FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
202003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202005
お寺様の動座法要
長年お付き合いをいただいている西福寺様で
御本堂耐震補強に伴う修復工事の起工式が執り行われました。

IMG_0160.jpg

IMG_0162.jpg

今回は、御本尊の阿弥陀如来が本堂から庫裏の内仏へ移られる
「御動座」の準備と進行をさせていただきました。
(若林でお輿をご用意して、阿弥陀様にお立ちいただく形をとっています)

お手伝いの役員の皆様、ありがとうございました。

IMG_0178.jpg

最初にご縁をいただいたのが昭和53年といいますからかなり古いお話。
御本堂の仏具修復から御内仏、納骨堂までご下命をいただいています。
卯兵衛相談役はじめ歴代の営業担当者がみんなお世話になっているお寺様です。

またご親戚のお寺様にも多くご縁をいただいており、
本当にありがたい事であると感謝を申し上げる次第です。
ご縁を継続してきた若林の先人にも併せて感謝しなければなりません。

建設業者様に引き続いた私の挨拶でも、その辺りを申し上げました。

IMG_2102.jpg

さて、これから御本堂修復のお仕事が始まります。
お寺様の期待以上のものを納められますよう進めて参りたいと思います。

担当のY君、よろしくお願いいたします!


開明社の総会!
令和2年度の開明社の総会が開催されました。
開明社とは御本山西本願寺出入り業者の会のことです。

新型コロナウイルスで世界が縮小ムードの中、多くの社員が出席されました。
場所は伏見の「魚三楼」さん。

IMG_0127.jpg

IMG_0129.jpg

歴史ある京料理のお店で、創業250年を数える名店です。

おそらくこの時期に大きな宴会をされることは少ないと思いますが、
ちょっとメディアが騒ぎ過ぎではないでしょうか。

今回、議長を依頼されて議案の審議をさせていただきました。
こんなところにJCで培った経験が役に立っています…

IMG_0130.jpg

ということで、今回はさすがに御本山からのご出席はなく、
社員だけでしたが和やかに過ごすことができました。

IMG_0133.jpg

今回理事長が交代され、創業400年の負野薫玉堂さんへ。

歴史ある開明社の一員として、
今後も御本山とともに歩む体制を築いて参ります。


知恩院さんの「華頂」
知恩院さんが毎月発行されている冊子「華頂」。
その中に毎月「御影堂(みえいどう)ニュース」のコーナーがあります。

IMG_9879.jpg

IMG_9877.jpg

IMG_9878.jpg
(ユニフォームに若林工芸舎の名前が見えます)


3月号の内容は、幢幡(どうばん)の納品!
若林工芸舎が設計し新調させていただいたこの幢幡、
明治14年に作られたものがあったのですが、今回新調され6.2m、重さ400g。
間違いなく世界最大級となっています。

2年前に木地の状態で一度吊り下げてバランスを確認しています。

もともとの吊り元は、小屋組の梁に巻きつけてありましたが、
今回、その吊り金具一式も新しく作り直しました。
何から何まで大掛かりです!

