FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201005
関西テレビ「よ~いどん!」
先日、飛び込み取材を受けました。

yoidon20100504.jpg

関西テレビ「よ~いどん!」で七条通周辺を取材していた円 広志さん。

近所を歩いていて組み立て工房「卯兵衛館」の横を通った時に
興味を持って入ってこられたそうです。

その時にうちの製作部2人が取材されたらしいです。

その後、若林の店頭で
うちの会長が取材のご一行を見つけて、機転を利かせてお相手したようです。


5月4日(火)朝9:55~
「よ~いどん!」最初のコーナー「となりの人間国宝さん」で
ちょっとだけ紹介されます。


さて、どのくらい映るでしょうか??

残念ながら関西ローカル放映です(^_^)。

本願寺界隈散策マップ
西本願寺さんより「本願寺界隈散策マップ」が発行されました。

hongwanjimap-201004-1.jpg

これは来年に控えた親鸞聖人750回大遠忌法要にあわせて
ご本山界隈の見所をわかりやすく表示したマップとなっていて
ほぼ徒歩15分以内くらいで行ける場所になっています。

hongwanjimap-201004-2.jpg

若林もマップに載せていただいています。

若林の建物(本館)は昭和元年建築、
国登録の「有形文化財」に指定されています。

hongwanjimap-201004-3.jpg

当時、2階建てにもかかわらず3階建ての高さで登場して
話題になったそうです。

80年以上たった今でもビクともしないその建築を見ると、
当時の素晴らしい技術の高さがうかがえます。


本日は東本願寺さんの近隣商店街や協議会を交えての懇談会が
渉成園で開催されました。

東本願寺さんだけで年間35万人ともいわれる参拝客をどう受け止めるか。

これは近隣に投げられたボールであり、近隣の力が試されている。
残り一年弱、全力で取り組まなければならないと。
そのためには行政も協力を惜しまないと下京区長が力強く話されていました。

各ご本山で一年を切った法要までの動きがあわただしくなっています。

正順寺様 落慶法要
日曜日は広島県、浄土真宗本願寺派(西)正順寺様のご法要に出席いたしました。

「平成大修復 完成慶讃」および「住職在職三十五年奉告」のご法要です。
前日には親鸞聖人750回大遠忌法要も厳修されました。

shoujyunji20100425-1.jpg

shoujyunji20100425-2.jpg

長年の老朽化した歴史あるご本堂の改築大修復ということで、
ご住職と坊守様、御門徒の皆様方の並々ならぬ想いが結実した結果であり、
心よりお祝いを申し上げます。

祝辞の中で「この事業は10年前には考えられなかったこと」
というお言葉がありました。

ご住職も坊守様も感激されているのがよくわかりました。

何より若林にご下命いただいたことに、感謝をしなければなりません。
本当にありがたいことだと思います。


法中(ご寺院)さま 40名超
稚児行列 子ども200名(ご両親とで600名!?)

