FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201905<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201907
GWの芝の手入れ!
やっと10連休が終わろうとしていますね。
皆さん何をされてましたか?

といいましても、ヨーロッパですと1ヶ月程度のお休みはあります。

休むのが目的ではなく、何かをするための手段として休みがある。
…素敵な考え方ですね。

弊社としては従業員の皆さんが幸せになれるお休みを取得できるように
今後も考えていきたいと思います。



さて、GW中に家の掃除を少しばかり。
庭の手入れをしました。
そんなに広くはないのですが、それなりに大変です。

この時期は暖かくなって、放っておくとすぐに雑草が育ってきます。
まずはこれを抜かないといけません。

まずはサッチ(枯れ芝)を取り除きます。これがまた大量に出ます。
本来ならもっと早い時期に取り除くことがいいのですが…

!cid_C8ABB280-D8A6-4CBA-A382-8BBD86B49922.jpg

その後、芝刈りをします。機械の届かないところは芝ハサミで。

!cid_9A0653F8-32F8-4469-982A-4D3216B6B362.jpg

エアレーションといって、芝生に穴をあけてあげるとさらにいい感じです。
(大変なので、今年はそこまでやりませんでしたが)
また、毎年ではなくても、芝生に砂を入れることも大切ですね。

結びには除草剤をササッと全体に蒔いて終了いたしました。


掃除も洗車も修理も、何事もそうなのですが、
自分で手入れした“もの”や“こと”は、必ず大切にします。

人にやってもらったことと比べて数倍、数十倍気持ちが入ります。
ここが大切だと思うのです。
もちろん、すべてが出来るわけではありませんが。

人に対しても、こうした思い入れ、思いやりが大切なのかも知れませんね。

ということで案の定、腰が痛くなりました!


男子校の卒業式!
卒業式シーズンも終盤ですね。

うちの中学生も卒業式を迎え、お役目もあって出席してきました。

2019031810084883f.jpeg

ここの学校は某仏教系男子校。
京都市内では数少なくなった…といいますか、2校を残すのみとなりました。

そして、ここ数年でその内の1校が共学になるという情報ですので、
そうなるとこの学校を残すのみとなります。

やはり時代の波には逆らえませんね。


今回の私の役目というと、卒業生保護者代表で「謝辞」を述べること。
PTA副会長的なポジションで、年間で今回だけのお仕事です。

2019031810085046b.jpeg

事前に原稿を作り、それを学校がこのように仕立ててくれます。
まあ本番はゆっくり読むだけなのです。

お姉ちゃんのときも、某中学で父母の会会長というお役目をいただき、
この時は若くして何も見ずに話したため、あとで知人の先輩保護者方に
突っ込まれました!

20190318100851457.jpeg

男子校はいいですね〜
みんな異性に対する気遣いがないので、ある意味“素”の姿なのです。

共学で育ってきた私にとってはとても新鮮!
女子校に行かれていた方は、また印象が違っているのでしょうね。


4月からは高校生!
先生のコメントにあったように、与えられる「義務教育」が終了し、
「取捨選択」を自らがしなければならない時期にさしかかります。


さて、“可能性の塊”はこれからどこへ羽ばたいていくのでしょうか?


仲間の大切さ!
先日、14名ほどの集まりがありました。

京都青年会議所 2006年度 総務委員会 同窓会

私がちょうど40才の時、青年会議所の卒業年度に委員長をさせて
いただいた委員会です。

あれから12年…

!cid_0B888CD2-E1B9-41DD-8A95-B8A06A66C934.jpg

定期的にこの委員会の同窓会はやっているのですが、今回は久しぶりの開催。

当時、委員会スタッフの一人であった○川○介君が、
昨年京都青年会議所のトップである理事長をしていたのです。

よって彼の”おつかれさん”会という意味もありました。

1年間(実質は2年くらいですが…)、
全国でも一番ハードと言われる京都JC理事長の職責をよく全うされました!
素晴らしいことだと思います。
今後は”社会復帰”し、今までの分、仕事に励んでいただきたいと思います。


私は当時たまたま総務委員長という職をいただいて、
25名の委員会メンバーとともに活動していました。
いわゆる「苦楽をともにした」メンバーです。

その仲間と時を越えて一緒に飲めるというのはこの上ない幸せ。
集まると一気に12年前にタイムスリップしてしまいます。
いつも当時の話で盛り上がって大笑い!何回おんなじ話してんの?(笑)


皆さん、今後も末永くお付き合いのほど、お願い申し上げます。
ありがとうございました!


大切な食事会!
久々に行われました「エイト会」。

この会は、京都青年会議所のOB8名で構成されています。
私と同年代が3名、年下1名、あとは皆さん年上といった構成。

途中、O先輩がご病気でお亡くなりになったりして、
少しメンバーは替わりましたが、長く続いている会なのです。

京都の某有名抹茶ラングドシャメーカーの社長、Kさんのお話はいつも刺激になります。

昨日は途中なぜか私の話題になり、
初めて現在の若林の取り組みをお話させていただきました。

たまには聞いていただくのもいいもんですね(^^)。

新たな事業を推進していくには、相当な思いと体力がいります。
そのモチベーションを長期間保つのは並大抵ではありません。
やってこられた先輩方を見ていると、いつもそこが素晴らしいと思います。

士業の先輩で、現在上々を目指されているお話も聞くことができて、
皆さんチャレンジャーなのだと改めて感じることができました。
要するに皆さん超前向きなのです!

