FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店、若林佛具製作所から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201312<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201402
万人幸福の栞(その2)
倫理研究会の核となる「万人幸福の栞」17ヵ条についての第2回目です・


以下、ちょっと抜粋します。


苦難は幸福の門(苦難福門)

人が恐れ嫌っているのは苦難である。
中でも病気、災難、貧苦…
世に少しの苦しみもないという家はまことに少ない。
必ず何か一つ、「これだけが片付いたら」と念じている「困ったこと」がある。
これが今までは「ただの困ったこと」であった。
昔の人達は苦難は悪魔の仕わざだと見て、忌みきらった。
ある人は罪のあらわれだ、業の報いだ、仕方がない、あきらめる外はないと考えた。

苦難は天の試練である、堪えしのんで努力すれば、
よい結果が来ると考えたからであろう。

しかし、今やさらに一歩進めて、



(ここが大事!)

苦難は、生活の不自然さ、心のゆがみの映った危険信号であり、
ここに幸福に入る門があることがわかってきた。



これがはっきりわかれば、もう苦難を恐れきらうことがなくなる。
いや、よろこんで苦難に立ち向かう。
にっこり笑ってこれに取り組む。

そして、苦難の原因になっている生活のあやまり、心意の不自然さを
取り去ると、かつ然として幸福の天地が開けて来る。

生命に生きぬくその門は、狭い、入りにくい、又苦しい、痛い、みにくい。
それがひどければひどいだけ、しっかりと足をふみしめて、
門のとびらを強くおし開こう。

にっこり笑って、エイと一声 かけ声勇ましく、かたい扉をおし開こう。
その奥には光明、歓喜の世界がまっている。

苦難は幸福に入る狭い門である。



斎藤一人さんによると
苦難、困難は、ある時間が来るとやってくるといいます。
それもこれも自分が決めてきたことだと。

それを笑顔で乗り越えることがその人に課せられた課題。

でも、絶対にその人が乗り越えられることしか起こらないということで。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.