FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201507<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201509
瀬田川の屋形船
金融機関さんの会で、滋賀県の方々と船に乗って参りました。

こんな遊覧船があるとは、今まで全く存じ上げませんでした。
料理屋さんの所有するもので、イベントにも使われるようです。

14409383589967.jpg

瀬田からスタートして、琵琶湖の入り口、近江大橋の手前まで。
折り返して石山寺まで。
1時間ほどの楽しい時間でした。

14409383073954.jpg

京都の各大学のボート部やカヌー部の皆さんが練習中。
多くの学生が宿舎を起点に合宿をしています。
母校のボートも横を通っていきました。

14409383338705.jpg

進行方向の反対方向を向いて漕いでいますから、
都度船の汽笛を鳴らさないと、気付かずに衝突してしまいます。


今回はこの会の代表幹事という立場で参加しましたが、
滋賀の皆様には2年前に会社見学に来ていただいたこともあり、
弊社のことをよく覚えていていただいていました。

有り難いことです。

ということで、
京滋の各企業の経営者が参加し、夜遅くまで交流する有意義な会でした。

皆様、遅い時間までおつかれさまでした。

札幌でのコンペ&勉強会(その2)
さて、翌日は北海道の最北端、礼文島の会社「レブニーズ」さん。
http://shop.rebun.jp/

「島の人」というブランドでネット販売を展開されています。

今回はネット担当者のお話でしたが、管理職から見た社長の考え方が
よく伝わってくる内容でした。

やはりここでも会社の理念、目的、方針がいかに大切かということ。

14409384407070.jpg

この会社は新千歳空港のショップにも入っていて、
王者「佐藤水産」の次を行く売上だそうです。


その後、札幌のお寺様の所属されている「札幌東ロータリークラブ」例会へ。
同じくロータリアンの京都のお二人と共にメイキャップしてきました。

14409384195269.jpg

たまには他地域の例会もいいもんです。


帰りの飛行機から京都市内が一望、
西日に照らされた美しい盆地を見ることができました。

14409384012098.jpg

ということで、札幌報告でした。

札幌店の店長はじめ皆様、ありがとうございました。
札幌でのコンペ&勉強会
毎年恒例、札幌のお得意様(お寺様)のコンペに参加させていただきました。

「樹心カップ」

今年で13回目を数えるこのコンペは、仲のよい方々がお集まりになり、
とてもフレンドリーな雰囲気です。

他に京都から、某法衣店のKさんと某お香屋のOさんは毎回のご出席です。

用件があることで、札幌店の皆さんとも会えることが出来、
大変有り難いことだと思います。


さて、今回は他にも目的があって、
「Web・通販イノベーションモデル研究会」という勉強会にも出席してきました。

年6回のプログラムの内の第4回目。
北広島市内の株式会社FUJI様を訪問いたしました。

14405902829910.jpg

ここは、北海道のさまざまな物産品をバイヤー向けにネット販売されているお店で、
その考え方やシステムを中心に紹介されていました。


終了後には札幌市内で「懇親会」。

同じテーブルでは九州や地元北海道のネット担当の皆さんと
お話させていただきましたが、悩みを抱えている方々も多いようです。

私にとっては、すべてがいい刺激です。


我々の扱う商品で、これからどのような販売の工夫が必要なのか、
今、取り組んでいることに対しても、あらためて考えるいい機会になりました。

京都は鹿の名所?
昔から、比叡山は「猿」がエサを探しに降りてくると有名です。
ドライブウェイでは車のごく近くまでやってきますね。

実家の松ヶ崎近くでは、タヌキ、イタチもよく出ていました。


最近、北山の方では「鹿」もよく出てきます。

といいますか、京都市内では周辺の山々で以前から見かけることはあります。
「鹿ヶ谷(ししがたに)」という地名もそこから来ているのでしょうか。

打ちっ放し練習場でも以前からよく見かけます。
ゴルフの練習場は芝生が生えていて、草もまとまって生えているので、
彼等にとってのいい食事場所であるようです。

結構堂々と草を食べています。しかも日陰で(笑)

14403728310530.jpg

ボールが飛んできたらどうするのかと思いますが(こちらが緊張します)、
「鹿」も人を見極めているようで、一向に逃げる気配はありません。

先日うちの下の子を連れて行った時は、さ~っと逃げていきましたが(笑)


まだまだ自然が多く残るこの京都に住んでいることに感謝して、
過ぎゆく夏、残暑の中をがんばって参りましょう!



