FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店、若林佛具製作所から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201106<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201108
鉾建て始まる!
いやあ~ 京都は恐ろしく暑いです。


昨日より、四条烏丸界隈で鉾建て(鉾立)が始まりました。
17日が山鉾巡行ですので、1週間前となります。

山鉾巡行の持つ本来の意味は、平安時代前期に京で疫病が流行した際に
神泉苑(中京区)に、当時の国の数にちなんで66本の鉾を立て、
祇園の神(スサノオノミコトら)を迎えて災厄が取り除かれるよう祈ったのが
始まりとされます。

巡行後、山鉾が鉾町へ帰るとすぐに解体されてしまいますが、
これは山鉾に集めた厄神を焼き捨て、再び出てこないようにする意味だったとか。


また疫神を鎮めるものとして鉦・笛・太鼓(お囃子)で囃しました。

7月に入ると、夕刻よりお囃子(こんちきちん♪)の練習が四条通りに響き、
なんとも言えない京都らしい雰囲気を醸し出します。


鉾建て、まずは四条通りの長刀鉾、月鉾、函谷(かんこ)鉾などから。

横に寝かせて組み立て、あとから真っ直ぐ立てるのです。


こちらは月鉾と函谷鉾です。
hokotate2011-2.jpg

hokotate2011.jpg


大工方や手伝い方と呼ばれる専門の職人が集まり、
「縄がらみ」という伝統技法によって、くぎを使わずに縄で部材を固定します。

12日と13日の午後には、組み終わった山鉾の曳初め(ひきぞめ)があり、
14日までに32基すべてが揃うことになります。


京都新聞「祇園祭」特集のホームページ
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/gion/


京都はいよいよ夏本番です!


↓若林のホームページはコチラ↓
wakabayashi-banner-small.jpg

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.