FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201301<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201303
財部誠一さんの取材
財部誠一(たからべ せいいち)氏の取材を受けました。

takarabe-4.jpg

takarabe-3.jpg


財部氏は経済ジャーナリストで、先日「財部ビジネス研究所」という
BS日テレの番組に出させていただいたご縁なのですが、

今回はご自身の執筆のため、京都の取材ということでお越しになりました。

京都の奥深さは、数日の取材ではわからないところも多いと思います。

住んでいると右から左に受け流して♪しまうようなことでも、
行事や習慣の一つひとつに意味があって、なるほどね~
と、今になって感じることが多いです。

takarabe-1.jpg

takarabe-2.jpg

最後に卯兵衛会長が「京都はうわべだけではなかなかわかりまへん!」と。


時間をオーバーして、次の取材地へ向かわれました。
果たしてどんな内容に? 乞うご期待!

ご丁寧な取材に感謝申し上げます。


宝ヶ池ランニング!
現在、毎日宝ヶ池まで
ウォーキング&ランニングをしていることは以前にも申し上げました。

そこでの写真(画像)は、自分のfacebookにアップして
モチベーションに繋げています。

では、最近の「ギャラリー」としてご紹介します。

いずれもスマホのデジカメですが、
どこに焦点を合わせるかで、写真のイメージが変わってくるので面白いです。

13618226906340.jpg

13618227218780.jpg

13618227507590.jpg

13618227740360.jpg

13618227955260.jpg

13618228214571.jpg

しばらくは、季節が冬から早春へ変わっていく姿をしっかりと確認しながら
また走っていきたいと思います。


道頓堀ホテル
日創研さんの 京都経営研究会の2月例会に行って参りました。

本日のご講師は、
大阪のビジネスホテル?「道頓堀ホテル」専務の橋本明元さん。
北大阪の経営研究会のメンバーです。

nissouken201302.jpg

このホテル、築40年にもかかわらず、話題性満載!何とも面白いのです。

誰もやっていないお客様の「あったらいいな」を実現し続ける。

もともと何処にでもあるホテルだった。
もともと宿泊客の7割は日本人。
でも、この先価格競争に巻き込まれるのは目に見えている。

それを外国人に絞り込み、東アジアの個人客に絞り込み、
さらに20~40歳代の女性客に絞込み(今はさらに28才だそうです)、
餅つきなど、日本の文化を体験できるホテルへ。


レストランは中華に絞り込んで予約のコースのみ。
3時間!4000円飲み放題なんて、他にどこもやってない。
終了前に「ラストオーダーです!」と言うと、そのときに一気に頼まれて残ってしまう。
そこで、あえてラストを言わずに時間を3時間にすることで、
飲み物が余る"ロス"が減ったことに加えて、お客様に喜んでもらえる。


誰もやっていないお客様の「あったらいいな」サービス

全室Wi-Fi無料はもちろん、
パソコン無料貸し出し。
国際電話無料。
自転車無料貸し出し。
ロビーをフリースペースとして解放、ソフトドリンク無料、飲食OK。
30カ国以上の外貨を24時間、銀行と同レートで交換受付。

スーツケースの重量計サービス、子ども、レディース備品の充実。

さらにはイスラム教信者さんに絨毯と方位磁石の貸し出しなど、
きりがありません。

結果、外国人の宿泊客が7割で、稼働率90%以上のホテルになった。
価格重視のJTBとの契約も打ち切った。

もはや「ビジネスホテル」ではないのです。

入り口の大きな4つの「顔」は創業当時から。
各国の人々の顔を表しものらしく、特徴的でかなりインパクトがあります。

「あったらいいな」考えて実践していく橋本さんの行動力は
素晴らしいものがありますし、大変心を動かされました。

「道頓堀ホテル」ホームページhttp://www.dotonbori-h.co.jp/

なんば道頓堀ホテルの画像 - ホテルの写真
なんば道頓堀ホテル (トリップアドバイザー提供)
四天王寺さんへ!
先日、大阪へ行った折りに、四天王寺さんへ訪問してきました。

shitennouji.jpg

四天王寺は、今から1400年以上前、593年に建立されました。

『日本書紀』によると、物部氏と蘇我氏の合戦の折り、
蘇我氏についた聖徳太子が形勢の不利を打開するために自ら四天王像を彫り
「この戦いに勝つことができたら、四天王を安置する寺院を建立します」
と誓願され、勝利し、その誓いを果すために建立されました。

