FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201902
京都駅はクリスマス!
今年の京都駅前地下街ポルタのクリスマスツリーです。

201812022324228dc.jpeg

2018120223201062e.jpeg

ちょうど一年前、若林本社ビルのリニューアルを請け負った
ベルベッタデザイン、空間デザイナーである長谷川喜美さんの作品です。
http://www.velveta.jp/

彼女は今年、ユーミンとコラボした東京丸の内ビルの(下記写真)や
大阪グランフロントなどの国内各地の大きなクリスマスツリー、

20181202232105bec.jpeg

20181202232107745.jpeg

そして長野市も絡む善光寺さんのライトアップなど、人気も出てこられました。
仕事がとても丁寧で、よく考えられたデザインはこれから益々注目されることでしょう。
私にとっても大変嬉しいことです。

さて、その京都駅ですが、本年も巨大なツリーがお目見えしています。
夜には大階段が外国人を含む観光の皆さんの人気スポットとなっているようです。

201812022320381ef.jpeg

20181202233057c42.jpeg

20181202233058f7b.jpeg


20181202232039ef2.jpeg

京都タワーも夜になるとその色を毎日変えています。

201812022320119b7.jpeg

そして、京都駅より徒歩すぐの若林本店ではリニューアル1周年セールも実施中。

これから底冷えのする季節、寒い京都を温めてくれるホットスポット、
京都駅界隈に是非お越しくださいませ!

卯兵衛さんがパーソナリティー!?
弊社相談役が今月11月からラジオのパーソナリティーを務めています。

「卯兵衛さんの“今日も一緒に!”~京都の人、こだわりのDNA~」

KBS京都ラジオ 毎週日曜日 6:40~6:55
休日の早朝… 年配の方向け?でしょうか(笑)

uhee-radio.jpg

若林佛具製作所の取締役相談役・京都府仏具協同組合前理事長・
京都商工会議所副会頭、京都美術工芸大学客員教授など、数多くの肩書きを持つ
“京都が誇る”若林卯兵衛氏からリスナーに贈る“大切なメッセージ”

京都の文化・伝統工芸とは・・・京都人のDNAとは・・・謙虚な生き方とは・・・

京都に生まれ京都で育った生粋の京都人、若林卯兵衛氏が
“あるべき京都・あるべき生き方”を浮かびあがらせていきます。
時には、若林卯兵衛氏と交流のあるゲストにもお越しいただき、議論を交え、
知識を重ね、“今こそ届けたいメッセージ”をリスナーに発信していきます。


先月お亡くなりになった西本願寺の本多先生が長きにわたって
「本多隆朗の京のあったか円かじり」と
いう番組を続けておられました。

もともと大阪MBSのプロデューサー、吉本興業を経て、西本願寺の僧侶として
また本山の執行長としても活躍されていた方です。

その後、KBSから卯兵衛さんにお声がかかったというわけです。
「radiko premium」なら全国で聴けますので良かったら。


私としては何ともコメントしづらいのですが、
今年76歳となる卯兵衛さんは、ますます活躍の場が広がるようで、
ゆっくりできない日々が続きます。

引き続き健康に留意してがんばっていただきたいと思います。


第1回日中若手職人交流事業
日曜日に40名もの中国人のご見学がありました。
コーディネートは、お世話になっている林口砂里さんです。


中国政府系の団体「中国中小商業企業協会」と、
著名な経済ジャーナリストの呉暁波氏が主催する「第1回日中若手職人交流事業」
ということで、総勢200名の視察団が中国から来日、
東京での展示・フォーラム、高岡と京都の視察のコーディネートをされています。

両国の若手職人の「相互交流と相互理解の促進、協力、交流と成功の実現」
をテーマに、日本と中国の新しい世代の職人のイノベーションと起業家精神に焦点を当て、共同で両国のマーケットだけでなく第3国市場をも探求していくこと…

を目的としてお越しになっているようです。難しい!


