FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
200712<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200802
「京のあったか円かじり」
毎週日曜日、朝6:25~

KBSラジオにて
本多隆朗の京のあったか円かじり」という番組があります。

実は若林がいちスポンサーをさせていただいている番組なんです。

本多先生・・本業は大阪の西本願寺のご住職。
今まで、毎日放送でディレクターやプロデューサーをされ、
吉本興業のプロデューサーでもあります。(今でも?)
全くお寺さんらしくないお寺さんです。

私が以前に「○○新喜劇」をやることがあって、
「アホの坂田のテーマ♪」を探し求めてお願いしたことがあります。
その節はありがとうございました。

ぜひ、本多先生のトークをお楽しみください。
朝早いですけど。


さて、広告の考え方っていろいろありますよね。
プレスリリースのようにこちらから公開した情報を取材していただき、
新聞や雑誌等に掲載していただくこともありますし、

通常はテレビ、ラジオ、新聞、雑誌・・そしてインターネット等々
さまざまな広告媒体が存在します。

若林は基本的に京都新聞を中心に広告をしていますが、
お客様にわかりやすくお伝えするということはとても難しいですね。

お仏壇購入をご検討されるお客様の場合、
以前は関西のテレビCM(あの動かないやつ)をしていましたので、

その印象が残っている方々からは、「あっ!この人形マーク知ってる~」
とか言われますが、それも今は決定的な購入要因にはなりません。

特にお仏壇を購入される年代のお客様がどのような選択行動をされるか
常に見極めなければなりません。

もちろんあらゆる商品の品揃えがなければ対応ができません。
お客様は正直ですから、やっぱり現物があるのは強いです。

京都にはお仏壇店がたくさん存在し、そのお店独自の考え方があります。

伝統工芸「京仏壇」を第一に考えているお店がどれだけ存在するのか。
これはかなり疑問ですが・・・。

まずいいものを作ろう、売ろうとしないと作れません、売れません。
世間が売れないからうちも売れないのだ・・そんなことは絶対にありません。

時代によって「カタチ」がかわるのは当たり前のことですから。


若林は確かな品質を誠実な態度で提供し続けていきたいと思います。


湯たんぽ
いや~寒いですね~

この冬話題の「湯たんぽ」です。

yutanpo.jpg

遅ればせながらうちにやってきました。

これ、いいですよ~(^_^)v 
予想をはるかに上回る素晴らしい商品です。

夜に入れたお湯が朝まであったかいという優れモンです。

湯たんぽは、「湯婆」の唐音読み。
「婆」は「妻」の意味で、元々中国で妻の代わりに抱いて寝ることから
ついた呼称だそうです。


もう冬も佳境に入ってきましたけどね。
「湯たんぽ」・・・灯油高で、今年はあちこちで売り切れらしいです。

湯たんぽの知恵は素晴らしいと思います。


これから、こたつも買おうとしているのですが(いまさら?)、

何か時代を逆行しているようで、懐かしい感じです。

こたつが導入された場合、かなりの確率でそこで寝てしまうことが
予想されますから、これまた困ったもんです。

小さい頃、よく怒られた記憶がよみがえります。

夜は自分の部屋が冷蔵庫のようだったので、
また、当然今のようにエアコンも整備されていませんので、
こたつから追い出す母親が鬼のように思えたことを思い出します。

まあいずれにしても、日本は恵まれているということです。

感謝。

雪景色と温暖化
よく降りますね~

一昨朝、ジョギング生活一番の雪景色を見ました。

kamogawa-yuki1.jpg  kamogawa-yuki2.jpg

昨年はホントに降りませんでしたからね。

スキー場は大喜び、ゴルフ場は・・・

全国的に大雪で冬らしい「冬」ですね。

これも地球温暖化による異常気象だと叫ばれていますが本当?
報道もすぐに異常というような書き方、言い方をしますからね。
(すべてではありませんが・・)
その見出しの方が視聴率がいいのか。

この異常気象は地球温暖化だけが原因なのでしょうか。
宇宙や太陽あるいは地球そのものの活動の影響はないのでしょうか。

イギリスの科学者によって提唱された「ガイア仮説」というものがあるらしいです。
これは、「地球はひとつの生命体である」という仮説ですね。

地球は生きていますからね。かなり大きな生命体です。
地球自身に将来の「夢」や「意志」があるかもしれませんよ。

もし地球が夢を描いていて、「将来こんな地球にしたい」なんて
考えていたらおもしろいですね~

温暖化もその一つだったら・・・

そうそう、地球の浅海は調査されていますが、
深海の研究はあまりされていないそうです。
むしろ宇宙の研究の方が進んでいると。

深海にも地球温暖化って影響してるのでしょうか。
地球は大半が海ですからね。
南北極の氷が溶けたら深海にも影響があるのか。
深海にいる生き物にはまた違う影響があって悩みがあるのでしょうね。