「室戸台風」や「大空襲」の被害に合いながらも再建され、現在に至っています。

巨大な“丈六”の阿弥陀如来や四天王の仏像は、
京都の大仏師、松久朋林・宗林氏によるもので、
同氏(現、同仏所)の代表的な作品となっています。

後ろに見えているのは新しくできる高層ビル、

「あべのハルカス」

近鉄百貨店阿倍野店の西側部分を建て替えて
高さ日本一!300mにもなるタワーが現在建設中なのです。

大阪の新しいランドマークとして、日本一の営業面積の百貨店、
最先端オフィス、「大阪マリオット都ホテル」、美術館や展望台があり、
平成26年(2014年)春に完成予定だそうです。

かたや1400年前の五重の塔。

当時と塔の建て替えはあれども、昔と現在の高層建築とは
あまりにもちがいがありますね。たった1400年の間の進歩で。


これからも人間社会はどんどん進化を遂げていくことでしょう。

我々人間の「魂」は、この先どのように成長していくのでしょうね??


ランニングシューズ!
買ってしまいました、ランニングシューズ。
アシックスの“GT2000”というやつです。

13612024661640.jpg

本当はもっと簡単なシューズにしようと思ったのです。

でも、店員さんがシューズに対して素晴らしく知識のある人で、
実際にそんなに値段も違わなかったので、
本格的なものにしたということです。

私は現在、できるだけ毎朝「散歩&ランニング」をしていますが、

来月に「大阪城リレーマラソン」に出場する予定です。

42.195㎞を5~6人くらいで走るらしいのですが、
それに向けてあんまり格好悪いこともできないので、
ちょっと頑張ろうと思う今日この頃です。


JALの企業理念
ちょっと面白いなと思ったので。
JALさんの新旧の「企業理念」を比較してみました。


【JALの新しい企業理念】
JALグループは全社員の物心両面の幸福を追求し、
一、お客さまに、最高のサービスを提供します。
一、企業価値を高め、社会の進歩発展に貢献します。


【JALの古い企業理念】
(1) 安全・品質を徹底して追求します。
(2) お客さまの視点から発想し、行動します。
(3) 企業価値の最大化を図ります。
(4) 企業市民の責務を果たします。
(5) 努力と挑戦を大切にします。


稲盛和夫氏の社長就任により、JALは大きく変わりました。

御巣鷹山の事故はおそらく時代を超えて語られていくことだと思いますが、
やっぱり企業経営に"八百屋もできない"根本的な問題があったことは想像できます。

理念で大きなことは、やっぱり「京セラフィロソフィー」が入ったこと。
文章も京セラの理念と同じです。

我々の仲間である従業員さんのことを第一に考えるということが
一番大切なのだということを最近特に感じます。

事業、商売を行っている以上、お客様のことを第一に考えるのは当然のこと。
そこはあえてうたわず、基本は従業員さんであるというところに
この理念の素晴らしいところがあります。


稲盛さんのことを頭から批判される方もいらっしゃいます。
私は盛和塾生でも何でもありませんが、じゃあ同じことできますか?と。

ANAのトップが、再生支援をされた企業と
単純に業績を比較するのはおかしいとおっしゃるのは
よくわかりますが、それは言わない方が… というのが感想です。

ANAさんは素晴らしい企業です。
私はANA派なので、787不良問題にめげないでがんばってほしいです。

ちなみに…

【ANAの基本理念 ―私たちのコミットメント―】
ANAグループは「安心」と「信頼」を基礎に
・価値ある時間と空間を創造します。
・いつも身近な存在であり続けます。
・世界の人々に「夢」と「感動」を届けます。