合計200名という大きなグループは、途中から分かれて行動されているようで、
そのうち企業経営者など約40名が京都にお越しになるにあたり、
弊社をご見学いただくことになりました。

!cid_D1CD1F0C-D845-451B-A839-3D0EB555C65C.jpg

当日は、会議室で京仏壇・京仏具について簡単に説明した後、
5階の京仏壇ミュージアム、木地、金箔、仏像彫刻の職人をご見学、
各所で興味を持っていただいたようで、設えた甲斐がありました。

!cid_46FAE110-E436-42F2-A831-7FB0497C9E59.jpg

また、1階では積極的にお買い物!これまた有り難いことです。

中国はとても大きな国、日本が太刀打ちできないほど多く人が存在しています。
これからの日本にとって大きなマーケットになっていくのでしょうか??
それには日本独自の真似できない確固たる技術が必要になるでしょう。

日々勉強です!


台風21号直撃!
こんな暴風は初めて経験しました。


今まで台風は何度も来ていますが、
京都市内は夜中に通り過ぎることが多かったように思います。
暴風警報が朝には解除されるということで、休校とならずがっかりしたことも。

今回は日中に京都市に最接近したため、
本社ビルの中で恐怖を感じるほどの暴風雨を体験しました。

20180906072418c5c.jpeg

向かいの木造商店の瓦が、突風にあおられて浮き上がり歩道に落ちたり、
看板庇テントが破れて骨組み状態になったり、
隣のマンションに設置されている5mほどの長い金属ルーバー数枚が、
バラバラと前の七条通りに飛んできたり、
一つ間違えば、大事故につながる状況でした。

20180906072418779.jpeg

2018090607242067b.jpeg

店舗は午前で休業、女性を中心にタクシーで帰宅してもらいましたが、
時間とともに風雨が強くなってきたので早い判断が必要でした。

従業員の皆さん無事で何よりです。

うちの家は近所の倒木による断線で午前3時半まで停電、
電気の有り難みを痛感する夜となりました。


いずれにしても、災害時の対応をしっかりと定めておくことが
必要だと感じた今回の台風でした。


大文字送り火 2018
今年も無事に点火されました、「大文字五山送り火」。
よく言われますが、大文字“焼き”ではありません^_^;

今年も8時ちょうどに東山「如意ヶ嶽」の大文字からスタート。

!cid_50D3B61A-9936-49A3-82C9-5A82BF04DDA1.jpg

いつもながら、
うちの実家の裏山が“妙法”の「法」の字であるため、山火事のような状況。
もう何回この風景を見たことでしょう。

!cid_8AE4E8F3-4768-49DD-9F18-CA1E0B56E246.jpg

8時5分に、「ハイ点火!」という拡声器の声が響きます。
人が動いているのもハッキリと見えます。

!cid_F250A87E-1863-438C-B1D0-6E40E2CD2E35.jpg

古くからの松ヶ崎の地元の方々が、火床を一つずつ管理されています。
これは五山とも、それぞれ担当があるのだと思います。

!cid_7951E975-7153-471C-9BFD-8BA5AFF7D1C1.jpg
(16日当日の点火前)

一昨年は、かつてないゲリラ豪雨で、大文字が見えないという
私にも記憶にないことが起こりました。

今年はゆっくり大の字が点火して悠々と姿を現した気がします。

あと、左大文字が遠くに見えています。
!cid_FEC51BB8-C15D-4224-9531-04A52934BA2A.jpg


翌朝(夜中から)、山に登って消炭(燃えた後の炭)を取りに行く人も多いですね。
家に持ち帰って1年間、無病息災を願うとされています。


今年も無事にお盆が終了しました。
弊社本店も多くのお客様にご来店いただきました。有り難いことです。

お寺さんもホッと一息です。


私は数日間の休暇をいただき、その後はまた行動していきます!
「大雨洪水警報」発令中!
京都市内は雨が降り続いています。


昨日も、時折エリアメールの警報が鳴り響きます。
あまり心地よいものではありません。

うちの自宅地域にも「避難勧告」が出ています。

嵐山・渡月橋は前回の氾濫があったので注目されていますが、
鴨川もこのような状況になっています。

!cid_5EF1E50A-92A0-42FC-974D-6FE4ACF2DF5F.jpg
今朝の鴨川、三条大橋付近の画像です。(友人撮影)


JRは嵯峨野線(山陰線)、湖西線、琵琶湖線など止まっています。
高速道路もかなりの範囲で通行止の区間があります。

本社従業員の方々の中にも出勤できない方々が多くいるようです。
本日は自宅待機ですね。


京都市内でも特に南部の方々は川の氾濫にご注意を!
明日には平常に戻ることを願って過ごしたいと思います。
居酒屋「木乃婦」
いつも朝食勉強会にてお世話になっている「京都クオリア研究会」