現在問題とされている問題。
COP3、京都議定書、アメリカの離脱、日本の立場・・
形だけの分別収集、エコにならないリサイクル問題、再生紙偽装・・

物事の本質を見失っている感が否めない今日この頃です。

「スタバではグランデを買え!」
book-staba.jpg

題名の通りスターバックスコーヒーでは
小さいサイズの「ショート」ではなく、大きいサイズの「グランデ」を
買った方が、店もお客さんもお得だ!というお話なんですが、

基本的には同じものが違う価格で売られている理由を探っています。


この本の中に「基本性能だけの製品では企業はさほど儲からない」とあります。

確かに、車でもパソコンでも電化製品でも基本性能だけの「基本モデル」
少し付加価値の高い「中位モデル」豪華装備の「上位モデル」がありますね。

よく言われることですが、企業は上位モデルを買ってもらったほうがいいわけです。
価格差ほど生産コストは上がっていないということが言いたい。


さて、我々の京仏壇や京仏具はどうでしょうか。
我々の提供している商品はもともと大変付加価値の高いものです。

確かに京都で作っている仏具というだけで高価格商品と言われます。
(我々としては当たり前の標準品なのですが・・・)

商品の価格が高いのは当然なんです。
(高いといっても相対的に高いということですが・・・)
良い原材料で、良い製法で、
良い職人さんがそれぞれ得意分野の分業で作っていますから。

全国的に同材料、同手法で作っていたら「高い!」ということになりますが。
これが違うので、「基本」も「上位」もないのです。


若林(京都)に発注することにステイタスを感じていただける
お客様もおられます。

大変ありがたいことです。
絶対に裏切ることはできません。


京仏具は耐用年数が恐ろしく長いものです。
場合によっては建物より長い間存在します。

長い年数で見た場合、京都の製品は必ずお客様には「得」になるのですが。
そこをわかっていただけるかどうか。

ドラえもんで30~50年先を見られたら・・・といつも思います。


いわゆる安価な製品との違いは根本的なものです。

原材料、製法が基本的に全く異質なものですから、
要するに単純な価格比較ができないのです。

「基本」も「上位」もありません。

これをいかにご理解いただくか。

やはり、現場、工房をご覧いただくしかないのではないか。


・・・ということで、工房見学はいつでも受け付けております。

皆さん「百聞は一見にしかず」です。


初滑り!
今季初スキーに行って参りました。

・・・といっても近所の「びわ湖バレイ」
娘と半日だけ滑ってきました。

biwako-balley.jpg

京都から1時間で行けますので、近さは抜群。
晴れていれば景色は最高。

もちろんゲレンデはもの足りないですが、
私のような初心者の練習にはいい感じなんです。

全てのゲレンデ・コースがオープンしているわけではありませんから、
基本的にとっても空いています。

最近はスキー人口がそのものが減っていて、(一説によると半減しているとか)
10~20代の人は、するとしてもスノーボードばかり。

スキーはやはり中高年の方が多いようですね。(-_-)
私みたいなのは特異例?

でも志賀高原では、一部ボード禁止のゲレンデもあるようでして・・
(今年もまだそうなんでしょうか?)


映画「銀色のシーズン(雪猿)」が公開になりましたので、
少し流行が戻ってくるといいですね。

20年前の「私をスキーに連れてって」の時みたいに。

またもやジャパン・アズ・ナンバー1の時代がやってくる
「またもやジャパン・アズ・ナンバー1の時代がやってくる」

book-masuda.jpg

昔、「ジャパン・アズ・ナンバー1」という本がありましたね。(30年ほど前?)

この本の著者、増田俊男氏はホームページ(→コチラ)でもコラムを書いています。
一つの意見としてチェックされるのも面白いと思います。

私が読んだ後、
船井幸雄氏が最近のおすすめ本として書いておられたのはちょっと驚きました。


現在、世界はアメリカの思惑通りに動いている。
ドル覇権の崩壊・・・というが、しばらくはなさそうである。

アメリカが自作自演してまでイラクを攻めたのはなぜか?
フセインがドル決済からユーロに変えたことから始まっている。
それと石油の権利、軍事増強によるアメリカ経済の発展・・・