shoujyunji20100425-3.jpg

shoujyunji20100425-4.jpg

大変な人数のご参加です。

広島は特に「安芸門徒」といって、真宗のご法義が盛んなところとして有名です。
全国で浄土真宗本願寺派(西)のお寺が集中している地域でもあります。

お内陣、余間ともぎっしりのお寺様にビックリいたしましたが、
雅楽にしても大変素晴らしい音色で、感心してしまいました。

感激のご法要後の式典で「感謝状」をいただきました。
いつもながら本当にありがたいことです。


担当の山本君おつかれさまでした。

浄泉寺様 落慶法要
昨日は素晴らしいお天気の中、
兵庫県、浄土真宗本願寺派(西)浄泉寺様の落慶法要が厳修されました。

jyosenji20100424-1.jpg

弊社若林では、御宮殿、御須弥壇、欄間等、御荘厳の御修復及び
巻障子等新調、納入させていただきました。

jyosenji20100424-2.jpg

お内陣の廻り畳は、ご住職のアイディアにより、台が付けられ
腰掛けられるようになっていますが、この形状は私も初めて経験しました。

この度は、ありがたいことに総代様、門徒役員、功労の皆様方の他に、
関係業者全てに「感謝状」をいただきました。


この浄泉寺様は、平成8年の夏の台風によって大きな被害を受けられました。

その後、ご住職はじめ御門徒の皆様方の熱い想いによって見事に本日
“歴史的大事業”を成し遂げられました。

考えてみれば、もう13年半も経っているのですね。

その素晴らしいご事業にご縁をいただいたことは本当に名誉でありがたいことです。
あらためまして心より感謝を申し上げます。


今後も、全国のご寺院様のお役に立てるよう、
ホンモノをお届けする姿勢を持ち続けたいと考えています。

最後まで動いていた担当の山本君、おつかれさまでした。

キリンビールと竜馬
キリンビールの京滋支社長のお話を聞きました。

アルコールは20才からということで、日本では大正11年にこの法律が
制定されたそうです。

世界ではビールと蒸留水の飲酒可能年齢が分かれている国もあるようで、
おもしろいですね。

ところで、どうしてビールはたくさん飲めるのでしょうか。
水やジュースはジョッキ1杯でも飲むのは大変です。

理由はいろいろあるようですが、
同じ液体なので、食道~胃に到達する過程は同じ。
ところが、胃の中に入った後、体内に吸収される場所とスピードが違う。
水はほとんど小腸から大腸を通るときの腸壁からだけしか吸収されない。

ビールは、腸壁からも胃壁からも吸収される。
しかも炭酸ガスや糖分を含むと早く吸収されるため、
大量に飲めるということだそうです。

ビールを大量に飲んですぐにトイレに出しに行くもったいない人も
いるようですが、利尿作用もあるそうです。だから余計に飲める。

王冠のギザギザは21個がちょうどいいとか、大瓶が633mlになった
理由とかいろいろな話ありましたが、

興味深かったのは、
坂本竜馬が「キリンビール」社の立ち上げに一役買ったという話。

1885年に「ジャパン・ブルワリー」(二代目)という醸造所を作ったのが
長崎グラバー邸で有名なトーマス・グラバー。

その後、三菱財閥の岩崎弥之助らが発起人として加わりましたが、
このグラバーさんとの仲介をしたのが坂本竜馬。

NHKの「竜馬伝」を見ていらっしゃる方はタイムリーな話題ですが、
岩崎弥之助氏は、竜馬と同郷、岩崎弥太郎の弟です。

その後、
「ジャパン・ブルワリー」社から組織や事業を買収・継承した三菱財閥と
明治屋の出資により純粋日本国籍、日本資本の新会社
「麒麟麦酒株式会社」が設立されました。

ということで、キリンビールを飲んで竜馬に想いを馳せてみるのも
いいのではないでしょうか。

京都府仏具協同組合青年会 50周年
来年、平成23年は本願寺さん、知恩院さんの各宗祖御遠忌など
さまざまな行事が開催されますが、
京都府仏具協同組合の商部・工部青年会が創立50周年を迎えます。

仏具組合には商売をするお店(商部)と、製作する職人さん(工部)があります。

今回の青年会50周年は、商部・工部青年会合同ということで、
実行委員会の会議も合同で開催されています。

いつも手配していただいている三浦君と八木さんありがとうございます。
そして各部会で動いていただいてる方もありがとうございます。
感謝いたします。

45才の年が青年会の最終年度になるということで、
なぜか私が50周年実行委員長を拝命していますが、
実質は三浦君、八木さんが副委員長として仕切っていただいています。

来年2月に記念式典を開催することは決定しているのですが、
現在、その内容を検討中です。

もちろん記念事業もあります。(まだ案ですが)

1つ目は
丹波、夜久野町で漆の植樹を行い、その後の管理補助を行うこと。
夜久野町の「丹波漆生産組合」は少人数のため漆を植えても維持・管理が大変。
風雨の被害や動物による被害も後を絶たず、かなり苦労されています。

2つ目は
祇園祭の鉾の修理。
これは鉾の屋根框部分など、漆や金具が老朽化して傷んだ部分を
工部職人の技術で修復するということ。

3つ目は
カスタマイズ仏壇の製作・販売。
シンプルな小型仏壇を京都の技術で製作し、
外側と内側のデザインをパターン化して組み合わせるようにする案。
ぜひ、京都の技術を使ったシンプル仏壇が誕生すればいいと思いますが。


仏具組合にはさまざまな方がいらっしゃいます。

商部は、我々のように寺院用仏具、家庭用仏壇の両方を扱うお店もあれば、
寺院用仏具のみを扱うお店、主に家庭用仏壇販売のお店、
業者相手の問屋さん、一般ユーザー相手の小売屋さん、
職人さんもさまざまな種類があるので、統一感はあまりありません。

