FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201502<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201504
万人幸福の栞(その13)
本日は「万人幸福の栞」の13番目です。
皆さんは「一番肝心な大事なこと」を大切にしていらっしゃるでしょうか。


「本を忘れず、末を乱さず」(反始慎終)

枝葉のことには気をつけるが、何事につけても本を忘れがちである。
初めは注意深くしっかりするが、終りは、どうにでもなれ、やぶれかぶれだ。
これは世間にありがちのことである。スタートを切るそのとたんと、
ゴールに入る一しゅん、それで一切がきまる。ただそれだけではない。

世の中のことは、過ぎたらもうそれでよいというものではない。
苦しんで入学試験をうけて、登校が許された喜びの日を忘れ、
勉強しようとして学問に志したことを忘れるから、怠ける、あやまちがおこる。

開店の日のいきごみと、友人のよせられた厚意を忘れるから、少しの困難にも、
気をくじかせる。終始一貫ということは、成功に秘訣であるが、
これが出来ないのは、皆本を忘れるからである。

世に、「恩を忘るな」ということがやかましく言われるのは、
本を忘れるなという意味である。食物も、衣服も、一本のマッチも、
わが力でできたのではない。
大衆の重畳堆積幾百千乗の恩の中に生きているのが私である。
このことを思うと、世のために尽さずにはおられぬ、
人のために働かずにはおられない。

そうした中でも、最も大切な、わが命の根元は、両親である。
この事に思い至れば、親を尊敬し、大切にし、日夜孝養をつくすのは、
親がえらいからではない、強いからではない。
世の中にただ1人の私の親であるからである。私の命の根元であり、
むしろ私自身の命である親だからである。

ちちのみの父に似たりと人が言ひし我まゆの毛も白くなりにき。(僧 愚庵)

年をとると、年々父に似てくる、母に似てくる。
たべもの、飲もの、顔形、くせ、考え方まで。なつかしの父母よ。

親が病気するのは子が不幸だからである。現にこれに気がついて、
その子が行ないを改めたため、親の不治の病が直った体験は、
『新世』誌上に次々に発表せられる通りである。

ほんとうに、父を敬し、母を愛する、純情の子でなければ、
世に残るような大業をなし遂げる事はできない。
いや世の常のことでも、親を大切にせぬような子は、何一つ満足にはできない。

親をとおして己の生命の根元にさかのぼれば、そこに神仏にかえる。
尊神崇祖、即宗教に入ることが、真の人となるゆえんは、ここにある。

「立つ鳥は跡をにごさず」といわれる。あと片づけをせず、使った道具の手入をせず、
靴を揃えぬ、傘のしずくを乾かさぬ、こうした事は身のたしなみとしての
単なる作法だとか、行儀とかと心得ているのが、これまでの考えであるが,
これを忘れることが、いろいろの不幸の原因となるのである。

ある家の子供が、もう相当な年齢もなっていても、小便をするに所と時を選ばぬ。
困りぬいたあげく、喜んで、すべてのあと始末をする決心をして、
両親がその生活をかえた時、ぴったりとこれが直った。子供のよだれくり、
自分のもの忘れ、犬猫等家畜の不始末等は、こうした末を顧みない、
だらしない心境の反映であることが多い。

ただそれだけではない。こういうしりのしまりのない人々の仕事は、
多く七八分まで行って崩れる。もうだいじょうぶというところでガラリと行く。
そしてこれを他人のせいにし、時勢の罪に帰せようとするが、
実は、皆己の心境の反映にすぎない。

