FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201310<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201312
東京出張です!
土・日曜日、東京方面へ来ております。


御寺院様の納品なのですが、
造作工事からのご注文ということで、設計段階から提案させていただいた
オリジナル「新様式」のお内仏です。
長年積み重ねてきたデザインも、各担当者の思いが入って
今では"若林オリジナル"が定着した感があります。

ご住職にも「若林さんの得意とするところだね」と言っていただきました。

特に東京のI部長はじめ、関係の皆々様ありがとうございました。


素晴らしいお内仏の全貌はまた後日として、
トピックスの一つは「御台座・光背」でした。

13858832162531.jpg

これは京都・大谷本廟の御本尊様の
丸い御台座をアレンジさせていただいたものですが、
彫刻がとても細かくできていて、素晴らしい出来映えでした。

製作していただいた、弊社の仏像彫刻師(仏師)さんには感謝を申し上げます。

今回、あらためて若林の経験を表現できる場をいただき
ありがたいことだと思います。



東京へ向かう新幹線、絵に描いたような「世界遺産 富士山」でした。

13858831983010.jpg

私の隣が空いていたので、富士山が見えた瞬間、
同じ列の反対側に座っていた大阪のおばちゃん連中の
襲撃を受けてしまいました。

「ちょっと見せて~」
「写真とらせて~!」



これからも
若林の総合力を活かせるご提案を続けていかなければなりません。
どうぞご期待ください!

最近の政治の話題について
最近、国会や司法では
「特定秘密保護法案」「一票の格差」
などが議論されています。

「特定秘密保護法案」は、特にスパイ活動など
今まで日本が取り締まれなかった部分も取り締まるわけですから
うわべだけなら、それぞれ納得のいくごもっともなお話なのですが、
突き詰めていくといろいろこの場合は?とか、あの場合は?とか考えます。

福島原発の報道についても、今以上に規制がかかる可能性は大きいですね。
これは大変大きな問題となります。

「◯◯の裏を暴く!」なんていつもやっている関係者は
死活問題なのでしょうか。

日本は戦後、アメリカに守られて来た(言い方は人それぞれですが)
わけですから、こういった法案も必ずそれが絡んでいます。

動機“善”であればいいのですが。

「一票の格差」はうわべだけでは、何が問題なの?となりますが
同じ当選した議員の票は1票ですから、
人口集中地域では、過疎地域より反対意見が多人数であっても
それが反映されないということでは、問題だと思います。

逆に是正されれば、地方の意見が反映されないということも出てきます。

それぞれ、核心(真の意味)は誰にもわからないとしても
新聞やニュースなど、マスコミ報道だけですべてを判断するのは
やはりこわいことだと思うのです。


何が言いたいかというと、
やはりいろいろな人の話を聞いたり、本を読んだりして
少しでも勉強する必要が常にあると思います。


東本願寺さんの報恩講
11月21日より、
東本願寺(真宗本廟)さんで「報恩講」が厳修されています。

13854292856840.jpg

13854292718170.jpg

ご本山の説明には、
「報恩講」とは、宗祖親鸞聖人の御命日を縁として
聖人があきらかにされた真実の教えを聞き、
共に念仏申す身となっていくことを願う御仏事です。
とあります。

連日、日本各地からお参りに来られます。

特に今回は「語りべ小屋」というテントが開設されており、
東日本大震災における被災地の現状を映像と言葉で伝えられています。
ここでは、
ご本山でお世話になったO本先生が頑張っていらっしゃいます。


東本願寺さんのお経は、とてもキーが高く、
そして大きく発声されますので、迫力があります。

弊社は出入り業者として、毎日「お斎(おとき)」とよばれる法要後の
食事の配膳手伝いに行っています。

私は、食べる方で行かせていただきました。

御影堂の1時間の日中法要の後、白書院へ。
「お斎」の一汁三菜、とても美味しかったです!

