FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201311<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201401
物を大切にするということ。
我々は「製作所」ですから、道具を大切にしなければならない会社です。
さまざまな場所で工具はじめ道具を使う場面があります。


あるN氏の話です。

工務店を営んでいるN氏は、自分が使う物や道具の手入れを欠かしません。
仕事前には故障がないか入念にチェックし、「今日一日お願いします」と
語りかけて仕事に取り掛かります。
仕事が終われば「今日一日ありがとうございました」と言いながら、
道具の手入れをし、元の位置に戻す等、後始末を徹底しています。

しかし、以前はN氏は「切断機の調子が悪い」とぼやいては粗末に扱い、
ノコギリやドライバーもメンテナンスをしないため、
すぐに錆びついてしまいます。

その結果、仕事が遅れがちになり、工期にも間に合わず、
この工務店の評判や業績は落ちていったのです。
仕事が減るにしたがって、イライラすることが増え、物に八つ当たり
するようになりました。切断された破片が飛んできて体に当たるなど、
怪我が頻発するようになりました。
その度に仕事を休むことになり、悪循環に陥ってしまったのです。

そのときに相談した人から、「あなたは物や道具を大切にしていませんね」
とズバリ指摘され、N氏はドキッとしました。

アドバイスは「物を大切に扱うこと「後始末の徹底」でした。

こんなことで評判や業績が回復するのかと半信半疑でしたが、
故障が減り、イライラやあせりがなくなり、納期内におさまり、
仕事も丁寧になって、業績も回復しました。

N氏は実践を通して、これまで物や道具に心通わせていなかったことに
反省し、人と同じように、いたわりを持って物を扱おうと決心しました。

「物にも心がある」ということ。



斎藤一人さんは、車に乗る時に、
「いつもありがとう。今日もよろしく頼むよ~」と声を掛けているそうです。
だから、自分の乗っているときには一度も故障したことがないと。

私も洗車はあいている日に自分自身で「手洗い」と決めているのですが、
しばらく掃除しないでサボりがちになると不安になります。

ゴルフクラブも、車に置かず、できる限り家に持ち帰り、
雨の日などは夜に壁に並べてきれい拭いて乾かします。

これも大事にすることの行動の一つだと思います。


物を大切にしていると、
いざというときに物が自分を助けてくれるかも知れませんね。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.