FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店、若林佛具製作所から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
202102<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202104
寺院オンラインショップが「中外日報」に掲載!

28日付の中外日報に「若林佛具製作所オンラインショップ」が掲載されました。

Webサイトと紙面と両方です。

 

中外日報さんは、1897年創刊の宗教専門新聞。

国内のあらゆる寺院や神社、業界の情報を掲載されている新聞として親しまれています。

 

以下、記事の内容です。

https://www.chugainippoh.co.jp/article/kanren/industry/20201028-001.html

 

 IMG_1472.jpg

 

寺院仏具・用品 オンラインショップ開設 若林佛具製作所

 

京都の老舗仏壇・仏具メーカーの若林佛具製作所(京都市下京区)は5日、寺院用仏具・

寺院用品に特化したオンラインショップをオープンした=写真。

ECサイトと呼ばれる自社運営サイトにおけるショップ開設で、仏具店による寺院仏具・

用品に特化したECサイトは全国的に見ても珍しいという。

 

商品のラインアップは椅子や机など日常的に使われることが多い寺院仏具・用品をそろえ、

宗派を問わない。寺院からインターネット経由の受注が増加傾向にあることや、コロナ禍

で訪問による営業活動が大きく制限されたことが開設の契機となった。

 

同社は今年創業190周年を迎え、荘厳具の製作や内陣工事、京仏壇の製造販売を

手掛けている。オンラインショップは、ノウハウを積んだ同社スタッフが厳選した

安心の品ぞろえという。

 

若林智幸社長は「商品アイテムを増やし、全国のご寺院とご縁をつなぐツールとなるよう

育てていきたい。荘厳具など受注生産を基本とする仏具にもつなげたい」と抱負を話す。

 

 

 

仏具関係のお店で販売のWebサイトを作っているところは多いですが、

寺院用品の販売に特化しているサイトはあまり見かけません。

 

おかげさまで、

5日の開店からいくつかご注文をいただいているようで、有り難いことです。

 

これから宗派を問わず、国内の寺院関係の皆様へ広く広報していきたいと思います。

そして、

あらゆるご要望に応えられるサイト、会社になっていきたいと考えています。


寺院用オンラインショップがオープン!

10月1日に、お寺様に対して仏具・寺院用品を販売する

「若林佛具製作所オンラインショップ」がオープンいたしました。


 CD3F8859-0D7E-4A2E-8B9E-B3CC5971C94B.png


以下、オンラインショップオープンの背景と考え方です。

 

若林佛具製作所は、これまで全国の寺院に対して訪問営業を行ないながら、

新築・改築に対する仏具の新調、修復及び内装・外装工事、納骨堂等を施工してきました。

仏具(荘厳具)は寺院によって大きさや仕様が異なるため、主な仏具については

職人技術による受注生産で製作されることになりますが、日常的にお使いになる仏具や

椅子、机などの寺院用品は、既製品にて対応される寺院が多いと思います。

 

最近の傾向として、物品の購入にあたってECサイトを利用される方が増えています。

パソコンからだけでなくスマホからでも手軽に購入できる環境が整ってきていること、

加えて、最近のコロナ禍で外出できない状況が続いたことにより、ECサイトの売上が

伸びました。今後この傾向はますます拡大していくことでしょう。

 

こうした流れは、一般消費者だけではなく寺院についても同じことです。

このオンラインショップでは、主に若林佛具製作所が厳選した仏具や日常的な寺院用品を

取り扱っており、価格もお求めやすく設定しています。

寺院用仏具・寺院用品に特化した、宗派を問わないECサイトは現在ほとんど存在して

いませんので、寺院関係の方々が日常的に気軽にお使いいただけるサイトとして、

さらに内容を充実させていきます。

また、このECサイトでの繋がりを縁として、全国の寺院からの仏具や内装工事に関する

ご相談も受けていきたいと考えています。

今後ますます製品のラインナップを増やし、寺院用仏具・寺院用品の総合サイトを目指して

いきます。

 

 

若林佛具製作所は本年、若林商報(令和2年版カタログ)を発刊し、

浄土真宗の各寺院に配布させていただいております。

その内容は、若林が誇る仏具職人が製作する受注生産品が多く掲載されています。

 

そして、オンラインショップの場合はメーカー既製品が中心となっています。

このカタログとオンラインショップの両方から、全国への営業力を生かした動きを

していくのが狙いです。

 

5日にプレスリリース、反応が楽しみです!



「なごみ工房」が受賞しました!

若林佛具製作所がプロデュースしている「なごみ工房」、

現在は楽天市場、Yahooショッピング、Amazonに出店しています。

 

その中で、昨年に引き続き

今年も楽天市場の7月度“ショップ オブ ザ マンス”を受賞いたしました!!

 

478D9D13-004A-4B7D-843C-432F506D0F80_4_5005_c.jpeg


楽天内の発表サイト

https://event.rakuten.co.jp/somshop/2020/0831.html


前回は「ジャンル賞」ということで、

「日用品雑貨・手芸・旅行用品」部門にていただきましたが、

今回は「都道府県賞」です。

 

A0BACA7D-3E5F-4899-8BA1-DD95FCCCB5E6.jpeg


ありがとうございます!!

