FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201506<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201508
「ひまわり8号」運用開始!
気象衛星「ひまわり」の最新映像は素晴らしいです。
とてもスムーズな動画のような画像は、大きな技術の進歩を感じます。

himawari8.jpg


以下、NHKニュースのコメントです。

観測性能がこれまでより大幅に向上した次世代の気象衛星
「ひまわり8号」の本格的な運用が7日から始まります。
今後、台風の予報精度の向上や
集中豪雨の観測の強化などにつながることが期待されます。

次世代の気象衛星「ひまわり8号」は去年10月の打ち上げ以降、
試験的な運用を進めた結果、大きなトラブルは確認されず、
7日午前11時から本格的な運用が始まることになりました。

搭載するセンサーの性能は現在のひまわり7号から大幅に向上し、
画像の解像度は4倍に、台風などを撮影する頻度は
現在の30分に1回から2分半に1回と12倍となります。
これによって台風の勢力や進路の予想などの予報精度の向上や、
積乱雲が発達する過程をより詳しく捉えることで、
災害を引き起こすおそれのある局地的な豪雨の観測の強化にも
つながると期待されます。

また、静止気象衛星として世界で初めてカラーでの撮影が可能となり、
噴火に伴う噴煙が広がる様子や、黄砂が飛散する様子などもより
はっきりと捉えることができるようになります。

気象庁は「ひまわり8号は次世代型の気象衛星として世界に先駆けて
打ち上げされたもので、今後、十分に活用し、自然災害による
被害の軽減や予報精度の向上に努めたい」としています。



観測センサーの波長帯の数バンドが増加した「ひまわり8号」は
赤、緑、青のカラー合成をすることができ、これによって
雲の細かい動きや、黄砂などもはっきりと分かるということです。

すでに「9号」の開発も進んでいるということで、
今後は3Dや、より鮮明なピンポイント画像なども
見られるようになるのでしょうか?


天気予報はもはや“当たる”という次元ではありませんね。

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.