倫理法人会での講話
昨日朝、「京都市中央倫理法人会」の経営者モーニングセミナーにて
45分ほど講話をさせていただきました。

14401181809851.jpg

どこかで“チラシ”を見られた大学クラブの一年先輩にもお越しいただきました。
有り難いことです。

自分の講演を他人にPRするのはどうも気が引けます…


さて、今回のテーマは私の曾祖父「3代目 卯兵衛」さんでした。

戦前に「若林卯兵衛商店」から発行された「當店ノ現況ト 店則ノ概要」には
そのまた先代(2代目)が大正3年に亡くなっている記述があります。


14401180902380.jpg

ということは、3代目卯兵衛さんは明治29年の生まれですから、
18才くらいで店を継いだことになりますね。

その後曾祖母“いま”さんと結婚し、4代目正夫氏が誕生。

大正9年に旭川御別院から感謝状をいただいていることを考えると
23~24才の時には北海道に渡って仕事をしていることになります。

当時の平均寿命が45才~50才までいうことなので、
(もちろん病気も多かったので、現在よりバラツキはあったと思われる)
今の寿命でいうと、25才でも40代前半という感覚なのでしょうか。

それにしても、若くして良く動き、よく働いていたと感じます。

職人さんを大切にしたこと、古き良き仏具を収集していた、体を鍛えていたなど、
語り継がれていることも多い人です。

本社の「京仏壇ミュージアム」も3代目卯兵衛さんの存在が大きいと感じます。

今の若林の礎を作ったのがこの卯兵衛さんと言っても過言ではありません。


今はどうでしょうか。
先代の気持ちを継いで仕事をしているでしょうか?
先代が望んだような会社になっているでしょうか?

最近、どこかで見られているような気がするのは気のせいでしょうか。


その後も現在までこうして引き継いでこられたことに感謝し。
先代からの流れとして気持ちは踏襲しながら
次の世代へとマイナーチェンジしていきたいと思います。

そして、3代目卯兵衛さんだったらどのように行動していただろうか?
ということも考えながら日々励んでいきたいと思います。



久々のテニスの試合!
かなり前からお誘いを受けていたテニスの試合に行ってきました。

場所は東山七条の山の上、「東山テニスクラブ」。

14399651958140.jpg

JCテニス同好会の全国大会ということで、
全国10の地域から集まってこられました。

お盆の真っ最中ということで、京都の市内はガラガラ。
しかし、会場では熱い戦いが繰り広げられました。

14399652189531.jpg

私も太陽を全面に受けるテニスコートで、積極的に紫外線を浴びて参りました。
3年ぶりくらいで、全く体が動きませんでしたが。

もともとダブルス(ボレー)があまり得意ではない私は、
サーブは入るのですが、凡ミスを連発していました。
パートナーには申し訳なかったです。

ぶっつけ本番では当たり前ですね~ かなりナメてます(+_+)


で、主管の我々「京都」は10チーム中「5位」
1試合目で「東京」チームに惜敗しました。

しかし、全国の皆さんと交流できて有意義な時間が過ごせたので
“消極的”にでも参加してよかったです。

14399652300892.jpg

たまにはテニスもいいもんです。
翌日、腰が痛くて整骨院へ行ったことは言うまでもありませんが(笑)

大文字送り火 2015
今年も実家から「送り火」を見ることが出来ました。

午後8時に、如意ヶ嶽の”大文字”に点火され、
8時05分に“妙”“法”に点火。

順番に五山に火が点いていきます。

20150816-2.jpg

20150816-1.jpg
(いつもの裏山の山火事です)

今年は「はい消火!」の掛け声とともに火に水が掛けられましたが、
いつもはある程度燃え尽きるまで焚いていたような…


さて、松ヶ崎にある日蓮宗寺院、涌泉寺さんの寺伝によると、
1307年に松ヶ崎の村民が日蓮宗に改宗したとき、
日像が西山に「妙」の字を書き、
下鴨大妙寺の日良が東山に「法」の字を書いたという。
とあります。

