FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201907<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201909
グランフロント大阪クリスマス2017
現在、大阪駅北側の「グランフロント大阪」にて、
真っ赤なバラのクリスマス ツリーが飾られています。

grandfront-osaka2017.jpg

プレスリリース
https://www.grandfront-osaka.jp/press/pdf/release170925.pdf

グランフロント大阪のウェブサイトによると、

グランフロント大阪(大阪市北区大深町)は、
「WINTER IN RED(ウィンターインレッド)」をテーマに、まちに訪れる人々の
願いや思い、夢が集まり、紡ぐ『GRAND WISH CHRISTMAS 2017』を
11月9日(木)から12月25日(月)まで開催いたします。
5回目という節目を迎えるグランフロント大阪のクリスマス、
今年は「赤」をテーマにまち全体をクリスマスらしい華やかなムードで盛り上げます。
クリスマスカラーで良くイメージされる「赤」は一般に「クリスマス・レッド」と呼ばれ、
その由来はキリストが生まれた時に次々と実を結んだ林檎の実やヒイラギの実、
サンタクロースや妖精ニッセの帽子の色にちなんでいます。
そんなクリスマスの根源的な色にフォーカスして、メインツリーをはじめ、
館内各所を赤く彩ります。その他にも「赤」をテーマにしたイベントキャンペーンや、
サービスなど多数実施し、いつ来ても、何度来ても新しい出会いがある、
グランフロント大阪ならではのクリスマス体験を提供してまいります。

これまで誰も見たことがない、赤いバラで彩られた印象的なクリスマスツリー
『Red Rose Blossom』がナレッジプラザに登場します。
愛や寛大さを表す「赤」と情熱を意味する「バラ」、
2つの意味を大きなひとつのツリーにより表現し、
見る人すべてを大きな愛に包み、幸せな気持ちにします。
期間中、昨年大変好評を得ましたライティングショーも開催を予定しております。
デザイン、演出は昨年に続き、空間デザイナー長谷川喜美氏が手掛けます。

という内容が書かれています。

そうです、この長谷川喜美さんこそ、今回「京都本社ビル」のリニューアル
に際して、外観、店舗部分をデザインしていただいた方です。


本日は大阪市内にて研修があったため、その帰りに立ち寄ってきました。
さすがは空間デザイナー、大きな空間の中に存在感抜群のツリーが。

!cid_BCD0EC22-40B3-48FA-AF76-07249DDBA171.jpg

点灯式前は、徹夜作業だったようで、
イベントの仕事は総じて時間との戦いの部分もありますね。

15分おきに音楽にあわせてイルミネーションが変化します。
スマホを構える人も多いです。

!cid_11E76044-4FBB-4437-8828-DC7DC3743C51.jpg

!cid_0F096F09-1ACD-4EC8-84FC-6840FCD544C0.jpg

!cid_6C0D1893-4FBA-491B-B9F3-BF9602943C6A.jpg

さむ~い夜を暖かくしてくれるこのイベント、大阪駅のすぐ横ですので
家族で、カップルで、ぜひお出かけください。


叶 匠寿庵「寿長生の郷」
本年度代表幹事を務める銀行さんの会で、
滋賀県の「叶 匠寿庵(かのうしょうじゅあん)」さんへうかがいました。

14639133107973.jpg

14639132936072.jpg

初めてうかがった「寿長生の郷(すないのさと)」。
http://www.sunainosato.com/

(読めません… (>_<))

寿長生 …井戸のつるべ(桶)を引き上げる縄を意味する言葉。


叶 匠寿庵は滋賀の有名な和菓子屋さんで、店舗数も多く、
非常に興味を持って参加させていただきました。

滋賀県大津市大石龍門。
瀬田川のほとり、6万3千坪の広大な丘陵地に「寿長生の郷」があります。
先代が30年以上も前にこの土地を購入され、
梅や柚子、よもぎなど和菓子に必要な木々や花々など植物を植え、
農工一体の菓子づくりを目指す理想を求めていらっしゃいます。

14639133477704.jpg

自然の谷川を利用し、山林の部分はそのままに散歩道となっています。

お茶席もあって、時間がゆっ~くり流れています。


メインは3代目芝田社長のお話。
寿長生の郷の成り立ち、叶 匠寿庵の企業としての考え方を語られました。
京都の和菓子屋さんとはまた違った資源と考え方をお持ちで素晴らしいです。

14639132510870.jpg

懇親会で、「敷地のお手入れが大変ですね」と聞きましたら、
そうなんですよこれがまた~と笑っておられました。

14639132728091.jpg

「寿長生の郷」、皆さんもぜひ行ってみてください!