その中で事業をやろうというのですから、出来るだけ多くの人が関われる
ものが必要だと考えます。

そして、次代を担う若い世代がミッションを考えビジョンを描けなければ、
組合自体は存続する意味がなくなってきます。

名前だけの実行委員長… というわけには、やっぱりいかないでしょうね。

日本のガラパゴス化
テレビでちょっとおもしろい話がありました。

日本のガラパゴス化。
日本は独自路線で進化している。

日本が独自に進化しすぎた例として
テレビ、カメラ、メール、携帯サイト、技術がギューッと詰まったケータイ。

日本ではパナソニック、シャープ、NEC、富士通などなど …

でも、世界でのシェアは

ノキア、サムスン、LG、モトローラ …

などなど、日本のメーカーは一切出てきません。

日本独自に進化しすぎたということらしいです。

実は携帯電話の機能は電話だけでいい。
読み書きできない国も多いので、ほとんどメールは要らない。

日本人向けのマーケットを作ってきた結果です。
このような例は、ケータイ以外にもにもありますね。

これから日本は日本をマーケットにするのか、世界をマーケットにするのか。

・クリーンエネルギー
・バイオテクノロジー
・ロボット産業

日本の可能性はまだまだ残されています。
特にアメリカ経済の終焉にともない、中国を中心としたアジア経済が活発化します。

いずれ世界の経済的国境がなくなることも考え、世界に目を向けたマーケットが
今後ますます重要になってくるということでしょう。

我々伝統産業の可能性も、実は世界に残されているかも知れません。

筋肉痛とストレッチ
最近は少なくなりましたが、腰痛になることがあります。

冬場になると背中の筋肉が硬くなり、
以前に背中の肉離れを起こしたこともあります。

今までは知識としてはあったのですが、
今年2月にスキーに行った折りに、腕のストレッチをしてもらった時、
右腕肩の筋肉が極端に硬いことがわかりました。

いわゆる肩甲骨周辺の筋肉が硬いのです。
仰向けに寝て、上に両腕をまっすぐのばしますが、右腕が床につきません。

また、背中に両手を回してつく人は多いですが、当然のようにつきません。

ここ3日間ほど右腰が痛く、
以前にも書きましたが、「七里頸椎カイロプラクティック」に行ってきました。
少しマシになりました。

そこで、日常的に肩を後ろへ開く動き(姿勢)すればいいと聞きました。
頭部が前に行くと背骨が曲がります。
この前かがみになる姿勢が腰に負担をかけるということです。

さて、「ストレッチング」は知識としてはありましたが、
あまり今まで重要には考えていませんでした。

最近肩甲骨と股関節を中心に少しずつやっています。

特に入浴後に患部を温めてから行うストレッチングによって、
毛細血管への圧迫が減り、血液がうまく循環するということです。

急に運動をすると、筋肉を構成している筋繊維が非常に細かいレベルで
傷つきます。

この筋繊維を修復しようと血流が増加し、痛みを感じさせる発痛物質が
出てくるらしいです。体がサインを出しているのですね。

それにしても人間の回復能力はすごいですね。

ぜひストレッチングをお勧めします。

アウトレットショップ。
この夏、7月8日オープン予定です。

「三井アウトレットパーク 滋賀竜王」
http://www.31op.com/shiga/

大型アウトレット施設としては京滋初。
名神竜王インターから出てすぐのところにすでに外観が見えています。

全部で165店舗入るらしいので、関西でも最大級ということになります。

しかも敷地は周辺にまだまだ残っているということで、
今後も敷地拡大の可能性を秘めています。

同系列のアウトレット「マリンピア神戸」にはよくお世話になっているので、
こちらに大型施設ができるのはありがたいことです。

先日、三重県の長島にも行ってきました。

郊外型の大型アウトレットショップは現代の百貨店といえるでしょう。
家族連れも多く、一日遊べるようになっています。
まさに一昔前の屋上遊園地のある百貨店と同じ状況です。