13854293123740.jpg

13854292405340.jpg


一般の方も有料で食べられます。

「報恩講」は、28日まで行われていますので、
ぜひとも参拝にお出かけください。


京都は紅葉真っ盛り!
京都市内は、先日の土・日曜が最高の紅葉観光日でした。
当然ですが、観光客の方々は
嵐山、東山など観光地にて楽しまれたようです。

やっぱり京都は素晴らしいですね~


私は日曜日の午後に時間があったので近所の「蓮華寺」さんへ。

13854294003500.jpg

13854293765010.jpg

13854293546120.jpg

13854293380980.jpg

ここは京都市内北部、「上高野」というところにあり、
今、住んでいるところから自転車でも行けます。
叡山電車「三宅八幡」駅から徒歩でもスグです。


実はここ、昨年初夏のJR東海の「そうだ 京都、行こう。」キャンペーンで
ポスターにて紹介された、ある意味有名な場所なのです。

2012_early_summer.jpg

拝観料400円、こんなところまでスゴイ人でした。
現在は秋バージョンでどうぞ。

これから冬の京都もいいもんです。
「そうだ 京都、行こう。」


経営方針発表会(社員総会)
とっても長い、幸せな一日でした。

この度、社長を拝命したということで、
経営方針発表会(社員総会)というものを開催させていただきました。

soukai2013-2.jpg

soukai2013-3.jpg

soukai2013-4.jpg

全従業員さんが集まっていただいて会議ができるなんて
とっても幸せなことです。感謝の気持ちしかありません。

詳しいことは書けませんが、私がまず話をさせていただいて
その後、各部門長、店長さんに方針発表をしていただきました。

soukai2013-1.jpg

どの発表も素晴らしい内容でした。


社是
「朝に礼拝 夕に感謝 “合掌の心”」

経営理念
「私たちは企業活動を通じて
関わる全ての人々の「幸せ」と「心のやすらぎ」を追求し
豊かな社会の実現に貢献します。」

この2つを軸として、考え方、数字を発信いたしました。

そして、何より創業200年に向かって
全社で取り組んで行くことを確認いたしました。

soukai2013-6.jpg

soukai2013-5.jpg

うまく伝わったでしょうか?
おそらく一回では無理ですかね。


総会のあとは食事をしながらの懇親会。

そして会長設営のお楽しみ2次会まで、初プログラムは遅くまで続きました。
遅くまで引っ張って皆さんごめんなさい!

遠方から来ていただいた
札幌、仙台の従業員の皆さんには特に感謝を申し上げます。

soukai2013-7.jpg
(前社長への特別プレゼント!(笑))

ありがとうございました。
またやりましょう!


叙勲おめでとうございます!
我々の専属の職人さんで、
「木地師」である橋本利夫さんが叙勲を受章されました。

「瑞宝単光章」

zuiho-daijusho.jpg
(内閣府より)

「瑞宝章」とは、公務等に長年にわたり従事し、
成績を挙げた方に授けられるものだそうです。

あらためまして、心よりお祝い申し上げます。


昨年、弊社の卯兵衛氏が受章されたのは「旭日双光章」でした。

ひと口に叙勲といっても、長年にわたって自らの技を
磨いて来られた素晴らしい方々しか、この受章はありません。

推薦されるということは、周りから認められている証拠なのです。


先日、東京へ行ってこられましたが、
そのときのおみやげは菊の御紋入りでした。

13850222770690.jpg

ありがとうございました。

これからも益々、本物の良きものをお作りください。


中高同窓会2013
本年も私の卒業した中高同窓会の大イベントが開催されました。

13850222575360.jpg

毎年のことながら、老若男女、多くの卒業生が集まられて
賑やかな「大懇親会」が開催されています。
これを仕切るのが、ホスト学年といって
高校を卒業して25年目にあたる42歳の学年です。

4年前にうちの学年がホスト学年をさせていただいた時に
学年代表として理事長という大役を仰せつかりました。

中学・高校の時はクラブに明け暮れ、クラブやクラス以外の人とは
交流がなかった私にとっては、同級生でもホント知らない人だらけでした。

流れとはいえ、当時は何でオレなん?と何度も思っていましたが、
今は感謝の気持ちで、有り難いことであったと感じています。


一所懸命関わっている同級生を見ていると素晴らしいと敬服します。
もちろん無関心な人もたくさんいます。
それはそれで私もお役をしていなかったらそうだったかも知れません…
気が向いたら来ていただければいいと思いますね。

お役目が回ってくるのは、その人の足りない部分の勉強のため
といいますが、確かにすでにできる人にはあまり回ってきませんね。


まあそれもこれも自分で決めていることなのですが、
与えられたお役目を笑顔でやることが、人生の勉強だということで。

今年のホスト学年の皆様、おつかれさまでした。
本年も2次会含めて楽しかったです!

