FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
200710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200712
ロータリークラブご一行様
神奈川県から「小田原ロータリークラブ」ご一行様と、
「京都南ロータリークラブ」の皆様、
約50名様に工房見学にお越しいただきました。
rotary-kengaku5.jpg  rotary-kengaku3.jpg


今回は友好クラブ同士の懇親ということで、
京都のいい季節に、紅葉見物を兼ねてお越しいただいたようです。

「京都の伝統工芸が見たい!」というご要望で若林の見学・・となったのですが、
職人さんにもご協力いただき、大変ありがたいことです。
rotary-kengaku4.jpg  rotary-kengaku1.jpg


その中で、以前に若林で梵鐘をお求めいただいたお客様がいらっしゃって
ちょっとビックリしました。日本は狭いですね。


京仏壇・京仏具は工程が分業で、かつ多岐にわたり、
なかなか一度に理解していただくのが困難なものです。

どうしたらわかりやすく見ていただけるか、理解していただけるか、
いつも頭をひねっていろいろ考えます。

皆様からは、「はじめて見たが良く理解できた!」と言っていただいたので、
まずはひと安心です。

今後とも京都の伝統技術をオープンにし、
匠の技の継承と発展にますます力を入れていきたいと思います。

本日は誠にありがとうございました。

工房見学ありがとうございました。
御本山が報恩講ということもあり、弊社本店&工房見学にお越しいただきました。

午前中は名古屋から約50名、
午後からは三重から約30名のご一行様に見学いただくという
大変ありがたい一日となりました。

ご本山から徒歩5分というのも魅力なんです(^_^)v

当日は、若林友の会(欒「らん」の会)のイベントで「南禅寺拝観と紅葉ツアー」
という企画も重なり、担当スタッフは充実した一日を過ごさせていただきました。


三重のお寺様。
ご住職様はもちろん総代様もとても熱心な方で、
それだけに我々も案内や説明に気合いが入ります。
jyouganji1.jpg  jyouganji2.jpg  jyouganji4.jpg


特に職人さんからの説明は、説得力100万倍!!
jyouganji3.jpg


お寺の役員さんのお一人に「いや~ 教育が行きとどいとるなあ!」
とおっしゃっていただいたのはうれしかったですね。


・・・だいぶんお疲れでしょうか。
jyouganji5.jpg


この日は仏師さんにも来てもらい、お寺のご本尊様を前に
ご住職を交えて直接お話をさせていただきました。

「百聞は一見にしかず」

京都までお越しいただき、実際に見ていただくことがいかに大事であるか。
あらためてオープンにすることの大切さを感じました。

今後も「確かな品質」を「誠実な態度」でお届けしていきたい・・・
ご来店、誠にありがとうございました。

見える力!
『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』

book-hakkenryoku.jpg

おもしろいことが書いてありました。

新幹線の改札機
JR東海とJR東日本では切符の出てき方に違いがあるそうです。

ふつう乗車券と特急券2枚「カチャン」と入れますよね。
(地下鉄などの改札に比べて、出るのに時間がかかります。)

JR東日本では入れたとおりに出てくるんですが、
JR東海では以前は必ず乗車券が上になって出てきたそうです。
(最近は切符の順番がなぜか逆になるらしい・・)

何が言いたいかというと、列車の時間と指定席を確認するのに
特急券を上にして出てきた方がいいのに、乗車券が上になるのは
「お客様本位」ではないと。

こんなことでも、企業体質まで言われるわけです。

そんなこと考えたこともありませんでした。

でも、まわりのいろんな事を気にする、疑問に思うことは大事だということです。
確かに人間は見ているようで見ていないことがたくさんありますよね。


では見える力を養いましょう!ということで、

1.分解してポイントを絞って見る。
2.出てきたものだけでなく、消えていったものに注目する。
3.何故なのか?という疑問、不思議に思ったことの理由を考える。
4.人や、会社の全体を推測できるような一点を見つける。
5.自分の先入観を疑う。

以上がポイントとして挙げられています。
う~ん難しいですね。

みなさんは「発見できる」「見える」人ですか?

