FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店、若林佛具製作所から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
202006<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202008
銀箔の魅力

最近、アーティストの作品に対しての装飾で銀箔押し(貼り)の話があり

少し勉強させていただきました。

 

銀箔はそのままで大変美しいのですが、金箔やプラチナ箔と違って

そのまま放置しておくと酸化、硫化し、色のトーンが落ちてくすんできます。

コーティングなどで抑える工夫もありますが、残念ながら銀箔そのものの輝きは

なくなってしまいます。

 

 

銀箔は加工することで様々な色に変化します。

 

昔から使われる技法で有名なのは、硫化銀箔(燻し箔)

銀箔は硫黄の燻しによる硫化反応によって色が変化していきます。

 

IMG_0552.jpg

IMG_0554.jpg


銀から金、赤、青、グレー、黒と、燻す時間によって変色していくのです。

特に赤は赤貝箔、青は青貝箔という名称で呼ばれ、芸術・美術作品や壁面パネル、

内装工事にも使われます。

一枚一枚表情が違うため、予測できない仕上がりの楽しさを味わうことができます。

 

その他、銀箔には染料、顔料による着色技法もあります。

 

 

さて、これらの技法は

もともと京都・西陣織の引箔(ひきばく)技術に取り入れられていました。

先日、この引箔の和紙加工をしている職人さんを訪ねました。

 

IMG_0751.jpg


IMG_0749.jpg


引箔というのは目止めした和紙(原紙)をベースに色漆やラッカーなどで彩色し、

この上に金銀箔で模様をつけたもの、蒸着で金銀を転写したものに、

着色、加熱、箔などによって模様表現をしたものです。

(説明が非常に難しいです)

 

この工程の一つに銀箔表面を焼いて(硫化させて)色を表現する技法があります。

それが先述の色として美しい製品につながっています。

 

そしてさらに、この和紙を裁断職人によって0.mm前後の細さに糸のように仕上げ、

織機による作業によって一本ずつ織り込んでいきます。(聞いていても気が遠くなる作業です)

 

西陣織の技術の奥深さを垣間見た感じがしましたが、

引箔のためだけの技術ではなく、和紙に様々な表現をしていく工程と仕上がりは、

今後の異分野への可能性を大いに感じました。

 

 

さて、これから我々が作る製品に対して銀箔がどのように活躍してくれるでしょうか。

楽しみにしておきます。



奈良に「鹿」登場!
奈良 蔦屋書店さんに名和晃平さんの作品がお目見えしました。

その名も、「Trans-Sacred Deer (g/p_cloud)」

IMG_7495 2
IMG_7493.jpg

奈良では「鹿」を神の使いとして扱います。
春日大社の祭神が鹿島神社から神鹿に乗ってやってきたと伝わっているため、
この作品は、その象徴的な場面を表現していると言えます。

この「鹿」は、彫刻家でありアーティストである名和晃平さんの新作。

昨年秋の大丸心斎橋店「鳳/凰」に引き続いて
若林佛具製作所の職人さんで製作させていただきました。

木彫は、若手仏像彫刻師チーム
漆塗は、現場工事もできる敏腕の若手塗師チーム
箔(金箔・プラチナ箔)は、代々お付合いのメイン箔押師チーム

漆は下地、中塗りを万全に。箔はいずれも二度押しです。


先日、ここ蔦屋書店の内覧会が開催され、
ご覧になった方からは「え?!木で出来ているの??」という声も聞きました。
鳳凰の時の反応と同じです。


名和さんが言う言葉の中に、
木地、漆や箔はリセットできるものであり、
仏像を中心として奈良時代、平安時代から既に千年という時を超えて
実証されているものであると。

なので、3Dプリンターなどの樹脂製品とは基本的に違うものなのです。

他にはできない、弊社仏具職人の技術がフルに発揮できる場所として、
今後も名和さん&メンバーの皆さんと協働できればありがたいと思っています。

4月4日オープン!
時期的に難しい面もありますが、ぜひ奈良へお出かけくださいませ。

実物は迫力満点です!!


若林商報(寺院向カタログ)発刊!!
ついに完成いたしました!

