FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店、若林佛具製作所から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
202102<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202104
京都は底冷えの日々!

毎日寒い日が続いています。皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

京都市内は最近毎朝が氷点下。マイナス4℃という日もありました。

 

そうなると、庭の“つくばい”はこのようになります。

チョロチョロ水を出していましたので…

 

IMG_1983.jpg


嵐山のお寺の手洗い場もこんな感じです。(Fさん拝借しました!)


IMG_1987.jpg 


京都はもともと底冷えの土地であり、盆地で冷気が溜まります。

広辞苑には「身体のしんそこまで冷えること。そういう感じの寒さ」

と書いてあります。

 

夏は水道水より井戸水の方が冷たい、

冬は井戸水の方があったかいということで、

祖母の時代には、実際に自宅の風呂や炊事に井戸水を使っていました。

 

京都盆地には良質な地下水が豊富にあって(地下湖のように)、

昔から豆腐や湯葉、酒などの食品、友禅染などの工芸品に使われています。

 

 


ということで、ちょっと道をそれますが… 

以前にあった記事を見返していました。(引用先:2003年の京都新聞)


A6A44CB5-4EEB-4D0A-8D01-63F936FCDC6E.png 


京都盆地の地下には、どのくらいの水があるのだろうか。

関西大工学部(大阪府吹田市)の楠見晴重教授の研究室で、京都盆地の地下の

シミュレーションを、コンピューターグラフィックス(CG)で見せてもらった。

画像がパソコンの中で回転し、京都盆地の下が巨大な水がめのようになっているのが、

立体的に分かる。最も深い巨椋池周辺の岩盤までの深さは800メートルに及ぶ。

 

楠見教授によると、京都盆地の地下水量は211億立方メートル。

琵琶湖の8割ほどもある。水の出口は天王山(大山崎町)と男山(八幡市)の間の

1カ所だけで、この2つの山の岩盤の深さは約30メートル〜50メートル。

豊富な地下水を盆地にとどめる天然の地下ダムの役割を担っている。

 

深い砂れき層と、その下の岩盤。琵琶湖からの水が宇治川を通じて流れ込み、

京都地下の伏流水にもなる。「京都には水をため込む条件が整っている」と

楠見教授は説明する。

 

 


さて、京都は冬の底冷えとともに夏の気候も特徴的。

三方を山に囲まれておりフェーン現象で気温が上がりやすく、

湿気が逃げず湿度が高いため気温以上に蒸し暑さが半端ではありません。

高湿度は建造物や工芸品の漆塗りに適していたのかもしれませんね。

 

ということで話は戻りますが、

京都ほど四季をはっきりと感じられる土地は他にないのでは?と思います。

 

そんな冬底冷えで夏蒸し暑い京都を楽しめるかどうか。

お寺の修行でもしてみますか〜


大谷祖廟へ参拝!

冬至を迎え、京都はかなり冷え込んできました。

朝、車のフロントガラスが白く固まっている日が続いています。

 

底冷えの京都も、凛とした風情があっていいものです。

この界隈も昨年は観光客で溢れていたはず… なのに…

本当に人が歩いていませんね。どこかに消えてしまった感覚です。

 

 

さて所用により、大谷祖廟(そびょう)へお参りしてきました。

大谷祖廟は「東大谷」とも呼ばれ、浄土真宗の宗祖 親鸞聖人の墓所です。

 

真宗大谷派(東本願寺)御本山「真宗本廟」の飛び地境内として、

親鸞聖人、歴代(門首等)、全国の寺院、門徒の方々の遺骨が納められています。

※五条坂の大谷本廟(西大谷)は西本願寺さんの廟所です。

 

この日、境内への参道は陽が差し込んで素晴らしい雰囲気でした。


IMG_1866.jpg 


IMG_1875.jpg


本堂にお参りして、上の廟所へ。

正面に檜皮葺きの唐門、塀の菱格子、雲の彩色彫刻が美しい佇まいです。

 

IMG_1871.jpg


IMG_1872.jpg


広大な墓地の入口には小さな六角堂があって、親鸞聖人がお座りになっています。

 

IMG_1877.jpg


毎年、報道されている「万灯会」が行われていますが、今年は中止となりました。



普段あまり意識していない場所も、改めて訪れると思いを新たにする事があります。

京都の東山界隈には、まだまだ私の知らない場所がたくさんありそうです。


いずれ世界からのお客様が戻って来られるとは思いますが、

静かな今のうちに京都を巡ってみるのもいいのではないでしょうか。



嵐山は紅葉中!