ビッグ ツリー!
最近はビッグなクリスマスツリーが流行りなんでしょうか?

会社の近くでは京都駅で大きなツリーが見られます。

結構迫力がありますね。
christmastree1.jpg   christmastree2.jpg


お寺のまちとも言える京都の玄関口にド~ンとこれがあるのもおもしろいですね。


さて、先日夕方に「USJ」まで行ってきました。
年間ゴールドパスってお得ですよ。2回行ったらもとがとれますし。

でも今月から入場口で顔認証してるんです・・・それだけ不正が多いのでしょうか。

以前に比べて来場者が増えているような気がします。
開業当初はいろいろ言われましたね。どうしても「TDR」との比較になります。


それでは「USJ」のクリスマスツリー!
点灯の様子を動画でお届けしましょう。



「悠々として急げ」
「もっと深く、もっと楽しく」
nakabe.jpg

この本は20年前に買ったもので、私自身、当時の考え方の教科書にしていました。

中部銀次郎さん・・1942(昭和17)年生まれ。
          日本アマチュアゴルフ選手権 通算6勝
          25才の時、西日本オープンでプロを破り優勝・・

日本のアマチュアゴルフ界の神様みたいに言われている方です。
今でいう石川 遼君みたいな感じでしょうか。チョット違う?

うちの会長より学年がひとつ上で、
当時から学生ゴルフ界でも「異次元」にいる方だったみたいです。

残念ながら2001年にガンで他界されましたが、
その考え方に共感する人は多いと感じます。


この本は、ゴルフの技術論はほとんど書いてありません。
要するに精神論です。
しかも経験に基づく精神論ですから説得力があります。


ゴルフでは、フェアウェイの真ん中に打った会心のショットが
ディボット(ボールの打った後の凹み)や変な場所に止まることもあれば、
逆にとんでもない方向に飛んだボールが木にはね返って真ん中へ戻る・・
ということもあります。

中部さん曰く、
「ゴルフというゲームには、もともと幸運もなければ不運もないのではないか。
そういう事実をはっきり認識することから始まる気がする。一打一打の結果に
一喜一憂しても始まらない。人生と同じように。」