 

「なごみ工房」のメンバーの皆さんはもちろん、

ヘルプに動いていただいた方々にも心より感謝申し上げます。

 

 

さて、このショップオブザマンス、どんなショップが受賞できるのでしょうか?

 

詳しい選出基準の記載はありませんが、

お客様からの店舗評価などをもとに、成長が特に著しいショップをジャンルごとに選出

とあります。

単に売上がいいというだけでは判断していないのですね。

 

受賞はジャンルや都道府県ごとにあるのですが、受賞店はエンブレムがもらえます。

このエンブレムはバナー画像で、1年間は店舗に貼り付けることができます。

 

FC92A156-FE44-41C8-A6A3-1ACE61D45A11_4_5005_c.jpeg


このバナー貼ってあれば、店舗の信頼度アップ!ということになりますね。

 

この賞は売上高さえ良ければ受賞できるというものでもないので、

楽天側で総合的に判断されているのだと思います。

有り難いことです!

 

 

このお盆はコロナウイルスの影響もあり、

ネット販売はどの業種も伸びたと言われています。

 

楽天市場によれば、仏壇関連の販売店も軒並み数字はアップしているようです。

 

今まで、百貨店や実店舗で購入されていた商材も、実はネット購入の方がお得で

手軽であると気づいた人も多くいらっしゃると思います。

 

アフターコロナで社会構造が変化していく世の中において、

今後ますますネット販売が賑やかになっていくのではないでしょうか。

 

 

まだまだ伸びしろ満載の「なごみ工房」、ますますの飛躍を期待しています。


ネット事業部の決起会!
弊社の関連でありながら、
全く別組織として立ち上げたネットショッピングサイトがあります。

若林の店舗とは全く違うラインナップ展開をしているため、
リンクはいたしませんが、これからの将来を担う部門となっています。

最近は成長著しく、新しい体制が9月よりスタートしたため、
決起会をやろう!ということになりました。

14736368679850.jpg

謎の達人“まきちゃん”も登場し、素晴らしい優秀なスタッフとともに
大変楽しいひとときを過ごすことができました。


さて、
ネットショッピングを利用する人は全国の70%を超えたといわれます。
利用者の高齢化も進んでいます。

ネットショップ開設の必要性は大半の企業の方々はわかっているのです。
但し、話を聞いて実際に行動するのは10人に1人程度だそうです。

そして、実際に運営していくには頭脳と初期労力を必要とします。


大きくは、これからの日本の動き、世界の動きを考えながら、
これからの企業のあるべき姿を追求し続けることが重要だと思います。

これから、若林はますます前を向いて参ります!


ネットショップは自動販売機ではない。
楽天市場の機関誌に次のような記述がありました。


インターネット(ショップ)は自動販売機ではない。
コミュニケーションこそが最大のエンターテインメントである。

インターネットは、人と人とをつなぐ道具だ。
テクノロジーがどんなに進歩しても、人間そのものは変わらない。
人は人とつながりたい生きものなのだ。
インターネットが可能にすることは無数にあるとしても
それが人と人とをつなぐコミュニケーションツールであるという
根本は絶対に動かない。
そのコミュニケーションツールという機能に注目し生まれたのが
楽天市場というショッピングモールのアイデアだ。
インターネットでの買い物というと,利便性ばかりが強調されるけれど
それは本質的なセールスポイントにはならない。
楽天市場の最大の特徴は、日本中の人を相手に対面販売ができることだ。
カタログを作るにせよ、顧客対応をするにせよ
商品を一番よく知っているのは出店者だ。
顧客の側だって、出店者と話した方がずっと話が早い。
それに何より、そこに店と顧客との間にコミュニケーションが生まれる。
ネットで買い物をするのは、単に便利だからというだけではない。
それはある種の楽しみであって
むしろその側面の方が大きいのではないかと思う。
ネットショッピングはエンターテインメントでもあるわけだ。
それぞれの出店者のきめ細やかな顧客対応こそが、楽天市場の成功の秘密だ。
インターネットショップは自動販売機ではない。
その本質はコミュニケーションなのだ。



まさに”はげしく”同意します。

結局、楽天市場(ECサイト)に出店するということは、
実店舗の新規出店では必ず行う
マーケティング調査~メンバー決定~準備~店舗改装~商品仕入れ~
広告~そして開店するという一連の流れと同じことではありますし、
むしろ市場の広域性やネット販売のセオリーなど、知識ははるかに多く必要です。

実店舗がその地域の方々とのコミュニケーションによって認知され
お客様との対面接客、フォロー、納品、アフターにいたるまで
全てはコミュニケーションの連続です。
これは物品販売でもサービス販売でも同じことです。

そしてEC店舗も全く同じことが言えるということです。

特にECサイトでは、今までのやり方にこだわらず、
消費者ニーズ(売れる商品)を探し、ノウハウを掴み、着実に行動したお店が、
今後のEC市場において対応できる強さを持ちます。


さて、若林はどのように評価されていくでしょうか?

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.