嵐山の某寺院。

京都の人ならご存知の場所です。

 

同じロータリークラブメンバーということでお話しすることも多いですが、

今回はちょっとした御用でお邪魔しました。

 

 

お寺の駐車場に車を停めておいたところ、

その少しの間に、車に多くの紅葉の葉っぱが…

 

何とも風情のある、といいますか京都らしいなあと思ったわけです。

 

IMG_1773.jpg

 

ここのお寺は景色も最高!

ちょうどお天気も良く、京都市内が一望できました。


IMG_1774.jpg 


東山の山並み。

比叡山が左手に、右手には小さく京都タワーも見えます。

 

いにしえの人々は、ここから都の四季の風景を楽しみながら、

昇る朝陽や満月を愛でたり、歌を読んだりしていたのでしょうね。

 

 

嵐山も観光客がたくさんいらっしゃるとまた違う印象ですが、

こうして晩秋の静かな時間に訪れると、あらためて素敵な京都を感じます。


ようやく寒くなってきた底冷えの京都。

観光関連の仕事にとってはとても寒い季節となりそうですが、

必ず次の眩しい朝陽が昇りますので、前向きに進んで参りましょう!



京都・梅小路エリアをアート地域に!

先日朝の勉強会で、Monozukuri Ventures 代表の牧野成将氏の話を聞きました。

 

皆さん「スタートアップ・エコシステム」という言葉をご存知でしょうか。

 

「スタートアップ」とは、

革新的なアイディア・技術等をもとに、新しい形態のサービスやビジネスを展開する

企業の中でも、短期間で急成長を志向する企業 とあります。

要するにベンチャー企業です。

 

「スタートアップ・エコシステム」は、

アメリカのシリコンバレーで生まれた言葉であり、起業家、起業支援者、企業、大学、

金融機関、公的機関等が結びつき、スタートアップを次々と生み出し、

それがまた優れた人材・技術・資金を呼び込み、発展を続けることを生態系になぞらえ、

「スタートアップ・エコシステム」といいます。

 

「ベンチャー企業」と「スタートアップ」の違いは、

スタートアップが指す企業としては、GoogleAmazonFacebookUberといった

イノベーションを起こして短期間のうちに圧倒的な成長率で事業を展開する企業です。

設立年がいつかということよりも、そのビジネスモデルの革新性、解決される社会課題の

大きさ、そしてIPOM&AといったExit戦略がある企業のことを指します。

VCが出資をしていなくとも、上記点に当てはまる会社であればスタートアップとなります

が、現実的にはVCの出資を受けている場合がほとんどです。

 

ベンチャー企業とスタートアップの一番の違いはビジネスモデルにあります。

ベンチャー企業は既存のビジネスモデルをベースに収益性を高める工夫をするか、

スケールを拡大することで売上を増大するような組織です。

一方のスタートアップは、今までにないイノベーションを起こし新しいビジネスモデルを

手探りで構築していく組織になります。

 

 

さて、世界のスタートアップ都市としては、

 

SOMA:ソーマ(South of Market) サンフランシスコ

Brooklyn:ブルックリン ニューヨーク

Shoreditch:ショーディッチ ロンドン 

 

が挙げられるということ。

 

特にブルックリンやショーディッチはクリエイター、アーティスト系の方々も多く、

その都市の中でもトレンディな地域として発展してきています。

 

で、

これから、京都・梅小路を一大拠点とする

ものづくりやアートのスタートアップ地域を目指そうということ。

 

京都は、大阪、神戸とともに拠点として国から選出され、

スタートアップや支援者の一定の集積と潜在力を有する都市として選定されました。

 

今後、量産系ものづくりが中心になっていくことは当然の流れですが、

京都の伝統工芸系少量生産ものづくりが、スタートアップにどこまで関わっていけるかは

これからの職人技術の発信で変わってくると思います。

 

若林が取り組んでいる「アート×職人技術」の広がりは京都を変えていくと思います。

 

おそらくアーティストが全くご存知ない技術が、京都には溢れています。

アート関係者にとって魅力的な存在として、これから京都が発展することを願っています。



京都の賑わい戻るか!?

