FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201608<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201610
バリアフリーダイビング
所属するロータリークラブで、「バリアフリーダイビング」という事業を開催します。
先日その“フォーラム”が開催されました。

14752813862871.jpg

障がいのある方でも、ダイビングはそのハンディキャップを軽減してくれます。
ちょっと勇気を出して参加することで、人生の楽しみが広がります。

主催は京都南ロータリークラブ、
協力がNPO法人 日本バリアフリーダイビング協会さんです。

14752813751260.jpg

開催場所は沖縄、知れば知るほど素晴らしい企画だと思います。
私は今回の事業をメインにお世話する委員会に配属されているので、
寄贈品関係でのお手伝いはさせていただいております。

でも私はダイビングをしないので行きませんが … (>_<)


感  動 !

それは新しい世界を知った喜びによって派生し、
生き甲斐さえも与えてくれるのです。
エメラルドグリーンの海、白い砂浜、
水中にシャワーのように降り注ぐ太陽、
色とりどりのサンゴ礁、鮮やかなトロピカルフィッシュ、
何よりも、そこで呼吸している自分自身。
そして、ダイビング後の爽快感、人と人とのふれ合い・・・・。
こんなにすごい世界を与えてくれる大自然の海は、
いったい誰のもの何でしょうか?
それは、地球上の平等に与えられている
命のある全ての物なのです。
ちょっとした勇気と、好奇心が有れば、
後は行動するのみです。
それによって幸せを感じる事ができるのです。
私達は、そのような世界を健常者の皆さんだけでなく、
体の不自由な皆さんや加齢者の皆さんにも同じように感じ、
生き甲斐のある人生を過ごして頂きたいのです。
バリアフリーとは、障害を取り除くと言う意味です。
ハンディキャップを持った人達に、
ダイビングの楽しさを広く知って頂きたい
そのような熱い思いを込めて、
日本バリアフリーダイビング協会は、誕生致しました。


ということで、バリアフリーダイビングの宣伝みたいになってしまいましたが、
このようなものが存在するのだということは知っておいてください!


商品はわが娘!?
松下幸之助さんのWebサイトがあります。

ここには毎日日替わりで言葉が載っています。

ここでも何度か書いていますが、
京都駅八条口の前にある「PHP研究所」には「松下資料館」があり。
予約さえすれば、誰でも無料で入館することができます。

人間としての生きる道、哲学、経営学など
様々な分野で自分自身を考えるいい機会になります。

本日の松下幸之助サイト一日一話は「商品はわが娘」という題目でしたので、
ちょっと目にとまりました。


「商品はわが娘」

私どもが日々扱っている商品は、
言うなれば永く手塩にかけたわが娘のようなものだと思います。
ですから商品をお買いあげいただくことは、自分の娘を嫁にやることであり、
お得意先はかわいい娘の嫁ぎ先だとも言えましょう。
そう考えると、その商品が十分お役に立っているかどうか心配になって、
ちょっと様子を見てみようという気が起きてくるのではないでしょうか。
そういう思いで日々仕事に取り組んでいるならば、
お得意先との間に単なる商売を超えた、より深い信頼関係、力強い結びつきが
生まれてくると思います。
お互い商品を自分の娘というほどに考えているかどうか、
改めて考え直してみたいものです。