久々の”いちご狩り”
幹事の一人として参加している「倫理法人会」。
ここの主催による懇親行事がありました。
30名ほどがバスで滋賀県の「信楽」へ向かい、陶芸絵付け体験などに参加。

その後、水口(みなくち)に移動、
何年ぶりなの??という“いちご狩り”となりました。

14252617170540.jpg

いちごの品種は「章姫(あきひめ)」、ビニールハウスの中で栽培されています。

14252617391141.jpg

14252617558182.jpg

資料によると、「章姫」は「久能早生」と「女峰」を交配して、
静岡県の萩原章弘氏が育成したもので、平成4年に品種登録されました。
特徴的な長めの円錐形、果皮はやわらかめ。酸味が少なくジューシーで甘い。
新しく「紅ほっぺ」が登場するまでは静岡県の主力品種で、
現在でも静岡県の代表品種として健在ということです。

栽培方法は写真の通り、宙に浮いている状態で半分水耕の状態ですね。
ハウスにはミツバチが5~6000匹くらいいて、栽培に一役かっているようです。


“狩る”時間は45分間、赤く熟した「いちご」を目指してみんな一所懸命。

14252617783023.jpg

練乳とチョコソースを渡されますが、最初はつけなくても十分甘いです。
45分間という時間の中、人間は欲深いもので(笑)時間が半分も経つと
お腹いっぱいになります。

あとから聞くと、日当たりが良い南面は早く赤くなりますが、
それがイコール甘いものかどうかは疑問。
逆に太陽側と逆の面で育った方が甘いことが多いということでした。

外部へ出荷用のイチゴは根元が少し白い状態で収穫。
これがスーパーで買ういちごであり、数日後のお客さんが食べるものです。


これは果肉上部が裂けている状態。

14252617891864.jpg

完熟のうえに、まだ栄養が送られる状態であるとき上部が裂けてしまうようです。
実はこれが一番甘い!(糖度が1.2~1.3倍くらいらしいです)

もっといちごの勉強をしてからだと、採る実も違ってきたかも知れません。
皆さんもいかがですか?