強く真剣に願うこと
引き寄せの法則というものについて、
以前にこのブログで「ザ・シークレット」という本を紹介しました。

以下のような内容でした。

(以下抜粋)
「人生であなたに起きていることは、全てあなたが引き寄せています。
あなたが思い、イメージすることがあなたに引き寄せられてくるのです。」

という、ごく単純な理論です。
では、なぜ欲しいものを手に入れられないのか。

これは欲しいものよりも、むしろ欲しくないものを考えている時間が
長いからだということです。

否定形でものごとを考えても、「引き寄せの法則」は
その否定形が判断できず、それを引き寄せてしまいます。


さて、引き寄せるには、やはり強くイメージすることが重要です。
思い返すと、まさしく“引き寄せた”と思うことがいくつかあります。
もちろん引き寄せられないこともたくさんありました。

「強く真剣に願う」という考え方は、松下幸之助さんも稲盛和夫さんも
そして斎藤一人さんもおっしゃることです。

一見「あたりまえやん」ということになりますが、
この真剣に思うということがとても大事なのです。

うちの新会長が「念ずれば花開く」とよく口にします。
これも念ずる強さで行動が変わり、実現に向かっていくということですね。

自分が達成したいことを強く強烈に願うこと。
これによって、必ず実現していく。

これが宇宙根本原理のような気がしてなりません。

皆様はどう思われますか?


10品でわかる日本料理
京料理「木乃婦(きのぶ)」の高橋拓児さんより本をいただきました。

「10品でわかる日本料理」

13843355395890.jpg

しかもサイン付です!(^^)

「木乃婦」さんは、京都市内新町通仏光寺にある料理屋さんで、
この拓児さんは3代目となられます。

おじいさまが仕出し屋さんとして創業されたこの「木乃婦」さん、
うちの奥さんの実家がすぐ近くで、時々頼んでいたそうです。


私より年は若いのですが、とてもしっかりした方で、
人当たりもとってもソフト。
最近ではNHKの「きょうの料理」で講師も務めているという
多忙な、そして京都の若手第一人者の料理人です。

東京の吉兆さんで修行され、創業者である湯木貞一氏の秘書もされていたそうです。
京都へ戻られてからは、さまざまな改革に着手、
洗練さを追求し、さらなる質の向上を目指していらっしゃいます。

ワインと京料理のコラボレーションも得意とされるところです。
今後ますますのご活躍は間違いないでしょう。

最近では「木乃婦」さんは、いつも予約でいっぱいだそうです。


ちょうど、和食が世界文化遺産に登録されたタイムリーな時期に
このような本をいただいいて感謝します!


拓児君に敬意を表して。


落慶法要に出席してきました。
土曜日に滋賀県の東近江市でご本堂の落慶法要がありました。

P1090452.jpg

P1090457.jpg

併せて「宗祖親鸞聖人750回御遠忌法要」「蓮如上人500回御遠忌法要」
を勤修されるということで、2日間にわたって盛大に執り行われました。

私は社長になって初めての法要でしたが、
そんなことは全く関係なく、
「つながり」をテーマとされた素晴らしいご法要でした。

この「教圓寺」様にお荘厳を納めさせていただいたのは
もう5年以上も前のことになります。

たくさんの業者さんの中から
若林を選択していただいて、本当にありがたいと感じました。
それだけに責任は重大です。

当時、営業担当のMさんと一緒に何度も足を運んだことを、
フラッシュバックのように思い出しました。

総代様より、当時のことを振り返って、身に余るお言葉をいただき、
大変感激いたしました。

感謝状の「親切」、「丁寧」とわざわざ書かれていたのがとても印象的で、
担当のMさんと製作部の皆さんには改めて感謝いたします。


同じ日に岐阜でも落慶法要があって、新専務とH君が出席してくれました。

ここでも担当のH君が大変評価され、
とても頼りにされていたことがうかがえるとのことでした。

今回はたまたまお2人の関わったお寺での評価でしたが、
いくら評価の高い良いものを提供しても、関わる人の評価が低いと
その品物の良さは半分またはそれ以下になります。