店頭販売であろうが、ネット販売であろうが、
仏壇・仏具であろうが、現場工事であろうが、
商品をお客様に届けることには何ら変わりありません。

そこには良きものを納めようという担当や製作者の気概が見られないと
絶対に実現しません。

お客様の期待に応えるには、娘を嫁に出す、気持ちよく送り出すくらいの
感覚が必要だという、実はとても深い話だと感じます。


NHKの取材がありました!
若林工芸舎が現在関わらせていただいている「二条城 東大手門」
堀川通りに面している皆さんもよくご存じの“入り口”です。

ここの錺(かざり)金具について修理作業中の取材がありました。

NHKが一連の取材をしているうちの一部分となります。


若林工芸舎、錺金具部門の職人さんとしてご活躍いただいているMさん。
本日は“主役”として頑張っていただきました。

14748452442770.jpg

14748453121073.jpg

現場から取り外した銅の錺金具は、
一旦表面の汚れをすべて落として曲がり等を整形し直します。

そして、今回は金箔の「三度押し」となります。

14748452676351.jpg

生漆(きうるし)を、金箔を押す(貼る)面に塗り広げ、
それを均一に拭き取ります。
均一に拭き取らないと金箔の表面に“ムラ”が出てしまいます。

また、漆の乾きの読みも職人の長年の経験、”カン”が左右します。
漆が金箔の「接着剤」ですから、乾かなくても乾きすぎてもいけないのです。

その次は、化粧となる「墨差し(すみさし)」工程。
模様以外の部分(ななこと呼ばれる粒々の部分)を黒く塗っていき、
菱形や花の模様を浮きだたせていきます。

お寺の外部金具にもよく使う手法ですね。

14748452791792.jpg

ということで、今回の撮影は無事終了、
先の放送が楽しみです!(^^)


相性の悪い人とは?
このブログではたびたび登場される斎藤一人さんの言葉です。

相性の悪い人ってどんな人なのでしょう?
切り口が面白かったので、ご紹介したいと思います。



相手のイヤな点が自分の欠点だと気づけば、心の幅がふっと広がります

人間同士には相性というものがあります。
何かにつけてカンに触って、どうしても好きになれない人もいます。

それでも何とかつき合っていかなければならない場合もありますよね。
たとえば、おなじ職場で協力して仕事をしなければならないとかね。

相性の悪い人って、どんな人だと思います?
それがわかれば、何とかなりそうな気がしますね。

ムシの好かない人は、自分の弱点とおなじものを持っている場合が多い。

たとえば、自分の短気が欠点だと気づいていて、
それがイヤなのに、目の前に短気な人が現れたとき。

見たくないと思っている自分の欠点をまざまざと見せつけられてしまう。
それで許せない気持ちになってしまうんです。

だから、相性の悪い人に腹を立てるのは自分に腹を立てていることなんですね。

相手のイヤな点が自分の欠点だと気づけば、心の幅がふっと広がります。

「あの人だけじゃない。自分もおなじなんだ」と思えば、
その人を愛せるようになります。

かえっていい友達になれたりもしますよ。



いかがでしょうか。
皆さんの周りに相性が悪い!と思う方はいますか?

学年同窓会スペシャル!
土曜日に中学・高校の学年同窓会が開催されました。

「ほぼ50歳スペシャル!」

14743980490330.jpg


ということで、私も今年でいよいよ”大台”に乗ります。
(自分的には35歳で止まっているのですが…^^;)

同級生100名はまあいいとして、
先生が中学高校併せて30名という異例の出席者数となりました。

今回も幹事の1人としてやってきましたが、
この年になりますと、“スペシャリスト”がたくさんいます。

幹事が集まりますと気持ちは30年以上遡って18歳なのですが(笑)
同級生のスキルは恐ろしいほど上がっています。

単なる同窓会ではなく、いかにして出席者に喜んでいただくか、
同級生に対してというよりも、お客様を迎えるかのような
心遣いも随所に見られます。


会場となった「ハイアットリージェンシー京都」

7年前に900名もの出席者をいただいて同窓会懇親会全体の
「ホスト(幹事)学年」を務めたその会場です。

私が京都市内で好きなホテルの一つでもあります。

n_15_29_1.jpg

同窓会は「3次会」の26時半まで、多いに盛り上がっておりました!

14743980935731.jpg

次は10年後、60歳“還暦スペシャル”になろうかと思いますが、
果たしてどのようなことになっていくのでしょうか。

乞うご期待!