京仏具「若林商報」令和二年発行

ということで
今回は商品が掲載されている「商報」
御本山、別院をはじめ直近の代表的な「納入実績」
商報に掲載されている仏具の「価格表」
が3冊で1セットとなっています。

IMG_9967.jpg

まずは若林佛具製作所が今までお取引させていただいたお寺様に対して発送、持参
して参りますが、ご要望をいただきましたらお送りさせていただきます。

全国的に見て一般のお寺様に閉塞感があることは事実だと思いますが、
そんな時だからこそ、今後のビジョンを描いていただく機会としていただければと
考えています。

京都は価格が高い!

というイメージをお持ちのお客様も多いと思います。
しかし、今はそんなことはありません。

確かに京都の職人でハンドメイドで作ると、どうしても大量生産より高くなって
しまいますし、若林では仏具の修理年数として50年〜100年先を考えて作りますので、
どの工程も手を抜けないということもあります。
安ければいい!という考え方は、結局先々で苦労されるお客様が多いのが実情です。


時代は変わっています。

若林はこれまでの様々な経験とノウハウをもとに、ご事業の予算にあった内容を
ご提案させていただいております。

お問い合わせいただきましたら、
すぐに担当が対応させていただきますのでお気軽にご連絡ください。

フリーダイヤル(各店共通)0120−37−8585
メールアドレス info@wakabayashi.co.jp

以上、よろしくお願いいたします。


「なむあみだ仏っ!−蓮台UTENA−」×京仏壇・京仏具
2月1日(土)〜2日(日)に
京都・岡崎「みやこめっせ」で恒例の京都府仏具協同組合の展示会があります。
本年の「京仏壇・京仏具展」は、伝統工芸とアニメゲームのコラボレーションが実現!

183F0856-D0DD-4905-8341-999AECDB0497.jpeg

ウィキペディアによると、

「なむあみだ仏っ!−蓮台UTENA−」(なむあみだぶつっ ウテナ)は、
DMM GAMESのPCブラウザおよびスマートフォン向けゲーム。
テレビアニメも2019年4月より6月までアニメシアターXほかにて放送された。
仏教で登場する菩薩・如来・神々を主軸としたアドベンチャーバトルを主体とする。
2016年3月に「なむあみだ仏っ!」のタイトルで稼働。
2018年7月にサービスを終了した折、DMM GAMESで
「なむあみだ仏っ!−蓮台 UTENA−」のタイトルでリニューアルする形となった。

とあります。

今回のコラボブースでは、人気上位のキャラクターとこの展示会用に描き下ろされた
中心的キャラクター「大日如来」の等身大パネルを展示し、関連グッズを販売します。

このコラボイベントにちなんで、
「職人体験コーナー」では仏像関連に特化した体験を実施します。

もちろん、伝統的工芸品の「京仏壇(家庭用)・京仏具(寺院用)」
これに準じる「京ブランド仏壇」の展示や、
「京仏ソムリエ」の資格を持つベテランがプロデュースした展示もあります。


私も以前、この展示会の委員会の委員長を仰せつかっていたことがあります。
長年開催されてきた内容を根本的に変えていくのは難しいことです。

京仏壇・京仏具は、京都の伝統産業としてはかなりの古株。

とてもありがたい事ではあるのですが、経産省や京都府、京都市より
補助金をもらって開催する事業は、様々な制約があります。
最近では、その制約が“足かせ”になっている部分もあります。

もちろん、補助金をいただかないとここまでの規模で開催できないということと、
一度やめてしまうと、展示会の開催には組合員の負担が当然多くなり、
また次に補助金申請しても通るかどうか不明な面もあります。
組合事業ということもあり、なかなか抜本的な変更に踏み切れないのです。


今回のコラボレーションは、若者への仏壇のPRには良き機会だと思います。

仏壇という言い方からは、連想する形状やイメージが限られますので、
これから新たな“祈りの対象物”としての代替名詞を確立していかねばなりません。


レゾンデートル?

