FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201912<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202002
やってきたネコ!
うちの隣に妹家族が住んでいます。

12月に新たにやってきたのがこのネコちゃん。
お正月に初めて対面しました。

!cid_56211E98-3A81-47B9-8A1A-9E4E03FFF8A8.jpg

!cid_16409FCF-5C9C-4C0F-B2D6-86099AE88567.jpg

その名も「かえで」ちゃん。
以前にうちにいたネコが「もみじ」だったので、植物の同系統ですね。
現在、実家にいる犬が黒ラブ「すみれ」です。

現在生後3ヶ月。動くものに興味津々、よく遊びます。
本当にかわいらしいですし、飽きません!!

!cid_6B94423E-F069-460A-BA27-C61DE719CBBE.jpg

!cid_04CADE9F-BB85-4DF3-846B-A11EC434B81D.jpg

さて、この「かえで」は京都動物愛護センターからやってきました。
http://kyoto-ani-love.com/information/owner/

サイトによると…
当施設では、狂犬病予防,動物の愛護と適正飼養に関する事業を行っております。

業務内容は以下のとおりです。
1.犬・猫等、ペット動物に関する適切な飼養管理の普及啓発事業
2.所有者不明犬の保護収容
3.負傷動物の保護収容
4.保護・収容した犬猫の譲渡
5.犬・猫等、ペット動物の相談受付


などと書かれています。

現在、問題になっているのが虐待や飼育放棄。
京都市のように、このようなセンターがあれば救われることもあるのでしょうが、
全国的に、最終は殺処分されてしまう動物も多いと聞きます。

某サイトによると…

店頭で買った動物が捨てられるケースが多いというのがあるようで、
ペットショップで見て、「かわいらしい」と思ったから衝動的に買う。
でも、家へ連れて行くと子犬が言うことをきかない。
持て余してこっそりと捨ててしまう。こうしたケースが多いようです。

店頭で子犬、子猫を売っているのは日本だけだというご意見があります。
クリスマスプレゼントに動物を送ることはやめましょう!という広告もあります。


いずれにしても、商売のためだけを考えて扱われる動物が増えないよう、
また、無責任な購入や飼育をしないようよく考えなければならないと思います。
動物も人間と同じく成長していきます。

私は昔から実家の様子をずっと見てきたので、飼いたい!とは思いますが
今のところお世話をする自信がありません…


これからの「かえで」の活躍を期待します(^^


大晦日に当たって。
令和元年が終わろうとしています。
本年1年間お世話になった皆様に心より感謝申し上げます。

若林の社長としての令和元年は、新規事業部長のようでした。
これでいいのか?と常に自分自身に問いながら日々を過ごしていました。
社長が慌ただしく動くのはいいのですが、
俯瞰して、大きな視点で会社を見られているのか。


日本はお正月という素晴らしい風習のある国です。
元日には、心機一転!新しい年が始まります。

世間が一斉に休日になることもあり、仕事の連絡はありません。
ここがキーポイントかも知れません。

では、お正月に関する記述を見てみると…

お正月には、素晴らしい1年を過ごすために、
古くから「歳(年)神様(としがみさま)をお迎えする」という習わしがあります。
「歳神様」は、正月に家に訪れ、あなたや家族を守ってくれる神様なのです。

歳神とは1年の初めにやってきて、その年の作物が豊かに実るように、
また、家族みんなが元気で暮らせるよう約束をしてくれる神様です。
正月に門松やしめ飾り、鏡餅を飾るのは、すべて歳神様を歓迎するためです。

ということなのですが、
最近は簡素化で、門松はもちろん、しめ飾りを見ることも少なくなってきました。
鏡餅はパック入りで人間様のためになっていますね(笑)


来年は私にとってかなり気合いのいる年になりそうです。
社長とは何なのか、どう考え行動するべきなのか、問い直す機会になると思います。

皆様のご指導をよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えくださいませ。

本当にクリスマス?
毎年、“クリスマス”らしさはなくなっていきます。

特に今年は、家で「クリスマス・ツリー」が出てきませんでした。
もちろん、私が自分で出してくればいい話なのですがね~^^;

しかし、それすらも忘れていたという事態!
息子から「今年はツリーも出してへんな~」と言われて気づきました。

世間もあまり盛り上がっているように見えないのは私だけ??

