FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201212<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201302
まもなく仏具組合展示会!
毎年2月に開催されています、
我々が加盟する「京都府仏具協同組合」の展示会が、間もなく開催となります。

「第48回 京仏壇・京仏具展」
本年は2月10日(日)~11日(月・祝)、会場は岡崎の「みやこめっせ」。

butsudan-poster2013.jpg

組合ホームページはこちらです↓
http://www.kyobutsugu.com/event.html

なぜか私が展示会委員長をつとめております。


本年度の開催目的は
(1)伝統的工芸品京仏壇・京仏具の価値を啓蒙し、需要拡大を図る
(2)現代のニーズを考慮した作品により、新規顧客の創造を図る
(3)伝統工芸の技術を新規分野に生かし、今後の新しい可能性を模索する


今年は特に(3)の目的から「企画展示」として
仏壇・仏具職人が作るおもちゃ(TOY)展を会場内で開催。

最初は「おもちゃってなに?」「どんなものを作ったらいいの?」など
疑問だらけだったのですが、最終的に110点を超える“おもちゃ”が
集まり、面白い展示場になりそうです。


メインの京仏壇の展示は、従来の伝統的仏壇から、京都の技術で提案する
シンプルな小型仏壇まで、幅広い作品が展示されます。
また、(2)の目的から新たなカタチも模索しています。

実演・体験コーナーでは、実際に伝統工芸士をはじめとする
8種類の職種の職人さんが、毎日自分の技術を目の前で見せてくれます。

そして、その技術を体験できるコーナーをそれぞれ設けております。
これは(1)の目的の一部です。


ぜひとも多くの方々に足を運んでいただきたいと思いますので、
よろしくお願い申し上げます。

大谷派保信会
先日、真宗大谷派(東本願寺)出入り業者の会(保信会)の
本年度総会がありました。

本年から、弊社の社長がこの会の会長になりました。

残念ながら、今回は私が代理出席ということになりまして、
総長、参務がいらっしゃるメインテーブルに座らせていただきました。

お偉い方々ばかりいらっしゃるテーブルでしたが、
ある意味ありがたいことだと感謝しております。


保信会は、多方面の業種が集まられた歴史のある会です。
うちの場合も先代より受け継がれたありがたい歴史を感じながら
ご本山との関係を持たせていただいているわけです。

その会長ということは、それだけご本山からもまわりからも
認められているということで、本当にありがたい話です。


ということで、今回のアトラクションは
創業200年の和ろうそく店「わた悟」さんのハーモニカ演奏でした。

実はこの社長、ご兄弟でハーモニカのプロなのです。
特に次男のお兄様は海外でも演奏会などされています。

hoshinkai-soukai2013.jpg

「上を向いて歩こう」

素晴らしい演奏をありがとうございました。


さあ、これよりご本山のお仕事が待っています!
全力で取り組んで行きます!!


京都府仏具協同組合 新年会
先日、「京都府仏具協同組合」の役員会・新年会がありました。

私が昨年、名義変更して卯兵衛会長に代わって組合の会員となり
初めて出席する会なので、気持ちとしては新鮮ではあります。

butsugu-kumiai201301-1.jpg

今回は85名ほどのご出席。

商売(お店)側の商部メンバー、製作(職人)側の工部メンバーが
同じ場所で顔を付き合わせて懇親を深めるというのは、
年間を通してもあまり機会がなく、大切な時間です。

弊社のお付き合いのある職人さん、そうではない職人さん、
職種も十種以上、さまざまな工程の方々がいらっしゃって、
しかも、大半が伝統工芸士さんではないかと思っております。

京都はおそろしいところですね~。


私は組合の役員(理事)として関わらせていただいており、
かつ、来月2月の展示会の委員長を仰せつかっております。
(第48回 京仏壇・京仏具展 @みやこめっせ)

いよいよ準備も佳境に入ってきましたが、
今年は素晴らしい委員さんがたくさんいらっしゃって、
素敵な催事になるのではと期待しております。


これは、中小企業団体中央会 会長で
京都商工会議所 副会頭の渡辺(わたぶん)さんから当日お借りした
帯地で作った綴れの「日章旗」だそうです。

butsugu-kumiai201301-2.jpg

時価数十万円?百万円?貴重なものらしいですが、
帯地ですから厚みがあり、おそらく風にはなびかないものと思われます(笑)

今後とも、まずは組合員さん個人個人がしっかりと仕事をして、
仲良くまとまり、社会のために発展いくことを念じております。


京都・高雄でぼたん鍋
昨晩、「エイト会」がありました。
文字通り、8名の会で京都でご活躍の方々ばかりです。
(私がなぜいるのでしょう?)