イラク侵攻は失敗だったとあるが、実は軍事費を投入し続けられる、
そして復興支援にアメリカが関与できることは大きいことである。

北朝鮮の核問題は日本に軍事配備をさせるための手段であり、
裏ではきちんと話ができている。

次期アメリカ大統領候補は民主党から出る(ヒラリー?オバマ?)と
されているが、共和党の新人候補が出てくる可能性がかなり高い

・・・などなど興味深い話がたくさんあります。

もちろん、いつも申し上げる通り全てが本当かどうかはわかりません。
でもいろいろな人の本を読むとチョットずつ見えてくるものがあります。


日本は827兆円もの借金があり、消費税を上げないかぎり国家経済は
破綻するというが、実は国債の引当金が517兆円あり、その利子は23兆円。
つまり実際の借金は310兆円。

これに日本の国民資産1500兆円、企業資産980兆円を考えると、日本の
富は巨大で借金はゼロに近づきつつあると。


世界を救えるのはやはり日本しかないのだとちょっと元気になりましたが、
果たしてこの先はどうなっていくのでしょうか?楽しみですね。

完成!御宮殿
今日はちょっと広報を兼ねて・・

当社工房で御宮殿(阿弥陀様の入られる屋根)の木地ができあがりました。

kuuden-higashi.jpg

さすがに伝統工芸士の作品、スキッとした素晴らしい出来映えです。

これは北陸方面の真宗大谷派のお寺様に納めさせていただくもので、
これから一度解体して、金具の型取り、漆工程へと回ります。

同じような御宮殿(屋根)を作る木地職人さんは
若林にも素晴らしい方が何名かいますが、

やはり製品の出来上がっていく様を間近に見るというのは、
お客様にとってはもちろん、社員にとっても勉強になります。

そして、専門的な知識をいつでも吸収することができます。


こうした京仏壇・京仏具は全ての工程が分業で、
それぞれの職人さんが自分の工房で作業をするのが基本です。

みなさん京都市内近辺にいますので、いつでも見ることができます。

見ていただくことが、お客様の納得と安心につながると考えております。

若林では、最終工程である「総合組み立て」のほぼ全てを
京都本社工房(卯兵衛館)で行っており、
いつでも、その様子をご見学いただくことができます。

また、本社内では京仏壇・京仏具の完成品も
常設展示、販売いたしております。

今までも、お寺様、お檀家様、行政団体、経済団体などさまざまな
方々にご見学いただき、感動と納得の声をいただいております。

「百聞は一見にしかず」

ご来店をいつでもお待ちいたしております。

「新」世界一!
天に通じる高い建物「通天閣」です。

sin-sekai.jpg

ビリケンさんは健在で、大変な賑わいでした。
いつ見ても、怒っているキューピーさんにしか見えません。

今の通天閣は2代目。

初代はフランス凱旋門の上にエッフェル塔という外見で、
西洋かぶれの何とも言えないコンセプトで建てられたみたいですね。

このあたりは「新世界」と呼ばれるいわゆる下町。

梅田や難波より、とっても大阪を感じられる場所です。
京都とは全く雰囲気が違うので、京都人はあまり行かれないかも知れませんね。

「じゃりン子チエ」ちゃんや「あぶさん」の舞台でもあるこの周辺は、
ジャンジャン横町や串カツ、づぼらやで有名な地域ですよね。

今は観光地化してますので、スパワールド~通天閣に通じる商店街は
とても活気がありました。


京都でも、うちの会社のある七条通りは昔の雰囲気がかなり残っています。

戦後は市電が走り、京都でもかなり栄えた商店街だったと聞いています。
「京都タワー」とその近隣とでもいいましょうか。

最近では飲食店・居酒屋が多く進出し、夜は活気がもどりつつあります。

人通りが多くなるということは喜ばしいことです。

10年後は大飲食店街となってるかも・・・お楽しみに・・・




京仏壇の洗い修復
本日、お仏壇ご修復のご依頼をいただいているお宅へ
お仏壇のお引き取りにうかがいました。

このお仏壇、昭和30年に製作された正真正銘「京仏壇」なのですが、
とても珍しいことに、漆塗りがすべて溜(ため)塗り仕上げになっています。

butsudan-tateishi.jpg


普通は黒色の漆がメインに使ってあるんですけれども、
ほぼ、全てが溜塗りの赤い小豆色をしています。

金箔の部分も少ないですが、
とても味のある素晴らしいお仏壇であると感じました。

また当時でも腕の良い漆塗り職人さんだったと推測できます。

お客様の普段の扱い方がいいので、全体的にはいい状態です。

京仏壇は、その中に入っている仏具(道具)も素晴らしく、

今回も金属製の三具足(尊前の燭台・香炉・花瓶)は
一品一品「蝋」で自在に細かい鋳型を作るという
「蝋型(ろうがた)鋳造」の製品でよくできていました。

最近は戦後の京仏壇を修復させていただく機会もありますが、
どこのお店の製品か、また木地や漆塗りはどの職人さんの系統か
など、当時のことを考えるのも楽しいものです。