クリスマスが盛り上がらない原因として
今年は特に暖冬?のせいか、最高気温が10℃を下回ることが少なく、
日中コートがなくても過ごせる日々が続いています。

もう一つは、23日の天皇誕生日がなくなって連休がなくなりました。
この時期に外泊する人は減ったような感覚があります。

バブル期の、高級ホテル大盛況!!もなくなりましたね。
特に20代の若い人達はお金を使わなくなりました。


うちでは、”クリスマスディナー”はありませんでしたが、
クリスマスリースのようなクリスマスケーキが出てきました。

!cid_F01F94A6-FB61-453F-9E70-120A772CA39B.jpg

!cid_826DB14E-C063-4A52-AC8E-D2574EC4FF8C.jpg

今年唯一クリスマスを感じた瞬間です。
有り難いことだと思います。


ということで、もう年末~お正月です。
12月ってあったの?という感覚でした。

インフルエンザが流行っていますので、皆様もお気をつけください。


中高同窓会の大懇親会2019
今年もやって参りました。
私の卒業した中学校・高等学校の合同同窓会の大懇親会。

毎年、卒業して25年目、42歳の年に幹事学年が回ってきます。
私も10年前に幹事学年、それも理事長という役割をいただいて動いていました。

今年は宝ヶ池の「グランドプリンス京都」にて800名!ほどの参加で行われました。

!cid_9F0EAC75-7290-4947-B008-A6815826772B.jpg

同窓会に来る人は毎年だいたい大体決まってくるのですが、
これは心理といいますか、来る人は来やすいし、久しく来ていない人は勇気がいるのです。
特に女性は、同窓会というとオシャレしないといけないということもあり、
面倒だと思う人もいるようですね。

来年で定年退職となる高3の卒業時担任だった体育のY先生。
うちの娘も親子でお世話になったこともあり、印象深い素敵な先生です。

!cid_7B952B8D-F4B6-44B0-B926-F0381C8BC6C6.jpg

それでも10年前の我々が幹事をした時は、360人中200名の同級生が来て、
その日はとても盛り上がりました。

この大懇親会までは、理事長、理事はやることが多くて大変!
私の時は同級生のみんながよく動いてくれて、この会を狭いハイアットリージェンシーで
開催したのも関わらず、当時の支配人のご厚意で大変素敵な懇親会となりました。
終わった時は心の底からホッとしたものです。


今年はJCの後輩でもある丸久小山園の小山君が理事長でした。
一年半ほどの間、周りに気を遣うことが多かったことと思います。
そして理事としてまた幹事として動かれた皆さん、おつかれさまでした。

次の会長も決まり、安心して来年に引き継いでいただきたいと思います。


同級生はいいもんです。
いくつになっても友達を大切にしていきましょう!


お食い初め!
私のいとこの長男、「英俊」君のお食い初めがありました。

午前中は下鴨神社でお宮参りをされ(私は行っていませんが…)、
お昼は木乃婦さんにてお食い初め!
(高橋君、大変お世話になりました)

!cid_8C7FA436-0A87-44F1-9557-66256E896490.jpg

!cid_1B45840D-FD40-4CAF-8CA3-21AB12F649F2.jpg

!cid_E925CD26-D41D-4082-AE73-6CF7A83F1D19.jpg

通常、「お食い初め」に親族が行くことはあまりないのでしょうが、
お披露目会といったようなことで集まったと言った方が正しいです。

それも会長である私の叔父さん、そして叔母さんにとっては
”初孫!”となりますので、気合いがちがいます(笑)

!cid_B63D3C38-CC52-4CE6-A96E-590E102FA31C.jpg

ということで、英俊(ひでとし)君です。
(もちろんモザイクです!)

!cid_14B69858-6892-4EB3-AD34-D352483EE639.jpg

ハッキリ言って、ヤバいくらいカワイイです。
どれだけ見ていても飽きません。

どうして赤ちゃんはこんなにもカワイイものなのでしょう??


