FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201701
2016年お世話になりました。
2016年ももうすぐ結びの時を迎えようとしています。

本年お世話になった方へ、心より感謝を申し上げます。


来年は、私にとっても会社にとっても大変革の一年となります。

今後10年間の基礎を作り上げる一年となります。

個人的にも会社としても日々感謝の気持ちを忘れず、
関わるすべての人々の幸せと心のやすらぎを追求しながら
ビジョンを持って邁進する一年にしていきたいと思います。


皆様、来年もよろしくお願いいたします!

一乗寺ラーメンの人気店!
久々に一乗寺の「極鶏」(ごっけい)に行ってきました。

最初に食べたときの衝撃は今も忘れられません。
ドロドロスープの中にもコクがあって、とっても美味しかったのを
覚えています。

14829726681342.jpg

前は良く通りますが、最近は行列が長すぎてとても行く気になりません^^;

今回はたまたま4名しか並んでいなかったので、
下の子と二人で、「行ってみよか!」ということになりました。

極寒の中、並んでいる間にもどんどん人が来ます。

20分くらいで店内に入りましたが、
座って待っている間も、「現在32名です。もうすぐ整理券です。」
などと店員のスゴイ会話が聞こえてきます。


そして出てきました「鶏だく」!

14829726858613.jpg

今回は …

… ん? …

ちょっと以前と変わった?

特徴あるラーメンとしてはもちろん美味しいのですが、
人間は期待が大きすぎると脳が逆反応してしまうのかも知れませんね。

美味しいのですよ、美味しいのですが何でしょう…

14829727020414.jpg

次回は、やっぱり天一本店に行こうということになりました(笑)


忘年会2016 in モリタ屋!
今年も年末がやって参りました。

12月は、2日の"My birthday"が昨日のことのように感じられるほど
超速の1ヶ月でした。
かつ、だんだん密度が濃くなるイメージです。


さて、本年も恒例の京都本社「忘年会」が執り行われました。
毎年違う会場を考えるのですが、今年は「モリタ屋」木屋町店さん。

40名という部屋ギリギリの人数が鴨川沿いの広間に集結!
美味しい”すき焼き”を堪能させていただきました(^^)

14829726238480.jpg

吉岡社長、専務さんはじめモリタ屋関係の皆様お世話になりました!
幹事のM田さん、ありがとうございました。

忘年会は、みんなの1年間のさまざまな思いが出るとてもいい機会です。
恒例の集合写真!(モザイク入りですが)

IMG_5450.jpg

2次会はそのままのテンションでカラオケラウンジへ!
遅くまで盛り上がりました。

14829726467301.jpg

“社長”の立場というより、同じ職場の仲間と明るく飲めることは、
大変有り難いことであると感じます。


来たる平成29年(2017年)は、
若林グループにとって大きな変化の一年になります。

「経営方針書」にも書きましたが、
来年はそれぞれのメンバーが個々の意識を強く持って、
社是である感謝の気持ちを忘れず、
理念である関わる人々の幸せと心のやすらぎを追求し、
今後10年間の基礎を作り上げていきましょう。

支社、支店の皆様もどうぞよろしくお願いいたします。

クリスマス 2016!
皆さん、今年のクリスマスはいかがお過ごしだったでしょうか?

世間は三連休でしたので、遠方へ出かけた方もいらっしゃったでしょうが、
北海道はエライことになっているようで、札幌店長から画像を頂きました。

14827042649131.jpg

12月の積雪としてはかなり珍しく、写真を見るだけでも大変です。


お寺さんはクリスマスと関係ないから … という人も多いですが、
イベントをされている方もいらっしゃいます。

日本ではあまりクリスマスが“キリスト”であるという感覚が
だんだん薄れて生きていますね。

日本独自の行事やイベントがこのように広まればいいのですが。


さて、今年のうちのクリスマスは美味しい食事が並びました。
やはり、人を招くというのはいいものです。

14826899614962.jpg

ケーキも手作りだったようで、有り難いことです。

14826898992700.jpg

まちにはバイクのサンタクロース集団が!!