いずれにしても、京仏壇は木地が良く解体しやすいように作ってありますから、
再び京都の職人さんの手を経て、完璧に新調の状態に戻ります。

50年前のものを天然の材料を使ってご修復・・・

究極のエコ&リサイクル?なのでは。

工房見学もいつでも受け付けております。
是非一度お越しください。


「アイ アム レジェンド」
お正月ということで見に行ってきました。

ウイル・スミスの「アイ アム レジェンド」。

i am legend

うちの娘が「ナショナル・トレジャー」に行ったらしく、
「よかったで~」と言っていたのでどうしようかと思ったのですが、
第1弾を見ていないので、第2弾は見てからということで。

「レジェンド」・・・

要は世界にウイルスがまん延して、狂犬病ならぬ狂犬人が大量に出現。
アメリカがパニック状態になる。

その病気に免疫があるウイル・スミスがワクチンを開発・実験するため、
一人で発生源であるニューヨークに残っているというもの。

このウィルスは最初はガンの特効薬として開発され、多くの人々に
投与されたのですが、実はとんでもない薬だったという設定。


さて、日本では薬害エイズ、フィブリノゲンによるC型肝炎問題など、
旧厚生省の怠慢というか、わざとやってるんちゃうの?と思えるようなことが、
いくつも発覚し、大問題になっていますね。

ホントかウソかは別にして、 
AIDSやSARS、鳥インフルエンザなどは、増えすぎた人口を
減らすために生物兵器として誰かが仕掛けているという情報もあります。
(ちょっと飛躍しすぎのような気もしますが・・)

もし、本当だとしたら全く恐ろしいことですよね。

また情報が操作されている中で、戦争中はさまざまな兵器をどこでどう
使っているか全くわかりませんし、その後に何らかの後遺症が出ても、
それは因果関係が確認できない・・・と言われればそれまでです。

・・・と疑いだしたらキリがありませんが。

今の日本は欧米の影響で西洋医学が主流となっていますが、
古来から日本に存在する医学や東洋医学は、国家レベルでは
あまり重要視されませんね。これも偏った考え方だと思います。
(もちろん西洋医学は否定しませんが。)

何事においても、常に正しい知識を持とうとする意識が大事なのではないか
と最近思うようになりました。

堅い話になりましたが、皆さんはいかがですか?



PHPで会員発表!
「京都PHP経営を学ぶ会」という集まりがありまして、
そこで30分間発表をさせていただきました。

php-happyou.jpg

・・といっても皆で経営の勉強をしていますから、
(そんなかたい会ではないですが・・)
仏壇・仏具とは何か?という話を延々してもしかたがないわけで、
うちの会社が、そして自分が今取り組んでいること、考えていることを
中心にお話しいたしました。

創業天保元年(1830年)ということにまず驚かれますね。
会社として6代目まで続いているというのは評価していただけます。

でもそれだけでは今後やっていけないのが今の社会。

今回は主に、会社として取り組んでいること11項目、
個人として考え取り組んでいること7項目

18項目についてお話しいたしました。

企業理念の部分で、「確かな品質を誠実な態度でお届けする・・」
と解説しましたら、理屈にめっぽう強い方から

「確かな品質」とはなにか?
「誠実な態度」とはなにか?

という難しい質問がきました。

確かな品質というのは、やはり会社の基準となるものがありますから、
それをクリアするものが「確かな品質」となりますね。

仕様に偽りのない品質でなければならないことは言うまでもありません。

ご意見として、「もし書面化されていなくても、長年培ったものが自然と
品質が大きくぶれないようにしているのだ。それが老舗だ」ということでした。

ちょっと納得。

誠実な態度とは、まずお客様の立場に立つということが原点ですね。

会社はもちろん、人によって誠実の基準というのがあると思いますので、
自らが心より相手のことを考えているかどうかということになります。

ウソをつく、偽りは最悪ですね。

稲盛さんの言葉、「動機善なりや 私心なかりしか」

これって、誠実な態度のことですよね。

すべては松下幸之助さんに原点があるのかと思うと素晴らしいと思います。

日々勉強です・・・。


職人さんの新年会
恒例!「京仏具工芸協会(若林職人さんの会)」新年会です。

08kougei-kyoukai1.jpg

毎年1月5日の夕方17:00からと決まっていて、
必ず講師のご講演が1時間、その後懇親会となります。

今年も50名近くの職人さんにお集まりいただきました。
早い人は4時から来られるんです・・・。

08kougei-kyoukai4.jpg

この会は会計もはっきりしていて、月払いの会費制になっています。

最近はこうして職人さんの新年会をされるお店も減ってきているらしく、
「若林さんはやめんといてや~」という声が聞かれました。
機械が作る製品ではありませんので、コミュニケーションは大事ですよね。



