FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
200908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200910
第1回 京都紫水会開催!
本日、西本願寺さんの紫水会京都支部の第1回コンペがありました。

今回は出入り業者の会でゴルフをする方々と
御本山の式務部さんが中心となって、設えがされました。

特にお香のOさん、いろいろありがとうございました。

紫水会という組織は、浄土真宗本願寺派(西本願寺)の
大谷光照 前御門主が私的な集まりとして始められたと聞いています。

何度も書きますが、
この前御門主のお父さんにあたる大谷光明氏が日本のゴルフ界の
草分け的存在(特にルールに精通)で、現在では名門といわれるコースを
いくつも設計された方なのです。

よって、西本願寺僧侶の皆さんは、全国的にゴルフをする方が多いです。

前御門主が亡くなられて(お浄土へ還られて)しばらくは解散状態でしたが、
お孫さんである大谷光淳新門主があらたに主となって
2007年に新生紫水会が始まりました。

京都では第1回目ということで、
本日、滋賀県の滋賀ゴルフクラブで開催されました。

昨年の関西オープン選手権で、石川 遼君がプロ初優勝したコースです。

成績はさておき、これからもゴルフという素晴らしい競技によって、
御縁の輪が広がっていけばいいと感じています。

第32回 仏壇供養会
本日、京都府仏具協同組合 商部青年会主催の仏壇供養会が開催されました。
古くなったお仏壇を供養し、焼却処分いたします。

場所は、毎年お世話になっている嵯峨の釈迦堂、清凉寺様。

本堂での法要のあと、しばらくして境内地に設営されたテントでお経があります。

butsudan-kuyoue090927-2.jpg

今日は気温が高く、湿度が低いという燃やすには絶好過ぎるコンディション!
といいたいところですが、逆に燃えすぎてしまいます。
(その昔、熱によって横の松が枯れてしまったというNGもあったそうです)

butsudan-kuyoue090927.jpg

バケツの水をかけて、火を落ち着かせながら… という作業になるのですが、
これがかなり熱いのです。

10mも近寄ると顔が焼けそうですし、実際真っ赤っかになります。
今年は若い人に任せて、ちょっと後ろにいました。(>_<)

さてこの仏壇供養会、毎年設営は大変だと思います。

事前に消防署に申請すること、お寺との打ち合わせ、新聞広告、
組合員へポスター配布、協賛金の集金、などなど手分けして進めます。

当日、雨であれば中止。
金物仏具、ガラスは燃えないので持ち帰ります。
紙類も舞い上がって危ないので、ここでは燃やせません。

最近、お仏壇引き取りのご相談が多いと感じます。
それだけ、ご夫婦のご両親、祖父母さんの実家にある古いお仏壇をどうするのか?
という話が多くなってきている証拠です。

仏壇供養会は、
京都の仏壇屋さんがきちんとお仏壇を扱っている証です。
これからもお仏壇を大切に扱う“こころ”を大事にしていきたいものです。

ぶっとび370ヤード!
お寺さんのコンペに参加してきました。
総勢120名の貸し切り大コンペでした。

私も初参加だったのですが、ゲストにシニアの上野忠美プロ。

そして、昨年度日本ドラコン(ドライビングコンテスト)選手権優勝、
南出仁寛プロが来ていました。
(ドラコン=どれだけ遠くまで飛ばせるかを競う競技です)

朝の集合のあと、この南出さんのドライバーショットの披露がありました。
1番ホール、370ヤード PAR4 (意味わかります?)

ドラコン選手権本番と同じように、6発打ちます!ということで、まず1発目。

“カッキィィ~~ン!!”(スイングは見た目軽いです)

minamide090925.jpg
(わかりにくい写真ですみません)

高~いドロー(フック)球でグリーン10ヤードくらい手前に落ちてそのままナイスオン!

