FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201603<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201605
仏具組合 商部会 総会
平成28年度「商部会」の総会が行われました。


いつも申し上げるように、京都府仏具協同組合の中は
販売側の「商部」と製作側の「工部」に分かれています。

「商部」には現在50名(50社)が登録されていますが、
こうした“会合”にお越しになるのはいつも20名程度です。

私は今期「商部」会長を仰せつかっておりますので、
こうした会のセッティングも行うことになります。

特に今回は、役員改選の総会ということで、
何から何までわからないことだらけでした。


会場は川端四条角の「レストラン菊水」さん。

334c668de34614dd26ca1dfe1a8b1fe0-960x500.jpg

いつもここのO村社長にはお世話になって??おりまして、
無理を言って?会場をワンフロア押さえさせていただきました。

14618974976221.jpg

デザートには火を使ったパフォーマンス企画がありました。

14618974809320.jpg

田中理事長が挑戦!… されまして、
見事に炎が~ … 上がりませんでした(笑)。

京都の業界の皆様がこれからも元気で過ごせますように
良き商品をお客様に提供し続けていけますように
ますますそれぞれの企業、お店が知恵を出し合わなければなりません。


O村社長、ありがとうございました。

東京オリンピックのエンブレム
東京オリンピックのエンブレムが決定しました。

最初の騒動は何だったのでしょうね。
やはり「動機善なりや 私心なかりしか」ということでしょうか。
世の中のおかしいことは修正されていく時代なのかも知れません。

無題
組市松紋(くみいちまつもん)

歴史的に世界中で愛され、
日本では江戸時代に「市松模様(いちまつもよう)」として広まった
チェッカーデザインを、日本の伝統色である藍色で、粋な日本らしさを描いた。
形の異なる3種類の四角形を組み合わせ、国や文化・思想などの違いを示す。
違いはあってもそれらを超えてつながり合うデザインに、
「多様性と調和」のメッセージを込め、オリンピック・パラリンピックが
多様性を認め合い、つながる世界を目指す場であることを表した。
(組織委員会サイトより拝借しました)


私はとても良いデザインだと感じます。
F-1の日本グランプリにも使えそうですね(笑)


何かあると、必ずそれを批評する人はいます。
それがプラスな発言ならいいのですが、批判的なことばかり言う人は
近くにいてもあまりいい気持ちがしませんね。

今回のエンブレム騒動でも、評論家のようにSNSに投稿する人がいます。
盗用・コピーなど、あら探しに命をかけている人もいます。

全力で不幸になっている人達ですね(笑)


本来のオリンピックが良き大会となり、
日本に、そして世界に”幸せ”がもたらされますよう念じております。


まもなく開館!京都鉄道博物館
4月29日に京都・梅小路にて「京都鉄道博物館」が開館します。

埼玉大宮よりも名古屋よりも多い
全国一の展示車両数を誇るこの博物館は、
オープン前からかなり高い評価を受けています。

kyoto-tetsudou.jpg

現在はオープン直前ということもあり、
「事前内覧会」が毎日のように開催されています。
「内覧会」といってもほとんどプレオープン状態で、
多くの“関係者”が訪れ、混雑しているみたいです。

14615049930730.jpg

14615050512881.jpg

私はまだ工事中の3月に行きましたが、
デッキに出ると、新幹線、東海道線、山陰線など、実際に走る列車が
間近に見られるのも魅力です。

14615052452474.jpg
京都のシンボル「東寺」や「京都タワー」も一望。

トイレの案内もセンスあり!
14615051245132.jpg


うちの下の子も祖父の卯兵衛さんと一緒に行ってきたようですが、
この年代の男の子にとっては、まさにストライクゾーン!
(もちろん私にとってもストレートど真ん中!)

SL世代の年配者から、新幹線世代の若年層まで、
“鉄ちゃん”にとってはたまらない施設がオープンします。

絶対にゴールデンウィークは混雑すること間違いなし!
ぜひ、京都の新しいお出かけスポットへお越しください。

堀場社長の講話
本日は倫理法人会のモーニングセミナーでした。

本日の講話者は、
「おもしろ おかしく」堀場製作所の堀場 厚社長(兼会長)でした。

「京都企業によるグローバル展開」

朝6時から100社もの経営者の皆様がお集まりになっていました。

14611976029270.jpg

できる経営者は朝を上手に活かす!ということはよく言われますが、
多くの方々が集まっていることには堀場さんも驚かれていました。


さて、堀場製作所は昨年お亡くなりになったお父様の雅夫さんが創業され、
今や京都発のベンチャー企業、そしてグローバル企業の代表です。

一部上場・大手企業の経営者は、本気で長期ビジョンを描くことは難しい。
なぜなら任期が決められていて、その間無事に過ごせることを重要視してしまう。

それに比べて、オーナーシップ企業は長期ビジョンを描きやすいと。

京都のものでも「堀場」のものを選んでいただくような
信用、ブランド力が大切であるというお話をされましたが、
弊社も京都の中でも若林のものを選んでいただくような信用力を
さらにつけていきたいものです。


