FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201208<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201210
京都一乗寺ラーメン!
たまにはこんな話題も。

京都市でラーメン店が多いところといえば、“一乗寺”が有名です。
その中でも、行列ができているお店を紹介します。

古株として、もともと屋台から出発された「天下一品」総本店。
ここは休みの日や夜は必ず行列ができていますし、駐車場に停めるのが大変。

近くに「来来亭」ができましたが、やはり「天一」でしょうか。

修学院近くに行くと「魁力屋」があります。
ここの社長F氏はよく勉強されていて、なかなかのいい男です!
イチオシです。


高野からのラーメン通り(東大路通り)にいきますと、
まずはやはり老舗の「天天有」。
そのとなりに初心者にはシステムのよくわからない「夢を語れ」

その並びに、あの蛸薬師新京極で創業した白味噌ラーメン「新進亭」
そして「ラーメン軍団」

少し離れて、これも行列店として定着した「高安」。

つけ麺の「一乗寺ブギー」は意見の分かれるところ。
「珍遊」や「横綱」も頑張っています。


先日、行ったのが、「麺屋 極鶏(GOKKEI)」

gokkei-1.jpg

gokkei-2.jpg
辛いのもそそられます。

gokkei-3.jpg
これは、たまごがけご飯セットです。


天一よりどろどろのスープが独特ですが、匂いがあまりありません。
厚めの豚肉、大きなメンマはかなりの旨さ。

ぜひとも一度お出かけください。

休前日の夜は若い人が多いです。
休日の遅めなら比較的すいているかもしれません。


↓若林のホームページはコチラ↓
wakabayashi-banner-small.jpg


需要開拓委員会
昨晩、仏具組合の「需要開拓委員会」がありました。

私も委員の一人として参加させていただきました。


何度も申し上げていますように、
京都府仏具協同組合には「商部」と「工部」があります。

「商部会」は販売側、すなわちお店の団体。
「工部会」は製作側、すなわち職人の団体。


商部は、現状のお客様動向から、やはり消費者のニーズに沿った
商品を販売していくという方針を持ちます。

これは個人向きのお仏壇では特に顕著に表れています。
ここ最近、普及品や家具調仏壇におされて、
高級品である京仏壇の価値を認めていただける方々が少ないのです。

仏壇だけでなく、着物も人形も「普及品」が当たり前の時代。

「伝統的工芸品」の「京仏壇」という“カタチ”にこだわるのではなく
その技術を使った新しい製品を考え続けることが大事ですし、
新しい規格、システムを作ることも大切なことです。

高級品に価値を持って目を向けていただける方々は必ず存在しますし、
決して裏切ってはならないと思います。


個人向き「京仏壇」と寺院向き「京仏具」の2つの事業がある
この組合ですが、特に今後「仏壇」については、
さらなる議論が必要と思います。


↓若林のホームページはコチラ↓
wakabayashi-banner-small.jpg


金本選手おつかれさまです!
本日、阪神甲子園球場へ行ってきました。
(弊社は阪神ファンと巨人ファンの両方がいますので悪しからず)

koshien201209.jpg

弊社は毎年、年間シートを予約していまして、
社内およびお客様にもご利用いただいているのですが、
たまたま空きがあるということでラッキーでした。


遅れた行ったのですが、たまたま
昨日は金本選手がスタメン。
koshien201209-3.jpg

koshien201209-4.jpg

だんだん引退の日が近づいてくるのが惜しいですね。

引退記者会見での金本選手の言葉は重かったと思います。
実際に努力してきた人の生の発言は心に響きます。

koshien201209-1.jpg

さて、
劣勢からスタートした試合も、中盤にホームランで同点。
その後も終盤にかけて点数が入り、結局理想的なゲームとなりました。

koshien201209-2.jpg

もう少し競っていたら藤川球児が
出てきたかもしれませんが、まあそこは仕方がありません。


でも「六甲おろし♪」を気持ちよく唄わせていただきまして
大変ありがたいことでした。


残り少ない消化試合ですが、ファンのために頑張ってほしいものです。


そして最後に
巨人ファンの皆様、おめでとうございます!


↓若林のホームページはコチラ↓
wakabayashi-banner-small.jpg


Facebook公開!
弊社のFacebookページを公開いたしました。

facebook201209.jpg

まずは「いいね!」をしていただければ幸いです。

今後さまざまな話題を投稿していきますので、
コメントもよろしくお願いいたします!