連休3日目は、最高にいいお天気でした。

 

京都市内も車の渋滞があちこちで起こっていたようで、

京都の観光関連業の皆さんは、少し安堵されたのではないでしょうか。

 

といっても、まだまだ本格的なものではないとの見方もあるので、

GO TOトラベルに期待しつつ、いずれ戻ってくる観光客の方々への

準備をしっかりとしておきたいところですね。

 

 

以下、本日の京都新聞デジタル版の記事です。

 

6C9E3F66-5DE6-4B35-92A1-C91D9AF95506_4_5005_c.jpeg


秋の連休を迎え、京都市内の観光地では観光客でにぎわう光景が戻ってきた。

秋晴れが広がった21日、新型コロナウイルスの感染が拡大して以降

「一番の人出」と喜ぶ声が上がり、宿泊施設の客足も戻りつつある。

 

この日の市内は晴天に恵まれ、最高気温は28・6度と比較的過ごしやすい陽気となった。

東山区の清水寺や二年坂周辺ではマスクを着けた観光客でごった返す場面が見られた。

 

 

京都の人間としては、活気が戻ることは大変有り難く、素晴らしいことだと思います。

 

そろそろ、毎日のコロナニュースに飽きられている方も多いと思いますし、

累計感染者数などと理解不能な数字も「もういいのでは?」と思ってしまいます。

 

とはいうものの、まだまだかかると大変なので、

引き続きしっかりと予防対策はしつつ、日々を過ごしていきたいと思います。


夏の夕空!

久々の京都本社屋上です。

 

何となく空がキレイだな〜と。

 

京都の夏の夕空です。

 

IMG_1018.jpg

西を望む(右は愛宕山)


IMG_1014.jpg

南を望む(京都タワー、ヨドバシカメラ、京都駅方面)


IMG_1012.jpg

東を望む(東山方面)


京都は毎日暑いというか、毎日灼熱です。


たまにはこんなのもいかがでしょうか。

 

ロータリクラブ再開と仕事。

私の所属する「京都南ロータリークラブ」。

全国で3番目に大きなクラブらしく、現在約250名が在籍しています。

 

新型コロナウイルスの影響で、京都市内は4月あたりから休会が出始め、

南クラブも例会はもちろん全ての活動ができなくなってしまいました。


8月6日にやっと本年度第1回目の例会が開催されました。

出席はリモートでもOKとなっています。


IMG_0918.jpg


と書くと、何か日常的にロータリー活動をやっているようですが、

最近は全く関わっておらず、超不真面目な会員となっています。

入会して22年目、年数だけは経過しているのですが…

 

 

ロータリアンの皆さん、”今”は仕事しましょう。

特に若手の皆さん、今仕事せずしていつするの!というのが私の感覚です。

 

もちろん事業について相談したり、意見をもらったりできる先輩は

多くいらっしゃいますから、メンバーの方々との交流はとても有意義なことです。


奉仕しすぎると奉仕される側になるよ!と言われたことがあります。

今後ロータリークラブのあり方も変化していくことでしょう。

 

 

さて、コロナウイルスは京都の経済活動に大きな影響をもたらしています。

京都は特に観光関連の事業者も多く、旅館、ホテル、飲食、土産物など、

今はお客様が少ない(来られない)状況です。

 

今まで変わる必要がなかった、余裕の見られた業種にも、

永遠に変わらない事業はない!と示されているようです。

先人が作ってきた商売や事業の形態を今まさしく変える時がやってきています。

 

若林も例外ではありません。

現在まで先輩たちが築いてきた信用の上に商売をさせてもらっている現状を踏まえ、

次の10年のために今、行動を起こしているのです。

 

考えなければ、行動しなければ何も変わりません。

今、動いていることが次世代の若林を作ります。

 

変化の最中には、課題も痛みも多く出てきます。

それを乗り越えてこそ、真の変化が現れるのです。

 


「関わる全ての人々の幸せと心のやすらぎを追求する」という理念のもと、

若林の使命を全うするために、これからも行動します。


七条って?

ななじょう? ひちじょう? しちじょう?

 

うちの会社のある七条通り。

 

まる たけ えびす に おし おいけ〜 ♫ という京都の通り名の唄は有名。

ここにも七条通りは登場します。

 

ウィキペディアによると

「七条」の行政上の発音・表記は「しちじょう」だが、

地元の方言では「ひちじょう」もしくは「ひっちょう」と発音される。 

市バスの停留所名では、七条と付くものは「ななじょう」と読み、

車内アナウンスでも「ななじょうどおり」と放送される。 

一条(いちじょう)、四条(しじょう)との間違いを避けるためともされる。

 

京都人の古い人は「ひっちょー」とも言われます。

京阪電車は、「しちじょう」、バスは「ななじょう」。

通り名は、確かに「ななじょうどおり」と言う人が多いですね。

「しちじょうどおり」は早口ことば?みたいで言いにくいですから。

 

 

…と、京都関係のサイトをみていたら、まさにこのネタが!!

面白いことをする人もいるものだと。

 

https://kyo-soku.com/2018/01/11/nanajyo/

 

圧倒的に「ななじょう」なんですね。(詳しくはぜひ↑↑↑)

 

 

以上、京都・七条よりお送りいたしました。


京都人あるある!