「うぅぉぉぉぉ~」

見学者から歓声が!
1球目からキャリー(ワンバウンド目)が350ヤード、素晴らしい弾道でした。

私も同じホールを回りましたが、残り100ヤードがやっと。
なんぼ飛んでるんでしょうか!?

実は彼のお父さんは、「オール阪神・巨人」の巨人さん
彼が龍谷大学ゴルフ部在学中にどこかの試合で一緒にまわったことがあります。

その時も結構飛距離は出ていました。
学校と名前からして、てっきりお寺の息子さんだと思ってラウンド中に聞いたら

「いえ、違うんです~」

何ホールか回ってふと漫才のネタで「南出(みなみで)」くんという名前を思い出し、
またオール巨人さんに”ほんまにそっくり”だったので、
ひょっとしてお父さん漫才師?と聞くと。

「そうです~」

当時からかなり上手かったですね。お父さんもかなり上手いです。

話は戻りますが、ドラコン選手権の世界は大変。

彼はキャリー(落ちるまで)350ヤードですが、球が高く、ほとんどラン(転がり)がない。
世界トップはキャリー380ヤード、ラン50ヤード、トータル430ヤード
というレベルだそうです。

今年は日本で3位、世界には行けなかったそうですが、
彼はやる気満々なので、今後もがんばってほしいものです。


火の鳥“開眼”
京都国際マンガミュージアムに「火の鳥」が登場しました。

hinotori2.jpg

9月21日(火)に除幕式が行われ、門川京都市長や作者である故手塚治虫氏の
プロダクションの社長も列席されたようです。

この「火の鳥」オブジェは、京都市の事業ではありますが、
弊社の会長が仕掛け人の一人で、限られた予算の中で
仏具組合員で仏像彫刻師(京仏師)である須藤さんの工房が半年をかけて製作しました。

仏像彫刻の伝統技法である寄せ木造りの技術を駆使されています。

本日の京都新聞一面に大きく掲載されました。
hinotori1.jpg

大きさといい、カタチといい、色といい、本物そっくり!素晴らしい出来映えです。
(本物とはマンガの原作です)

納入の時は、朝から夜中の2時までかかったそうですが、その甲斐あって
見事な存在感です。
hinotori3.jpg

hinotori4.jpg

前の烏丸通りからも
ガラス越しにマンガミュージアムの中に飛んでいるのが見えます。(わかります?)
hinotori5.jpg

皆さんもぜひお出かけください。
京都国際マンガミュージアム、結構おすすめです。

シルバーウィーク
シルバーウィーク真っ只中。

京都市内は他府県ナンバーで溢れています。

長野、三河、広島、福岡、近いところでは福井、滋賀など。

我々のお店は京都駅の近くなのですが、徒歩での観光客も多いです。
地図を片手に歩かれている姿をよく見かけます。

そして、最近はレンタサイクルが多いようです。
京都駅の近所でも借りられます。
だいたい一日1,000~1,500円くらい。

私も一時ツーキニスト、会社に自転車で通ってました(片道8㎞)が、
京都の東山~祇園界隈くらいまでなら、京都駅より自転車で十分近いですし
裏通りの風情を楽しめます。

バスは時間通り来ない。地下鉄、京阪電車は景色がない。
車は駐車場がないし、あっても¥高い。歩くにはちょっと遠い。

となってくると、やっぱり自転車が最高ですね。

9月の京都は暑いのですが湿度が低く、梅雨~初夏のあのジメジメした
気候ではなく、汗が吹き出すようなことはありません。

台風が来ない限り、雨の確率も低いのでこの時期は最高!

11月になると紅葉で大混雑!
これまたちょっと観光には大変な時期となります。

今は高速ETC1,000円ですが、これが民主党政権によって無料となれば
またまた車の観光が増えるでしょうね。

昨年、京都市は観光客が5000万人を突破するという素晴らしい数字でしたが、
車での上洛に対する対策が今以上に急務になることも予想できます。

さて、いかがなものでしょうか。

イチローと中部さん
イチローが今年も達成しました。
そして新記録の9年連続200安打!!

