FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201901<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201903
アーティストのご見学
引き続きデザイナー、アーティストのご見学が続いています。

京都の仏具職人技術がどうしたら広められるのか。
これが、若林の一つの課題です。

今の答えはひとつ。
職人の仕事を見ていただくこと。


今回は某若手有名アーティストのご見学でした。

平素は京都に工房を構え、美術学校の先生もしている方ですが、
感性というか、考え方が素晴らしいと感じました。
やはり名前が売れてくる人は人間性も伴っている人が多いと思います。

201901240120408a7.jpeg

20190124012041aa3.jpeg

仏具職人をご見学いただく方々の反応は
だいたいいつも同じようなものがあります。

もちろん作る目的があってお越しいただくわけなのですが、
最初は、京都で何ができるの?
仏壇職人の技術って限られたものではないの?

といった感覚であると思います。


1日お付き合いしていると、
車で移動していても途中から大抵無口になっていかれます。
頭脳が働き出すのですね。

そして最後には、
「もう一回見に来ていいですか」という有り難い言葉をいただきます。


京都の仏具職人さんは分業として大きく8つの工程に分かれます。

それぞれの工程がかなり専門的であるため、
使う職人、工程をチョイスすることになりますが、
どのデザイナーやアーティストの分野にも必ず当てはまるものがあるのだと思います。

仏具職人は1日では回りきれませんし、1回のご見学ではまず理解することができません。
なので、2回3回とお越しになるケースもあります。

私やプロデュースしているMさんは、昨年まででも10回20回と
各職人をご案内していますが、常に新しい発見があります。

日本中のデザイナー、アーティストに京都の職人を発信して、
職人といえば京都!と認識していただきたいのです。


まだまだ奥の深い京都は
今後ますます注目されるようになるのではないでしょうか。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.