「次善を求めて最善を尽くす」
「目的のないショットは一打もない」
「すべてのことをあるがままに受け容れてプレーするのがゴルフ」

ゴルフと人生ですか・・・


「悠々として急げ」・・・中部さんのお好きだった言葉です。


「七五三」
七五三に行ってきました。

近所の下鴨神社へ。

早めに行ったせいか、この日は七五三お参りの人はまばらで、
観光客が多かったですね。

以前はあっさりしたご祈祷だったような気がしますが、
今回は本殿の中に一歩入って柏手と拝礼をしました。
少し進化したような気がします。

うちのチビさんは五歳ということで、羽織袴姿にへんし~ん。
sichigosan1.jpg

でも始まる前にすでに着崩れが・・

のぞき込まんといてください!
sichigosan.jpg



さて、七五三の起源は室町時代といわれ、
江戸時代の武家社会を中心に関東から全国へ広まったとされています。

当時は乳幼児の死亡率が高く、
生まれてから3~4年たってから氏子台帳に登録したようです。

七五三のお祝いは、今まで無事に成長したことへの感謝と、
これからの将来と長寿を願う意味を持ちます。

ちなみに、女の子が3歳、男の子が5歳と、女が男よりも早く祝うのは、
身体的な成長が女の子の方が一般的に早いから、

また、医療技術が発達する現代までは、
女の子よりも男の子の生存率が低かったためだそうです。

なるほど・・・

仏像彫刻!
京仏師さんの工房に行ってきました。

京都には仏像を彫る「仏師」といわれる方がたくさんいらっしゃいます。
それぞれに素晴らしいのですが、各仏師さんによって特徴があって興味深いです。

「お顔」も仏師さんによって全く違います。

ひと口に仏像といっても手のひらサイズの小さいものから(3cm以下というものも・・)
10mを超えるものまでさまざまです。


現在この工房で製作中されている大きい観音菩薩さんです。完成間近ですね。
matsumoto1.jpg


別の座像の後背(雲模様)を数名で彫っているところです。
matsumoto2.jpg  matsumoto3.jpg


仏像は伝統的な寸法の割り出し方法に基づいて作られるのですが、
オリジナル作品は想像力と経験がものを言います。

お弟子さん達は、最初はもちろん仏像本体を彫れません。

台座(仏像の足の下)の一番下の部分から一段ずつだんだん上へ。
その後後背(仏像の後ろの部分)へ。

何年もしてから、やっと本体が彫れるんだそうです。

「まず思うから作れるんです。」
仏師のなにげない言葉に、妙に納得してしまいました。

これ!どこ?
これ、どこだと思います?

higashi-honzan1.jpg


・・・

そう、天井ですよね。

実は世界最大級の木造建築、東本願寺 御影堂(ごえいどう)の天井なんです。
(ご修復のホームページはコチラ

なんでここにいるかって?

いま、仕事をさせてもらってるんです。
ゼネコンO社のもと、JVとして仏具業者2社で関わっています。

社寺建築には天井を支える升組(ますぐみ)があるんですが、
ここではそれに全部金具が打ってあるんです。またこれがとんでもない数です。
包むように打ってあるので、包み打ちともいいます。

higashi-honzan2.jpg
 

我々の受け持ちとしては、今回この金具を全て取り外し、
洗浄してまた打つ・・という作業を担当しています。
外したときはまっ黒だったんです。

higashi-honzan3.jpg higashi-honzan6.jpg higashi-honzan8.jpg higashi-honzan9.jpg

今回の写真は金具を打っているところです。
大きさがわかっていただけるでしょうか?

最後に屋根の上をちょっと・・・
higashi-honzan4.jpg

デッカイ!
このような歴史的な仕事に関わらせていただいていることに感謝いたします・・・

ホワイトストーンズ!
ちょっと誘われまして「白石慈恵尼 出版記念パーティー」に行ってきました。
白石さんを囲む「ホワイトストーンズ」という会があるようでして・・

白石慈恵尼・・・真言宗御室派 嵯峨「観音院」のご住職です。
私は今まで全く知りませんでしたが、現在京都駅(南北自由通路)で展示会をされています。

siraishi-jikei.jpg


現在まで、たくさんの「慈しみとやすらぎのことば」を発信され、
各地で個展、講演会も催されています。

siraishi-jikei2.jpg


皆さんも一度「観音院」のホームページを見られてはいかがでしょうか。
http://www.kannon-in.com/html/index.php

さて、
さまざまな成功された方々のお話を聴いたり、本を読んでいると、
ひとつの共通点があります。

それは、皆さん心の持ち方が「かなり前向き」だということです。

どんなに苦しみや悲しみ、困難がおとずれようとも、
もちろんその時は大変なのですが、あとあと考えたら
それは全て自分の人生にプラスであった・・・ということをおっしゃいます。

さまざまな経験をされたあとは、何が起こっても全ては感謝に変わる。

そう、悲しいことがあっても「ありがとう」なんです。

私はまだまだそんな境地には達しませんが、
人間の体をコントロールするものは、結局本人の考え方ではないかと思います。

例えば病気になったら、ふつう弱気に、後ろ向きになりますが、
そこで前向きになれるか。

病気も人生のシナリオだとしたら・・・
自分の成長の過程だとしたら・・・

人生は本来上手くいくようにしかできていないようですので、
やっぱり考え方でガラッと変わるみたいです。

世の中には奇跡的な病気の治り方もあるようですね。

皆さんはどう思われますか?

23年ぶりの再会!
私の卒業した学校(中学・高校)の同窓会「大懇親会」がありました。

全学年で総勢800名?
立食にもかかわらず、京都ホテルオークラの一番大きな宴会場があふれてました。

dousoukai.jpg


私はなぜか学年の幹事役の一人になっておりまして・・・
今回は50名ほどの同級生が集まりました。

中には23年ぶりの再会も・・・

いや~わかりませんでした。Oyg君
ほんとにわからなかったんです。
名前言われて、一様に「えーーーーっ」!!

