FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
200807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200809
地震予知!?
地震予知でご活躍の、平道富作士氏のお話を聴きました。

「皆さ~ん、こんなもの持ってますか~」
ということで、下記の4つをおっしゃいました。

・白いビニール袋 
・笛
・ペットボトル(500ml)
・血液型バッヂ

これは地震に備えて普段持っておいた方がいいものなのです。

まず、白いビニール袋、これはトイレですね。
透明だとちょっとイヤでしょ!とのこと。

次に、笛(ホイッスル)です。
もし、何かに閉じこめられたり、身動きがとれなくなった時に
長時間、継続的に声を張り上げるのは大変。
笛なら簡単に大きな音が出るので、居場所を早く探してもらえる。

そして、ペットボトル。
これは言わずともですが、1日~2日はこれで持ちます。

最後に血液型バッヂ。
病院に搬送されたときに、血液型を判定する手間がいらない。
一分、一秒をあらそうときに、助かる確率が格段に高まります。

ということです。

最後に地震予知の話として、
日本近海ではマグニチュード3.0以上、深さ50km以深の深発地震は、
一日に平均6.5回発生している。

これが一日12~20回発生すると、中規模の地震が起こる。
この状態が数日続くと、大規模な地震が発生する可能性が格段に高くなる。
要するに、プレート付近で深発地震が多回数発生すると、プレートが多く動く
ためらしいです。

理屈はわかりますが・・・では予想が出た場合、どこに、どのように避難するのか。
何を持って逃げるのか。ここまで危機管理をしておかなくてはならないですね。

もちろん会社でも。

キャラクターケーキ!
昨日食べたケーキです。
うちの下の子、KOTARO君のバースデーでした(^_^)

おとなの私でも興味津々・・・

doraemon-cake.jpg
「ドラえもん!」

京都市左京区岩倉にある「レ・フレール・ムトウ」というお店のケーキです。

「岩倉」は京都の北部にある住宅地で、国立京都国際会館のある場所の近所・・
といえばおわかりいただけるでしょうか。

ここのケーキ屋さんでは、50種類以上のキャラクターケーキを
作っているそうで、人気マンガのキャラクター「アンパンマン」から
NHK「でこぼこフレンズ」まで、子どもが喜びそうな内容が満載!!

結構人気で売れているそうです。

最近ではこんなサイトもあります。
http://www.chara-cake.com/

こんな凝ったケーキが売れるというのは、
それとも親の愛情が深くなってきたのでしょうか。

それとも親の方が楽しんでいる?

私はどちらかというと各お店が工夫を凝らして、
いろいろな商品を提案してきた結果であると思うのと同時に、
情報が早く簡単に広まるようになってきたので、良いものは
どんどん売れる時代になってきたと考えます。

どの商売でも同じですが、お客様のニーズをちょっと超えたところで、
マンネリ品や市販品とはちょっと違う・・という
お客様の気持ちの部分をくすぐることで、
人気が出るのは間違いのないところですね。

「ブス25箇条!?」
おもしろいメールが届いていました。
「宝塚歌劇団」に貼られている言葉だそうです。

では宝塚伝説の「ブス25箇条」とは?

1. 笑顔がない
2. お礼を言わない
3. おいしいと言わない
4. 精気がない
5. 目が輝いていない
6. いつも口がへの字の形をしている
7. 自信がない
8. 希望や信念がない
9. 自分がブスであることを知らない
10. 声が小さく、イジケている
11. 自分が正しいと信じ込んでいる
12. グチをこぼす
13. 他人をうらむ
14. 責任転嫁がうまい
15. いつも周囲が悪いと思っている
16. 他人にシットする
17. 他人につくさない
18. 他人をしんじない
19. 謙虚さがなくゴウマンである
20. 人のアドバイスや忠告を受け入れない
21. なんでもないことにキズつく
22. 悲観的に物事を考える
23. 問題意識を持っていない
24. 人生においても仕事においても意欲がない
25. 存在自体が周囲を暗くする

まあ女性社会だから「ブス」ということになるわけですが、
男性でもそのまま当てはまりますね。

もちろん人間ですから、このようなことを克服するために、
修行するために生まれてきているという考え方もあります。

1番目に「笑顔がない」とあるのは、これが一番大事なのでしょうね。

最近のTVCMの中で、長島一茂氏のコメントとして、
親父さん、つまり長嶋茂雄さんの笑顔は、いつも家族やまわりの人を明るくした・・・
といった内容のものがありました。