小さい事に末を乱す人は、大切な事に終りを全うしない。
その極は悲惨な死様をすることにさえなるのである。

昔の人は死を重んじ、りっぱな死に方をしたいと念じた。
正しく生きた人でないと、美しい死に方はできぬ。
見事な死にようをした人は、見事な一生を貫いた人である。



とても長い文章ですが、ここにも耳の痛いことがたくさん書いてあります。

今やっていることは、何のためにやっているのか。
自分の力だけでやっているのだと勘違いしていないか。
ものごとの基本をおろそかにしていないか。

とてもうまくいくとき、あまりうまくいかないとき、
両方とも、なぜそうなっているのか?を突き詰めていくと、
実は,
原因は自分の日常生活の考え方や行動、発言の中に潜んでいるのではないか、
ということになるのかも知れません。

…深いです。

長谷川着色さんの祝賀会
この度、
弊社の職人さんでもある長谷川正和さんが、厚生労働大臣表彰(現代の名工)を
受賞され、祝賀会が行われました。

14275017346460.jpg

14275017600402.jpg

本当におめでとうございます!

卯兵衛相談役が“乾杯”の発声でした。

14275017489021.jpg


さて、皆さんは金属着色という仕事をご存じでしょうか。

鋳物や打物で製作された金属の製品に仕上げとして着色をしていくものです。
「宣徳(せんとく)」「煮色(にいろ・たきいろ)」というのは代表的な色着け。

京都ではこの部分も一つの「分業」で行われています。


組合の「着色」説明によると…

着色といっても、塗料(色素顔料)を塗ることはあまりしません。
金工品は、数百年単位でものの命を考えてきたせいか、
剥落のおそれのある塗料を避けてきたのかもしれません。
伝統的な金工技法に用いられる着色は、化学反応による素地の発色か、
もしくは漆や薬剤の焼き付けが多いようです。
この着色法にも工房や技術者それぞれに個性や独創があり、金工作品の
大きな見所の一つでもあります。多くは工房の秘伝技法となっています。
京都の代表的な着色は、銀製品にピンク色がかった古美色をつけるもの、
青銅製品に落ちついたこげ茶色をつける煮色、水銀や漆を用いて
金属箔を密着させる箔押しなどがあります。


素材によって、またそれぞれの用途によって変わるもの、
それが着色であり、秘伝の技術なのですね。


で、このセクションを担当するのが長谷川着色さん。
京都でも唯一といっていい技術で素晴らしいお仕事をされていますし、
後継者の息子さんもすでにこの仕事を継いでおられます。

この金属着色技術は仏具だけでなく、さまざまな道具類に通ずるもので
経験がものをいう非常に貴重な技術です。

今後の更なるご活躍を心より祈念申し上げます。

大阪城リレーマラソン2015
先日、マラソンを走ってきました。
といっても、「リレーマラソン」というもので42.195㎞を
何名かで走るという大会となります。

「大阪城リレーマラソン」

14272432961892.jpg

14272432711511.jpg


2㎞の周回を21周と195m走りますから、
MAXでは21名の参加ということになります。


一昨年に同級生数名と出場したのが最初で、今回は8名での参加。
ということは、2㎞の周回を一人2周か3周受け持つことになります。

今回、私は1回~2回休みつつの合計3周でした。

最近、様々な理由から普段走れていない状態なのですが、
これ位ならと、ナメてかかるとエライことに…

マラソンより速いペース(キロ5分切るくらい)で走るので
実はかなりしんどいのです。


この大会は様々なグループでの参加があります。
職場、友人、サークルなどなど、大人から子どもまで、老若男女を問わず、
“走る”ということを多くの方々が経験できる場所です。

「同じ目標に向かって皆ががんばる」ということではとても素晴らしい
時間と意識を共有できます。

終わってからの“ビール!”懇親会は同じ話題で盛り上がります。

うちの会社では、京都のO本さんがマラソンランナーですが、
一度会社でこういう大会に参加してみてもいいかなと思います。
(参加者はいるでしょうか??…)