100年先までは、間違いなくこの御影堂に吊られていることでしょう。
また50年後、100年後の修理には、若林が関わっている(いたい)と思います。

壮大なタイムトラベル的なお話ですが。


これから4月の落慶法要に向けて着々と準備が進んでいきます。
施工業者として、今から出席させていただくのを楽しみにしています。

コロナウィルスが早く収束してくれるよう祈りつつ…


御正忌報恩講 終了!
本日最終日、御満座,を迎えられ終了いたしました。

「御正忌報恩講」はいつものように1月9日から16日まで1週間、
西本願寺御本山で執り行われました。

出入業者である「開明社」は期間中毎日、お斎の接待に行くことは
前回のブログでも取り上げたとおりです。

15日の夜、16日最終日の早朝にはそれぞれ
「御点心の儀」と「御斎の儀」が行われ、全国各講の代表者が
御門主を囲んでの儀式に臨まれます。

!cid_3B9F569B-AD10-4909-871C-F300A8E277CE.jpg

そうして、ほんとの最終は、我々「開明社」社員が御本山職員さんから
お斎の接待を受けます。

!cid_D46AD23A-12C9-41E1-A76D-D8BD48407780.jpg

!cid_956CECBD-2DE4-45CB-B195-EAF23AD7BEAA.jpg

!cid_4FE7A2F7-1C2F-4C4C-8A07-DD1EE79DEFFC.jpg

本日は「開明社」の打ち上げで、「お斎」接待の関係部署職員含めての懇親会が行われました。

明日は法要を仕切る「式務部」の打ち上げ、100名規模の宴会が行われます。

これほどの人数が働かれる御本山は、京都でも他にはないと思います。

全国でも最大規模の門信徒数を誇る西本願寺さんが
これからもますますご発展されますことを念じてやみません。

皆様、おつかれさまでした!
2020年 西本願寺 御正忌報恩講
!cid_8252C0F8-F2FC-45B9-8E49-DAF5E9BBBCAF.jpg

報恩講とは…
親鸞聖人のご遺徳を偲び、そのご苦労を通じて、阿弥陀如来によるご本願による
お救いをあらためて心に深く味わわせていただく法要です。

と解説があります… わかります??大変難しい文章です。

宗祖である親鸞聖人のご命日に際して、真宗の考え方、阿弥陀如来の救いを再認識しましょう!
とでもいいましょうか。
浄土真宗では一番重要で、かつ大きな法要であることは間違いありません。

!cid_EB377558-12CB-4532-AF55-A221429954D6.jpg

さて、本年も御用達商「開明社」の社員として、
この御正忌報恩講の“お斎(とき)”の接待に出仕しています。

黒紋付き・袴姿が必須です。

!cid_12EA5BCE-38FB-48E0-9BA7-A6D963926A6F.jpg

お斎とは… 
仏教では「食事(じきじ)」と呼ばれる午前10時から正午までの間に
食事をする習わしがあり、このときの料理を「斎(とき)」といいます。

以下、パンフレット写真の通りです。

!cid_8125A041-1727-4035-AB9B-8CDEFDDAA80F.jpg

203畳ある書院の大広間、国宝「鴻之間」での接待です。
(撮影禁止なので、Webサイトより)

20180404_news_01-01_W400.jpg

!cid_EB4C7BB7-F4D8-4D50-97D6-AE19B03A1146.jpg

控室は隣の部屋に有り、朝から皆さんは火鉢の前で待機しています。

!cid_CE1BA944-6180-4B99-8017-7FC52846B690.jpg

各日120名~130名ほどの入れ替えが三度ほど。

主膳、お酒、白味噌汁、白飯、(各お替わり有)、白湯、お菓子(鞍掛饅頭)、抹茶
これをすべて順番に出していき、そして片付けます。

今は椅子席ですが、昔は畳席だったので、
お膳を出す方も、袴での立ち座りが大変だったようです。

寒い時期、特に白味噌汁は人気です。

今年もこの後15日、そして16日の早朝まで接待に関わらせていただきます。
S君、よろしくお願いします!

幢幡吊り作業完了!
総本山知恩院さん御影堂の納入作業が大詰めを迎えています。


中央、法然上人の宮殿・須弥壇は、文化財修理として若林工芸舎が担当させていただきました。
その他文化財としては内装漆箔修理工事を施工。

文化財指定外の荘厳具は厨子、机、天蓋、額など多岐に渡ります。
この荘厳具修復は、安藤さん、大西さんと3社で施工しています。


そして、今回最大の新調荘厳具が「幢幡(どうばん)」です。

内陣左右の天井から吊り下がっていて、総高さは20.5尺
6メートルを優に超える日本一(ということは世界一!)大きな「幢幡」です。

!cid_AE609A8D-789E-4D3B-9A6F-D4141F1909A6.jpg
(中央は修復の人天蓋です)

!cid_2E77FB39-F131-467F-A13F-03320A37F996.jpg


「仏具大辞典」によると「幢幡」とは…

もともと、天蓋の六方ないし八方から垂らした幡(はた)のことをさしている。
(幡は仏殿内の柱や天蓋にかけたり堂外の庭に立て飾った、仏菩薩を荘厳したもの)
現在の幢幡の形制とあわせて考えると、この天蓋とそれに付属する大幡が一体のものとなり、
現在の形に発展したものと思える。