場所は青年会議所でも大変お世話になったM尾さんの会社の別荘。
京都の北部、高雄の梅ヶ畑というところにあります。

takao201301.jpg

もともと、そこにあった民家を買い取られたらしく、
そこを改装して、素敵な家屋となっています。

素敵な囲炉裏は、8名がちょうど囲める広さです。

takao201301-2.jpg

ぼたん鍋は近所の美味しいお店からデリバリーされていました。
山椒がよくきいた“秘伝”のスープ。
お肉も新鮮なもので臭みが全くありませんでした。

takao201301-3.jpg

私にとっては、毎回勉強になるお話と楽しいお酒で
ありがたいひとときです。

「エイト会」は、年2回ほど遠征で、企業見学ができるのも魅力的。
皆さん、様々な事を本当によく知っておられます。

遠征では”名門”ゴルフ場でラウンドしよう!というのも魅力的です。
こういう雰囲気なので、長く続くのでしょう。


M尾さんのお母様と新婚の奥様には本当にお世話になり、
ありがとうございました。

次回は春、岐阜へ遠征の予定です。

KBSラジオの収録!
先日、ひさびさのラジオ収録に行って参りました。


私は今年、仏具組合の展示会委員長を仰せつかっておりますが、
これが結構大変なんです。(もちろん勉強として前向きに捉えております)

昨年までうちの卯兵衛会長が理事長を務めてきた
「京都府仏具協同組合」を私に名義変更して即、理事となり、
これまたいきなり「展示会委員長」をつとめることとなりました。

わからないことだらけの中、方針も内容も全て好きにやってくれたらいいと
言われたのはいいのですが、全くの知識不足。予算不足。

ちなみに展示会「第48回 京仏壇・京仏具展」は、
2月10日(日)~11日(月・祝)の「みやこめっせ」での開催です。

で、

先週の土曜日に、我々の会社がスポンサーの一部をつとめる
「本多隆朗の京のあったか円かじり」という番組の収録がありました。

kbs201301-2.jpg

kbs201301-1.jpg

本多隆朗(ほんだ たかお)先生は
浄土真宗本願寺派(西本願寺)の「宗会議員」(宗派の国会議員)で、
今年は「総務」(国の大臣のようなもの)という大きなお役目を務めて
いらっしゃいます。

お寺さんでありながら、
以前にMBS毎日放送のプロデューサーをされたご経験で、
放送に関してはまさしくプロなのです。


次の1月26日とその次の2月2日、両日に渡って、
朝の6時25分からの30分番組の中で、
1つのコーナーゲストとして登場します。

会社のこともたくさんしゃべっていますが、
一応、京都府仏具協同組合の展示会PRということで。

よかったらお聴きくださいませ。


松下幸之助さんの言葉25
好況のときと違って、不景気のときは経営にしろ、製品にしろ、
需要者、また社会から厳しく吟味される。
ほんとうにいいものだけが買われるというようになる。
だから、それにふさわしい立派な経営をやっている企業にとっては、
不景気はむしろ発展のチャンスだともいえる。
“好景気よし、不景気さらによし”である。
(実践経営哲学より)


これは結構有名なお話で、
さまざまな方が言い方を変えて伝えられていますね。

不景気といわれて、かなりの時間が経っています。

政権が変わってから(戻ってから)しばらく経ちましたが、
為替の円は80円から90円に急降下。株も今は歓迎ムードです。
相変わらず金相場は高騰を続けています。

もちろん、今の日本はアメリカ、イギリスや世界各国の思惑もあって
動いていると思いますが、
そんな日本の中でもやっぱり関係なく好業績の会社はあるものです。

今の時代にどうやったらお客様に受け入れられて商売となるかは
考え続けなければなりません。

そして、一体何のために商売をしているのか、
自分たちは何を売っているのか、
我々の目指すべき道はどこなのか、を考え、共有し、
この時期に修正しないといい時期は迎えられません。