財務諸表はもちろん大切ですが、
お金で買えないものをどれだけ持っているかが勝負。

若林がさらに飛躍していくための、ヒントをいただいたような気がします。

この度の九州地方震災について
この度の熊本・阿蘇・大分地方の地震について、

お亡くなりになった方々に対し、お悔やみ申し上げますとともに
被災された皆様に心より御見舞い申し上げます。

弊社といたしましても、福岡営業所長を中心として
ご寺院様はじめお客様の被災状況を把握しながら順次対処しておりますが、
お手伝いできることがございましたら、お申し付けください。

少しでも早い復興を念じて。

10年ぶりの同窓会!
(社)京都青年会議所 2006年度「理事構成メンバー」同窓会

人間関係がいろいろ?あって通常“あり得ない”同窓会だそうですが、
10年ぶりに集まることとなりました。

22名中19名の出席!!異常です(笑)

お世話いただいた皆様に心より感謝申し上げます。

06rijikai160415.jpg
(モザイクかけてます)


35才でこの会に入会した私は、5年間様々な経験をさせていただきました。

2006年、私の40才最終年度は「総務委員長」を仰せつかって
この理事メンバーと共に大変な、いえ有意義な1年間を過ごしました。

創立55周年であったこの年の理事長は山下隆子さん。
京都JC女性初の理事長、しかも回りの理事メンバーより年下でしたので、
心労は相当なものだったと思います。

理事会をはじめ会議の回数が“ハンパ”なかったということは、
設営する我々「総務委員会」の動きもこれまた大変だったということ。

私も監事さんに会議の時間管理を厳しく注意されたものです。

10年経った今日も、「もう定刻過ぎてますよ!」
いつまでたってもうるさいです(笑)


その後、このメンバーの中から京都JCの理事長が数名、
日本JCの「会頭」まで出てしまいました。これも異常です(笑)

楽しい夜をありがとうございました。


と、
帰ったら地震のニュースでビックリ!
熊本、大分をはじめとする九州地方の皆様に対して
心より御見舞い申し上げますとともに我々でできることを順次始めて参ります。

福岡営業所のK所長も家族を大切にして動いてくださいね。

有り難き落慶法要!
先日、名古屋の養照寺様での本堂落成慶讃法要に出席して参りました。
心より御祝い申し上げます。

ご本堂が新築ということで、設計、施工を担当された工務店さんともども
感謝状をいただいて参りました。
これもまた有り難きことであると思います。

14605914524500.jpg

いつもながら、「社長」というのはズルい役目です。
営業担当や製作部が頑張っていただいたあとに“感謝”をいただきに
行くことになるのですから。


大谷派(東本願寺)のご法要は大変迫力があります。
とにかく声が大きい!お経によっては読むスピードが早いです。
どちらかというと、昔ながらの伝統を感じます。

本願寺派(西本願寺)さんは、時と場合によるのでしょうが
ゆっくりとした流れで音楽のような節がついていることも多く、
現代調に直されている感じを受けます。

同じお経の内容でも、読み方に違いがありますね。


名古屋地域は東本願寺さんのお寺が大変多く、
この地域の御別院も「東別院」として広く知れ渡っています。

弊社は十数年前に本堂内装工事(漆塗・金箔、洗い美掃)を
担当させいただきましたが、欄間、障子はじめ全てのものが巨大で、
「日本一大きな別院」であることを実感した覚えがあります。


いずれにしましても、多くの仏具業者が存在する中で
若林を選んでいただいていることに大変な責任を感じますし、
今後も真摯な態度で誠実な仕事を続けていく思いを新たにいたしました。


担当のH君、おつかれさまでした!

中学校の入学式!
下の子が中学に入学しました。


京都の南禅寺や永観堂の近くにある某中学校です。

私は三十数年ぶりに足を踏み入れましたが、生徒に”女子”がいません(笑)

京都においても全国的に見ても今では数少なくなった男子校。
中学・高校については、京都でも2校になってしまいました。
(そのうちの1校も共学化の方向だとか…)

ここは特に仏教系(知恩院さん管轄)の学校なので親しみがあります。

体育館の中央には、法然上人の御影が大きく掲げられていました。

14603285358560.jpg

現在この総本山で仕事をさせていただいているというのは
単なる偶然でしょうか??