中村天風さんの格言
ふと目にとまった「中村天風」さんの格言

言葉の力については複数の方がおっしゃっていることです。

私も朝礼で(偉そうにも)同じような話をしますが、
これは私が実感として感じていることでもあります。

「ツイてる!」という言葉も、まさにこの内容に通じることです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

絶対に消極的な言葉は使わないこと。

否定的な言葉は口から出さないこと。

悲観的な言葉なんか、断然もう自分の言葉の中にはないんだと

考えるぐらいな厳格さを、持っていなければだめなんですよ。


常に善良な言葉、人を勇気づける言葉、

人に喜びを与える言葉っていうような、言葉のみを使っている人、

そういう人は心がけなくても、人に幸福を分けている人だよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、これは人間にとってかなり難しいことなんだと思います。
意識のないままにマイナスな言葉を発してしまうのが人間です。

私も、全くできていない人の1人でした。

だから人生は“修行”なのでしょうね。
常に前向きな言葉を発する“くせづけ”が必要です。

皆様はいかがお考えでしょうか?
中学・高校の学年同窓会!
今年も送られてきました「同窓会誌」。

高校を卒業して25年目の年に、この学校の同窓会全体の「幹事学年」
としてお役目が回ってきます。
私も7年前にこの“仕事”をさせていただきました。

役を持つと1年間(実質2年くらい)は結構大変です。
この「同窓会誌」制作もお役目の一つです。

14738818103021.jpg

当時は当日、うちの同級生360名中、何と200名!が参加しました。


さて、今度の土曜日に中高の学年だけの同窓会があります。

毎年「大懇親会」といって学校の卒業生全体の会は催されているので、
近い同級生には1年に1回以上お会いします。

特に京都には同級生マラソンチームがあり、飲み会もあり、
またゴルフコンペも催されたりと
アクティブな活動をしている方々も多いです。


今回は
「昭和59年度卒業生 ほぼ50歳記念!学年同窓会スペシャル」
ということで、50才という節目の特別な同窓会が企画されました。

同級生100名強、当時在籍の先生方30名

結構な人数です。
(うちの奥さんもここに入ってます…)

会社の会議室を何度か打ち合わせに提供したので、
「何をやったはるんやろう?」と思っていた従業員の皆さん、ごめんなさい。


ということで、いつの時代も幹事さんは勉強です。
盛り上がることを期待しつつ。

ネット事業部の決起会!
弊社の関連でありながら、
全く別組織として立ち上げたネットショッピングサイトがあります。

若林の店舗とは全く違うラインナップ展開をしているため、
リンクはいたしませんが、これからの将来を担う部門となっています。

最近は成長著しく、新しい体制が9月よりスタートしたため、
決起会をやろう!ということになりました。

14736368679850.jpg

謎の達人“まきちゃん”も登場し、素晴らしい優秀なスタッフとともに
大変楽しいひとときを過ごすことができました。


さて、
ネットショッピングを利用する人は全国の70%を超えたといわれます。
利用者の高齢化も進んでいます。

ネットショップ開設の必要性は大半の企業の方々はわかっているのです。
但し、話を聞いて実際に行動するのは10人に1人程度だそうです。

そして、実際に運営していくには頭脳と初期労力を必要とします。


大きくは、これからの日本の動き、世界の動きを考えながら、
これからの企業のあるべき姿を追求し続けることが重要だと思います。

これから、若林はますます前を向いて参ります!