いいものだけが買われるというのは、
自分の立場に置き換えてもそのように感じます。


自分に起こるさまざまな出来事を通して今後も勉強していきます。


ものごとの流れ
最近、朝ジョギングしていると、一日がスッキリ始まります。
走っている間は一瞬“無”になるタイミングが何回かあります。

夜はもっと早く寝ればいいのですが、
もったいない気がして、どうしても眠れません。
(リビングで寝てるから一緒かな  笑)


昨年から、体操トレーニングを始めたり、啓発研修に行ったり、
お香の会を始めたり、さまざまな出来事がやってきます。

やってきますというのは、
すべてがどなたかによって紹介されたり、奨められたものです。

ありがたいことです。

でも、それを受け取るか、受け取らないかは自分次第。

お香の会などは、高校の同級生の紹介から師匠と出会い、
Facebookという新たなツールでいただいたご縁です。


ものごとの流れ。


なぜ、こうなってるのだろう?
なぜ、このような状況に置かれるのだろう?

と、今までは流してきたようなことも、
不思議に思うことが多くなってきました。

私は、すべての自分に起こる出来事は必然であり、
自分で決めて、自分で引き寄せていると思っています。
それを決めているのは、普段の言動や行動。

ここに人生の成功の秘密が隠されていると思っています。

考え方によってものごとの流れは確実に変わります。


皆さんも、向こうからやってきたことをまずは受け取って、
笑顔で行動していきましょう!


「谷口 徹選手 プロゴルフ二十年の健闘を讃える会」
昨日、プロゴルファー 谷口 徹選手のプロ20年のお祝い会がありました。

場所はリッツカールトンホテル大阪。
ここの宴会は初めてなので、そういう意味でも期待を持って行きました。


賞金王の藤田寛之選手はじめ、藤本麻子さんや、
男子プロゴルファーのシード選手が15名ほど来ていて華やかな雰囲気でした。
20130112-4.jpg

20130112-5.jpg

同志社大学ゴルフ部に在籍していた彼は、我々の学年の一つ下になり、
現役の時は、部のナンバー2として活躍していました。

そう、ナンバーワンがいたのです。
T貝くんという、全日本タイトルもとった谷口の同級生です。
谷口とは性格も全く違いましたが。

PL学園高校の時から、そこそこはいくものの
ず~っとタイトルに恵まれず、いつも悔しい思いをしてきたようです。


単純かつ天然キャラですから、
初めての方々には、かなりの確率で誤解もされやすいようですね。(笑)

プロになるまでも大変、なってからも、勝てるようになるまでは
結構反発を買っていたようです。

でもおそらく本人は、全く何とも思ってなかったでしょう。

これが”プロ向き”と言われる理由です。


まあ、彼の話はさておき、
私も今回、多くの同級生に久々に会うことができ、ありがたかったです。

20130112-2.jpg

そういう場を作ってくれたOB会の皆様方、K村くんはじめ後輩の皆様、
そして何より谷口君に感謝申しあげます。

奥さんキレイ!子どもさんカワイイ!
20130112-6.jpg

難波別院さん新春互例会
昨日、大阪・難波の真宗大谷派「難波別院」さんにおいて
新春互礼会がありました。


いつもはホテルで懇親会をされるのですが、今回は別院さんの
地下ホールでの懇親会でした。(広いのでビックリしました)
nanba-goreikai2013-2.jpg

昨年、750回御遠忌法要の記念として、
50年前に先代が納めたご本堂の大欄間と折障子を
修復させていただいたので、法要は感慨深いものがありました。
nanba-goreikai2013-1.jpg

大阪はお寺様の多い地域ですが、
私の前にお座りになっていた教区役員の坊守さん(住職の奥様)は
やっぱり大阪は坊守さんに気に入られんと~と笑っていらっしゃいました。

難波別院キャラクターの"ブットン"くん「パンナコッタ」です。
nanba-goreikai2013-3.jpg

帰りに御堂筋に出ると、ライトアップがされていて
クリスマスか?と思ってしまいました。
nanba-goreikai2013-4.jpg

これって結構長く点灯しているのですね。


これからも皆様とご縁が長く続くとありがたいです。


お香の会!
1月5日、6日と、天然のお香、香りに接する機会をいただきました。


1月5日(土)は恒例、「京仏具工芸協会」(若林職人さんの会)新年会でした。
「リーガロイヤルホテル京都」のリニューアルされた宴会場で行われ
50名を超える職人さんにお集まりいただきました。

kougeikyoukai201301-3.jpg

kougeikyoukai201301-2.jpg

kougeikyoukai201301-1.jpg

講師は東京の「香研究会IRI」代表 渡辺えり代さん。
http://www.arts-wellness.com/IRI.html

今回は聞香(お香、香り)の話として、
気合いの入った!パワーポイント(スクリーン)を使って、
1時間わかりやすく説明していただきました。

日本のお香は、歴史があって、意味があって、実はおもしろいのです。

質疑応答では、
うちの副社長からお茶に使うオリジナル練香の話が出てきましたし、
懇親会では、
仏像彫刻師の須藤氏がとにかく一所懸命、えり代さんに食いつかれてました。