「笑顔」・・・どんなときも、まずこれができることが、
女性を美しく、そして男性を男前にする基本中の基本だということです。

今日も笑顔で顔晴り(がんばり)ましょう!(^_^)v

京都の予約代行
最近、お寺様から、京都で食事をしたいのだが、
どこかいいところを紹介してほしいということをよく言われます。

もちろん夜が多いのですが、
京都らしい雰囲気のあるところというご要望が多いです。
必然的に祇園町あたりが多くなりますね。

少し前までは、お料理1万円で税、サービス料込みということでも
そこそこいけたのですが、最近はなかなか難しいです。
ちょっといいところなら、1万5千円から・・ということになりますね。

それでも、東京などと比べるとはるかに安い設定にはなります。

それにプラスして、芸妓さん、舞妓さんを呼ぶ場合もあります。
お食事の場なら、やはりそれなりの値段になります。
踊りが入る場合は地方(じかた)さんの三味線も必要です。

たくさんの人数でお越しいただく場合は、二次会でお茶屋さんという
パターンもおすすめしております。
人数が多ければ、お一人1万円程度で芸舞妓さんに来てもらうこともできます。

二次会ですから、出てくるのはおつまみ程度ですが、
ご年配の方なら、クラブやラウンジで飲まれるよりもいいと思います。

我々はさまざまな京都でのお付き合いを通して、
京都の紹介、予約代行をさせていただいております。

食事に限らず、観光地紹介、おみやげ品など、
お問い合せいただければ、詳しくご紹介させていただきます。

阿蘇とトロッコ列車
阿蘇の素晴らしい景色と自然に触れてきました。

阿蘇山はご存じのように世界最大級のカルデラで、
陥没した巨大な外輪山の中に人が住み、観光地や温泉が点在しています。

今回は、雨の日の合い間でとても良いお天気に恵まれました。
トロッコ列車というものに乗ってみました。

「南阿蘇鉄道」

南阿蘇鉄道は、昭和61年の国鉄高森線の廃止によって、
第三セクターとして誕生した超ローカル線です。
詳しくはコチラ

季節運行のトロッコ列車は大変人気で、予約しないと乗れないほどです。
沿線には水源や、観光スポットがたくさん・・

minami-aso-1.jpg  minami-aso-2.jpg

minami-aso-3.jpg  minami-aso-4.jpg
日本一長い駅名「南阿蘇 水の生まれる里 白水高原」駅です。

南阿蘇の素晴らしい景色を堪能することができました。

あっ! 沿線に西本願寺のお寺さんが・・・。
minami-aso-5.jpg

今流行り?のいきなり団子。
minami-aso-6.jpg

夏の阿蘇は絶対オススメです。

海の中道
福岡に来ています。

「海の中道」という福岡北部の広大な公園にやってきました。
marineworld-3.jpg


宿泊は「ザ・ルイガンズ」というホテルです。
京都の鮒鶴跡の「リバーオリエンタル(閉鎖)」や
高台寺の「ガーデンオリエンタル」などと同じPLAN DO SEE という会社の経営です。
リバオリの従業員も、その後かなりここへ配属になったそうです。

