FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201301<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201303
道頓堀ホテル
日創研さんの 京都経営研究会の2月例会に行って参りました。

本日のご講師は、
大阪のビジネスホテル?「道頓堀ホテル」専務の橋本明元さん。
北大阪の経営研究会のメンバーです。

nissouken201302.jpg

このホテル、築40年にもかかわらず、話題性満載!何とも面白いのです。

誰もやっていないお客様の「あったらいいな」を実現し続ける。

もともと何処にでもあるホテルだった。
もともと宿泊客の7割は日本人。
でも、この先価格競争に巻き込まれるのは目に見えている。

それを外国人に絞り込み、東アジアの個人客に絞り込み、
さらに20~40歳代の女性客に絞込み(今はさらに28才だそうです)、
餅つきなど、日本の文化を体験できるホテルへ。


レストランは中華に絞り込んで予約のコースのみ。
3時間!4000円飲み放題なんて、他にどこもやってない。
終了前に「ラストオーダーです!」と言うと、そのときに一気に頼まれて残ってしまう。
そこで、あえてラストを言わずに時間を3時間にすることで、
飲み物が余る"ロス"が減ったことに加えて、お客様に喜んでもらえる。


誰もやっていないお客様の「あったらいいな」サービス

全室Wi-Fi無料はもちろん、
パソコン無料貸し出し。
国際電話無料。
自転車無料貸し出し。
ロビーをフリースペースとして解放、ソフトドリンク無料、飲食OK。
30カ国以上の外貨を24時間、銀行と同レートで交換受付。

スーツケースの重量計サービス、子ども、レディース備品の充実。

さらにはイスラム教信者さんに絨毯と方位磁石の貸し出しなど、
きりがありません。

結果、外国人の宿泊客が7割で、稼働率90%以上のホテルになった。
価格重視のJTBとの契約も打ち切った。

もはや「ビジネスホテル」ではないのです。

入り口の大きな4つの「顔」は創業当時から。
各国の人々の顔を表しものらしく、特徴的でかなりインパクトがあります。

「あったらいいな」考えて実践していく橋本さんの行動力は
素晴らしいものがありますし、大変心を動かされました。

「道頓堀ホテル」ホームページhttp://www.dotonbori-h.co.jp/

なんば道頓堀ホテルの画像 - ホテルの写真
なんば道頓堀ホテル (トリップアドバイザー提供)
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.