とあります。

!cid_DDF14802-539A-48D0-8D58-52A433582F92.jpg

!cid_567663AF-2C88-4F91-B3B1-342798F0C906.jpg


日本には大きな寺院の本堂、仏殿が多く存在しますが、
この国宝である御影堂(みえいどう)は京都の御本山の中でも最大級です。

中央に開祖、法然上人の巨大な宮殿・須弥壇。
脇壇には家康、母 伝通院、息子 秀忠の厨子を始め、活躍された僧侶の厨子もあります。
江戸初期のさすがは徳川家!と感じる荘厳が施されている内陣といえます。

その歴史の中に今回、若林が製作した「幢幡」を新たに
納めさせていただいたわけですから、大変名誉なことだと思います。


吊り元金具は、重量保持のため、天井上の小屋組の梁に巻き付けてあります。


納品を主導してくれている工芸舎、製作部メンバーの皆さんありがとうございます。
引き続き納品終了まで気合いを入れていきましょう。ご安全に!


北海道での落慶法要
先日、お世話になっているお寺様の法要へ行って参りました。
場所は遠く、“北の大地”。

北海道の中でも東の端、網走に近い美幌という町。
浄土真宗本願寺派(西本願寺)の美教寺様です。

!cid_F0E4D2C4-9105-4E0F-BF7F-E384C3C3FA53.jpg

隣の北見市は、常呂町が「カーリング」で有名ですね。

さて、今回は納骨施設(メインは合同墓)を納品させていただきました。

!cid_B0F496E4-B983-4D16-B1C4-3CC4D4C3D297.jpg

!cid_34B07039-A32E-42C6-8C1C-3CC3C78B23C4.jpg

法要後に感謝状をいただき、有り難いことです。

!cid_57858FEF-4400-42E1-BF84-B7BC11607FCF.jpg

最近は、お墓、納骨堂の考え方も随分変わっています。
お寺にお骨を預けるわけですから、一家に一区画、というのが当たり前でしたが、
徐々にお一人用という考え方が一般的になってきました。

最近新しく作られた「築地本願寺」の合同墓には次のような説明があります。
「代々の墓」をお持ちにならない、お墓を継承することが困難である、
ご家族に心配をかけないよう生前に自身の埋葬について意思表示したい、
というお悩みに答えたお墓です。

現在、樹木葬や合同葬などお骨が他の方と一緒になってしまうものもありますが、
ここでは、遺骨は個別にお骨袋に入った状態で収蔵されます。


今回の美教寺さんも、考え方は同じ。
お墓を家で持つことは基本で大切なのですが、そのご縁のない方も多いようです。
もちろん元々の家の宗派がわからない方も多数いらっしゃいます。

七回忌まで、十三回忌までというような一定期間の預かりと、
その後の対応を考えた施設として、
合同墓はお寺側にとっても預ける側にとっても合理的な施設です。

お寺を含めたエンディング産業として、
納骨施設は今後ますます変化してくることが予想されますが、
ご縁のあった故人を大切に扱うという根本の想いは
変わらないと思います。

令和元年 開明社報恩講
先日、西本願寺さんの出入りの会、開明社の報恩講がありました。

!cid_3FA3A811-61ED-4D39-9682-D2C9C5693677.jpg

毎年この時期に行われますが、”レジュメ”の中にある
勝如上人の御消息(昭和23年、前々御門主から開明社への手紙)の一節には
次のように書かれています。


かえりみるに開明社はそのかみ石山合戦に際して宗主に尽し
法難に殉ずるものを出し後に本刹とともに京都に移って以来は
常に金穀労務の奉仕に遺弟の懇念を運び 前々住上人に開明社の名を
授けられ、調度を納めるの命を受けてより専ら調度出入方として
卸報謝の奉仕にいそしまれたことはまことに奇特のことゝ
感激に堪えないところであります