「南無妙法蓮華経」の「妙法」であることは知られていますが、
松ヶ崎が日蓮宗の村だから…ということはあまり知られてないようです。

基本的に、土地の各家が伝統的に一つの火床を持っています。

昔は、愛宕郡(おたぎぐん) 松ヶ崎村と呼ばれていたこの地域。
15、16日は、先述の涌泉寺さんにて日本最古の盆踊りと言われる
「松ヶ崎題目踊り」が行われます。

我々は昭和17年(1942)年に、今の会社のある七条新町から
この地に引越してきたそうですが、未だによそ者です。


今年もお盆が終わり、京都の蒸し暑い夏も過ぎ去っていきます。

淡路島への小旅行
ちょっと「淡路島」へ行ってきました。
興味のあったスポットをご案内します。

久々の“海水浴”は、阿万海水浴場といって淡路島の南端まで。

14394546935510.jpg

淡路島では一番美しい、オススメの海水浴場ということでしたが、
確かに適度な混み方で、うるさくなく、家族連れも多い、
四国と太平洋の水平線が見えるいいところでした。

14394548514285.jpg

その後はトレンドスポットの「道の駅 うずしお」へ。
鳴門大橋を望む、淡路島の最南端です。

ここでは「あわじ島オニオンビーフバーガー」を食しました。
すいている時間帯でも、できるまで20分待ちという超人気状態!

14394547655791.jpg

“玉ねぎ”ソフトクリームとともに、人気なのがよくわかります。
甘い玉ねぎが主体となっていて、かなり美味でした!

やはり「淡路島玉ねぎ」のようなその土地の“特産物”絡みで
その場所にしかない!というグルメは流行ります。
もちろん美味しいという条件付きですが…


次に、焼肉の「ありい亭」。
「食べログ」でもかなり上位にランキングされるこのお店は、
予約が10分刻み、時間に5分遅れると自動的にキャンセルされるという
かなり自分勝手なお店と思いきや、自家農場を持っているということで、
良いお肉を他店より安く提供されています。

arii-tei.jpg

お昼なら、一人2000円~2500円くらいでいけますね。


もう一つ、「たこせんべいの里」。

ここはとても上手に商売をされているなあと感心しました。

14394547918812.jpg

製造工場を見せつつ、その直横で販売する。
ほとんどが袋詰めの積み上げ販売なので、コストが安くて、全く運送費もかからない。
すべての商品が試食用に細かくして、大きなタッパーに入っていて、
堂々と試食ができるようになっている。

14394548344044.jpg

14394548138153.jpg

大きなトイレ、駐車場を完備。ホットコーヒーが無料サービスとなっています。

津名一宮インターのすぐそばで、トイレとコーヒーだけでも立ち寄る可能性大です。
実によく考えられていると感心しました。


ということで、淡路島のレポートでした。

M先生の勉強会
友人であるK君にお誘いを受けて、全6回の勉強会に参加しました。


各回3時間のプログラムなのですが、
毎回先生の課題ある講義のあと,それぞれの企業の発表を行い、
その内容を参加者でディスカッションするという形式です。

参加者は知人、友人も多く、少人数ですが賑やかな勉強会でした。

自らの会社のことをお話しするのは少々違和感もあるのですが、
参加者は少しでも会社を良くしていこうという意識の高い方ばかりなので、
いいアドバイスやご意見をいただけます。

先生からも的確かつ具体的な質問や意見があります。

14394049468390.jpg

結局のところ、社長(経営者)がどう問題点を意識し、真の原因を探り、
考え、行動し、社内に伝えていくか、というところを具体的に実践できるかどうか。


理念や目的のない会社、そして社長の具体的方針のない会社
(思いつき、先を読まない、夢を語れない)は羅針盤のない航海と同じこと。

そして、経営者の方針があっても、従業員さんに浸透していないと
全く意味がないということなのです。


弊社の未来、従業員さんの未来をさらに明るいものにしていくため、
社長として少しでもお役に立てればと考えています。

京都JCの同窓会
先日、40才までお世話になった京都青年会議所(京都JC)
2006年度 総務委員会の同窓会がありました。

私が最後に委員長をさせていただいた時のメンバーが13名集合。

集めてくれる役目(当時の役職)の人がいるということは有り難いことですし、
当時、「委員長」をさせていただいた私にとっては大変幸せなことです。

14390843025500.jpg
(モザイクかかってます)

JCでは(節目として)、同窓会をする時期が最低年2回はあります。

一つは卒業式の前後、12月にお祝いを兼ねて集まる時期。
もう一つは夏、京都JCの次年度「理事」立候補の時期です。

まあ関係ない方々にとってみると、「それがどうしたの?」
という感じでしょうが(笑)。


さまざまな業種の経営者(または準ずる方々)が集まるだけでも面白いのですが、
当時(もう9年も前です)にあったことを昨日の出来事のように話し、
理屈抜きで人間同士の付き合いが出来るのが、このJCという場所なのです。