傾向としては、

男性は太って 髪の毛がさびしくなる。
女性はやせて 化粧が濃くなる。

・・・だれのこと?


2年後、我々の学年がこの幹事役をすることになっていて(毎年順番で変わるんです)、
どうせやるならちゃんとやろう!
ということで、7月7日7時から卒業後初めての学年同窓会をやりました。

dousoukai2.jpg

もうすこしで77人・・・だったんですが。

うちの学年は全部で360名いますので、
来年の目標100名、本番は250名参加の目標で
やっていくことを確認いたしました。

さて、まずはホームページ作成ということで・・・

京都駅まわり!
我々の会社のある七条通。

最近増えたんです、夜の居酒屋さん系が。

いろいろな店があっておもしろいです。

こんな雑誌まで・・・
cf-1.jpg   cf-2.jpg



実はここはもともと鴻池銀行七条支店(のちの三和銀行)でした。
cf-4.jpg
最近まで若林仏具の製作所&倉庫だったんですが、
現在はフレンチレストラン(ウェディングパーティーもできます!)としてお貸ししています。

ホームページはコチラ → クリック
なんと昭和2年の建築なんですよ。


富士ラビットさんは「なか卯」に。
cf-5.jpg


そのほかにもいわゆる居酒屋系のお店が多くなってきました。
うちのとなりは工事中・・・お好み焼き屋さんになるみたいです。
cf-6.jpg


聞くところによると、いわゆる「京都駅まわり~七条通」は
飲食関係店が探しまくってるとのこと。

うちの会社の裏、元のプラッツ近鉄のよこも6店舗あり、
「黄金地帯」というらしいです。
cf-3.jpg


私もほぼ全ての店に行きましたが、どこへ行っても美味しいです。
料金も4~5000円まで。よ~はやってます。

皆さんも一度
夜の京都駅表側~七条通を歩いてみられてはどうですか?

「食育シンポジウム」開催!
京都南ロータリークラブ他主催「食育シンポジウム」がシルクホールで開催されました。

全部で約800名が座れるこのシルクホール。
見渡したところ結構座られてましたね。

さて、服部幸應さんのお話。
現在、内閣府の「食育推進会議」の委員をされています。

rotary-shokuiku4.jpg

rotary-shokuiku5.jpg

5才までに人間のモラルが決まる。

3~8才までのしつけが大切。
8~14才で世間にさらされ、それを確認される。

そのために「食育」がどんなに大事なことか。

こんなに好き勝手な食卓は日本だけだそうです。

家族が私はこれが食べたいあれが食べたいというのは日本だけ。
欧米では、家族はあれこれ言わずにイヤでも同じものを食べるのが当たり前。

食事中にテレビを
つけっぱなし&つけたり消したり合わせて  日本 96% 欧米 32%
何と3倍です。

ただでさえ家族の会話がないのに、食卓でもテレビがついている。

先生の尊敬度
 欧米82% 中国80% 韓国85%・・・世界平均74%
 日本は・・・なんと21%

これは何を意味するんでしょう?

就寝時間については
アメリカの小・中学生は平均8:20には寝ている。
日本では10:45~11:00が平均。

これって全て親の責任ですよね。
(我々は8時~9時に寝ていたような・・・)

要するに日常生活における「しつけ」は「食育」と全部つながっている。
だからコミュニケーションの場である食卓はとても大事とおっしゃいました。

先日書いた「箸」の食育も同じことですね。

社会がどのようにあるべきかを問うのが、子どもの「食育」です。

最終的に、大人がどうあるべきかを常に問われているような気がしますね。
子どもは大人の鏡ですから。

最初から親以上の行動をする子どもはいませんよね。

皆さんはどう感じられましたか?
ソフトボール大会!!
京都府仏具協同組合恒例、「第6回ソフトボール大会」がありました。

softball3.jpg

第1回優勝チームは・・なんと若林佛具製作所さん。
そう、うちなんです。

softball1.jpg


8年間で2回だけ雨で流れましたが、それでも毎年熱戦が繰り広げられています。

元 大谷大学硬式野球部監督 井上さんの繋がりで、
毎年この広大な佛教大学園部グラウンドをお借りしています。
本当にありがとうございます。


今年は6チームが参加。
当然歴代チャンピオンチームとして我がチームは皆勤賞です。

Y&I シニアコンビは一番元気です。また上手いんですわ。
H監督はメタボで腰痛。(なんでサンガやねん??)