Kさんからはいつもの笑顔でエールを送っていただきました。


経営者の皆さんは、今後の社会動向をよく読んでおられるなと感じます。

日本の人口は2055年には1億人を割り込み9700万人、
その後も減少を続け、2065年には9000万人を切ると推計されます。
そしてそのうちの3400万人近くが65歳以上の高齢者。
減少人口に占める高齢者の数は、今後もあまり変わらないのです。
その上で、所得動向はまた別に考えなければなりません。

このような日本でどのような動きをしていけばいいのか、
事業の転換期を迎えるに当たってまだまだ考えるべきところがあります。


あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。
平成31年、2019年の幕開けです。


元日は恒例の初参りと初詣。

裏山の松ヶ崎大黒天(妙円寺)さんは、京都七福神として賑わっています。

!cid_EA0A83A2-A75D-43E8-A548-208C8C0A8005.jpg

!cid_F32455E9-988E-4AF9-8D81-B62D148B2C2E.jpg

次は新宮神社さんへ。松ヶ崎地域の氏神さんです。

!cid_0AEABF82-30DC-4F95-8359-4272F45319A4.jpg

!cid_7102931A-3533-43BD-A141-5E90D7940A0B.jpg

もともとこの辺りは愛宕(おたぎ)郡 松ヶ崎村といい、
一村改宗した日蓮宗の村。日蓮宗のお寺が5~6ヵ寺あったようです。
お盆の「松ヶ崎題目踊り」は今でも“日本最古の盆踊り”として有名です。
そう、ここは由緒正しき村なのです。
戦前に引っ越していても、うちはまだまだよそ者です(笑)


ランニング初めは鴨川へ!
2月に京都マラソンがあるので、私にとってプレッシャー状況は続きます。
かなりやばいです … が、時間を見て練習あるのみです。

!cid_971E8F26-D53B-4D21-A77D-3037289CE025.jpg

!cid_413FD93C-6DB8-4F7D-83CC-4E1CE5611DA5.jpg

ということで、
2019年は「創業190年 ビジョンを描こう!」

がんばって参ります。
本年もよろしくお願い申し上げます。

平成30年に感謝!
今年もラストの日を迎えました。
平成としては最後の大晦日となりますね。

日本はお正月という節目があって、
心機一転、新たな気持ちで新年を迎えられる、とてもよい国だと思います。

この1年間ご縁をいただいた皆様、誠にありがとうございました。


「創業190年 ビジョンを描こう!」

若林は2019年も、まずは200年までの10年間、
そしてその先の100年に向かって“猪突猛進!”突き進んで参ります。

皆様にも若林にもすべての良きことが雪崩のごとく起こりますよう
心より願っております。

よいお年をお迎えくださいませ。


クリスマス2018!
今年もクリスマスがやって参りました。
京都タワーもクリスマス!

!cid_3C14C161-20B5-4A94-A018-8D46D0185552.jpg

我が家は久々の4人そろい踏み!

東京から上の娘25才が京都へ引っ越して参りました。
といってもそれもつかの間、新年から今度は転職して海外へ行くようです。

自分のやりたいことを次々と行動して実現していく姿は素晴らしいです。
たくましくもあり、微笑ましくもあり、うらやましくもあります。
不思議と心配は全くないのですが、これはおかしいでしょうか?

ということで、東京から帰ってきた日に、家でのクリスマス食事会となりました。
デパチカディナー(笑)

!cid_7CE35ACE-2E6E-484F-ACB4-505B4D85DF42.jpg

!cid_6EAEBEAA-9107-4726-A2AF-2397E205A488-1.jpg

最近、ケーキは”先生”に教えてもらってお作りになるようで、
“特製モンブラン”大変美味しくいただきました。

!cid_C6B4934C-DEB0-41E4-AF06-1C2908BDDA92.jpg

忘年会月間もそろそろ終わり、あとは本社の忘年会を残すのみとなりました。

クリスマスが過ぎますと、途端に新年の準備が始まります。

ご挨拶、大そうじ、年賀状、墓参り…
うちの会社は、昔から曜日に関係なく28日より全社休業となりまして、
もう休暇まであっという間、全く時間がありません。
あとしばらく、年末のバタバタを味わいたいと思います。

京都はとても寒くなって参りました。皆様ご自愛ください。

卒業おめでとう!
昨晩は、本年度の京都JC理事長であった小川くんの卒業パーティーでした。

20181214090311ee3.jpeg

20181214090314484.jpeg

私が最終年度2006年(今から12年も前!)に総務委員長をした時に
「セクレタリー」としてスタッフにいてくれました。

青年会議所の委員会スタッフ構成は一般的に、
委員長、副委員長、総括幹事、運営幹事、セクレタリーとそれぞれ与えられた役職が
決まっていて、その下に一般メンバーがいます。
そして、委員会の上には室長、常務理事、専務理事、副理事長など、
そして組織のトップが理事長となります。