展示会のレゾンデートル(存在意義)を考えることが重要です。



仏具組合新年会2020
昨日は、京都府仏具協同組合の1月度理事会&新年会でした。

毎年の組合新年会ですが、内容はあまり変わりません。
秋の京仏壇・京仏具技術コンクールの表彰がそれぞれあったり、
京仏マスターソムリエの認定があったり。
ご来賓の皆様も近畿経済産業局、京都府、京都市、中央会などの関係者です。

参加費が上がったことも原因なのでしょうが、年々参加者は減っている気がします。


昨日感じたのは、仕事が回っている方とそうでない職人さんが明確だということ。
同じ金額なら腕の良い職人さんから仕事が回ります。これは当然のことです。

今までも職人さんから仕事依頼の声を掛けられることは多かったのですが、
危機感が今までとちょっと違う感覚です。

商部のお店側は、仕事がなければ工部の職人さんに依頼はできません。

今まで組合に入っている職人さんは、お店側から仕事が回って来るのが普通でした。
それを納期までに確実に仕上げるという関係が成り立っていました。

しかしながら一般企業と同じで、職人さんの一つの企業への依存割合が高くなると、
その依存度の高いお店が仕事を回せなくなると、職人さんは大変です。


誤解を恐れず申し上げると、
全体的に仕事が減少しているのはよろしくない問題ですが、
真の危機感が出てきたのは良きことだと思います。
仕事がないことがプラスの危機感につながれば、必ず人間は変化を求めチャレンジします。

今までは一時的に仕事がなくても、しばらくしてまた仕事がやってくると、
何となく安心してしまうのです。そこで危機感が喪失していきます。

真の危機感を持ち,それをモチベーションにして仕事をしていくことで
仏具組合も、そこにいる商部のお店も工部の職人も、変わっていけると信じます。


2月1日(土)〜2日(日)に「みやこめっせ」にて開催される
京都府仏具協同組合の展示会「京仏壇・京仏具展」の企画「南無阿弥陀仏」のチャレンジが
一つの突破口になりますよう願っています。

京仏壇・京仏具展の詳細は追ってお知らせします!


京仏具工芸協会 新年会 2020
今年も5日に京仏具工芸協会の新年会が開催されました。

京仏具工芸協会… 若林職人の会です。

毎年新年5日の17時より開催されるこの新年会
京都市内の主な(新しい)ホテルを中心にして開催されています。

一昨年はフォーシーズンズ、昨年はリッツカールトン、
そして今年は新しくオープンした、パークハイアット京都でした。

!cid_FC425CA5-C30E-4D2E-BE54-3D9328EC94D6.jpg

パークハイアット京都は、高台寺の京料理「京大和」さんの敷地に建つ、
低層で和のテイストを取り入れた、ハイアットの中でも上級クラスに位置するホテルです。

初めて中へ入りましたが、夜はエントランス前の二年坂がとても静かで京都の雰囲気を感じます。

!cid_519BB463-A79D-451D-AAFC-1735298091A9.jpg

!cid_85E6578A-2AAB-4E91-A310-F84D688FB2DB.jpg

!cid_B20D41AA-FD11-461E-B5F4-37ACFD73471C.jpg

入ってすぐ目の前に広がる庭は、
ハイアット会長の故郷であるコロラドから庭石が運び込まれたようです。
この庭にホタルを放したい!という希望を持たれていたようですが … ちょっとムリですよね~

parkhyatt201911101-065.jpg
(この画像は別サイトから拝借)

地下の宴会場は円卓MAX着席で80名くらいでしょうか。
今回は50名ですので、6テーブルでゆったりと着席できる感覚でした。

!cid_E66AA582-C188-40A8-AB57-2AE2FED69FBD.jpg

宴会担当者は、もともと京都市内の別ホテルからの転籍組、
内容をよく理解してもらっていて、2次会を含めて対応は良かったと思います。


さて、恒例の1時間講演の方は、卯兵衛相談役と新谷工芸舎社長と私の3名。
最近の若林佛具製作所、若林工芸舎の近況、取り組みをそれぞれがお話いたしました。

たまにはこんな講演もいいもんです。


2次会は「若手」および「後継者」限定で、ホテル側に場所を設えていただきました。
良き交流ができたでしょうか?