さて、この英俊君のおじいちゃんは、もちろん私の叔父さんですが、
もう一人の(母方の)おじいちゃんも私のゴルフ部の大先輩です。

ややこしい話なのですが、このおじいちゃんと私のもう一人の叔父さんが同級生。
中学から学校が同じでゴルフ部も一緒という、何とも強いご縁で結ばれています。

そして、昨年のいとこの結婚式では、
私のもともと知っている方が数名、親戚になったことが判明。

京都って本当に狭いなあ…と実感している次第です。

これから楽しいことが山のように待っていることでしょう。
英博さん、るみさん、英隆君、佳奈子さん、誠におめでとうございました!!


ベストファーザー賞in関西2019
先日、青年会議所の先輩がベストファーザー賞を受賞されました。

「ベストファーザー賞 in 関西 2019」

素敵な賞の受賞記念パーティーがありました。

20190826081308e48.jpeg

201908260813074b5.jpeg

2019082608130311d.jpeg

20190826081302b6c.jpeg

以前にもこのブログにて紹介させていただきました、木本 勉さん。
「NPO法人 京都家のこと勉強会」の代表としてご活躍中です。

木本 努さん(55)。

10年前、2009年2月にがんで妻富美子さんを突然亡くされました。
45歳で。しかも療養期間はほとんどなかった中で。
子どもは当時、小5の長男、幼稚園の次男、2歳の三男の男三兄弟
家事をしたことがほとんどなく、ダスキン系列会社の社長として
日々多忙を極めていらっしゃいました。
「悲しむ暇もなく、3人の子どもとどう生活していくか不安でいっぱいだった」
と振り返っておられます。

代表取締役主夫として“グリーフケア”に取り組まれる中、会社は退職。
その後、様々なご縁で講演を開始、今年は72回となる予定だそうです。

収入が社長時代を超えた!と笑っていらっしゃいました。

20190826081305d6e.jpeg

昨年体験本を出版され、そして今回ベストファーザー賞。
目指すべきは映画化!と配役まで決めて意気込んでおられます。
今の雰囲気で行くと、本当にに映画になるような気がします。

そして、まわりには木本さんを応援する人たちで溢れています。


起こった出来事を前向きに捉え、進んでいかれる姿はとても勉強になります。
なかなかできることではありません。

これからも応援し続けていきたいと思います。



GWの芝の手入れ!
やっと10連休が終わろうとしていますね。
皆さん何をされてましたか?

といいましても、ヨーロッパですと1ヶ月程度のお休みはあります。

休むのが目的ではなく、何かをするための手段として休みがある。
…素敵な考え方ですね。

弊社としては従業員の皆さんが幸せになれるお休みを取得できるように
今後も考えていきたいと思います。



さて、GW中に家の掃除を少しばかり。
庭の手入れをしました。
そんなに広くはないのですが、それなりに大変です。

この時期は暖かくなって、放っておくとすぐに雑草が育ってきます。
まずはこれを抜かないといけません。

まずはサッチ(枯れ芝)を取り除きます。これがまた大量に出ます。
本来ならもっと早い時期に取り除くことがいいのですが…

!cid_C8ABB280-D8A6-4CBA-A382-8BBD86B49922.jpg

その後、芝刈りをします。機械の届かないところは芝ハサミで。

!cid_9A0653F8-32F8-4469-982A-4D3216B6B362.jpg

エアレーションといって、芝生に穴をあけてあげるとさらにいい感じです。
(大変なので、今年はそこまでやりませんでしたが)
また、毎年ではなくても、芝生に砂を入れることも大切ですね。

結びには除草剤をササッと全体に蒔いて終了いたしました。


掃除も洗車も修理も、何事もそうなのですが、
自分で手入れした“もの”や“こと”は、必ず大切にします。

人にやってもらったことと比べて数倍、数十倍気持ちが入ります。
ここが大切だと思うのです。
もちろん、すべてが出来るわけではありませんが。

人に対しても、こうした思い入れ、思いやりが大切なのかも知れませんね。

ということで案の定、腰が痛くなりました!