堀場製作所の創業者、堀場最高顧問がご存命中に入会させていただいて、
本当にお世話になり、経営者として勉強させていただきました。

現在は、堀場厚さんを囲む勉強会のようになっていますが、
京都におけるオーナー一部上場企業の代表である堀場CEOのお話はまさにグローバルで、
経済のトレンド、経営の考え方と同時に世界のお話が聴ける絶好の機会です。


今回はこのメンバーでもある高橋拓児さんのお店、
京料理「木乃婦」さんでの勉強会&懇親会でした。

出席者は13名。
高橋さんより、出汁の成分に関して、大変興味深い話をしていただきました。

試験場で濃縮した昆布と鰹の出汁(だし)をクロマトグラフィーでテイスティングすると、
それぞれの香りのピークがあって、軽い順番に出現します。
それをアナログ的に一つ一つ嗅いでいくらしいのですが、
海藻、海苔などの磯の香りから燻製、漢方薬、菩提樹といったもの、
最後には濡れた雑巾、汗、タール、何人か入った風呂の湯、排水溝といった
食品とはとても合わないような香りも多く出てくるようです。

とは言っても、機械が香りを示してくれる訳ではなく、
これは匂いの表現の引き出しを多くお持ちの高橋さんならではの感覚です。


さて、今回の設えは「居酒屋 木乃婦」。

「居酒屋」とか言われるので、どんな“唐揚げ”や“ポテトフライ”が
出てくるかと思いきや…

!cid_441D1625-4BF0-4A1F-83D6-6AEF9F7DD9F7.jpg

大皿で出てきたお料理は、どれも超高級居酒屋的な内容でした。
八寸はまだしも、お造り盛り合わせは超豪華! しかも食べきれません!

!cid_6C398023-B703-4744-BECE-0C3659F5F909.jpg

鱧寿司ってこんなに大きい?
「居酒屋とちゃうやん!」というのが皆様のご感想でした。

!cid_76701C57-3B39-4E72-A125-E4B0285C74A5.jpg

私的には、この高橋拓児君は、
将来の京料理界を牽引していく人物だと勝手に思っています。

本当によく勉強されていますし、料理を科学的に研究されています。
こんなことをしている珍しい人は…他にいないでしょうね(本人談)。

京都では、カウンター数席だけで決まった料理を提供するお店も増えてきている中、
何十人と若手の卵を抱え、懐石料理と仕出し弁当をきちんと使い分け、
応用がきく料理の手法を教え、多面的、科学的に味を追求される姿勢は
いつも勉強になります。

高橋さん、ごちそうさまでした!


蜷川実花さんの展示会
京都ジェイアール伊勢丹7階にある美術館「えき」KYOTO

!cid_A3F4F347-A77D-4757-A75E-5BCCC00ABC7E.jpg

現在、蜷川実花写真展 UTAGE 京都花街の夢~KYOTO DREAMS of KAGAI~
が開催されています。
会社から歩いてスグということもあって、出かけて参りました。

!cid_3847608C-15DC-4F65-BBD6-F89931DFE9F8.jpg

!cid_3A66032F-25F5-477C-83D6-9BF9ADDDF2B6.jpg

蜷川監督の娘さんというよりも、写真家としての評価は高く、
独創的、衝撃的で華やかな画像が大変有名にもなっています。

解説によると、
本写真展は、京都の伝統的な美学の粋が蓄積された“花街”と
四季折々の美しい京都の“景色”から構成され、
約80点の作品が展示される「京の幻想四季絵巻」とも言えるでしょう。
京都の五花街(祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東)は、
それぞれの伝統文化、技芸を大切に守り、女性たちの手によって、
未来へとつなげてきました。
こうした五花街それぞれから選び抜いた芸妓・舞妓15名のイメージに合わせ、
特別なセットを一人ずつに用意し、今日まで受け継がれてきた
京都の伝統の美学の粋を、蜷川ならではの感性で撮り下ろしました。
幾度となく京都へ足を運び、2年以上の月日をかけた本作は、
ここ京都で初めて公開されます。