もともとこのあたりは国営公園らしく、このホテルもその関係であったと聞きます。
それを買い取ったのか、運営を任されたのか、かなりの改装をして営業しています。

ルイガンズはリバオリと同じく、アジアンスタイルでリゾートの雰囲気が漂う、
大変社員教育の行き届いた気持ちの良いホテルだと感じました。

ホテルの評価は、いくら設備が良くても、結局従業員の応対で決まりますね。
我々の仕事も同じことですが。

目の前には「海の中道海浜公園」という広大な今の万博公園のような公園があります。
西日本最大のプールもあり、家族連れがかなり楽しめます。

もう一つ、横には夏季期間に夜間営業(21:30まで)の水族館があります。

「マリンワールド海の中道」
marineworld-1.jpg  marineworld-2.jpg

イルカのナイトショーや大水槽でのナイトダイビングなど、
国営だからなのか、建物自体も素晴らしいし、
イベントにもかなりお金がかかっていると感じました。

お客様の期待を上回るという意味では大変素晴らしい設えでした。
京都近郊にはまずありえないスケールの大きな施設。

福岡市内から30分、おすすめスポットです。

五山送り火
16日は京都で大文字「五山送り火」でした。

実家の裏山が妙法の「法」の字で人の動きまでよく見えます。
まるで山火事のよう。

8時10分になると「はい!点火~」という拡声器の声が響きます。

daimonji08-4.jpg  daimonji08-2.jpg


左京区松ヶ崎界隈では「妙」「法」の2文字が着きますが、
これはもともと、松ヶ崎一帯が日蓮宗の村だったことに起因します。

現在も京都七福神の一つ、松ヶ崎大黒天「妙円寺」他いくつかのお寺があります。

「南 無 妙 法 蓮 華 経」

これをお題目といいますが、この中の妙法が送り火となっています。

この大文字五山送り火はお盆に帰ってきた精霊を、
再び送りかえすというお盆行事の一つといわれていますね。

個人的には毎年「いいもんやなあ」と感じるひとときでもあります。

如意ヶ岳の大文字 daimonji08-1.jpg

衣笠の左大文字  daimonji08-3.jpg

21世紀幕開け事業として、真冬の2000年12月31日に
五山とも点灯されたことは記憶に新しいところですが、
やはり京都の夏の終わりを告げる行事として大変趣のあるものだと思います。

プリウスとタクシー
私は現在、プリウスという車に乗っています。

prius-1.jpg

とても売れていて、購入は数ヶ月待ちの状態だと聞きます。
まあ当然といえば当然かと・・・
とても素晴らしい車です。特に京都市内では最高!

最近、京都市内のタクシーでプリウスが爆発的に増えました。
もちろん個人タクシーですが、私も何回か乗ったことがあります。

乗ってしばらくして、「燃費どれくらい行きます?」と質問します。
そうすると、ちょっと答えにくそうに「17~18キロですかねえ」
という答えが返ってきます。

「実は私ものってるんです~」と返しますと、そこから会話がスタート。

パンフレット上は、リッター30~35キロ走るとありますが、
高速道路でも20~22キロちょっとが最高レベルです。
一体どのように走ったら30キロも走るのでしょうか?

prius-2.jpg

さて、プリウスタクシーが増えた理由。
それは、やはり燃料の高騰ですね。

タクシーのLPGガスは現在リッター約90円で燃費は6~7キロくらいだそうです。
ガソリンは180円ですが、プリウスの燃費は悪くても15~16キロは行きます。

初期投資はLPGガス車が160~170万。
プリウスが230~250万。

乗り心地がどうか・・は言うまでもありません。
これをどう捉えるか・・・というのがプリウスタクシーの選択になるそうです。

MKタクシーは、エスティマのハイブリッドを導入して、
配車指定の場合は1000円高にしています。

私から言うと、「策略」による燃料の高騰は一段落するとは思いますが、
国家や企業レベルで儲かると判断すれば、
これからますます電池系の車が増えてくるでしょう。
既に電気オンリーの自動車が氾らんしていてもおかしくない時代ですから。

真夏の早朝ランニング
毎日暑いですね!
京都の朝は最高に暑いです!

昨年1月から始めた早朝ウォーク&ランニングも、はや1年と7ヶ月。
毎回、約3㎞ですから、どれだけ走ったでしょうか。

最初はたるんだ体を鍛えるために・・・だったのですが、
朝から走ったり歩いたり、体を動かすと、一日頭がよく働くことが判明。
前向きな考え方になれることがわかりました。

