FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店、若林佛具製作所から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201106<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201108
松下幸之助さんの言葉 22
本日、京都PHPの勉強会に出席してきました。

毎月、形が決まっていない、内容の詰まった勉強会であり、
松下幸之助エキスを吸収できる有意義な機会であります。

毎回、最初の1時間は「近況報告タイム」。
出席者各自で順番に発表していくのですが、これがなかなか興味深い。
人前で話す勉強にもなります。

皆さん出席されている方それぞれ、人となりや仕事、考え方も違いますし、
発見や気づきが多いですね。

今回は意見交換として、滋賀県で学習塾を経営されているTさん夫婦の相談。

実際の新聞チラシをお持ちになって内容について意見をいただくというもの。
平素の中学~高校生大学受験に加えて、小学生の夏季講習の募集という内容でした。

学習塾の競争もかなり激しいと聞きます。
大手はかなり強烈なCMを打っています。

さて、チラシって内容はもちろん、構成、色づかいなど、
本当にチェック項目が多いものです。
セオリーがあったり、掲載禁止事項などもある場合もあります。

でも結局、何を伝えたいのか、伝えたい内容がわかりやすく記載されているか。
これが大事なような気がします。

Tさん、皆さんの意見が参考になったでしょうか?


さて、松下幸之助さんの言葉として、毎回「実践経営哲学」という本を
読み合わせし、最後に短い講演のDVDを観賞します。

昨日のDVDは幸之助さん86歳の時のお話でした。

このDVDの最後にあった言葉です。(著書「道をひらく」より)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

「縁あって」

おたがいに、縁あってこの世に生まれてきた。

縁あって― 
なんだか古めかしいことばのようだけれど、
そこにはまた一つの深い味わいがひそんでいるように思える。

人と人との繋がりというものは、とかく人間の個人的な意志で
できたと思いやすいもので、だからまたこのつながりは、
自分ひとりの考えで、いつでも断てるかのように無造作になりやすい。

だがほんとうはそうではない。
人と人とのつながりには、実は人間のいわゆる個人的な意志や希望を越えた、
一つの深い縁の力が働いているのである。男女の縁もまた同じ。

そうとすれば、おたがいにこの世における人と人とのつながりを、
もうすこし大事にしてみたい。もうすこしありがたく考えたい。

不平や不満で心を暗くする前に、縁のあったことを謙虚に喜びあい、
その喜びの心で、誠意と熱意をもって、おたがいのつながりを
さらに強めてゆきたい。

そこから、暗黒をも光明に変えるくらいの、
力強い働きが生まれてくるであろう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

松下幸之助さんは西本願寺さんのご門徒でした。
気のせいか、親鸞聖人の考え方につながる内容も多いと感じます。

今後もますます考え方の勉強をさせていただくことになりそうです。


↓若林のホームページはコチラ↓
wakabayashi-banner-small.jpg

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.