCD516FD8DE.jpeg

A1D45BA5-1FF9-4B4E-8AA3-58EADEAEBCD8.jpeg

34DE818F-A902-4B54-A97F-25A53D80A414.jpeg

DC097053-D236-49F9-8A26-C561C3B4B141.jpeg

62D69D59-8C05-4B7E-894D-197A54B62F7C.jpeg

B18625B9-C97C-451A-8142-B706E58890BF.jpeg

348065F3-C134-4B4D-857D-9F9FECA1E33F.jpeg

28416107-7950-49F7-BB24-DBC9623B8C67.jpeg

1957E45A-B330-40D6-AF93-FF5844252039.jpeg

5059B4D8-20C8-4BAD-A3FE-BEDC6474E529.jpeg

70567D6D-37A4-4FD6-903F-FA646ED11B4E.jpeg

1E4EB30E-87DF-4351-81C1-AB37ADA85690.jpeg


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.