「風立ちぬ」
先日、うちのボクちゃんと久々に映画を見に行きました。

「風立ちぬ」

宮崎駿監督の最新作ということは皆様もご存じのところですね。

kaze-tachinnu.jpg

ストーリーはここでは語りませんが、
絵の美しさと繊細さに感激してしまいました。

今回は実在する人物を描いている点では初めてだそうです。

戦争を美化、肯定するようなものだという隣国の批判もあるようですが、
そこに焦点は当たっていないと思います。


男の子にはメカニックなことも出てきますので興味深いですね。


ぜひ観に行かれることをオススメいたします。

京都・伏見の観光スポット
「京都文化少年団」の企画として伏見に行ってきました。


京都・伏見といえば「お酒」ですね。

さまざまな酒蔵がありますが、
代表的なのは、月桂冠、松竹梅、キンシ正宗、黄桜、富翁、桃の滴、月の桂など
聞いたことのある銘柄がズラリと並びます。

伏見酒造組合
http://www.fushimi.or.jp/

このお酒の元となるのが伏見のおいしい“水”です。
この水があったからこそ素晴らしい酒蔵が多く誕生しました。

bunka-shounendan201204-1.jpg

水はあちこちで汲めるようですが、皆さん入れ物を持って並んでいらっしゃいます。


このあたりは十石船、三十石船、寺田屋など観光スポットも多く、
また、月桂冠さんやカッパの黄桜さんには記念館があります。

bunka-shounendan201204-3.jpg

bunka-shounendan201204-2.jpg

ちょうど桜の時期で穏やかなお天気でしたので、
観光客は楽しまれたことと思います。

bunka-shounendan201204-4.jpg

私は初めて行きましたが、
近所の商店街なども絡んでいて、半日歩いて回るスポットとしては
よろしいのではないでしょうか。


↓若林のホームページはコチラ↓
wakabayashi-banner-small.jpg

細川家の至宝
先日、国立博物館へ行ってきました。

「細川家の至宝」

hosokawa2011-11.jpg

細川家に代々伝わる、「永青文庫」の所蔵品が展示されています。

私は全てに知識があるわけではないのですが、大変貴重な絵画や書状・書面、像など
歴史上よく出てくる有名な内容が実物として残っていることは感激でした。


さて、
細川家に伝来する歴史資料や美術品等の文化財を管理保存・研究し、
一般公開しているのが「永青文庫」です。

昭和25年、細川護立によって伝来の文化財を護る目的で設立されました。

名称は菩提寺である京都建仁寺塔頭、永源庵の「永」と
初代藤孝の居城、青龍寺城の「青」の二字をとって名付けられたものだそうです。


細川家は足利一門として室町幕府の要職を占めた後、
藤孝を初代とし戦国時代に始まります。

その子である忠興は、信長の家来として活躍する一方、利休の弟子としても名高く、
妻は明智光秀の娘で、「ガラシャ」の洗礼名でよく知られています。

3代忠利のときに熊本54万石を与えられ、強力な大名として存在しました。


最近では細川護貞氏、護熙氏が日本ゴルフ協会の会長も歴任され、
ゴルフにも尽力されていました。

護熙氏はもちろん総理大臣でした。


この展示会、23日(祝)までです。
ぜひお出かけください。


↓若林のホームページはコチラ↓
wakabayashi-banner-small.jpg

「東京スカイツリー」の予言
「東京スカイツリー」

本日、第一展望台が一般に公開されましたね。
345mという日本一の高さの展望台です。

高い方の展望台は450mらしいですね。
全体では600mを越えて、現在、世界一の自立式電波塔となったようです。

さて、最近この話題が出ています。


「東都三ツ股の図」

ukiyoe-skytree.jpg
(拡大できます)


この作品に「東京スカイツリー」が描かれているというのですが、
描かれたのが、天保2(1831)年ごろとされています。

若林の創業年度である天保元(1830)年とかなり近かったので、
ちょっと気になってしまいました。


絵の解説によると、
隅田川にシジミ取りの舟が浮かんでいて、
手前に腐食防止のために小舟の底を燻す2人がいる。(なるほど… )

永代橋からつづく左手の風景に天にそびえ立つ塔が見える。

描かれたであろう場所に行くと、本当にその位置にツリーが存在しています。
要するに、ある場所も形も同じようなイメージなのです。

左側の低い方は当時存在した火の見櫓(やぐら)とされ、
その右の巨大な組み立て式の塔は実在しなかったといいます。

また、当時は江戸城より高い建物は建てられないことになっていた。

この建物は相撲やぐらとの説もあるようですが、
井戸掘りの櫓(でも高い櫓はない)を描いたと見られています。

この絵の作者、歌川国芳は、北斎、広重らと同時代に活躍し、
武者絵や美人画、化け物なども得意とした奇想、破天荒な作風の絵師でした。


私も遠くから建築中の“現物”を何度か見ましたが、
「東京タワー」のイメージが強すぎて、今は「ふ~ん」という感じです。


↓若林のホームページはコチラ↓
wakabayashi-banner-small.jpg

世界遺産「白川郷」
合掌づくりの「白川郷」へ行きました。

昨年、東海北陸道の10kmにも及ぶ「飛騨トンネル」が開通して、
飛騨高山側と白川郷が繋がりました。
「飛騨トンネル」の長さは日本で2番目(1番は関越トンネル)、
工事掘削には10年近くもの歳月がかかりました。

さて、「合掌づくり」とは、茅葺きの屋根が手のひらを合わせたような急勾配の
建築で、特に白川郷の様式は「切妻合掌づくり」と言うそうです。
いわゆる陸の孤島だったことで、地域整備が遅れ、奇跡的にこの「合掌づくり」が
残ったようですね。

shirakawa-gou6.jpg

金属の釘やかすがいは使用されておらず、木製のくさび等が使われています。
風や雪に強く、年月によって強度を増すという造りだそうです。

「合掌づくり」は、かいこ養殖のために屋根裏に棚を作ったのが始まりだそうですが、
雪下ろしの軽減と屋根裏の面積を拡大するため、急な角度を持った茅葺屋根に
なったということです。