強盗事件発生!
本日、近所にパトカーがたくさん来るな~と思っていたら、

「強盗事件」でした。

私はちょうど会議に入ったので、その後の詳細はわからなかったのですが、
事務所に戻りますと警察の方がうちの防犯カメラをチェックしていました。


「京都新聞」の記事です

9日午後1時半ごろ、
京都市下京区七条通新町東入ル、携帯電話買い取り店「モバックス京都駅前店」で、
男がスタンガンと果物ナイフを示して「本物や、金を出せ」などと
同店の男性社長(39)と従業員3人を脅し、現金約100万円を奪って逃走した。
けが人はなかった。下京署が強盗事件として捜査している。

同署によると、男は身長170~180センチ。
黒色の目出し帽にサングラスを掛け、上下緑色の作業着姿だったという。
当時、店内に客はいなかった。

同署の説明では、男は入店直後に4人を脅し、持参した紙袋に現金を詰めさせた。
社長と従業員が、店から南西方面へ走って逃げる男を約500メートル追いかけたが
見失ったという。

現場は、JR京都駅から北約400メートルの七条通沿いに建つビルの3階。


ということで、
忘れた頃にこういう事件が起きますので、
弊社も警告と受け止めて、気をつけたいと思います。


「冷やし中華」と「冷麺」
「冷やし中華」と「冷麺」の違い。


私は関西と関東の呼び方の違いだけだと思っていましたが、
もっと深いようですね。

冷やし中華はもともと日本で(仙台?)生まれたもので、
文字通り、夏に麺を冷やして、具を乗せて提供したものです。

冷麺は韓国発祥のもので、ゴムのような食感が特徴です。

一般的に冷麺はそば粉を原料としています。
(盛岡冷麺にはそば粉は入っていないようですが)

冷やし中華の黄色い中華麺は原料に小麦粉を使用しています。

14729903672784.jpg
(写真は、京都で有名な上賀茂「サカイ」さんの冷麺です)


関西の中華料理店、ラーメン店で冷麺といえば冷やし中華が出てきます。
冷たいラーメンの略で“冷メン”ということでしょうか。

でも、関西の焼肉屋で冷麺を頼めば「韓国冷麺」が出てきます。

北海道では「冷やしラーメン」と言うそうです。

その地域、お店の形態よっても違うということですね。


そろそろ今年の夏もまだまだ終わりそうにありません。
暑いうちに冷た~い麺をいただきましょう!


お盆のお墓参り!
お盆に行けなかった「お墓参り」。

お盆やお彼岸の最中は、あまりの人の多さと駐車場に入れなくなるので
毎年時期を外して行くようにしています。

14729903302381.jpg

14729903385602.jpg

大晦日には必ず3ヶ所(なぜか^^;)行きますが、今回は1ヶ所。

たまたま、若林家のメイン墓がうちの奥さんの実家のお墓と
超ご近所なので、有り難いことに同時にお参りすることができます。

14729903464753.jpg

最近は室内廟(納骨壇)をよく見かけますし、我々も販売していますが、
暑い時期や寒い時期に無理してお参りする外墓地よりも、
参拝者には優しいかも知れません。

先人のことを想う時間を作ることで、
それをご縁に自分や家族を振り返るきっかけになればいいですね。


いずれにしても、お墓参りの時だけではなく
日常的に「先祖に対して感謝する気持ち」を持つことが大切なのですね。


京都 夏の屋上バー!
思いがけずいい場所に案内してもらいました。

今年6月にオープンした、本当に“オープン”な場所です。
鴨川ビルの「期間限定」屋上バー「in the Moon.」

14726854137490.jpg

10月頃までの期間限定。
雨が降ったら、そこで営業休止というのは笑えるところです。
なので、お客様は自己責任においてのご来店です。


周りには遮る建物がなく、「南座」「レストラン菊水」もはるか下に見えます。
京都タワーもよく見える… どころか、伏見、大文字も見えるようです。


さて、京都市内は、こんな所が飲食店に!ということは最近良くあります。

うちの会社の近所、
七条通も烏丸から西洞院の間は夜が賑やかになってきました。
居酒屋さんと焼肉、B級グルメのオンパレード!

ゲストハウスに宿泊している”外人さん”にも大人気です。


前述のような「屋上バー」も、高い建物が少ない京都では貴重な場所。

今後ももっと斬新な飲食店が増えてくるような気がします。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.