青年会議所は単年度制。
それぞれ一人一人が自分の役目を1年間だけ“演じる”わけです。
この各自演じ方の取り組みによって、その人が成長していくことになります。
当然、真剣にやればやるほど社会知識や人間関係など得るものが大きいですし、
40歳で卒業してから先の、一生の友人関係も築けます。

役が偉いのではなく、実はその役になる勉強を1年間かけてするイメージです。

これはやった人しかわからない感覚なので、
JCが“遊んでる団体”と思っている方にはこれ以上申し上げらないのですが…

ということで、小川啓介君は入会して15年間という長きにわたって在籍し、
とうとう本年、まさかの理事長職までつとめられました。

20181214090310d54.jpeg

仕事は大丈夫なの?と聞きたくなりますが、
そこは同年で同じご卒業メンバーである奥様が支えておられたのでしょうね。

昨日、2006年の委員会で「おつかれさん同窓会」をやろうと決まりました。
その時にまたゆっくり裏話を聞きたいと思います。

20181214090312ed8.jpeg

敬介くん!ご卒業おめでとうございました。



15回目のBirthday
数日遅れの誕生日お祝いとなりました。

うちのK太郎です。

うちの家は、なぜかホールケーキではなく、
個別のピースを買ってきて食べるということになっています。

バックミュージックは、“ドリカム”の「Happy Happy Birthday♪」
今は、上のお姉ちゃんが東京にいますので、3人でのささやかな祝宴。

今回は久々、”西賀茂チーズ”というケーキで有名な菓欒(カラン)さん。
http://www.patisserie-karan.jp/

!cid_0C8A6B30-4AB0-4638-8D3C-2A75F85A6313.jpg

新しい店舗になってから、オシャレになった気がします。
西賀茂チーズの金額も上がりましたね。


焼肉好きの彼のリクエストで初めて行ったのが、北山「天壇」。
オープン時からいつか行こうということで予約していたのですが、
結構満席でビックリしました。

かなりお金のかかった建物、内装だというのがよくわかります。

そして帰りに、これも久々、“サザン”のCDを買って喜んでました(笑)


こうしてお祝いができることが幸せなことであると思いつつ、
今後もがんばって参ります。


Go to Philippines
お盆明けにフィリピンへ行く機会をいただきました。

私の新卒就職の同期であり、友人であり、ビジネス上も交流のあるK君に
お願いして、「パラワン島 視察ツアー」を組んでもらいました。

彼はもともと、前の会社を退職した後、自分で不動産デベロッパーを立ち上げ、
九州で頑張っていました。

前会社を退職後、そのような事を起業した人はかなりいましたが、
現在に至って成功した人は数えるくらいだと感じます。
それだけ不動産事業は不安定であり、継続が難しいのです。
K君は日本では介護業界にも進出し、現在も彼の事業の中核となっています。

いわゆるリーマンショックの後、国内でのデベロッパー事業には見切りをつけ、
フィリピンへ行くことを決意したようです。
これが現在のリゾート開発事業の始まりです。

『パラワン島』

「世界で最も美しい島」として、
コンデナスト・トラベラー(Condé Nast Traveler)という旅行雑誌にて
3年前に紹介されました。

セブ島から飛行機で1時間くらいの位置にある、縦長の大きな島。
ここで現在マウンテンリゾート、サファイアヒルズを開発しているのがK君です。

島北部の「エルニド」という場所はもともと日本人が数十年前に開発した
地域だそうで、現在も島の代表的な観光地となっています。


いや〜ビックリしました。
本当に何もない所、現地人の素朴すぎる生活を見ながら、ホテルへ向かいます。
道路は、何とか幹線は舗装されていますが、アップ&ダウン、曲線の連続、
車に酔う人は間違いなくダウンします。

よくこんなところを開発したね…というくらい、周りは何もありません。
しかし運営はしっかりしていて、乾季の繁忙期は宿泊客も多く、
欧米から長期バカンスにも来られるようです。

最近島の国際空港が新しくなり、台湾、韓国からの直行便が来るようになったお陰で
アジア系の方々も増えてきたと聞きました。

さて、ここサファイアヒルズは
これから360棟のヴィラを分譲することになっています。
図面を見ましたが、かなり大掛かりな開発および建設事業です。

5年も経ったら、株式会社アイランド(彼の会社)は
パラワン島開発の主軸企業として存在しているかも知れません。

韓国や中国企業が土地を買っているという情報もあり、またゴルフ場開発の
申請も出されているようです。

島の自然を守りつつ、国のプラスとなるようにするためには、
どのようなプランを作っていけばいいのか、これからの大きな課題だと思います。

必ず数年のうちにもう一度訪れたいと思います。
皆さんもぜひ!


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.