さすがに最近は毎日・・・というわけには行かないのですが、
それでも結構続けて走っています。
何事も続けることが大事ですしね。

景色と温度で四季の移りかわりを体感できるのもいいもんです。

雪景色~桜満開~青葉の季節、
現在は、耳をつんざくような公園のセミの鳴き声が目覚ましになっています。

kouen.jpg

朝の6時台なのに、汗ブリブリかきまくり。
本音を言うと、「シャワー」という行為が入りますので、夏はちょっと面倒です。

京都も気温35度というのが当たり前になってきましたね。

子どもの頃はクーラーをかけて寝るなんて考えられなかったのですが、
最近は窓をあけていても風が入りませんし、汗で目を覚ますこともしばしば。

オリンピックのテレビを観ながら熟睡・・・ということもありますし。

各選手の鍛え上げられた肉体を見ると、自分と比較して情けない思いがします。
そして、またまじめに走ろうと思う日々です。

皆さんにもオススメします。

まず、続けられる範囲から・・・

本社&工房ご見学
愛知のお寺様がご見学にお越しいただきました。
以前からのお得意様で、今回はお檀家さんともどものご見学です。

toukouji-kengaku1.jpg  toukouji-kengaku2.jpg

社内でも大変お世話になったものもいて、ありがたいことだと思います。
皆さん熱心にご見学され、その時々にご質問をいただきます。

普段、京都の人でもまず見ることのない世界ですので、
京都以外の方にとっては、なおさら興味深いものだと思います。

弊社の工房見学は、営業時間内であればご予約なしでいつでもお越しいただけます。

ご見学では伝統工芸士の木地職人さんのお話、つまり寺院用京仏具の良さを
ご認識いただき、京仏壇展示フロアで「なぜ京仏壇なのか?」ということを
ご説明いたします。

また、組み立て工房「卯兵衛館」では、その時々によって製作中の仏具類を
タイムリーにご覧いただくことができます。

確かな品質を誠実な態度でお求めやすい価格でお客様にお届けするためには、
どのような方法がいいのかを日々考えています。

若林の姿勢をぜひ皆様の目でお確かめください。

今後の若林にご期待ください!


北京五輪開幕!
「Beijing2008」

開会式はさすが中国!という、光と人だらけの演出で壮観でした。
2年半?かかって練りに練られた素晴らしいショーでした。
あの人達はみんなどこでどのように練習してたのでしょうか?
あれだけ多くの人の動きが揃うのは観ていて気持ち悪いくらいです。

谷 亮子選手は残念でした。でも5大会連続メダル!?
銅メダルで残念というのも普通ならありえない言い方ですよね。

北島選手は精神力の強い人だなあと感じます。金メダルの予感がします。
水泳はウェア問題がいろいろありましたが、いずれにしても結果を残してほしいです。

どんな強い選手と言われる人でも、世界選手権を何回とっても、
オリンピックで結果を残したものだけが一般に認められることは事実です。
結果を出さないと、認められない世界です。

結果を出すということがどれほどの努力と鍛錬を必要とするのか。
どの競技も想像を絶する練習量でしょうし、努力し、練習し続けられること自体も
大きな才能です。話を聞いていても本当に頭が下がります。
また練習=結果ではないことがドラマなのでしょう。

しかし、どんなことも練習せずに上手くなることはありえません。
練習せずに上手くいかない、上達しないと嘆くのは頭がどうかしていると思います。

会社もそうですね。
何にも動こうとしないのに、数字が良くならない!と嘆くのは頭がどうかしています。

これから、しばらくはオリンピック一色ですね。
日本選手にはがんばってほしいものです。

集中豪雨
一昨日の大阪方面の集中豪雨により、
弊社の大阪高槻店が大きなダメージを受けました。

しばらくの間、休業ということになります。
定休日だったことと、開店直後でお客様へご迷惑を
おかけしなかったことが本当にツイていたと思います。

7/26(土)に開店して10日間という短い期間でしたが、
再度の開店をめざして動き出しております。

今回は起こったことに対して、
大阪高槻店、京都本社のみんなが一丸となって
協力していただいた姿には本当に頭が下がりました。
心より感謝いたします。

今後とも、確かな品質を誠実な態度でお届けするよう努めて
参りますので、皆様の温かいご協力をお願い申し上げます。

この出来事が、我々にとって
今後の大きな財産となりますよう念じています。

さあまた顔晴るぞ!!