新年会と総会、年に2回このような職人さんとの交流会を開催してお互いの近況や
感じていることを語り合うことは、とても有意義であります。


京都のものづくり産業が、今までの流れでは衰退していくであろう現在において、
若林の方向性を示しつつ、様々な製品の依頼によって職人さんの技術をより引き出すこと、
その中でお互いの理解を深め、関係をより進化させていくことが必要なのだと感じます。


松田さん、受章おめでとう!
漆塗りの松田 勉さんが、今年春の叙勲で「瑞宝単光章」を受章されました。

そしてそのパーティーが昨晩、京都ホテルオークラにて行われました。

20191114014352804.jpeg


京都の仏具職人さんは、ここ最近は年に2回の叙勲でどなたかが受章されています。
それだけ長年の功績が評価され、推薦に値する方達が多いということです。

今回のパーティー…

ハッキリ言って松田バンドのコンサートでした。

「NEW SHARP HERD ORCHESTRA(ニューシャープハードオーケストラ)」

2019111401460694a.jpeg


この松田さんがバンドマスターを務める立派なビッグバンドです。
総勢15名はいらっしゃるでしょうか。

管楽器を中心に、アマチュア?とは思えない大変迫力ある上手な演奏でした。

当の松田バンマスさんはサックス担当。
叙勲のパーティーで自分のバンドを呼んでコンサートするなんて
とても職人さんとは思えません。カッコよすぎます!!

いい加減なところも多いですが、憎めない(笑)
松田さんはとても親しみやすく素敵な方です。


これからもお元気で!
この度は本当におめでとうございました。


定朝法印 九百六十二回忌
京都仏像・仏具の開祖として活躍された仏師「定朝(じょうちょう)」の
962回忌が営まれました。

宇治の平等院鳳凰堂の中央に悠然とお座りになっている阿弥陀如来坐像は
この定朝さんの代表作です。

詳細が記してあります↓

!cid_CF7281D3-5D85-48C4-8307-E245DD4AC92B.jpg

毎年の定朝忌、紫野の上品蓮台寺にて京都仏像彫刻家協会の主催で行われ、
京都府仏具協同組合の理事が出席します。
これは先述のように、仏像とともに京仏具の祖でもあるからです。

本堂での法要の後、お墓に移動してのお勤めです。

!cid_FE315270-25F9-4C33-8BC2-9DB7A9A6C73B.jpg

!cid_DA43818B-BA24-4F33-BA82-A90C036EA1B8.jpg

さて、
仏師定朝は「七条仏所」を開設し、一族、師弟とともに関係する職人を置きました。
ここからはその後、運慶・湛慶・快慶等のよく知られた仏師が現れます。

仏像を製作するためには、漆、金箔など多くの職人も必要としたのでしょう。
さらには錺(かざり)金具、彩色などの装飾も施されますが、
どこまでが仏所としての括りだったのかは不明です。

そしてこれが現在の京仏具の分業制度に繋がっていると言われています。

毎年ここで行われるこの定朝忌は、1000回忌まで続けると
仏像彫刻家協会の会長がおっしゃっていました。

歴史とルーツを知り、思いを馳せ、リスペクトすることも必要ですね。



伝統工芸士試験の工房巡回
何とも偉そうなタイトルですが、今年は2年に一回の伝統工芸士試験の年です。
仏具組合も本年、職人資格である伝統工芸士を受験する方が7名いらっしゃいます。

我々の組合は、京仏壇と京仏具の二つのカテゴリーで受験することができます。
経験年数は12年以上。


伝統工芸士とは(Wikipediaより)
後継者不足等により低迷している伝統的工芸品産業の需要拡大を狙って
1974年(昭和49年)に誕生した制度。
伝統工芸士は、その産地固有の伝統工芸の保存、技術・技法の研鑽に努力し、
その技を後世の代に伝えるという責務を負っている。
そのため、産地伝統工芸士会に加入し、産地における伝統工芸の振興に努めることとなる。
誕生時は通商産業大臣認定資格であり、経済産業大臣認定資格を経て、
現在は(財)伝統的工芸品産業振興協会が認定事業を行っているが、
伝産法の規定に基づく言わば国家資格である。


ということで、今回は遠く美山町の仏像彫刻師と京都府南部の塗師。
京都府仏具協同組合の理事長と担当理事、
京都府、京都市など行政の伝統産業ご担当の審査員とともに工房を回ります。