!cid_A7612337-D510-4018-A90C-4AF510962407.jpg


石山合戦??っていつの時代?というくらい時代劇の中の話ですね。
1570年から1580年といいますから、
徳川幕府ができる前、今から450年も前のお話です。

その頃に織田信長や豊臣秀吉と戦った本願寺。
当時強大な勢力を誇っていたので権力者に恐れられたといわれますが、
それだけ信じる方々が多かった、一般庶民に大変わかりやすく説いた教え
だったのではないでしょうか。

もちろん、創業190年の若林佛具製作所は石山合戦の頃に存在していません。
開明社に入会したのもつい最近です。

時代は移り変わって、今後お寺様のあり方も変化していく時代。
若林佛具製作所は、変わらずお客様のことを考えながら進んで参りたいと思います。
100年先には世界に認められ、新たな企業価値を作っていることでしょう!

いつもながら歴史を感じるひとときでありました。


東本願寺さんが重要文化財に!
ついに指定されました。
「真宗本廟(東本願寺)」さんが重要文化財に!


現在の建物は明治期の建立で、我々仏具関係者から見ると、
工芸全盛期!製作のとても素晴らしい技術が詰まっています。

写真にもありますが、
世界最大級の木造建造物である「御影堂」はじめ阿弥陀堂、
御影堂門、阿弥陀堂門、鐘楼、水屋、計6棟が指定されました。

文化庁の答申として「近世以来の伝統木造建築技術による比類な規模と
高い格式を備えた近代の寺院建築群として高い価値を有する」
とあります。

20190901112657232.jpeg

若林は平成23年の宗祖親鸞聖人750回御遠忌法要の前後に
御影堂と阿弥陀堂の内陣を修理(いずれもJVにて)、その後御影堂門の金具修理も
文化財修理業者である「若林工芸舎」が施工いたしました。

特に阿弥陀堂は、建立当時の金箔内陣の姿が鮮やかに蘇りました。

東本願寺さんは京都市内で一番、交通の便のいい場所にあります。
京都駅から徒歩10分かからないとは、他の御本山からしたら
羨ましいと思われているのではないでしょうか。

東本願寺さんは“観光”寺院ではありませんから、
拝観料を取って観光客に見てもらうということはありません。

しかし、これから増え続けるインバウンドに対して親鸞聖人の教えを
伝えることにより、「宗教」という側面というよりも「考え方」を示すことが
大変有意義なことだと思います。

毎朝7時半からのお勤めや、英語での法話などによって
京都駅界隈に宿泊している外国人の方々に興味を持っていただくように動いていくことが
取り組みとして面白いように思いますがいかがでしょうか。

2019090111265817b.jpeg

いずれにしましても、出入業者「保信会」の一員として
また、重要文化財指定により一般に勝手には触れない建物となりましたから、
文化財修理のできる業者としても
これからも積極的に関わって参りたいと思います。


知恩院さんの暁天講座2019
29日の早朝,
若林の文化財修理担当、株式会社若林工芸舎の新谷社長が
知恩院さんの「暁天講座(ぎょうてんこうざ)」で講演いたしました。

暁天講座2019

!cid_DE1B8349-F428-48C2-AF67-5C547B1891F7.jpg
(写真はS君からいただきました!)

朝6時から1時間。
早朝にもかかわらず多くの聴講者がいらっしゃいます。

gyoten.jpg
(知恩院さんのサイトより)

gyoten2.jpg
(芋がゆの接待付きです)

今年の初日はフィギュアスケートの伊藤みどりさんでした。

!cid_A4447294-3E14-47EE-8AFE-3CF38BD340DF.jpg

新谷社長は、若林が知恩院さんの仕事に関わらせていただいてから、
これまですでに何回か講演を承っております。

こうしてお声がけをいただくということは会社としても大変うれしいことであり、
”仏具業者”としてではなく文化財修理に関わる専門の立場として
お話しさせていただくからこそ意味があるのだと思います。

いつもながら流暢な言葉で、あっという間の時間。

これからさらに日本の文化財の保存・活用に貢献できるよう
若林工芸舎の活躍が期待されるところです。

新谷さん、おつかれさまでした!


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.