さて、今年の講師は京都府警察本部 組織犯罪対策課の
上原 忠晴氏に「893はコワクない!」と題してご講演いただきました。

08kougei-kyoukai2.jpg


さすがに専門ご担当、カラダも顔も態度もでっかい方ですが、
ユーモアたっぷりにお話しいただきました。

最近、延暦寺さんでもいろいろ問題があったように、
893はあちこちに出没します。

それを受けて、知恩院さんでお坊さん相手にご講演をされたそうです。
当日は新聞取材もあったらしく、翌日の見出しが「坊に暴対策」・・・。

ご講演の内容としては、
電話での本の売りつけの対応について具体的なご教示がありました。
絶対相手にしてはいけない!毅然と断ることが基本です。

ここではロールプレイングとして職人さんにお一人出ていただきました。
(上原さん、わざわざ帽子とグラサンかけんでも十分やのに・・・)

出ていただいた山本さん、なかなかの受け答えありがとうございました。

08kougei-kyoukai3.jpg


3ない運動「恐れない! 金を出さない! 利用しない!」
対応の基本的心構え
(1) 毅然とした態度(2)信念と気迫(3)冷静な対応

何かあったらどんな些細なことでも連絡してほしいとのことでした。
(他府県にも窓口があります)

(財)京都府暴力追放推進センター 451-8930
京都府警察本部組織犯罪対策第1課 451-6888

相談されるようなことが起きないように念じております・・・

Support 750!
本日から2008年スタートです。

support750.jpg


本年から「Support 750」として、

真宗各派のご寺院様に対し、
平成23年の「宗祖親鸞聖人750回御遠忌(大遠忌)」に向けて
社内の体制を強化し、皆様のお役に立ちたい、
サポートをさせていただきたいと考えております。

ご法要の実施計画、予算立案、資料作成から
お荘厳ご新調、ご修復、内装工事、納骨壇、
ご門徒様のお仏壇にいたるまで、
今まで以上にご法要の事業、準備に関するご要望に
細かく対応させていただきます。

「若林」の総合力
・ブランド力・・・179年の歴史と伝統。
・技 術 力・・・伝統工芸士による匠の技。
・企画・提案力・・実施計画から予算立案まで。
・営 業 力・・・専門店ならではのコンサルティング。

心に残るご法要を・・・「Support 750」


確かな品質を誠実な態度でお届けしたい・・・

何卒よろしくお願いいたします。


お墓参り
恒例の「お墓参り」です(^_^)

・・・訳もわからず手を合わせていると思うのですが、
何とも言えない純心さが伝わってきます。

ohaka-mairi1.jpg


今、人として生かされているのは、なぜなのだろう。
先祖からの偶然のつながり?
魂が修行をしにきている?

人間はそれぞれに為すべき「使命」を背負ってこの世に生まれてくると
いう考え方もあります。

その使命を達成するまでは、何度でも生まれてくるのだと。

・・・

しかし、すべては他力、
自分ではどうしようもないことばかりですからね。

・・・

いずれにせよ、常に明るく前向きに、
自分のまわりへの感謝の気持ちを持って生きることが大事なのですね。


「私のお墓の前で泣かないでください~♪」
「ここに私はいません~ 眠ってなんかいません~♪」

そうですよね。
おじいちゃん、おばあちゃん、ご先祖さんに会いに行くというより、
自分がこうやって生かされていることを思い出しに、
そして感謝しに行くんですね。

お墓参りに、皆が健康で揃って行けることに感謝!です。

2008年 元旦。
朝に礼拝 夕に感謝!

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


さて、朝から初ランニング、今年もやるで~!
と意気込んで家を飛び出しました。

08hatsu-hinode5.jpg

外は凍るような寒さと、透きとおるような空、いい感じです。

加茂川へ出て走り出したら、
何やら橋の上にたくさんの人が・・・

初日の出を待ってはるんですねえ(^_^)v

私もせっかくなので同じように待つことにしました・・・

08hatsu-hinode1.jpg   08hatsu-hinode2.jpg


ありがたいことに新年早々いいお天気で「初日の出」が見られました。
今年もツイてま~す(^_^)

08hatsu-hinode3.jpg
                                      (左は比叡山)

今年も皆様にたくさんの良きことが起きますように念じております!


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.