1軒目の仏像彫刻師さんは親子での受験です。
何とも自然豊かな田舎風景。
京都市内から1時間、京丹波美山町までのドライブでした。

04EDB9BD-EE7D-4D23-AF1C-A5A187B0893A.jpeg

DA216122-8B75-43A7-A113-986BDACF5E56.jpeg

21FCE49C-33E1-4E7D-B024-7C9DABAA9265.jpeg

もともと十分すぎる経験をお持ちのお父さんと、
お父上を師匠に、ご自身でも様々な勉強をされている息子さん。
両名とも仏像のお顔はとてもオーソドックスで、私が好きなお顔です。

もちろんお二人とも資格に値する技術をお持ちで、特に問題を感じません。


2軒目は、漆塗の職人さん。
この方は私もよく存じ上げているので、普段からの腕前はお墨付きです。

2B535EB7-2558-4447-BA82-FE9ACB1EEC65.jpeg

しかも、製品審査を兼ねた京仏具技術コンクールにおいて
最高位である近畿経済産業局長賞に輝いた職人さんですから、
文句のつけようがありません。
技術も受け答えも的確でした。

というわけで、2日に渡った伝統工芸士の工房巡回視察は無事終了。

筆記試験、製品試験、視察面談、会議という一連の流れを経て、
本年の伝統工芸士の試験は終了いたします。

ご担当の皆さまおつかれさまでした!


全国宗教用具協同組合 研修会
少ししゃべってきました。
全国宗教用具協同組合(以下:全宗協)の京都研修会。

弊社が長くお付き合いしていて、学校の先輩でもある吉田治市商店さんの社長から
新しい店作りと今の若林の取り組みを話してほしいと依頼がありました。
まだまだ道半ばなので固辞していたのですが、
少しでも全国の同業者の皆さんに感じていただけることがあるならば…
とお引き受けいたしました。

!cid_E4FC8D94-A17D-4E6B-84FB-3E5BAFB086F5.jpg

といいましても東京浅草の山本さんと二人で1時間半の配分、
実際の登壇は45分くらいでしたが。

!cid_C3AED3E5-49EE-49AD-9A1C-2A902A3E9D99.jpg

!cid_B495B42C-97DB-4EF0-AC8B-64BD40D1A928.jpg

私から30分弱パワーポイントを使ってお話ししたあと、
コーディネーターの吉田さんから質問を受ける形で進みました。

本社ビルをリニューアルしてからすでに2年近く経過し、
当時の細かいことはそろそろ忘れかけているところもありますが、
店舗リニューアル改装のコンセプト、商品構成、ディスプレイなどをお話しした上で、
ネット販売、オリジナル商品、今月行われる表参道でのデザイナーズ仏壇
「レゾンデートル」コレクションの展示会などなど、
一通り若林の現在進行形を説明いたしました。

!cid_A2141AB1-11E0-4DD1-92D4-2028B5BDEE2A.jpg

人によっては「身銭を切って業界のために進んでくれてますね」とか、
「よくそこまでぶっちゃけて話しましたね」とか、言ってくる人もいました。

京都の同業者の会長・社長さんもいらっしゃってちょっとは緊張しましたが…
最近はどこでもストレートに申し上げているので、
あまり気にならなくなってきました。

実は、こうしてお話することによって自分自身の勉強になっています。
ですから、参加の皆様にお話ししているというだけではなく、
自分自身のモチベーションのためにお話ししているということにもなります。

それと、こうした新たな取り組みは社内だけではできないことの方が多いです。
外部のプロデューサー、専門分野としての顧問の必要性も併せてお話ししました。
弊社は幸い優秀な方とともに歩むことができていますが、
これは行動を起こすことによって、必ず出会うものだと思っています。

何度も申しますが、若林は現在進行形です。
これからも皆様とともに勉強し、良き会社になっていきたいと考えています。

また翌日、実際に見に来ていただいた同業の方々にも感謝申し上げます。
勉強熱心な方々からはこちらが刺激を受けますね。

今回はこのような機会をいただき、誠にありがとうございました。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.