ということで、マラソンシーズンはほぼ終了です。

新しいご本堂!
大阪の西勝寺様で新しいご本堂の仏具納品をさせていただきました。
といいましても、まず第1次の納品です。

14270380566750.jpg

14270381213872.jpg

すでに「牡丹」彫刻の白木欄間は入っていて、
これは岸和田の“だんじり”の彫刻を担当されている職人さんの作品です。
花も葉も大変リアルであり、細かく柔らかい表現となっています。
とてもよく彫られています。

両端はそれぞれ向かい合う龍の彫刻。
これは息子さんお二人を表しているとのこと、ご住職の強い思い入れを感じます。

今回、「須弥壇」と呼ばれる御本尊をご安置する「宮殿」下の壇の彫刻も
この岸和田の職人さんの仕事となっています。
住職のご要望で実現したわけですが、我々が扱ういつもの彫刻とは
デザインが違う中にも、細かい獅子の彫刻と彩色がうまく調和して
素晴らしい仕上がりになっています。


全体は3階建て(2.5階?)とても素敵な建物。
入り口正面上の龍彫りも迫力があります。

14270381022341.jpg

14270381588454.jpg

木材はすべてフシなしのひのき材、見ていて本当にキレイです。
建築の金剛組さんの気合いを感じます。

2階から上の住居部分も拝見させていただきましたが、
各設備も壁面も床材もすべてこだわりを感じることができました。
設計もとてもよく考えられています。


ご住職はいい方々に恵まれたと常々言われていますが、
すべてご住職の前向きな考え方と行動によってそのような環境を
引き寄せていらっしゃるのだといつも感じています。

弊社の担当であるF君は幸せですね。
その彼もまた、一所懸命お寺のことを考えてやってくれています。

最終納品までよろしくお願いいたします!

仏像のCTスキャン
人間ドックで、あるいは検査で、CTスキャンやMRIをされた方も
多くいらっしゃることと思います。

生物だけでなく、製品のCTスキャンをしているところがあるのをご存じでしょうか。

京都市では、「京都市産業技術研究所」という場所でこれをしていただけます。

大きさは限られますが、今回”仏像”のCTスキャンをしていただきました。
あらゆる角度からの画像をスライスして見ることができ、ちょっと感動します。

14268102452070.jpg

14268102653811.jpg

お寺の古い仏像には「願文(がんもん)」といって、
くり抜いた体内に和紙や木片など、何か当時書かれた由緒が入っていることも多く、
これは解体しないと確認できません。

もちろん、
CTでも書いてある字まで読み込むことはなかなか難しいのですが、
今回、先の一体はあまりにもくっきりと中のものが確認できたので驚きでした。

もう一体は、鎌倉時代作と思われるの「一木(いちぼく)造り」のため、
中に空洞がなく何も入ってはいませんでしたが、木目がしっかりと確認できました。
どこで継いであるか、また接着してあるか …などもよくわかります。