たまたま友人と京都人の話になって、

その後いろいろ調べてみたのですが、納得したものを並べてみました。

 

 

「あんな〜 … 知らんけどな」

 

会話の始まりは「あんな」で始まることが多く、最後は「多分な」で締める。

「多分な」よりも「知らんけどな」の方が多いかも。

「知らんのかいな〜!」とつっこむ対象となります(笑)

情報が本当かどうか曖昧だけど伝えたいときに言うようですが、

しこたま(せんど)説明しておいて、まあ知らんけどな〜って、どないやねん!

 

 

「行けたら行くわ〜」「考えとくわ〜」

 

これは、ほぼ行かない、しない。

一概には言えないが、京都人の「まあ、行けたら行くわ~」は、

行かない(行きたくない)前提として聞いておいた方がいいということです。

「考えとくわ〜」も同じようなことですね。

 

 

八ツ橋はめったに食べない

 

京都のお土産として絶大な知名度を誇る“八つ橋”ですが…

京都の人はほとんど食べません、といいますか買いませんね。

最古は西尾さん?

最近、本家は聖護院?井筒?などと確執が話題になりましたが、

それほど関心を引くニュースではなかったです。

そして“焼き”なのか“生”なのか、意見の分かれるところです。

 

 

台風が来ても暴風警報は出ない

 

台風が来てもめったに暴風警報が出ません。

京都市は昔から来ても夜のうちに通り過ぎて行くことが多く、朝には抜ける。

残念ながら休校になることはほとんどありませんでした。

この理由は京都の位置、地形や盆地にもあるようです。

なので、台風19号の時はかなりビックリしました。

京都市内でも瓦や看板が飛んだり、木がなぎ倒されたり、相当な被害があったので、

珍しいことだとみんな驚いていました。

最近の大型台風については、今までの常識が当てはまらないのでしょうか。

 

 

と、こんな感じです。

 

他に京都のことば(方言)を書き出すと、わからないものが多いようですが、

「ほかす」、「なおす」は有名ですね。

 

まあでも、方言はどこの地方にもあることです。

 

京都人が物事をはっきり言わない、直接的に表現しない、と言われるのは

歴史を紐解いて行くとわかります。

権力者が変わっていく時代では、その場は良くても後々自分の命に関わる場合があります。

 

ちなみに「ぶぶ漬け」の話は全く間違って伝わっているようですね。

もともと、お帰りください!の表現ではありません。

 

http://tomoyuki1202.blog103.fc2.com/blog-entry-1948.html

     ↑   ↑   ↑

詳しくは過去のブログをご覧ください!

 

 

コロナに負けず、がんばろう京都!!


#京都 #若林佛具製作所
久しぶりの勉強会!
毎月一回、朝に勉強会があります。
もともと、亡くなられた堀場製作所の最高顧問を囲んで始められた会。

「京都クオリア経営者塾」

京都に拠点を置くさまざまな企業の若手?経営者(創業者でない2代目以降が多い)
が20名ほど集まります。
毎回様々な分野の方からお話を聞いたり、意見交換を行います。

IMG_0566.jpg

今回は2ヶ月ぶりの集まりでした。

皆さん、このコロナ自粛の時期に考えられたことがあると思います。
そこに興味がありましたが、事業については多くを語られません。
単に何も動きがなかったのか、深刻な思いをお持ちなのか…

久々に家でゆっくり過ごしたという、余裕を感じる(ヒマ?な)方から、
この時期に新たな取り組みを開始したという方まで。
この際、義理で入っている会は退会!という方もいらっしゃいました。

やはりムダと思われることは削ぎ落とされていくのでしょうね。


アフターコロナの時代、
これから各企業とも、推進していくものとそうでないものとが
どちらも加速して判断が進んでいくと思います。
まずはキャッシュアウトを一時停止し、精査し、次の打つ手を考える。

そこでは各企業の強みが何か?が問われます。

今後日本の経済、企業はこうなる!とマイナス方向の話をする人は多いですが、
これだけの職種があると一括りにはできませんね。
コロナ自粛の間も伸ばしている企業もあるのです。

どんな波がやってこようと、大きな痛みなく乗り切れる企業体質でありたい。
そのためには一つや二つの事業チャンネルでは対応できません。

会社の強みを生かしてどのような行動を起こしていくか
これからますます考える必要があります。
何をしたらいいのか、考えて、また考えて、考え抜くのです。


変化を恐れる人は、この先対応しきれなくなります。
生きている以上、変化するのが当然ですし、
それを楽しむくらいの人間になりたいものです。

絶対に良くなります!

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.