また、屋根はどの家屋も東・西を向いています。
これは、屋根にまんべんなく日が当たるようにするため、
そして南北それぞれの方向から強い風が吹くので、風を受ける面積を少なくする
ためと言われています。なるほど確かにそうでした。

その中で「長瀬家」という巨大な家屋を見学しました。

shirakawa-gou1.jpg

shirakawa-gou3.jpg

shirakawa-gou2.jpg

明治23年建築(古い家屋は江戸中期)で、何と5階建てです。
中はかなり広いスペース、屋根裏が3層構造という感じですね。

1階には大きなお仏壇が(真宗大谷派です)

shirakawa-gou4.jpg

平成13年、80年ぶりに500人のボランティアによる「葺き替え」が
行われ、NHKでドキュメント放映されたそうです。

その時の写真がありました。

shirakawa-gou5.jpg

日本国内のあちこちにに行くたび、日本は広いなあと感じます。

というよりも、こんなにせまい国土にもかかわらず、
地域によって生活が違うというのは、おそらく日本だけ?だと思います。

次はスキーで行きたいです。

イルミネーション
毎年恒例となったローム本社のイルミネーション。

rohm09-1.jpg

rohm09-2.jpg

rohm09-3.jpg

車から見物できるのが魅力です。
五条通り西行きはローム渋滞になるほどの人気。

ロームのホームページには次のようにあります。

1995年より実施している、本社内の街路樹を使ったイルミネーション。
合計70本のケヤキやヤマモモ等の木々に彩る60万個の光の芸術を、
京都市民の方々をはじめ、関西一円の皆様に楽しんでいただいております。

またロームのイルミネーションは、使用する電力の100%を風力などの
自然エネルギーを利用して発電した、環境にやさしいグリーン電力でまかなっています。
冬の夜空をやさしく照らす、神秘的な光のファンタジーをぜひお楽しみ下さい。


確かに広い敷地に70本の装飾という豪華なセッティング。
私は毎年見に行っていますが、少しずつマイナーチェンジしています。

詳しくはコチラ→ http://www.rohm.co.jp/illumination/index.html

皆様も是非車で「通り抜け」してみて下さい。

クロマグロの釣り。
日刊ゲンダイの記事として、おもしろい内容がありました。

松方弘樹さんが、先月山口県で開催された「萩クロマグロトーナメント」で、
2年連続300キロオーバーのクロマグロを釣り上げましたね。

竿に当たりがきてからマグロと格闘した時間は1時間40分。
船上に引き上げるのに4人がかりという大変な状況だったとのこと。

この「萩クロマグロトーナメント」は誰でも出場できる大会だそうです。

出場資格がないのは、漁業に従事するプロだけでアマチュアなら誰でも大歓迎。
では7日間の大会にエントリーするとして、費用はいくらかかるのでしょうか。

1日3千円の参加料。
船のチャーター代が1日6万円。
エサ代が1日約3万円。

参加するだけでも65万円以上かかる計算になります。
1週間、高級海外旅行へ行ける金額を釣れるかどうかわからないマグロにつぎ込む計算。

もちろんマグロ釣りは、通常のレジャーでも楽しめるということです。
萩市や対馬周辺では、5~6人乗りの船を1泊2日チャーターすれば約10万円。
道具さえ揃っていれば、一人2~3万円でマグロと格闘できるという計算です。

このマグロ釣りに使われる釣り竿は、4~5万円台のトローリング用ロッド。

今回のように200キロを超える巨大マグロを狙うことになると
より強度のある特注ロッドが必要で、そうなれば値段も約2倍。
8万~10万円が目安だそうです。

また、ロッド以上に重要なのが、専用のリール。

巨大マグロに負けないモーターを持つ、特注の電動リールは60万円くらい。
松方弘樹さんが325キロを釣った時に使っていたリールは特注品だそうです。
ということで道具にも約70万円!

今回松方弘樹さんが釣ったマグロは、
東京築地市場のセリにて約437万円で落とされたそうです。
確か、取り分は船主と半分半分と聞きました。

あれだけ報道してもらえば、俳優さんの広告として大変な効果ですね。
それにしてもスケールの大きいレジャーです。

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.