このデータをお寺様に報告書としてお伝えすると
大変驚かれるとともに、喜んでいただけます。

仏像を見る(鑑定する)先生も内部の画像を見てびっくりされていましたし、
何より、研究所のご担当、M岡さんが一番興奮されていたようです。

これからますます技術が進んで、
あらゆる製品が”非破壊検査”され、新たな事実が出てくると楽しいでしょうね。


中高の同窓会総会
以前に理事長のお役目をさせていただいた同窓会の総会に行ってきました。

14266057519170.jpg

早いもので、あれからもう6年。年月の経つのは早いものです。

高校卒業後25年、42才の年に幹事学年(ホスト学年)が回ってきます。
イヤでも誰かがやらなければならないというのは、素晴らしい仕組みなのです。


今年の理事長さんは、京料理で有名な某「MN吉」さんのS竹君。
大変だと思いますが、ご自身が楽しんでやっていただきたいですね。

約360名いる学年の同級生メンバーを今年どれだけ集められるか、
どこまで連絡をつけられるかが鍵になります。

今回それをやらないと、今後まず声がけの機会がないので、
男性、女性とも手分けしてとにかく同級生の“居場所”を探すことが重要です。

経験から言うと、男性より女性の方がやらなくては!という義務感が強く,
いかに女性の皆さんに動いてもらうかだと思います。


最近はfacebookなどSNSが発達して、以前よりも連絡がつきやすい、
伝達がしやすいといった変化が見られます。

一見デジタル的ですが、やることは結局アナログの発想。
返信してくれない人にどれだけ啓発できるかが大切になってきます。


学校の同窓会は若いときは本当に関心のない部分で、むしろ面倒に感じますが、
年齢を重ねていくとどこか素直になって、頭のどこかにあった若い頃の思いが
再び出現してくるような気がします。

今年のホスト学年の皆さん、頑張ってください!

北陸新幹線 開通!
本日はホワイトデーで …
という話題はさておき、各マスコミは朝から「北陸新幹線」の話題で持ちきり。

img1_section1.jpg

一昨日は「トワイライトエクスプレス」の最終ランでした。
駅で号泣している“鉄ちゃん”もいて、
興味のない方々にとっては???だったことでしょう。

報道を含め、これほどの話題になること自体が普通の列車とは全く異質です。

大阪から札幌まで22~23時間という、何とも長時間で結ぶこの列車は、
その存在自体が夢、ロマン、希望、そしてプレミア旅行であったのでしょうね。
夢が一つ終わる… 別れのような雰囲気でした。

昨日はたまたま北陸方面への出張でしたが、
「サンダーバード」富山直通便の最終日でした。
沿線には、「トワイライトエクスプレス」の撮影に加えて「サンダーバード」の撮影と
思われる“撮り鉄”がたくさん!

この電光字幕も最後となりました。

14263006735980.jpg

14263007000052.jpg

本日からは金沢までの運行で、その先は「北陸新幹線」へ乗り換えとなります。

現在、富山方面でも施工の受注をしておりますので、
今後は、一駅“だけ”乗る機会もあるかも知れません。


あるいは東京まわりで富山入り!?

その他には「のぞみ」の一部が東京~新大阪間で速くなるようです。
いつも相撲取りのような京都駅長さんによると、直線の多い田園地帯で
270㎞→285㎞へ速度を上げるとのこと。

短縮時間は… 「3分!」


話題の多い、この春のダイヤ改正ですね。

細見美術館「琳派のきらめき」
本日11日より、京都の高島屋にて始まった展示会、

「琳派400年記念 細見美術館 琳派のきらめき ―宗達・光琳・抱一・雪佳―」

rimpa-takashimaya.jpg

昨日、会場でそのレセプション(内覧会)が開催されました。

14261180170620.jpg

主催者のMBS毎日放送専務、京都新聞黒田社長、
村田純一琳派400年記念祭代表委員、京都府副知事、門川京都市長、
商工会議所の福永副会頭それぞれからご挨拶があり、「鏡開き」が行われました。

出品者である細見良行氏には昨年の「京仏具工芸協会」総会の時に
ご講演いただいたのに続いて、“みやこめっせ”での組合展示会
「京仏壇・京仏具展」においても多くの皆様の前でご講演をいただきました。

14261180481301.jpg

この琳派400年記念祭委員会に、専門委員の一人として
弊社の若林卯兵衛相談役も入っています。


1615年に、本阿弥光悦、俵屋宗達から始まったこの系譜、
その手法は我々の現在の仕事にも通じるものがあります。

京都にも金箔や彩色、日本画の職人さんが多くいらっしゃいますし、
我々も常々の仕事で絡みます。

展示会を観ていますと、今の画の源流がここにあるのではないかと
思うくらい構図や技法に親近感を感じます。
金箔の上に直接描くことも多いことから、そう感じるのかも知れませんが、
いずれの作品もとても贅沢なものとなっています。

代表はやはりこの神坂雪佳の「金魚玉図」でしょうか。

14261189810632.jpg

信三郎帆布さんとのコラボでかばんにデザインされています。

14261189916203.jpg

この展示会は京都高島屋7階グランドホールにて23日(月)まで、
ぜひお出かけください!