↓若林のホームページはコチラ↓
wakabayashi-banner-small.jpg


京都RAC 創立35周年記念式典
先日、京都南ローターアクトクラブの
「創立35周年記念式典」が開催されました。

盛り上がりましたね~
素晴らしい式典でした。よく頑張りました。
rac35-1.jpg

rac35-3.jpg

本年度7月に7名でスタートしたメンバーですが、現在は9名。
お世話役のロータリアン“魁力屋”藤田委員長のもと、
いいスタートが切れたようです。

本年度会長の野尻くんも成長しているようで素晴らしいことです。


昨年度ローターアクト委員長として1年間関わって参りましたが、
少人数のメンバーで各事業を開催するのは大変だと感じました。

特にお世話役は、どこまで口を出していいものやら、
どこまでお付き合いするものやら、どこまで援助するものやら悩みます。
でもこれがまた勉強なんです。


毎年提唱しているロータリークラブから数十万円という補助金が出ますが、
アクトの目的は何なのか、有効に使えているか、
もらうことが当たり前になっていないか、

今一度考えないとなりません。


少ないメンバーの中、モチベーションを保つのが大変ですが、
これからも頑張っていただきたいと思います。


締めのご挨拶!
rac35-4.jpg


で、本日司会のHIDETAKAくんでした。
rac35-2.jpg
スーパー銭湯!
久々にスーパー銭湯に行きました。


滋賀県の「あがりゃんせ」というところで、あの天下一品の系列。

7月に拡張オープンされました。


本日は休日ということもあって満員!

料金は休日大人1,850円(子ども1,200円)です。
(※次回のサービス券は発行されます)


これ、値決めって結構大事だと思います。

“値決めは経営”と言いますが、
もちろん自身の損益や資金返済の問題が一番ですが、
まわりの銭湯の値段や、お風呂の内容との兼ね合い、
立地や集客力、利用される年齢層や構成についても
綿密にマーケティングされているはずです。


あんまり安すぎても混雑しますし、高すぎると敬遠されます。
もちろん値段によって客層自体も変わってきます。

「ガラガラやん」と思われたら次回からやめとこかとなりますし、
適度に混んでると安心するという心理も働きます。
混みすぎていると次回から来られません。

とてもデリケートな問題なのではないかと感じました。


もちろん、接客サービスが悪いのは一番売り上げに響きます。
今回も前に並んでいたおじさんが、受付のお姉さんに
顔を覚えてもらってることを喜んでました。


私は、内容からすると少し高いかな?と感じましたが、
それでもこれだけ適度に繁盛しているというのは
バランスがいいのでしょうね。


皆様はどのようにお感じになりますか?

楽しい祝勝会!
昨晩は、平素ご一緒させていただいている
H野ゴルフ倶楽部のメンバーの祝勝会(懇親会)がありました。


今回の名目は、先月の月例会の優勝者Mさんと、
ホールインワン(それも2名)のお祝い!というものでした。


こうして誰かが優勝されたりすると、プチ祝勝会が開かれます。
幹事のH岡さんには、いつもお世話になっております。

この倶楽部、
ここ最近は特に強豪揃いで、競技になると私では全く歯が立ちません。


私も、すでに28年もゴルフに関わっておりますが、
その間、ほんとにたくさんの方々と出会うことができています。

変な気遣いもなく、同じ仲間と同じ話題でお話ができるのは最高です。


以前にゴルフをされるお寺様が多いとは申しましたが、
仕事を超えたお寺様とのつながりも素晴らしいものです。


今は業務優先でほとんど一般の試合には出ていませんが、
試合の緊張感は、何とも表現のしようがありません。


これからも、許される限り
関わっていきたい(もちろん仕事優先で)と考えています。


アンチゴルフ派には申し訳ありませんが、

ゴルフは最高!!(^^)/

築地本願寺さん界隈
築地本願寺さんにご縁をいただき、
このたびお仕事をさせていただいております。

もう25年以上もお店を出させていただいており、
そのうち約5年間ほど店長をさせていただきました。

さまざまな出来事がありましたが、
すべて良きこととして記憶に残っています。


いつ来ても、興味深い建物です。
tsukiji201209-1.jpg

tsukiji201209-2.jpg

tsukiji201209-3.jpg

晴海通りを隔てて向かい側の「圓正寺」様です。
tsukiji201209-9.jpg

圓正寺様より場外市場を望む
tsukiji201209-8.jpg

tsukiji201209-4.jpg

tsukiji201209-6.jpg

パイプオルガンは昭和45年、ドイツ製だそうです。
ステンドグラスと並ぶとキリスト教会のようですね。
上部の木組み(升組)とのコントラストがおもしろいです。
tsukiji201209-5.jpg

