FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201005
入学式!
本日は京都市立小学校が一斉に入学式でした。

うちの「ボク」もランドセルを背負う季節となりました。

nyugaku-shiki201004.jpg

今日は特別桜がキレイで、特別あたたかい一日でしたね。
やっぱりツイてます。

会話の中で、今の日本にいること、小学校に行って勉強できることが
いかに幸せかを話しました。


さて、本年から学習指導要領が変わるらしいですね。
公立高校も無償化となります。日本の教育はどうなっていくでしょうか。

今回は、教育基本法や学校教育法の改正などを踏まえ、
「生きる力」をはぐくむという学習指導要領の理念を実現するため、
その具体的な手立てを確立する観点から学習指導要領を改訂する。

という難しいことが文科省のサイトに書いてあります。

ここでいう「生きる力」とは、

・基礎・基本を確実に身に付け、自ら課題を見つけ、主体的に判断し、
行動し、よりよく問題を解決する資質や能力
・自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる心や
感動する心などの豊かな人間性
・たくましく生きるための健康や体力

う~ん… これをはぐくむということです。


その改訂ポイントの中で、
「確かな学力を確立するために必要な時間の確保」というものが挙げられています。
いわゆる「ゆとり教育」の反省ですね。

ゆとり教育の具体的反省として5つ、

・「生きる力」について文部科学省と学校関係者、保護者、社会の間に
十分な共通理解がなかった。
・子供の自主性を尊重するあまり、指導を躊躇する教師が増えた。
・総合学習は、各学校で十分理解されていなかった。
・必修教科の授業数が減少した。
・家庭や地域の教育力の低下への対応が十分でなかった。

なんか変じゃないですか? 今さらそんなこと言うのん?
公立の指導内容が揺らぐことが、私立の学校が引き立つ一因でもありますね。

いずれにしても、男の子は元気が一番!
この節目の年に入学した「ボク」の今後に注目したいと思います。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.