14826899696313.jpg

まもなく今年も結びの時を迎えます。
皆さんにとってどのような2016年だったでしょうか。


快晴の東京へ!
今回の富士山はきれいでした。

14825389616200.jpg

東海道新幹線は北側の席(一般席のE席)から先に予約が入ります。

もちろんシステム上、こちらの窓側から優先的に予約が入り、
最後は真ん中のB席ということになるのでしょうが、
富士山を見たい人は多いようです。

実際、晴れた日には、実際の車内放送でも
「ただ今進行方向の左側に富士山が…」という内容の案内があります。


ということで、今回の東京出張はメインのお仕事の他、
退職される元同僚のプチ送別会も開催され、遅くまで飲んで語りました。

今月より新しくなった「新東京支社」へも訪問。
広々としたキレイな事務所で新たな仕事がスタートしています。

有り難いことです。

次の日は始発でとんぼ返り!というスケジュールでしたが、
また新たな気持ちで行動していきたいと思います。

なぜ風邪を引くのか論
毎日寒い日が続いています。
京都は朝晩とびきり冷たいですね。

その中でも、外で作業をしてくれている従業員の皆様には頭が下がります。


さて、世間では今年も「インフルエンザ」が流行っているようです。
私の周りでもかかっている人がおられます。


なぜ病気をするのかということで言うと、
結局のところ脳が指令を出すのですから、
脳が不健康な状態になっているということになります。

明るい気持ちの持ち方、前向きさ、行動力は、脳を活性化させる
いい材料だと思います。

時折、病気もできないほど忙しい時があります。
そういう時は、脳が病気になる指令を出さない時と言えます。

もちろん、これは信じていただくても大丈夫です。


しかし、長期休暇になると必ずと言っていいほど風邪を引く人もいます。
これは典型的なパターンかも知れません。


以下は松下幸之助さんの言葉です。

いかにすぐれた才能があっても、
健康を損なってしまっては十分な仕事もできず、
その才能もいかされないまま終わってしまいます。

では健康であるため必要なことは何かというと
栄養であるとか、休養とかいろいろあるが、
特に大切なのは心の持ち方です。

命をかけるというほどの熱意を持って
仕事に打ち込んでいる人は
少々忙しくても疲れもせず、病気もしないものです。


よく病気される方は、ご自身に病気になるスキがないか
考えてみるのもいいのではないでしょうか。


京都のクリスマス イルミネーション ~上京区編~
上京区でクリスマス・イルミネーションを飾っている学校は、
同志社大学と平安女学院さんです。

どちらもキリスト教の学校であり、ここ数年の定番になってきました。

特に“へいじょ”さんは毎年変化があって楽しいですね。

14819348489173.jpg

14819348618054.jpg

14819348757735.jpg

同志社大学のツリーは、昨年から中央より一本北側へ移動となっており、
明治初期建立のレンガ造り「彰栄館」(重要文化財)との対比がいい感じです。

14819348099160.jpg

14819348201231.jpg

14819348297552.jpg

京都では最近「ローム」本社のイルミネーションが有名ですが、
LED照明の充実で美しい場所が増えてきました。

クリスマスまであと数日間、もう少し楽しめそうです。

京都のクリスマス イルミネーション ~京都駅編~
今年も“クリスマス”の季節がやって参りました。

もはや本来の意味から大きく変わったイベントになっていますが、
経済活性化の意味では素晴らしいことだと思います。

京都駅界隈では、駅ビル大階段の「巨大ツリー」
毎年存在感のあるツリーが出現します。

14817577705621.jpg

14817577865472.jpg

夜には寒い中、カップルや家族連れなどが多く訪れ、
音楽に合わせてイルミネーションカラーが変化するツリーを
見上げています。


駅前では、正面「ローム」さんのビルの窓にクリスマスツリーが
浮かび上がります。

14817578224753.jpg

市の規制が厳しく,電飾の少ない京都駅前において
いつもとちょっと違う“カラフル”な感覚になれます。


もう一つは、ホテルグランヴィアさんのロビーです。
これも毎年落ち着いた重厚感のあるツリーです。

14817577308380.jpg

京都駅界隈には他にもさまざまなツリーがあるのでしょうが、
クリスマス前の街の雰囲気、飾り付けは
季節を感じるものであり、美しいと感じます。


新町祭SAP!
毎年ちょっと広告協賛している「同志社大学 新町祭 (SAP)」に行ってきました。

Shinmachi Activate Project (SAP) は
「新町キャンパスの活性化」を目的に活動する同志社大学の学生団体です。

14815395110471.jpg

事業の説明には次の通りです。

2008年に始まった新町祭は1万本のキャンドルを使用する関西最大級の
キャンドルナイトイベントです。
私たちSAPは同志社大学のキャンパスの中で唯一学園祭のない新町キャンパスに
伝統行事を創ることで、新町生というアイデンティティとプライドの確立を
目的としています。

また、新町祭は学生同士だけではなく、地域との繋がりを深くすることで、
さらなる新町キャンパスの活性化を目的としています。

新町祭という同じ空間・時間を過ごすことで、
来場された地域住民の方々と学生の間に一体感が生まれ、
「新町キャンパスがあってよかった」と思ってもらえる空間づくりを目指します。

14815395346023.jpg

14815394974390.jpg

ということで、
一夜だけのイベントではありますが、とっても寒い中、
地味ですが美しい、でも意義のあるイベントとなっています。

14815395450794.jpg

お近くの方は、来年行ってみてください。

世界最大級の幢幡!?
先日、京都市内の総本山で
”日本最大級”となる「幢幡(どうばん)」の仮吊りが行われました。

ということは”世界最大級”となりますね。

14810664676152.jpg

幢幡(どうばん)とは…

寺院(内陣)を装飾する荘厳具の一つで、もともと平面的なものです。
仏堂を装飾する“はたぼこ”を「幢(どう)」
寺院の境内や堂内に掛ける(立てる)飾り布を「幡(ばん)」
二つは異音同義語とされ、それをあわせて「幢幡」といいます。
これが後に六角形など立体的な形状に変わっていったようです。