男子校の卒業式!
卒業式シーズンも終盤ですね。

うちの中学生も卒業式を迎え、お役目もあって出席してきました。

2019031810084883f.jpeg

ここの学校は某仏教系男子校。
京都市内では数少なくなった…といいますか、2校を残すのみとなりました。

そして、ここ数年でその内の1校が共学になるという情報ですので、
そうなるとこの学校を残すのみとなります。

やはり時代の波には逆らえませんね。


今回の私の役目というと、卒業生保護者代表で「謝辞」を述べること。
PTA副会長的なポジションで、年間で今回だけのお仕事です。

2019031810085046b.jpeg

事前に原稿を作り、それを学校がこのように仕立ててくれます。
まあ本番はゆっくり読むだけなのです。

お姉ちゃんのときも、某中学で父母の会会長というお役目をいただき、
この時は若くして何も見ずに話したため、あとで知人の先輩保護者方に
突っ込まれました!

20190318100851457.jpeg

男子校はいいですね〜
みんな異性に対する気遣いがないので、ある意味“素”の姿なのです。

共学で育ってきた私にとってはとても新鮮!
女子校に行かれていた方は、また印象が違っているのでしょうね。


4月からは高校生!
先生のコメントにあったように、与えられる「義務教育」が終了し、
「取捨選択」を自らがしなければならない時期にさしかかります。


さて、“可能性の塊”はこれからどこへ羽ばたいていくのでしょうか?


仲間の大切さ!
先日、14名ほどの集まりがありました。

京都青年会議所 2006年度 総務委員会 同窓会

私がちょうど40才の時、青年会議所の卒業年度に委員長をさせて
いただいた委員会です。

あれから12年…

!cid_0B888CD2-E1B9-41DD-8A95-B8A06A66C934.jpg

定期的にこの委員会の同窓会はやっているのですが、今回は久しぶりの開催。

当時、委員会スタッフの一人であった○川○介君が、
昨年京都青年会議所のトップである理事長をしていたのです。

よって彼の”おつかれさん”会という意味もありました。

1年間(実質は2年くらいですが…)、
全国でも一番ハードと言われる京都JC理事長の職責をよく全うされました!
素晴らしいことだと思います。
今後は”社会復帰”し、今までの分、仕事に励んでいただきたいと思います。


私は当時たまたま総務委員長という職をいただいて、
25名の委員会メンバーとともに活動していました。
いわゆる「苦楽をともにした」メンバーです。

その仲間と時を越えて一緒に飲めるというのはこの上ない幸せ。
集まると一気に12年前にタイムスリップしてしまいます。
いつも当時の話で盛り上がって大笑い!何回おんなじ話してんの?(笑)


皆さん、今後も末永くお付き合いのほど、お願い申し上げます。
ありがとうございました!


大切な食事会!
久々に行われました「エイト会」。

この会は、京都青年会議所のOB8名で構成されています。
私と同年代が3名、年下1名、あとは皆さん年上といった構成。

途中、O先輩がご病気でお亡くなりになったりして、
少しメンバーは替わりましたが、長く続いている会なのです。

京都の某有名抹茶ラングドシャメーカーの社長、Kさんのお話はいつも刺激になります。

昨日は途中なぜか私の話題になり、
初めて現在の若林の取り組みをお話させていただきました。

たまには聞いていただくのもいいもんですね(^^)。

新たな事業を推進していくには、相当な思いと体力がいります。
そのモチベーションを長期間保つのは並大抵ではありません。
やってこられた先輩方を見ていると、いつもそこが素晴らしいと思います。

士業の先輩で、現在上々を目指されているお話も聞くことができて、
皆さんチャレンジャーなのだと改めて感じることができました。
要するに皆さん超前向きなのです!

Kさんからはいつもの笑顔でエールを送っていただきました。


経営者の皆さんは、今後の社会動向をよく読んでおられるなと感じます。

日本の人口は2055年には1億人を割り込み9700万人、
その後も減少を続け、2065年には9000万人を切ると推計されます。
そしてそのうちの3400万人近くが65歳以上の高齢者。
減少人口に占める高齢者の数は、今後もあまり変わらないのです。
その上で、所得動向はまた別に考えなければなりません。

このような日本でどのような動きをしていけばいいのか、
事業の転換期を迎えるに当たってまだまだ考えるべきところがあります。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.