第1回 京都いえのこと勉強会
以前にもここで紹介いたしましたNPO法人「京都いえのこと勉強会」
この度、第1回の勉強会がハートピア京都で開催されました。

「京都いえのこと勉強会」は父子家庭にスポットを当てた珍しいNPOとして注目されています。

初回の参加は約40名!ほぼ満席でした。
14259437586950.jpg

青年会議所(JC)の先輩でもある創設者&理事長、木本 努氏の設立主旨には
次のようにあります。

突然ですが、明日からシングルファーザーになったらどうしますか?
急に妻に先立たれたり、家を出て行かれたりしたら、家のことは誰がしますか?
近親者のヘルプもありますが、基本はお父さん!!
そう、自分で全てすることになります。
今、「家事=いえのこと」の何が出来ますか?
家事は配偶者だけがすることではありません。
さあ、今から一緒に「家事=いえのこと」勉強しませんか?
本会では、死別でシングルファーザーになり私自身が苦労した「料理」「裁縫」の
教室を開催。また「父子家庭の勉強会」を開催します。
将来的には父子家庭のコミュニティーを作り、ひとり親家庭を支援し、
その人たちの生活の質の向上に寄与することを目的とします。


ということで、この会は、新聞やラジオではすでに取り上げられています。
“母子”のことは多く存在しますが、“父子”を取り上げたプログラムは
日本にはほとんど存在しないのが現状だそうです。

そして今回、設立してやっと第1回の勉強会が開催されました。
今回の勉強会の主旨は次の通り。

ひとり親、父子家庭の現状と問題点を、
実際に父子家庭を様々な立場で経験された3名の方々をお招きし、
パネルディスカッションにより赤裸々に語っていただきます。


いきなりのビデオで、完全に頭がシフトしました。
“ももクロ”の「泣いてもいいんだよ」父の日Ver.ビデオ(You Tube)
↑リンクしてます↑

パネルディスカッションは、
実際に父子家庭で育ってこられた2名の女性パネラーと木本氏。

父子家庭で育った今までの経緯や父への思い、感情の変化、
良かったこと、困ったこと、今思うこと。
いずれもご本人の体験談ですからとても心に響きます。

自分がもしそのような状況に陥ったらどう行動するだろうか。
ほぼ料理ができない私は、まずここから始まると思います。

そして、次回はキャリエール大和学園さんで料理勉強会です。


「京都いえのこと勉強会」詳細はこちらでご確認ください。
ウェブサイト
http://www.kyoto-ienokoto.jp/index.html
Facebook
https://www.facebook.com/kyotoienokoto?fref=ts

「琳派 仏の匠展」
今週行われています「琳派の匠展(同時開催:小さな祈り展~京仏壇の創造~)」
が、寺町御池下ル西側のギャラリー(ギャラリー・カト)で行われています。

14256870220971.jpg

14256870062290.jpg

主催は京都府仏具協同組合。

とても小さなギャラリーですが、大変素晴らしい作品が並んでいます。


今年2015年は琳派400年記念の年。
本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)が1615年に鷹峯に「光悦村」を拓いてから400年。
尾形光琳の300回忌にあたる年です。

俵屋宗達が光悦の書のために描いた画から始まったと言われるこの系譜。
約100年おきに尾形光琳 ~ 酒井抱一 ~ 神坂雪佳などに継承され、
装飾性の高い傑作を生み出してきました。

今年は京都で2月からさまざまな関連イベントや展示会が目白押しです。


この「匠展」は、一般パンフレットで紹介されたりはしていませんが、
琳派を意識した作品が出展されています。

同時に
組合の部会で進めてられてきた新作のお仏壇(祈り壇)も展示していて、
こちらもデザイン、仕上げとも予想以上の出来映えです。


8日(日)までの開催で、
明日は朝11時から夜18時まで、日曜日は夕方16時までです。

私は明日土曜日の午前中が当番です。
ぜひお出かけください!