「TEAM FREE BIRD」
昨日、ロータリーの友人と共にあるコンペに参加してきました。

第4回「TEAM FREE BIRD」

全部で約80名の参加。
今までもず~っとお誘いいただいていたのですが、今回初めての参加となりました。

明日、「京都・滋賀オープン」というプロ・アマの試合があるのですが、
それに参加するプロも9名ほどいました。

ミーハーな私は・・・

谷原秀人プロ。新婚さんで絢香夫人ともどもの参加でした。
この前の日曜日に北海道小樽での試合(サン・クロレラ)で優勝争いしてましたね。
freebird-2.jpg  freebird-1.jpg

さてスコアですが、優勝は平塚哲二プロの65(7アンダー)
プロに挑戦!ということで全員スクラッチ競技で、アンダーパーが9名。

最下位は146ストローク(2ラウンドか!?)という幅の広いコンペでした。
私は・・・83で25位でした。

幅広い交流ができるゴルフは本当に素晴らしいと思います。
ゴルフができることに感謝しつつ・・・
今月は北海道でお寺さんのコンペもありますので行ってきます。


夢の糖「トレハロース」
皆さん「トレハロース」ってご存じですか?
昨日、PHP経営の会がありまして、発表するのに少し勉強しました。

「トレハロース」は、1800年代に発見され、
日本では林原(はやしばら)グループが研究し製造しており、
別名「夢の糖」「命の糖」「復活の糖」と呼ばれています。
(林原グループは、京都のセンチュリーホテル、嵐山の嵐亭なども関連会社です。)

私は気づかなかったのですが、
現在、林原グループでは宇宙人と日本人が恋に落ちる!?というストーリーで
テレビCMがひんぱんに流れているようですね。

「トレハロース」の具体例としては、復活現象を起こす植物があります。
砂漠にあって完全にひからびた状態でも、水をごく少量加えただけで生き返るイワヒバ。
これは細胞内の「トレハロース」のおかげです。
バッタ、イナゴ、ハチなどの昆虫のエネルギー(血糖)にも関係してるようです。

長い間、世界中で「トレハロース」が持つ不思議な力が様々な分野に応用できるのでは
と期待され、研究されてきましたが、「トレハロース」を抽出するのは難しく、
抽出できても価格が1kgあたり3~5万円もする高級品で、大量生産する方法が
見つからないかぎり実用化は不可能とされていました。

1994年、林原が世界で初めて微生物・酵素技術を使って、でんぷんからの量産に成功。
1kgあたり300円程度にまで価格ダウンしたことで、急速にその利用が広まっています。
最近では健康にも関係があるという実験報告もあり、医療面でも注目されています。

森永、明治、カルビー、ロッテ、グリコなどのお菓子や食品類に使用されているほか、
化粧品は世界の一流ブランドほとんどに原料が配合されています。

「井筒八ッ橋」の津田社長もこのPHPの会に参加されているのですが、
八ッ橋の甘味料にもこの「トレハロース」を使っているそうです。

「最初に林原がトレハの営業に来た頃は砂糖と比べて大変高価だったが、
しつこく営業に来て、砂糖ぐらいに安くなれば・・・という要望を出したところ、
研究によって最近は安価になり、業界皆さん使っている」ということです。

現在では他に入浴剤、育毛剤など合計7000社、10000アイテムに使用。

「トレハロース」・・・覚えておかれるとチョットいいかもしれません。

40年前の京仏壇
東京のK様宅のお仏壇をご修復させていただくことになりました。

完全修復ではないのですが、当社が納めさせていただいたお仏壇を
再び当社で修復させていただくことは本当にありがたいことです。

kyo-butsudan-sanpou1.jpg
40年前に納めさせていただいたのですが、本当にキレイに使っておられます。
黒漆部分の表面をきれいにするだけでも新品のように見えるのでは・・と思うようなお仏壇です。

kyo-butsudan-sanpou2.jpg
このお仏壇は尺三(板内巾1.3尺)の三方開き(側面まで開く)という、
大変手の込んだ素晴らしい京仏壇です。
銀地に幾何学模様の透かし金具が打ってあります。
現在も同じ塗り分けのお仏壇が展示してありますので、古い感じがしません。

いつも申し上げることですが、京仏壇というのは眺めていても本当に美しく、
心までキレイになる感じがします。

もちろん高額商品ですから、すべてのお客様にご紹介はできないかも知れませんが、
本社では京仏壇の組み立て工程と展示フロアはいつでもご覧いただけます。

天然材料ばかりで作られたものと、そうでないものとは、
人間が肌で感じるものが(理屈でなく)違うのでないかと思います。

いつまでもいい物が残っていきますよう念じてやみません。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.