恐ろしい記録ですね… といっても雲の上で、全くスゴさがわかりません。
安打の世界記録にも挑戦する状況になっています。

イチローは目標を話すとき、肯定的な表現しか使わないようです。

前向きな言葉を発するようにして、後ろ向きな不平不満言葉は
発しないよう心がける。
その言葉通りのことが起こる引き寄せの法則というのがあります。

結局、積み重ねだと思うのです。
イチローもそうですが、石川 遼くんも典型的な前向き発言者です。

前向き言葉を発していても、後向きな言葉が続けば結局プラマイゼロ。
人生プラマイゼロとは、普通に生きていればそうなるということ。

何が起こっても、起こっていることには自分にとって意味があるのだと考え、
前向き言葉を発し続けることが、結局は魂のステージを上げていくと思います。

さて、イチローの話のつづき。

ある冊子に書いてあったのですが、
「イチローは日本にいる時から必ず決まった時間に球場に入り、支度から
準備運動、練習内容に至るまで毎日同じメニューを続けている。
並の選手なら体の状態や好不調に応じて練習内容を変えるが、
彼はまったくそれがない。そうすることで脳に自信と安心を伝達させ、
自己暗示をかける。」

というセルフコーチングを実践してきたようです。

これは、中部銀次郎さんという今は亡き超アマチュアゴルファー
も同じようなことをおっしゃっていました。

コースには必ず毎回スタート50分前に着くようにする。
ロッカーで着替えて、トイレに行ってという用をすませ、
練習場へ行き、パター練習が終わったら、ちょうどスタート10分前くらいになる。

このルーティンを毎回崩さないことで焦らず、余らずの時間となり
それが、プレーにも好影響を及ぼす。

やっぱり、一流は同じことを継続できる才能を持っているのだと認識しました。
そして、今後もイチローの言動、行動にも注目していきます。

がんばれ鳩山さん!
鳩山由起夫さんが総理大臣に就任されました。
大臣の顔ぶれはいかがなものでしょうか。

京都、左京区出身の前原誠司さんも国土交通大臣に就任。
この中では47才という最年少入閣です。

沖縄基地移転問題、高速道路料金問題、JAL経営の問題なども
前原さんの担当となるようですね。
結構内容の濃い仕事が待っているのではないでしょうか。

亀井静香さんは自民党時代のイメージが強すぎて、
正直、あまり刷新の感がありません。
ちょっとハッタリの元気がなくなったようなさびしい気もします。

小沢さんは裏方人間、よく見えない人ですね。
まあまったく表向きの顔はされていませんが。

果たして官僚主導なき政治が実現できるのか。
これは興味のあるところです。
50年以上蓄積された、限りなき闇の世界の感じがするのは私だけでしょうか。

この時期に大臣という立場になった人は、幸せだと思います。
もちろん必然ですね。

勉強できることが山盛りあるでしょうし、
「人間は魂の修行のため生まれてきている」ことを実感されるかも知れません。

さて、
5年間、景気はよくならないよ!という人もいます。
今は、潮が引いている状態。

引き潮の時に何をやっても、海にバケツで水を撒いているようなもの。
今は5年後のためにじっくりと準備をする時期だとも言えます。

この不景気を予測できなかった人達に、景気対策を考えられるわけがない!
というのもうなずけます。

いずれにしても前向きな「考え方」、感謝する「こころ」が大切なのです。
個人的には鳩山さんの「奥さん」にも注目しています。

がんばれ鳩山さん!