ヤサカタクシーさんの仕掛け
すでにご存じの方も多いので、今さらですが、
京都の「ヤサカタクシー」さんでは、さまざまな“限定タクシー”が走っています。

ヤサカさんの“四つ葉のタクシー”は有名。
1200台(1400台?)のうち4台が走っていて、乗車すると記念品がもらえます。

yasaka-yotsuba2jpg.jpg

yasaka-yotsuba.jpg

この“ピンク”バージョンは、2月のバレンタインの前後のみ2台走っているとか。

yasaka-yotsuba-pink.jpg

上賀茂神社の式年遷宮にあわせた「双葉葵(ふたばあおい)」バージョンも
2台あるそうです。

yasaka-futaba.jpg

さて、初めて見たのがこのタクシー。

14255243577820.jpg

_1.jpg
(下の写真はお借りしました)

京都国立博物館の「平成知新館」宣伝カーですね。
屋根上の三つ葉も変形しています。

このタクシーの説明によると、
昨年オープンした京都国立博物館「平成知新館」の開館記念として、
関空送迎ジャンボタクシーの1台と小型タクシーの2台に、
京都国立博物館収蔵の「祇園祭礼図屏風」の特殊フィルム印刷が施された。
京都初の試みで、こちらの3台のタクシーに乗車するともれなく記念品がもらえる。
とあります。


京都でも正統派イメージのある「ヤサカタクシー」。
仕掛けとしては、大変おもしろいと感じます。
人々の心をくすぐる、話題性のある内容ですね。

皆さんも京都市内で探してみてください。

久々の”いちご狩り”
幹事の一人として参加している「倫理法人会」。
ここの主催による懇親行事がありました。
30名ほどがバスで滋賀県の「信楽」へ向かい、陶芸絵付け体験などに参加。

その後、水口(みなくち)に移動、
何年ぶりなの??という“いちご狩り”となりました。

14252617170540.jpg

いちごの品種は「章姫(あきひめ)」、ビニールハウスの中で栽培されています。

14252617391141.jpg

14252617558182.jpg

資料によると、「章姫」は「久能早生」と「女峰」を交配して、
静岡県の萩原章弘氏が育成したもので、平成4年に品種登録されました。
特徴的な長めの円錐形、果皮はやわらかめ。酸味が少なくジューシーで甘い。
新しく「紅ほっぺ」が登場するまでは静岡県の主力品種で、
現在でも静岡県の代表品種として健在ということです。

栽培方法は写真の通り、宙に浮いている状態で半分水耕の状態ですね。
ハウスにはミツバチが5~6000匹くらいいて、栽培に一役かっているようです。


“狩る”時間は45分間、赤く熟した「いちご」を目指してみんな一所懸命。

14252617783023.jpg

練乳とチョコソースを渡されますが、最初はつけなくても十分甘いです。
45分間という時間の中、人間は欲深いもので(笑)時間が半分も経つと
お腹いっぱいになります。

あとから聞くと、日当たりが良い南面は早く赤くなりますが、
それがイコール甘いものかどうかは疑問。
逆に太陽側と逆の面で育った方が甘いことが多いということでした。

外部へ出荷用のイチゴは根元が少し白い状態で収穫。
これがスーパーで買ういちごであり、数日後のお客さんが食べるものです。


これは果肉上部が裂けている状態。

14252617891864.jpg

完熟のうえに、まだ栄養が送られる状態であるとき上部が裂けてしまうようです。
実はこれが一番甘い!(糖度が1.2~1.3倍くらいらしいです)

もっといちごの勉強をしてからだと、採る実も違ってきたかも知れません。
皆さんもいかがですか?

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.