逆に関わる人の評価が高いと、倍どころかそのまた倍にもなっていきます。

我々は何を販売しているのか、
常に頭に入れて行動しなければなりません。

ありがとうござました。


企業理念(経営理念)とは?
経営者の勉強会へ行くと「企業理念」「経営理念」という言葉がよく言われます。
文字通り、企業を経営するときの根幹となる理念、考え方ですね。

昨今、
いろいろと食品の誤表示?偽装?が大はやりです。
少し前も、船場のK兆さんで使い回し問題があったときにもいくつか出てきましたね。
高級素材に対しての憧れ?があるのでしょうか。

産地の誤表示も時々報道されます。
特に口に入る食品ですから、誤表示、偽装が本当ならそれは深刻ですね。

さて、我々の業界はどうでしょう。
弊社の卯兵衛相談役は、いつも「うそをつかない」ことの大事さを申します。

その卯兵衛相談役と、もう一社京都、小堀の会長さんが経済産業省の
「仏壇の表示に関する公正競争規約」の作成に尽力されました。

やっとできた規約ですね。

ここには材質、産地、製法など細かく明記するようになっています。
今までいい加減な表示・販売をしていた問屋、小売業者など、
これに反発されるところも結構あったと聞きます。

しかしながら、
家庭用仏壇は規約ができましたが、寺院用仏具は未だ規約がありません。
当然、各企業、お店のモラルがさらに問われますし、
結局、どこを向いて仕事をしているのですか?ということになります。

「企業理念」とは姿勢を正す基礎となるものです。

「感謝の心」をもって仕事するというときに、
仕様の表記とちがう仕事内容では感謝の心はすでにそこにはないわけです。

カッコよく「幸せ」「心のやすらぎ」などと謳っても、
偽りの気持ちが存在するなら、そこに気持ちは入っていないわけです。

企業理念というのは、常に意識して、本来立ち返るべき姿を
教えてくれるものでなければなりませんね。

社是「朝に礼拝 夕に感謝 “合掌の心”」とともに
20日の「全社会議」の場で従業員の皆さんに
新しい「経営理念」を発表したいと思います。


定朝忌2013
仏師(仏像彫刻師)定朝(じょうちょう)の
956回忌法要がありました。

場所はいつもの千本北大路の真言宗「上品 蓮臺寺」様。

13836098299530.jpg

このブログでも何度か紹介していますが、
定朝という人は、平安時代に今の京仏具の基礎を作った人であり、
単なる仏像彫刻の祖という方ではありません。

定朝作で有名なのは宇治平等院、鳳凰堂の阿弥陀如来像です。
平安時代後期、天喜元年(1053)に造られたものです。

その構造技法は日本独自の寄木(よせぎ)造りの完成した技法を示します。
この寄木造りの技法は、現在の仏像彫刻に受け継がれています。


この定朝忌は「京都仏像彫刻家協会」の主催によるものですが、
仏具組合の商部のお店にも声がかかります。

今回は商部のメンバー4名という少ない参加でしたが、
定朝さんの功績を考えれば、
もっと多くのお声がけがあっていいものであると思いますが…



第65期スタート!
本日11月1日より、
株式会社 若林佛具製作所 代表取締役社長
を拝命いたしました。

若林の社是にもありますように、
「朝に礼拝 夕に感謝 “合掌の心”」
まわりに感謝の気持ちを持って行動すること。

お客様、職人さん、従業員さんはじめ
関わるすべての方々に
「幸せ」
を感じていただくことが大切であると考えます。

脈々と受け継がれてきた歴史・伝統に感謝し、
その重みをプラスに変えて
これからの若林がさらに素晴らしい会社になるよう
創業200周年に向けて
従業員の皆さんとともに歩んでいきたいと思います。

何卒よろしくお願い申しあげます。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.