大きさがわかっていただけますでしょうか?
tsukiji201209-7.jpg


おまけ~ 築地のクロ様です!
tsukiji201209-10.jpg


東京店の皆さん、製作部の皆さん、ありがとうございます!
適正経営を行うこと。
昨日は京都PHPの勉強会でした。

幸之助さんの言葉です。


事業を行うには、一定の限度を考えつつ経営を行い、
発展させていくことが必要になってくる。

自分の力、さらには会社の力を超えた大きな仕事をしようとしても、
それは多くの場合失敗に終わってしまうだろう。

それでは企業本来の使命も果たせず、社会のマイナスになる。

自分の力の範囲で経営を行い、社会に貢献していくという
適正経営の考え方が大切である。


ということです。


先日「カンブリア宮殿」に出演された
伊那食品工業の塚越社長がいつもおっしゃっている言葉に
企業の急激な成長を望まないというものがあります。

一時期、かんてんブームがあって大変な売り上げがあったとき、
社長は一人悩まれていたそうです。

案の定、翌年は売り上げダウン。

少しずつゆっくりとした成長こそ、会社、従業員、仕入れ先にとって
大切なことであるということをおっしゃっています。


若林にとっての「適正経営」とは何でしょうか。
課題は多いです。
素晴らしき設え!
先日、京都・高尾の某保養所に行ってきました。

青年会議所でお世話になったM尾さんの会社の保養所です。

matsuo-takao1.jpg

matsuo-takao2.jpg

保養所というと何か鉄筋の建物のようなイメージもしますが、
全くそんなところではなく、田舎の京料理屋さんのような雰囲気。

エイト会という8名の集まりで、
ご本人の「お祝い」をしようということでしたが、
逆に接待をしていただくことになってしまいました。

matsuo-takao3.jpg

matsuo-takao4.jpg

しばらく、皆さんあっけにとられていました。

特に、お父様(会長)の焼いていただいた鮎は、
当日朝に採ってこられたもの。もちろん天然で絶品でした。


先日、20年以上つきあったカップルがご結婚されました。
ついにというか、やっとというか。

「お祝い」というのは、このお二人のことなのです。

これがまた最高!!の披露宴でした。


さんざん、周りから言われ続けてきたご主人のM尾さんの
ここへきて決断された理由は何なのでしょう?

結婚を一番喜んでいらっしゃるお父様ともお話ししてみたかったです。

お二人の末永いお幸せを念じます。


そして、やっぱり京都は奥が深いです。
仏具組合の理事
若林卯兵衛 前理事長(うちの会長)の退任に伴い、
名義変更、いきなり仏具組合の「理事」に就任いたしました。

「理事」職って、別にえらくも何にもないんですが。

全く否定はしないのですが、「商部(販売側)」と「工部(職人側)」という
異なる2つが存在する組合は京都の仏具業界くらいだと思います。

昔はほとんどの商部のお店が京都の工部職人へ発注し(というか京都しかなかった)、
その発注、受注関係で成り立っていた組織ですが、
そうではないお店も出てきています。

入っている意味がないから、必要なくなったからと
組合をやめて独自路線を歩む組合員もいらっしゃいます。
もちろん、いたし方ない場合もあるでしょう。

商部にしろ、工部にしろ、もちろん自分たちの言い分はありますが、
お互いに前向きに考えられなくなった時点で議論はかみ合いません。


すべてはまずお客様の方を向いてニーズを探らなければならないと思います。
お客様がいらっしゃるからこそ商売ができるのです。
原点を忘れてはなりません。


受注があるから発注がある、発注があるから後継者も育てられる。
すべてはお客様からの受注が始まりなのです。

京仏壇・京仏具はもともと特別品でも美術品でもありません、通常販売品です。
一部の方々のみを販売対象にするようなことができるものでしょうか。


この議論は、ことあるごとにしていくことが必要です。
ぜひ、前向きにいい組織になっていっていくよう望みます。

数字は鏡
日常、営業には申し上げるのですが、
結局、何が数字を作ってるかというと、行動によってのみです。

理屈や机上の計算では数字は出てきません。

自分自身に置き換えてみると、
外回りの営業はサボろうと思えばいくらでもサボれる。

しかし、月末には必ず答えが用意されています。



以下、沖縄教育出版の川畑社長がアップされていた言葉です。
現場の方の言葉は心に響きます。


「あなたのお得意様が、あなたの数字が、あなたの仕事の鏡なのです」

あなたは継続してお付き合いいただいているお得意様を、
毎年増やしていますか減らしていますか。

お得意様は正直です。

売り上げという数字の成果が、
あなたのお得意様からのあなたへの通知表なのです。

売り上げ数字は、お得意様の最も厳しい正しい評価なのです。

会社は組織なので、私一人ぐらいは数字が悪くても
何とかなるだろうという気持ちになりがちです。

また何とかなっている様に見えます。

会社という組織は一人ひとりの職員の集合体です。

堤防にモグラの穴が空いているだけで、
大水のときには立派に見えた堤防が決壊します。

私一人ぐらいは、一ヶ月くらいは、
一日くらいは結果が悪くても何とかなるだろうと、
人は何かと言い訳を探し自分に甘くなりがちです。

人間は習慣の動物なので、
言い訳を探すより達成グセといういい習慣を身につけることです。

あなたは自分の仕事が上手くいかないとき、
常に言い訳をする人生を送りたいですか。

あなたが言い訳からサヨナラし自分に厳しく向き合うようになったとき、
あなたの仕事は上手くいくようになりますし、
あなたの明るい人生の運も未来も開けてきます。


皆様はいかがでしょうか。

私は自分に問いかけております。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.