好評「大感謝祭」!
現在、開催しております
『朝に礼拝 夕に感謝 合掌の心で180年「大感謝祭」』

ご好評につき10月31日(土)まで開催中いたします。

koukoku-dai-kanshasai0909.jpg

今回はKBSラジオ、新聞、新聞チラシなども活用し、
ちょっと多めに宣伝をさせていただいておりまして、
反響もいただいております。ありがたいことです。

180年といっても京都には創業300年~400年の老舗企業は
多く存在しますし、200年企業は山盛り。
ですので、そこを強調するつもりは全くございません。

むしろ控えめです。(>_<)

お仏壇は、基本的に家の中にあるお寺という考え方で広まり、
中央にご本尊を配置するということが当然のこととしてきました。

最近は必ずしもそうではない場合も多く、
こちらがいくら意味をご説明しても、やはり亡くなられた
ご家族やご親族のためにお仏壇をお求めになるということが多いです。

メモリアルボックス的な発想ですね。

なので、お仏壇をお求めになる時期が以前のように
お盆とかお彼岸とかはあまり関係がないようにも思います。

もちろんお盆、お彼岸がお寺さんやご先祖とのご縁がある時期であることは
間違いがありませんが。

「大感謝祭」10月末まで。
全社上げてお客様の役に立てるようがんばります。

アメトーク!
本日はお笑いについて。

皆さんご存じでしょうか?「アメトーク」
「みやさこ~です」の「雨上がり決死隊」がメインを務める冠番組。

正直、私はあまりこの番組は見たことがありませんでした。
でも最近はこの番組がえらく話題らしいのです。

年寄りくさくいうと、「若い人の間で」。
次の日に、「昨日のアメトーク見た?」という話題が出るということ。

「レッドカーペット」や「エンタの神様」など話題のお笑い番組は
本当に多く存在し、いずれも視聴率がいいようです。
しかもゴールデンタイム。

全て動画サイト「You tube」でチェックできますからチェックしてみてください。

私も「レッドカーペット」はよく見ますし実際かなり笑えます。
東京的笑いが多いですが。

意味、おわかりになりますでしょうか?(^_^)

先日、同窓会の幹事会があったのですが、
ある友人S君が「アンタッチャブル」の山崎の話をしていました。

かなりの大物だといううわさで、芸人の間で話題になっているようです。
プロ連中に「あいつはすごい」と言われている山崎に今後も注目です。

ちなみに、私は月曜深夜のMBS「明石家電視台」(あかしやテレビ)が
かなり笑えると思うのですが、完全に大阪的笑いです。
東京の人が見ると「何がおもしろいの?」ということがあるかも知れません。

ここにも「雨上がり決死隊」は準レギュラーとして出演しています。

一度ご覧いただければ幸いです。(>_<)
以上、昨今のお笑い話でした。

ヨドバシカメラ。
京都駅前に計画されている「ヨドバシカメラ京都店」。

工事はすでに始まっています。

yodobashi090909.jpg

一昨日、大規模小売店舗法の観点より説明会があるということで行って参りました。
ゼネコンは鹿島建設で決まったようです。

京都駅前のかなり集客力のある商業施設となることは間違いないのですが、
近隣住民はいろいろ思うところがおありです。

特に今回は駐車場入路と退路での渋滞、騒音も焦点の一つとなっています。
七条通の一部(烏丸七条西入)が駐車場への出入口となります。

東側(烏丸側)から来た車が左折で駐車場に入り、
駐車場から出る車は西側(堀川側)に抜けていきます。

もちろん立ち退きの要望もあり、実際に退去があったと聞いていますが、
結果的にこの入退路の横に位置した住民は深刻です。

瞬間的にせよ、騒音が出ることは間違いありません。

このような大規模店舗の場合、少なからず日本全国さまざまな
問題が起こっているのだろうとは容易に推測できます。

実は我々のお店の駐車場も、ヨドバシ開店初期や土日・祝日には
渋滞によって出入りがしにくくなる可能性はあります。

でも共存共栄の精神で、駅前が活性化する代わりに
多少の問題が出てきても、法的、事務的に処理されるのではなく、
大きな視野に立って、それを話し合いで前向きに解決できればいいですね。

ヨドバシカメラ… 来秋オープンの予定、私は楽しみです。

ザ・ビートルズ!
ちょっと興味のある話題です。
(宣伝みたいですが… )