皆さんはどう思われますか?
第48回「京仏壇・京仏具展」(その2)
第48回「京仏壇・京仏具展」が無事に終了いたしました。

職人さんのスナップ写真です。
それぞれ、実演コーナーでがんばっていただきました。

P1090024.jpg
蒔絵職人さんです。漆をつけて筆で描いていきます。

13606516538230.jpg
表具職人さん、掛軸を仕立てています。

13606517030750.jpg
金箔押し職人さん、位牌の金箔を押されています。

13606517188710.jpg
かざり金具職人さん、彫金中です。

13606517542000.jpg
仏像彫刻職人さん、仏像の台座と小さな観音様です。

13606517764330.jpg
漆塗職人さん、仏様の漆塗下地中です。

13606515966440.jpg
仏壇組み立て、解体実演です。
組み立てにも熟練の技が必要です。


まだまだ、職種はありますが
京都の職人さんは奥が深くて面白いです!


第48回「京仏壇・京仏具展」
2月10日(日)と11日(月・祝)の両日、
京都の「みやこメッセ」にて、「京仏壇・京仏具展」が開催されています。

P1090009.jpg

P1090020.jpg

P1090024.jpg

伝統的工芸品の「京仏壇」「京仏具」展示はもちろん、

今回は企画展として「職人さんがつくるおもちゃ(TOY)展(即売)」、
職人さんの「実演コーナー・体験コーナー(無料)」
仏壇・仏具のリフォームコーナー

などなど、さまざまな企画が満載です。

P1090015.jpg

P1090016.jpg

P1090010.jpg

展示場も昨年とは変えて、ちょっと暗めの、ダーク系で設えています。
“賛否両論”!!ですね~^^;

では、お近くの方はぜひご来場ください!


阪神タイガース部屋!
本日、知人のK藤さん宅へおじゃましました。
ここのお宅の一部屋がスゴイ!と評判だったので、いつか行きたいと
思っておりました。


お店とご自宅が一緒になった大きなお宅の一室に「トラ吉部屋」があります。

13602681253210.jpg

13602681012880.jpg

13602681454310.jpg

約8年前より収集し始められたとのことですが、
お知り合いが、K藤さんのところへ預かって欲しいと、
タイガースコレクションを持ってこられることもあるそうです。

奥様には、「俺が死んで、生活に困ったら少しずつ売れ!」と言ってると。

私は「割れたメガホン」が山盛り掛かっていたのが印象的でした。
一緒に行った人に聞いたら「ほんま、恥ずかしいですよ…」
どれだけ叩いておられるのか…

笑ってしまいました。


実はこのK藤さん、うちの仕入れ先の社長さんです。

本業についてのレポートは次回、報告いたします。


第2回 お香を楽しむ会
本日、「第2回 お香を楽しむ会」を本店にて開催させていただきました。

東京より、「香研究会IRI」代表の渡辺えり代さんにお越しいただき、
「練香」づくりを行いました。

20130203.jpg

P1080989.jpg

20130203-1.jpg

練香(ねりこう)は、様々な材料を乳鉢の中に入れて
乳棒で混ぜ合わせるのですが、”つなぎ”にはなんとハチミツを使います。

今回は、和の香りとエキゾチックな香りのグループとにわかれて、
それぞれの材料を少しずつスプーンで計量し入れていきました。

ハチミツ、梅酢、梅酒を投入し、しっとりとよく混ぜ合わせたところで、
少し手にとって丸めていきます。
直径1㎝くらいに丸くしたら、それを陶器の熟成容器に入れます。

これを約2週間熟成させると完成!いうわけです。

焚くのはもちろん香炉ですが、
焼香ではなく、炭から少し離して焚きます。


奈良時代に鑑真和上によって大陸から伝えられ、
平安貴族が愛したといわれるこの「練香」は、
その香りはもちろん、こうやって自分自身で作ることで、
香りに対する興味が倍増するのだろうと感じました。


今回もfacebookにて呼びかけた友人を中心として、20名を超える
多くの皆様にお越しいただき、本当にありがとうございました。

そして東京より、渡辺えり代先生、下山さん、ありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

次回は3月10日(日)匂い袋づくりです。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.