そして翌日、1月6日(日)は
「聞香を楽しむ会」in京都を、弊社の会議室で開催させていただきました。
もちろん講師は、渡辺えり代さん。

okounokai20130106-2.jpg

okounokai20130106-1.jpg

Facebookでの呼びかけによって、20名ほどの友人、その他の繋がりで
総勢30名にお越しいただき、会議室は満杯でした。

場所がもっと雰囲気のあるところならよかったのですが…

内容は、スクリーンによるお香の説明があったあと、3種類のお香を焚いて
それぞれ香炉で回していただきました。
京都ではおそらく定番の「組香」というお香の当てっこゲームはやらず、
純粋にお香の香りを静かに聞くという機会はなかなかありません。

3つの中でも、やはり伽羅はちょっと違いましたね。
白檀が好きという方もいらっしゃいました。

前日に山田松香木店さんで、グラム39,000円!!の伽羅を
少し焚いていただきました。
値段にはビックリしたものの、その時はあまり有り難みはわからなかったのですが、
この日は、静かに身体の中に染みいるような感覚がありました。


さて、お香といっても我々はお寺の焼香や線香で知ってるくらいで、
「聞香」「香道」というとあまり知りません。

お茶(茶道)やお花(華道)は有名で、ピンとくるのですが、
お香は普段あまり馴染みのないものですし、接する機会が少ないですね。

天然のお香は、嗅覚を通して心を清らかにしてくれるのだと感じます。
香りを嗅ぐではなく、聞くというところに意味があるのでしょう。


日本では伽羅、沈香、白檀に代表される香木が有名ですが、
世界にも様々なお香が存在しています。

これからも興味を持って接して行きたいと考えていますし、
継続してお香のセミナーを、えり代師匠に開催していただきたいと思います。


ご縁を作ってくれた同級生の下山さんに感謝いたします。

そして渡辺えり代様、ありがとうございました。


うちの「電気香炉」です(松栄堂製)
モニターしてます(笑)
okounokai20130106-3.jpg

お正月休み!
若林の京都本店は年中無休。

これは、ず~っと続いている伝統?なんですが、正月だけは
1週間(8日間)お休みとなります。

このお休みにツイてることが2つ!

一つはゴルフができたこと。

hinogolf20130102.jpg

2日の早い時間は大変穏やかな天候でした。
ゴルフするには、この時期としては素晴らしいお天気、
3日はかなり寒く、4日は雪でクローズでした。

その後スキーへ。

これもしばらくコンディションが悪かったらしいのですが、
本日は昨晩の積雪でパウダースノー、天気も良く、
景色も素晴らしいという三拍子揃ったゲレンデでした。

skijam201301-1.jpg

skijam201301-2.jpg

skijam201301-3.jpg
前日の積雪でこんなになりました!!

ということで、明日5日より仕事開始です。
今年も頑張って参ります!

1年間、よろしくお願い申しあげます。


謹賀新年!
皆様、あけましておめでとうございます。

2013年(平成25年)の幕開けです。


旧年中は全国各地の御寺院様、在家の皆様より
多くのご下命を賜り、誠にありがとうございました。

おかげさまで、全て無事に納品させていただくことができ、
「若林佛具製作所」の新たな歴史を刻むことができました。

心より感謝申しあげます。

本年もご本山、各地ご寺院様のご期待に応えられるよう
全国の社員とともに前向きに取り組んで行きたいと思います。


また、あらたに全国の文化財や各地神社様のご事業についても
京都職人の匠の技を発揮する場面が随所に出てきております。

こちらは「若林工芸舎」のもと、積極的に活動して参ります。


本年も、関わる全ての人々の「幸せ」と「心のやすらぎ」を追求し、
豊かな社会の実現に貢献して参ります。
よろしくお願い申しあげます。

「朝に礼拝 夕に感謝!」

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.