ということで、京都“五花街”からそれぞれ3名ずつ
合計15名の“選び抜かれた?”芸妓・舞妓さんが登場しています。

さすがに写真は美しくとても綺麗。
女性目線で女性を撮影されているので、引き出し方が上手いのかも知れません。

それぞれの花街の説明もキチンとしてありました。

!cid_756C779F-FA55-4894-9833-D5D1EAB1DBC2.jpg

!cid_013C82E1-03B7-4488-8812-D90FA0E8CB8C-1.jpg

!cid_D50B1AA1-6D16-4488-9C19-0C2EF2A1C844.jpg

!cid_A2E85C91-9376-48F2-9E9A-F54C923057C6.jpg

!cid_216959D5-5BC7-4F89-8E9D-499796DC2F20.jpg

いかがでしょうか。
5月13日(日)まで開催されていますので、ぜひお出かけください!


京都もゴールデンウィーク!
久々に本社屋上より、4月29日の京都市内の空です。

!cid_548597A9-09A2-4B70-BC2C-5E81E296DF33.jpg

!cid_5E4513EB-9D33-4B25-9FFE-5792797ECCBF.jpg

!cid_4E00A9FC-A575-4647-A21A-2EEEBBC1CF5F.jpg

!cid_BDFE795F-B849-4DC6-9068-EC31CB078831.jpg

最近、本社見学にお越しの皆様には、7階会議室から臨む景色が大好評!
まず市内の説明による“つかみ”には最適な場所となりました。


天気予報によると、GW前半は比較的よいお天気、
後半は…ちょっと崩れるとのこと。

ただでさえ観光客の多い京都市内なのですが、この「黄金週間」は
どのようなことになるのでしょうか。

いつものように市内は京都駅、四条界隈以外はガラガラ
東山方面は大混雑という状況になることは想像できます。
それでも車でどんどん真っ只中へ突っ込んでくるのはどうしてだろう??
といつも考えてしまいます。

京都市民の皆さんは、この時期は近寄らないようにいたしましょう。
いや、逆にもまれてみるのも社会勉強??

…ということは、観光地のお店はかき入れ時ですね。
お土産屋さん、特にお菓子、漬物店の皆さんは頑張って下さい。

弊社も本店はGW無休で営業しています。


この時期、早朝に加茂川~鴨川などランニングや自転車で走るのは
大変気持ちの良いものです。
最近では京都トレイルといって山歩きをされる方も増えています。
それぞれが健康管理を重要と考えている証拠ですね。

働き方改革によって空いた時間を、自己の体調管理に使うことも必要でしょう。
ぜひ体を動かすことをオススメいたします!


ポルタ「東エリア」オープン!
京都駅前地下街「Porta(ポルタ)」

この度、“東エリア”がリニューアルオープンしました。

!cid_2A3D6773-8286-4900-A5F1-4D64EC71A36D.jpg

!cid_E51D1D59-AA57-4BD3-B5CE-5DEFAB21C900.jpg

!cid_AE0837E3-FF17-44FF-8CC9-0514FB541A9D.jpg

ポルタの歴史は古く、1980年(昭和55年)の開業です。
その後何度か拡張、改装されて充実してきましたが、
改装される度に今風に、オシャレになっていきます。

うちの会社から近いので、ランチや買い物にも利用しますし、
また地下鉄通勤の時は必ず中を通ります。


ショップとともに、飲食店も何店舗かオープン。

京風カレーうどん「味味香」は、河原町に昔よく行きました。
「一風堂」は大丸の側にありますが、いつも長蛇の列。

いずれもインバウンドを意識している感じもします。

定番のお店も多くご出店、もちろん「茶の菓」「阿闍梨餅」も入っています。

!cid_EA7349F7-76DE-4B4B-ABB4-FAC046BA642C.jpg

先日、知り合いのある菓子メーカーさんとお話ししていたら、
初めて京都駅界隈に出店したとのこと。
「月とと(つきとと)」さんといいます。

!cid_507026B3-B9B3-409A-AC77-197E5B65469B.jpg

“とと”はうさぎうさぎ(兎兎)という意味らしく、
嵐山の渡月橋の風景とも関係しているというご説明でした。
ぜひご利用ください!


ということで、京都駅ビル~ポルタ~京都タワービル~ヨドバシカメラの
人の流れがますます増えていきそうですね。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.