最近、会の性質上、会員の人数が減ってきているのは分かる気もしますが、
所属会社の理解があれば、ちょっとムリしてやってみると
人生や考え方の勉強になるかも知れません。


それではO君、仕事もJCもがんばってください!
H君、本年40才のご卒業おめでとうございます。

いい会社をつくりましょう
先日のこのブログで新井和宏氏のことを書きました。

新井氏はこのお話の中で、長野県「伊那食品工業」の塚越 寛会長のことを
大きく取り上げていらっしゃいました。
今や、企業の理想の姿の一つとして伊那食品工業さんはよく取り上げられます。

ベストセラーとなった「日本で一番大切にしたい会社」に取り上げられ
塚越会長の考え方が多くの共感を読んでいます。

私も数年前、一度会社訪問させていただきました。

世界のトヨタ自動車の豊田社長もこの伊那の地を訪れて面会しているといいます。
“下請け”に対する考え方も変わってきたと。

もちろん、これは経営の考え方ですね。


その「伊那食品工業」さんの社是がこれです。

「いい会社をつくりましょう」

14389056712770.jpg

「いい会社」とは、単に経営上の数字が良いというだけではなく、
会社をとりまくすべての人々が、日常会話の中で「いい会社だね」と
言ってくださるような会社のことです。
「いい会社」は自分たちを含め、すべての人々をハッピーにします。
そこに「いい会社」をつくる真の意味があるのです。

と、書かれています。


若林が目指すところはどこでしょうか。
弊社の「朝に礼拝 夕に感謝 ~合掌の心~」という社是、
そして「関わるすべての人々の幸せと心のやすらぎを追求する」という理念は
いい会社という“あるべき姿”になるための社是、理念であるのです。

お盆明けの「倫理法人会」で、僭越ながらお話しさせていただきます。

いい会社を増やしましょう
先日、ホテルハイアットリージェンシー京都で行われた
「京都流議定書2015」

ご縁あって第2回目に出演させていただいたこともあり、
毎年参加させていただいております。

2日目が「京都フォーラム」

14386512134230.jpg

先日ここで紹介した「飯尾酒造」の社長もお話されましたが、
(飯尾さんは弊社S専務の親戚でした)
もう一人お話されたのが、「鎌倉投信」社長の新井和宏氏。

「投資はきれいごとで成功する」

先月のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演され、
大きな反響を呼んだご本人です。
たまたまそのテレビ番組を見ていたのは偶然でしょうか?

14386512243191.jpg

投資、金融というと私にはあまりいいイメージがありませんが、
新井さんはどうも少し違うようです。

「いい会社に投資をしましょう」ではなく、「いい会社を増やしましょう」。

坂本光司氏著の「日本で一番大切にしたい会社」を読んで感動し、
考え方が変わったとおっしゃっています。


通常“投資”というと、お金でのリターンの最大化を目指しますが
このお金を“幸せ”に変えたということ。
社会的意義を果たしつつ、経営哲学、理念、考え方のしっかりした
信頼できるいい会社に投資して、長く苦楽をともにする。

それが結果的にいい会社を増やし、
長い目で見て投資の利益も出るということなのです。

NHKにも映っていましたが、
ご自身が自分の目で見て、その会社の経営者と、社員と話をして判断する。

最初は否定的な意見も多かったこの”投資”事業は、
今ではその考え方が多くの投資家に賛同を得て資金が集まっているとのこと。

投資の理念という新しい方向性を示しているのかも知れませんね。


私は引き続き、「若林」という素晴らしい会社に全力投球して参ります。
THE BON DANCE!
昨日告知した西本願寺さんの「納涼盆踊り」。
夕刻より行って参りました。

「暑い!」という言葉を何回言ったでしょうか。


明るいうちは、男性ユニット「キッサコ」のコンサートでした。
毎日のようにFM京都(αステーション)で声を聞く
しもぐち☆雅充さんの明るい司会で賑やかで気持ちの良い演奏でした。

14384403309192.jpg

日が落ちてくると、だんだん人が集まってきて、
ほどなく「盆踊りタイム」となりました。

14384402740020.jpg

14384403153511.jpg

まさに「THE BON DANCE!」

また昨晩は、ひと月に2回満月があるという、「ブルームーン」でした。
きれいな満月と、おいしい屋台と、賑やかな踊りで
大変楽しい時間を過ごさせていただきました。


社員の皆さん、おつかれさま!

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.