クリックで拡大
↓ ↓ ↓
softball7.jpg softball4.jpg


さて結果は・・・

いや~惜しかった。

最終回、昨年度優勝の商部青年会(私も所属してます)チームに
サヨナラのチャンス!!

しかも2アウト満塁・・・バッターはM草津店長ジュニア・・

「カキ~~ン!」

「うぉーーっ サードの名手井上を強襲!!」

「バシッ!」「ズシャーッ!」

ああ・・・

最終結果は6チーム中 3位。

でも、
みんなの楽しそうな顔と快晴のお天気にあらためて感謝した一日でした。

主催の吉田会長をはじめとする仏具組合商部青年会の皆様、
ありがとうございました。おつかれさまでした。
人生のシナリオは決まっている!?
皆さんはどう感じられますか?

「人生のシナリオは決まっている」そうです。


小林正観さんの話です。

人間は生まれたときに死ぬまでのシナリオを自分で全部描いている。

「人生に起きるひとつひとつの事象を自分がどう捉えるか? その訓練である。」

う~ん。


私が仏具店にいるのも、こうやってブログを書いているのも
もう以前から決まっていたということになりますね。

では、目標を立てたり、達成のために努力することは無駄なのか?

いえ、

努力する、または努力しないことでこのような結果になる・・
それを全て含めてその人が書いたシナリオだというのです。

う~ん。


過去のどんなことも、あのときああすれば、ああできたらよかったのに・・
ということは一切ない。全部最初からそのとおりになっていた、

未来的にこんなことが起きるんじゃないか、こんなことが起きたらどうしよう
と心配することは無意味だということ。

過去のことを心配する、悔やむ。
未来のことをどうやって正しい道を選択しようかという人は、

そういう生き方ではなくて、今目の前の「人」と「事」を大事にすること。

自分が行動したことの集積、結果としてこういう状況に囲まれているだけである。

「因果」

その因果関係というものが分かってくると、
今日からこうすればいいっていうのが自分の中で分かってくる。

人間がとても生きやすい生き方というのは正直に誠実に生きるということ。
今目の前の「人」と「事」を大事にするだけである。



これだけでいい・・というのですが、

う~ん。

信じる?信じない?
皆さんいかがですか?
練習はウソつかない。
昨日素晴らしいギター演奏を聴きました。

田中彬博君

tanaka-guiter.jpg


フィンガーピッキングコンテスト全国大会
2007年度 最優秀賞(グランプリ)
        オーディエンス賞
        オリジナルアレンジ賞

三冠受賞の実力は素晴らしい。

別にコンサートでも何でもありません。
勉強会の懇親会で突然ご指名がかかり、演奏してくれたのです。

全部で2曲でしたが、
眼を閉じて聴いてください・・・ということで、スローアレンジ。

「涙そうそう」

いや~ よかった♪
沖縄の真っ白な砂浜でボーッと座っているイメージでした。

「なんでピッキングなん?」
「B’zの松本さんに憧れました」
「いつからやってんの?」
「13才です」
「う~ん 普通かな」
「・・・どれくらい練習したん?」
「1日8時間です」
「えーっ!8時間!?」
「師匠は?」
「いません」
「えーっ!!」


やっぱり練習はウソをつきませんね。
素晴らしいです。

まもなくヨーロッパ遠征とのこと。

まだ21才・・・がんばれ~~~

彼のホームページがあります。
http://pksp.jp/g-akihiro/

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.