FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201311<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201401
アメリカと日本と中国と。
いきなりですが、ひとり言です。


防空識別圏の問題が取り上げられています。
でも、何かちょっと違和感がありますね。

某M氏がネットで書かれていたことは、
結構素直に受け取れたので、ちょっと抜粋させていただきます。


(要約抜粋)
アメリカが尖閣諸島問題から手を引けば、日本は東シナ海のより広い範囲の
防空体制が必要となり、早期警戒機を大幅に増強しなくてはならなくなる。
中国の軍事脅威に日米安保が不適用となれば「専守防衛」の自衛隊は
窮地に追い込まれ軍事力増強で対処するしかなくなる。
今後、中国は日本に対してより一層の軍事脅威を与え易くなり
日本はアメリカからより一層の兵器を購入することになる。
中国の軍事脅威のエスカレートでアメリカの国益がエスカレートする。

日本政府が航空会社に中国の防空識別圏を無視し飛行計画を中国に提出する
必要はないと発表するとまるで待っていたかの如くアメリカは飛行計画を
中国に提出することを決めた。
中国は防空識別圏を無視して侵入すれば軍事行動を執ると公表しているので
アメリカの航空会社の方が日本の航空会社より安全になりより有利になる。

アメリカは中国が防空識別圏を発表した直後、
B52爆撃機を中国の防空識別圏に飛ばし、中国の反応を見た。
中国空軍はスクランブルを行わず、中国政府もまた対米抗議をしなかった。
アメリカの軍用機の侵犯を容認することは、中国内で国辱的と言われかね
ないから中国のB52侵入に対する無反応行為は大変重い。

アメリカが尖閣諸島問題を専守防衛国日本と中国両国の責任にしたことは
中国により一層対日緊張を高めるよう希望しているに等しく、
米軍用機侵犯容認はアメリカの無言の要望を引き受ける中国の意思表示である。
(以上)


ということですが、もちろんこれが真実かどうかはわかりません。

日本は戦後アメリカによって守られてきたので、これには感謝しながら
報道の裏にあるさまざまな駆け引きもあるのだと
国民一人一人が勉強しながら過ごさねばなりまねんね。


ひとり言でした。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.