本日9月9日、ビートルズの全アルバムがデジタル・リマスターされ、
全世界で同時発売されています。(時差により日本が一番最初!)

beatles.jpg

13 枚のオリジナルアルバムに、アルバムに収録されなかったシングルや
コンパクト盤で発売された曲を中心に集めた「パスト・マスターズ」と
いうアルバムを加えた全14タイトルがリリース。

個別での販売はもちろんですが、各CDのドキュメンタリー映像の
DVDをまとめたボックス・セット「ザ・ビートルズ BOX」も発売され、

さらに、オリジナル・モノラル・ミックス11枚をセットにした
紙ジャケット仕様の「ザ・ビートルズ MONO BOX」も同時発売。

なぜわざわざモノラルを?という疑問ですが、
もともとビートルズの初期4作品はオリジナルがモノラルで、
彼らはもともとモノラルの音にかなりこだわっていたようです。

だから、ステレオ録音とモノラル録音のテイクが違って、演奏や
歌い方がちがうこともあるようですね。だからステレオと2セット!?
超オタク!!

リマスター作業は、ロンドンのアビーロード・スタジオのスタッフ7名で
4年を費やして行われ、これまでの全てのリリースの中で最も生の音に
近いらしいです。
今朝の「とくダネ!」で小倉さんも熱く言ってました。

発売日前の時点で、予約が100万枚を超える人気だそうです。
やっぱりビートルズはすごいですね。

ちなみに私は赤盤、青盤あたりは持っていましたが、
そこに収録されている曲は、今でも必ず聞くことのある曲ばかりです。

ジョン・レノンの死が彼らをより伝説的にしたような気もします。

ステレオセットが35,800円、モノラルセットが39,800円だそうです。
ファンにとってはかなり大変な出来事なのでしょう。

松下幸之助さんの言葉⑪
「お客様大事の心」

現在100年に一度、未曾有の不況といわれていますね。

1974年(昭和49年)あたりも、日本はオイルショック後の大不況に見舞われ、
松下電器の経営も急速に悪化していきました。

この不況に際し、松下電器もさまざまな対策を講じ、立て直しを図りましたが
すぐに成果となって現れることはありませんでした。

松下幸之助さんも幹部に対し、具体的な打開策を提示できずにいました。

しかしこの時期、経営幹部に一貫して松下幸之助さんが強調したことは
「お客様大事の心」を持ち続けることでした。

「自らの商売が果たしてどれくらいお客様の役に立っているか、
どれほど喜ばれているかということを日々さまざまな角度から検討し、
自問自答することが必要である。」

「買っていただいてありがとうという感謝の気持ちを持ち、
お客様大事の心に徹することが大事… というのが松下の基本にある。」

「不況を脱したときに企業が飛躍できるかどうかは、
不況期にお客様の信頼をどれだけ勝ち得たか、お客様の要望をどれだけ汲み取れたか
にかかっている」

一貫して強調されている言葉の中には
強い信念を感じます。

弊社の経営者も、営業部も、製作部も店頭販売も、総務経理も、
どうしたらお客様の信頼をいただけるかを、再度考えないといけない時期です。

ネットの将来
弊社では楽天市場に出店し、ネットショップを営んでおります。
まだまだ発展途上ですが…

先日、楽天市場の「楽天EXPO2009」というイベントが各地で行われました。
私は行けませんでしたが、そこでの三木谷社長のコメント要約です。

先日のアメリカ大統領選ではキャンペーンにネットを最大限に活用し
オバマ大統領が誕生した。

インターネットはこの10年で飛躍的な成長を遂げている。
アメリカではネット媒体への接触時間はテレビを超え、
No.1のメディアへと成長した。

日本のインターネット広告費は2000年~2008年の9年で約12倍。
EC(電子商取引、企業→個人)において現在、アメリカ、イギリス、
そして韓国にも遅れている日本はまだまだ成長の余地はある。