さて、その百貨店が苦境に立たされています。

この時期にお得感のない定価販売というのは厳しいのは当然ですが、
百貨店が各店舗を取り仕切るという図式も難しくなっています。

若林のお店が京都大丸に入っているのですが、
人員削減で、フロア担当マネージャーがいなくなったそうです。

百貨店のお得意様係、外商はいわゆる良いお客様を抱えていると聞きます。

このいい関係を保ちながら百貨店の構造を変えていくということは
できないものでしょうか。

京都には中心部に素晴らしい老舗の百貨店があります。
この百貨店の集客が今後の地域の鍵を握っていると思います。

松下幸之助さんの言葉⑮
昨日日曜日は、恒例のPHP経営勉強会でした。
先日、急に思い立って土曜日の午後に山田川にある
「松下資料館」に行ってきました。

団体の予約が入っていないということだったので行ったのですが、
本当に貸し切り状態でした。

この資料館の展示室に入ろうとするところで幸之助さんの肉声が流れます。

なぜこの一節なのかはわかりませんが、幸之助さんの「道」という有名な
一節に繋がっているものと思います。


「道は無限に開かれている」

行く道はいくらでも無限に開かれているということであります。
皆さんの心さえ、自らを開拓する心持ちになれば、
行く道は無限に開かれておる。
師は無数に存在しておるということであります。
手近に親切な先輩がいて導いてくださることも結構であり、
そういう人は非常に恵まれた人であるが、そういうような人を
もたない人もまた、きわめて恵まれた人である。
何もないということがかえって大きな力となって、
そこに偉大な自己というものを完成していくということも、
私は可能だろうと思います。
その可能な道あることを知ったならば、無限だと申していいと
思うんであります。


なんとも深い言葉です。

要するに気持ちの持ち方で、人間の可能性は無限に広がるということ
が言えるということですね。

あるのもよし、ないのもまたよし。

松下幸之助さんは「素直な心」で偉大な自己を築いていかれたのだと思います。

寛容にして私心なき心。
広く人の教えを受ける心。
分を楽しむ心。
静にして動、動にして静の働きある心。
真理に通ずる心。

皆さんは「素直な心」を持って、無限に開かれた道を行かれてますか?

残念!石川 遼
寝不足の季節がやってきました。

「マスターズゴルフ」

ゴルフファンの人も、そうでない人も、マスターズの話題は共通。

アメリカ東海岸、ジョージア州アトランタ郊外のオーガスタ。
今朝はその2日目のプレーが中継されました。

ご存じのように石川 遼選手は1打足らずの予選落ち。
昨年4位の片山晋呉も大きく予選落ち。

やっぱりオーガスタには魔女が住んでいるのでしょうか。

石川 遼の悔しさは想像するに難しくはありませんが、
解説の中島常幸さんは言いました、
「君はこれから毎年オーガスタに向き合わなくてはならない」。

本年の予選落ちは彼を百倍大きくしてくれることでしょう。
ツイてます。

中継のTBSにとっても遼君の予選落ちは大きなショックでしょうね。
数字が変わりますから。

それにしてもタイガー・ウッズは優勝でもする気でしょうか。
これもまた精神的に数倍成長して戻ってきた感があります。

オリンピックの年なのでメダリストとオーバーラップしますが、
一流の選手が集ったこのマスターズでも超一流はちょっと違う次元にいます。

でも超一流ほど努力する才能を持っていて
想像を絶する練習とトレーニングを積んでいることを忘れてはなりません。

どの分野も同じですが、
結果は全て練習と考え方から来るのではないでしょうか。
練習だけでもダメ、考え方だけでもダメ。

やっぱり人生は修行です。

CoCo壱番屋 宗次氏
CoCo壱番屋 宗次氏の講演会がありました。
京都青年会議所の4月オープン例会。

munetsugu20100408.jpg

宗次氏には両親がいませんでした。幼少期は孤児院で育ち、
3歳の時に、宗次という姓の養父母に引き取られました。

しかし、その養父母との生活は極貧で、毎日パチンコ屋の床に落ちているタバコの
吸い殻を拾って持って帰っていたといいます。

幼いながらも「誰にも頼らず一人で生きていかなければ」と思ったといいます。

それでも高校に行くことが出来た宗次氏は、入学時に戸籍謄本を取りに行く
機会があり、初めて「誕生日」、「親」、「名前」が今まで思っていたのと違うと
わかったそうです。

宗次氏曰く、
夢ではなく目標を持つことが大事。
それも1年程度頑張れば到達できるものが良いということ。
そして人がやらない嫌がることをやり続けることが大事といわれます。