生徒は、行事やお参りで年間に20回くらいは知恩院さんに行くみたいです。


うちの場合、上と下が10才離れていますので、
久々の中学の入学式は新鮮味があります。

しかも新鮮な雰囲気…

弊社にはここの高校出身者がいて、
話を聴いていると、男子校独特の特徴と方針があります(笑えます)。

具体的にはこれから知ることになるのでしょうね。

14603285637321.jpg

これからまずは3年間、自分を高めていってほしいと思います。


コンビニのコーヒー
最近、コンビニエンスストアで100円コーヒーがよく売れています。

小さいサイズなら缶コーヒーより安くて、しかも豆が引き立てなので当然ですね。

私の場合、必ず何かと一緒に買いますからまんまと罠にはまっています(笑)


一連の動きは、セブン イレブンが火付け役だとは思いますが、
京都の某有名コーヒー豆製造会社の社長さん曰く、
セブン イレブンのコーヒーはいい豆を使っているということでした。

確かに味は「セブン イレブン」が一歩リードしていると感じます。

先日、市内のある店で「ホットのレギュラー!」と言ったら、
「どちらの味にされますか?」という答えが返ってきました。

「はぁ??」

14601623510820.jpg

“関西限定の味”として濃い味の種類「関西ブレンド」があったのです。
(機械の色も赤く変えてありました。)

現在は何でも”限定もの”が流行っていますね~

確かにちょっと濃い感じはしましたが、味以上に面白い試みだと思います。


ということで、これからもコンビニコーヒーにはお世話になります。

京都は春爛漫!
先日の土曜日がピークだったような気もしますが、
京都は今週いっぱい花見の真っ只中です。

京都市内はあちこちで桜が見られます。
前回のブログにもアップしましたが、
円山公園の“しだれ桜”をはじめ、ソメイヨシノも今週いっぱいが
見頃だと思います。

14598445637621.jpg

14598984269131.jpg

会社の屋上からは今夕、西陽で東山、清水寺方面がよく見えました。
また、朝陽に照らされた京都市内もいいもんです。

14598445499140.jpg

京都駅は「八条口」の工事が完成に近づいています。
少し南側へ出っ張って新幹線中央口、近鉄改札前が広く感じられます。

14598445811682.jpg

タクシー乗り場、降り場やバス乗り場、
一般車の乗降場もすでに供用開始していました。

慢性的な混雑の状況が改善すればいいですね。

春爛漫の京都は国内およびインバウンド観光の皆様で溢れますが、
観光バス駐車場の問題も深刻化してます。
あまりにも駐車場が不足しているのですね。


文化財修理の問題も含めて京都の課題はまだまだ多いようですが、
行政にも早く”春”がやってきますよう念じております。
「和の会」開催!
本年、代表幹事を務める金融機関さんの会で、「和の会」が行われました。

「和の会」とは、桜の季節に和装で、和食で日本酒を飲もうという
10年ほど前から始まった会だそうです。

もちろん、”言い出しっぺ”は呉服、和装関係の先輩方。
この会では重鎮と呼ばれる皆様です。


普段なかなか着物を着ることがない私にとっては
新鮮でかつ勉強になる、またピリッと気持ちも背筋も伸びる良き機会です。

14595560542000.jpg

当日は、円山公園の“しだれ桜”が満開!
インバウンド含む多くの観光客と花見の人でとても賑やかでした。

14595561161932.jpg

やっぱり桜の季節の京都はいいですね~
各地から来られるのもよくわかります。


「ソメイヨシノ」で私のオススメは醍醐寺さんと平野神社。
車なら出町柳以北の高野川(川端通り)、下鴨~松ヶ崎の疏水です。


月曜日は雨模様、今週はまだまだ見頃は数日続くと思います。
ぜひ桜の京都へお越しください!

四代目さんの十三回忌
私の祖父、若林正夫氏の十三回忌が勤められました、

14594380083910.jpg

…だったのですが、

私の曾祖父である3代目「卯兵衛」さんの三十七回忌、
そして曾祖母「いま」さんの三十三回忌もちょうど時期的に重なるということで、
三名の法要も同時に!ということになりました。

14594380380036.jpg

夕刻に会社の近所にある法光寺さんに集合、皆で“正信偈”をお勤め。

会食では若林家(と親戚家族)25名がほぼ全員集合するという
大変賑やかな法事となりました。


いとこ同士、昔はよく会う機会がありましたが、それぞれが家族を持つと
そうそう集まることができません。

普段、遠方に転勤している人にとって、また子育てが大変な母親の皆さんにとって、
話題を共有し情報交換のいい機会となったのではないでしょうか。

法事を良き機会として、有縁の人達や家族が集うことは、
亡き人を偲びつつ、”仏縁”に出会う貴重な有り難い機会であると言えます。


西本願寺さんのホームページに下記の記述がありました。

「有り難い」という日常用語があります。
文字通り見ると、「有るのが困難である」という用語です。
存在がまれである。めったにない。珍しいという意味でしょう。
「人間として生まれること」や「仏の教えに遇(あ)うこと」は
なかなか難しく「有り難い」ことです。
だからこそ「人間に生まれた」「仏の教えを聞けた」ことは
決して当たり前ではなく、大変貴重なことです。
ですから、「ありがとう」は、感謝を表す言葉となりました。
有り難いことですね。


こうした“有り難い”機会に
多くの親族が集えたことに感謝しなければなりません。

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.