これから大事なポイントの一つ目はお客様の「ターゲティング」。
ある脳科学者の話として、
「人間がモノを買うときに、脳ではプラスとマイナスの駆け引きが行われている。」
例えば、
「ステキだな、買いたいな」という前向きな想いと、「高額すぎるかも」という
後ろ向きな想い。
買いたいという気持ちが上回ってはじめて、人はモノを購入するのだそうです。

そこで、迷って購入しなかった人たちに、「リターゲティング」機能で
お気に入りや閲覧履歴を表示する。
そのことで、迷った商品を何度も露出する。

リアル実店舗では、「買えばよかった」と思っても、その場に戻る時間も
労力も大きい。しかし、ネットであればいつでも売り場に戻れるということ。

これにはネットショップの画像、商品説明を充実させて、
お客様が買う気になられるページづくりをするという基本も大事ですね。

二つ目のポイントはユーザー同士の「コミュニケーション」

レビュー(お客様の声)という第三者の声は購買に繋げるための大変なツールです。
私も、宿泊予約等では必ずチェックする項目です。

ネットショップにとってレビューが大変重要な意味を持つことは
以前から言われているが、セールスコマーシャル的な販売促進ばかりでなく、
消費者を巻き込むようなコミュニケーション型の販促が重要になってくる。

では具体的にどうしていくのかは、各お店が日々考えていかなければならない
問題です。

ネットの成長はさらに速度を増し、常識を変えていくことでしょう。
地デジ化や、モバイル、携帯のさらなる発展、画像の3D化等により、
リアル実店舗が要らなくなる時代がやってくるのかも知れません。

皆さんはいかがお考えでしょうか?

不況について。
今のこの不況、あと5年は続くようですね。
いつもながら斎藤一人さんの話です。

政権交代しましたね。
アメリカも日本も、今年大きなチェンジの時代を迎えました。

では経済は立ち直るのでしょうか。

昔、アメリカでも日本でも経済がダメなとき、
公共事業をやりまくって立ち直った例があります。

しかし、この公共事業が効くことはもうありません。

薬を飲んだことのない人が薬を飲んだら効きますが、
今はすでに飲み過ぎて、もう効かなくなってしまっています。

「経済に同じ状態は起きない」ということ。

関東大震災のあとに土地の値段が下がった。
その時に土地を買って、後に大もうけした人が多くいたそうです。
でも神戸の時は土地は全く下がりませんでした。

今までは暗黒の時代であった。
20世紀はアメリカの時代であった。

でもアメリカの国旗はスターズ&ストライプス。
国旗に星☆がいっぱい付いています。

星が出るのは夜、ということは暗黒の時代であった。

でも今は夜明け前。
アメリカの時代の終焉、すなわち暗黒の時代の終わり。

現在は夜明け前に人類が学んでいる状態。
学び終えたら朝日がのぼり、不況も終わる。
そして朝日=日の丸=日本の時代がやってくる。

日本が未来の世界を救う… これは複数の方が言われています。
日本人しか世界を救えない。これは私もそう考えます。

あと5年ですか… この先を楽しみにしておきます。

亡くなるということ。
本日(昨夜)、私の義母が亡くなりました。

透析で病院には通っていたのですが、元気にはしていました。

お昼にある食材がのどに詰まって、救急車!!ということで、
そのまま意識が回復することはありませんでした。

人生はいつ何が起こるかわかりません…


人間は魂の修行のために生まれて、一生を過ごしていると言います。

人間の体を借りて魂が勉強をしていると考えれば、
魂は年も取らないし、死にませんから、またどこかで生を受け、
何度も生まれてくることでしょう。

前向きな話です。

お浄土へ還られ、先に行かれたお父さん(旦那)とも
再会できていることでしょう。

「気がつきゃ みんな年取って、おんなじとこへ行くのだから。」
By Naotaro Moriyama

本日はこのへんで。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.