この幢幡は、我々の経験の中でも一番大きなものです。

今回は仮吊りということで、木地の状態、かつ瓔珞(ようらく)が
2本しか下がっていない状況ではありますが、相当な迫力があります。

14810664283740.jpg

これから漆を塗って金箔を押しますと、さらに膨張して見えますし
ますます豪華で迫力ある荘厳具となります。

また重さも数百キロとなり、吊り元にも気を遣います。

それでもうちの製作部のメンバーは、滞ることなく作業を進めていきます。
下から見ていても安心感があります。

NHKの撮影部隊が入っていましたが、段取りはスムーズだったと思います。

施主様に喜んでいただけるよう、
また今後ご参拝の方々に対して強い印象を持っていただけるよう、
しっかり完成させたいと思います。

若林工芸舎の皆様、よろしくお願いいたします。

羅城門が京都駅に出現!
羅城門が京都駅の表側に出現しました。

… といっても模型のことですが。

京都劇場、ホテルグランヴィアの東玄関を出てきて正面に設置されました。

14810665629634.jpg

14810665328543.jpg

雨ざらし故、大丈夫かと案じましたが、ちゃんと加工はされているようです。
「東武ワールドスクエア」のようなところもありますが、これは高級模型ですね。


以下、新聞記事(抜粋)です。

平安京の羅城門(らじょうもん)の10分の1模型
(幅8メートル、高さ2・4メートル、奥行き2・1メートル、重さ2トン)が
下京区のJR京都駅前北口広場にお目見えし、21日、設置記念式典が開かれた。

京都の寺社や大学などでつくる「明日の京都 文化遺産プラットフォーム」の事業。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、
歴史都市や国際観光都市の京都をさらにアピールしようと、
京都の玄関口である京都駅前に平安京の玄関口・羅城門の模型を展示した。

模型は平安建都1200年の1994年、宮大工らの組合が約1億円をかけて制作した。
だが巨大ゆえ、保管場所に困り、
17年前からJR京都駅近くのビルの地下に置かれてきた。
今回、防水加工などを施し、露出展示している。事業費は約3千万円。

模型移設プロジェクト実行委員会長の千玄室・裏千家前家元は
「平安京羅城門の模型が京都の新しい名所として大きな役割を果たして
くれればありがたい」と述べた。


観光客の皆さんの新たな記念撮影の場所となればいいですね。


50回目のBirthday
とうとう大台に乗ってしまいました。
なんと50歳です(゚_゚;)

でも、自分では40歳としか思えないのですが…
これが実感です。


で、恒例のケーキお祝い!

14808514618890.jpg

2人からは素敵なお祝いと手紙をいただきました。

14808514854251.jpg

この10年の速さといったら… 本当に一瞬の感じでした。

2006年に青年会議所を卒業して
2008年に中高同窓会のホスト学年があって
2013年に社長に就任して
2014年に家を建てて

そして今年2016年は「銀婚式」の年でした。

激動の10年を過ごしてきて、一つの区切りです。
ツイてる人生は、来年からまた新たな一歩を踏み出すことになりそうです。


人間は生まれる前に自分で人生の修行内容を決めて、
でもその記憶は消して、両親を選んでから生まれてくる。

こんなことを聞いたことがあります。

信じる、信じないは別にして、
だとすれば、自分は何を使命として何を修行しに生まれて来たのか。

考えても仕方ないので、
まあこれからも前向きに行きましょう!


素敵なアレンジメントをいただいたYZさん、
ありがとうございました!

14808515084983.jpg
電通 各務氏の話
先日、組合研修の閉講式がありました。

今年も3ヶ月間に及ぶさまざまな研修が終了いたしました。
ご担当の皆様、ありがとうございました。

さて結びのご講演は、電通 京都支社のプロデューサー、各務 亮氏でした。

14799472748760.jpg

京都において「GO ON」というプロジェクトをプロデュースした方です。
http://goon-project.com/

38歳ということは私と一回りもちがいますが、
大変謙虚な方で頭が良く、かつ行動的な方だと感じました。

GO ONサイトの説明によると、
GO ON とは、「伝統工芸」と言われてきたものを受け継ぐ若い後継者が、
自分たちの技・素材を 国内外の企業・クリエーターに提供し、
今までにない新しいものを生み出していく、プロジェクトユニット。
とあります。

6名の若手後継者が、それぞれの分野でちょっとカタチを変えた作品を
製作し提供しています。

さて、海外のラグジュアリーブランド(エルメス、ルイヴィトンなど)は
長い歴史と本物の技術によりその地位を確立しています。

京都は条件を満たしているのに、見せ方が海外に比べて下手だということです。
見せ方については、紹介のさまざまなコラボレーションやイベント事例から
その大切さも伝わってきます。

14799472825111.jpg

・世の中はこの先、ますます見に見えない価値、数値で測れない価値が求められる。

・仏壇・仏具の世界も本来の存在価値に立ち返り、それを現代的に編集する。
見せ方を工夫する。その際、外部の手を上手に借りる。

こうした感覚を実際に感じ、具体的に実行していくことが求められるのですね。

次の新規事業が成功するかしないか、これから楽しみなところです。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.