うまくいくコツは5つ

・早起き
・そうじをする
・クラシックを聴く
・花を育てる
・チャリティをする

このうち、3つ以上やるといい。
それと経営者は趣味の一つが経営であることが重要。

CoCo壱番屋さんは現在1217店舗

いま、牛丼店が安売り合戦をしているが、あれは身を削っているのと同じ。
うちは本当は「らっきょ」でも30円ほしいくらい。

どんな商品にも適正価格がある。

商売は心と心。
安売りに走らない工夫が大事だとおっしゃいます。
ごもっともです。

クラシック大好きの宗次氏は、
2007年(平成19年)にクラシック専用の宗次ホールをオープンし代表に就任。

心が豊かになるクラシックを世に広めることと、演奏家に機会を与えることを
目的として今後も活動していくと強く語られました。

私も壱番屋のファンとして今後もおいしく食べ続けたいと思います。


入学式!
本日は京都市立小学校が一斉に入学式でした。

うちの「ボク」もランドセルを背負う季節となりました。

nyugaku-shiki201004.jpg

今日は特別桜がキレイで、特別あたたかい一日でしたね。
やっぱりツイてます。

会話の中で、今の日本にいること、小学校に行って勉強できることが
いかに幸せかを話しました。


さて、本年から学習指導要領が変わるらしいですね。
公立高校も無償化となります。日本の教育はどうなっていくでしょうか。

今回は、教育基本法や学校教育法の改正などを踏まえ、
「生きる力」をはぐくむという学習指導要領の理念を実現するため、
その具体的な手立てを確立する観点から学習指導要領を改訂する。

という難しいことが文科省のサイトに書いてあります。

ここでいう「生きる力」とは、

・基礎・基本を確実に身に付け、自ら課題を見つけ、主体的に判断し、
行動し、よりよく問題を解決する資質や能力
・自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる心や
感動する心などの豊かな人間性
・たくましく生きるための健康や体力

う~ん… これをはぐくむということです。


その改訂ポイントの中で、
「確かな学力を確立するために必要な時間の確保」というものが挙げられています。
いわゆる「ゆとり教育」の反省ですね。

ゆとり教育の具体的反省として5つ、

・「生きる力」について文部科学省と学校関係者、保護者、社会の間に
十分な共通理解がなかった。
・子供の自主性を尊重するあまり、指導を躊躇する教師が増えた。
・総合学習は、各学校で十分理解されていなかった。
・必修教科の授業数が減少した。
・家庭や地域の教育力の低下への対応が十分でなかった。

なんか変じゃないですか? 今さらそんなこと言うのん?
公立の指導内容が揺らぐことが、私立の学校が引き立つ一因でもありますね。

いずれにしても、男の子は元気が一番!
この節目の年に入学した「ボク」の今後に注目したいと思います。


京都春景 その2
京都は日曜日大変な観光客でした。

満開と日曜日と快晴とが重なることはあまりないような気がします。

ご縁あって八幡市、石清水八幡宮周辺へ。

京阪八幡市駅から北へ徒歩10分、自然が広がる淀川の背割堤に、
約250本のソメイヨシノの桜並木が続いています。

sakura2010-1.jpg

かなりの人出で、お昼から花見をする人で溢れかえっています。

祇園白川の辰巳神社(巽橋)周辺はこんな感じです。

sakura2010-2.jpg

夜の風景しか知らない方々が多いと思いますが、
今日は巽橋が落ちそうなくらい。

この辰巳神社、京都御所の南東に位置し、
辰巳(南東)の方角を守る神社だったと言われているみたいですね。

祇園北側の象徴的な場所というイメージしかないのですが。

途中、成田の緑ナンバーのジャンボハイヤーを発見、
ひょっとして成田空港から直接??


祇園、円山公園、岡崎公園、出町、醍醐寺、嵐山…

京都はやっぱり最高ですね。

まだまだ8~9分咲きの感覚ですから、
この1週間は、京都へぜひお越しください。

京都春景
いよいよ京都の桜が満開を迎えます。

本社屋上より東山の風景です。
まだ東山の桜があまり見えないですね。

honsha-okujyou100402-1.jpg

ヨドバシカメラは突貫工事中??

honsha-okujyou100402-2.jpg

昼の桜もキレイですが、この時期各場所でライトアップが催されます。
清水寺あたりは人・ひと・ヒトで大変なことになっているようですね。

今週の土・日曜、来週の土・日曜あたりは全国の観光客のみなさんで
大変な賑わいとなります。

京都にとっては本当にありがたいことです。
観光客がいっぱいで大変とか、他府県車で渋滞する、
などと言わず、感謝しなければなりません。

われわれの仕事はお彼岸が終わり、今までなら一段落する時期ですが、
世情的にも当然のんびりはしていられません。

そして、4月~5月はお寺様の落慶法要のシーズンとなります。

来年は親鸞聖人750回御遠忌、法然上人800回遠忌とも重なり、
京都は賑やかな春を迎えそうです。

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.