FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
本社ビル リニューアルレセプション!
11月28日(火)夜は、若林本社ビルのリニューアルレセプションでした。
お越しいただいた方々に、あらためて心より感謝申し上げます。

トークショー&レセプションの時間中、あわせて270名もの方々にお越しいただきました。

L1290329-2.jpg

L1290318.jpg

!cid_8C3B7B65-F641-40E1-AFC5-903590FDBCE1.jpg

L1009243.jpg

17時より行われたトークショーでは、
当初予定していた弊社内での設えがとてもできないくらい多くの方々に
お申し込みいただいたため、急遽会場を変更し、
京都駅すぐの「キャンパスプラザ京都」での開催となりました。

!cid_73D4CB6C-6868-4D80-B478-7883D2D49DBD.jpg

お話しいただいた”空間デザイナー”ベルベッタデザインの長谷川喜美さん、
電通(というより伝統工芸プロデューサー)の各務亮さん、ありがとうございました。
コーディネートしていただいたミルデザインの青木さん、素晴らしい仕切りでした。

皆さんプロフェッショナルの方々だったので、
文字通り「トークショー」という雰囲気で、お越しいただいた皆様は
満足していただいたのではないでしょうか。


終了後、少し歩いて弊社にお戻りいただき、18時半よりレセプションがスタート。

!cid_40FD472A-1122-4A01-BC1B-3B3D7A5B600E.jpg

!cid_5E7A3080-8A41-4B26-A490-7EE7C8AB74BE.jpg

!cid_0C3FD587-7084-4D2A-81B2-58F15F5206DF.jpg

店から溢れ出んばかりの人で、当初はどうなることかと思いましたが、
少しずつ各フロアへご案内いたしました。

1階では「木乃婦」さんのプチ京料理、「クレーム デラ クレーム」さんの
プチシューをご堪能いただき、すぐ横では来春発売、清水慶太さんデザインの
オリジナル仏壇「HAJIME」が初披露となりました。

L1290357-2.jpg

また、職人さんの実演フロアでは
ベテラン親方クラスの方々が、文字通り匠の技を披露。

!cid_D6AA81E7-956C-4067-ACEA-46D36AA16752.jpg


5階の「京仏壇ミュージアム」もご堪能いただけたことと思います。

また、本館隣の「卯兵衛館」では、
弊社にて修復中の知恩院さんの御厨子を展示させていただきました。

L1290367.jpg

などなど、大変盛りだくさんの内容。

9時を過ぎてもまだお客様がいらっしゃる感じで、
有り難いことになかなか会場が閉じられませんでした。


ということで、長期にわたって準備してきたこの日も結びとなりました。

蒔田さん、素晴らしいコーディネートありがとうございました。

長谷川喜美さんをはじめとするベルベッタデザインの平山さん、染谷さん、加藤さん他皆様、
青木さんをはじめとするミルデザインの田辺さん、島田さん他皆様
野口建設の若吉所長はじめ現場の皆様、
それぞれの方々に心より感謝を申し上げます。

京都本社従業員の皆さん、長期に渡るさまざま不便にご協力いただきありがとうございました。
そして各店の皆さんを含めご協力ありがとうございました。

このリニュ-アル工事を半年間黙って見守ってくれていた相談役、会長にも
感謝したいと思います。

そして何より、ご不便をお掛けしたお客様におわびを申し上げるとともに
今後とも末永くご愛顧賜りますよう、お願いいたします。


「行動元年!」
これからが本番です!


中高同窓会 大懇親会2017
毎年、この時期に行われる母校中高同窓会全体の「大懇親会」


最近はウェスティン都ホテル別館「瑞穂の間」で行われることが多いです。
京都市内ホテルの宴会場で一番大きなキャパシティを持つ宴会場です。

昨日も全員着席で600名以上のご出席となっていました。

!cid_D8FA6219-164C-46C2-89BD-8A1FD0AA7313.jpg

単年毎にホスト(幹事)学年が入れ替わり、
高校を卒業して25年目、42歳の時にそのお役が回ってきます。

私も9年後ほど前に、ホスト学年の代表である理事長を拝命し、
1年間、同級生とともに”ホスト”させていただきました。

その時はハイアットリージェンシー京都で、着席・立席混合で900名のご出席、
当時の横山支配人はじめご担当の方々には本当にお世話になりました。


ということで、
立場上、毎年この大懇親会には行かなければならない雰囲気になっています。

同級生は多彩な職業で、資格業としても
各種医者、弁護士、公認会計士、税理士、各大学の教授まで揃っています。

この先、お世話になるでしょうか?


本店ビルのリニューアルレセプションを28日に控え、
行ってる場合ではない? でも社長が動いてるようではダメ?

行ってよかったです。


京都本社レセプション開催! 
2017.11.28 (TUE)

京都本社ビル リニューアル工事完成のレセプションを行います。

invitation-card-1.jpg

invitation-card-2.jpg


【トークショー】 @キャンパスプラザ京都
17時~18時30分
大好評に付き会場変更しました。お席に余裕があります!

【レセプション】 @若林本社
18時30分~20時30分
店舗新装、職人さんの実演、京仏壇ミュージアム、文化財などなど盛りだくさん!

プレスリリース(日本語版・英語版)はこちら
https://www.dropbox.com/sh/o05drslortwi49s/AABeLXn0jdf0q6F445Gwvq2ta?dl=0


招待カードコメント
創業天保元年(1830年)、京都に生まれ育った若林佛具製作所は、
本年新たなチャレンジをスタートするとともに伝統工芸の拠点となる本社ビルを
リニューアルいたしました。
つきましては、イベント及び披露の機会を設けましたのでご案内いたします。
新たな発見があること間違いなし!皆様のお越しを心よりお待ちしております。


皆様、ぜひともお越しくださいませ。
飛び入り大歓迎!お待ちしています。

KBS京都ラジオの収録
先週、KBSラジオの収録がありました。

「本多隆朗の京のあったか円かじり」
毎週日曜日 朝 6:25 ~ 6:55

!cid_1C81CDC6-119B-4CCB-86F4-9601D643F847.jpg

西本願寺の本多先生が長年パーソナリティーをされている番組です。

現在は本願寺の執行長という大役を務められていて、
日々お忙しい中、収録を続けておられます。

今回は弊社の本社リニューアル工事の完成と、今後の若林の方向性を
話す時間を作っていただけるということで、出かけて参りました。

スタジオへ行きますと、六波羅蜜寺の川崎純正先輩が収録中でした。
「今朝のお寺さん」コーナーです。

「京の匠」登場!
私はすでに3回目ですが、いつ行ってもマイクの前は緊張します。

加えて、今回は卯兵衛さんも連続の収録ということで、
このような写真になってしまいました。

!cid_8751E341-6C3D-4916-867D-57169D8ACF6F.jpg

アシスタントの伴さん、いつもありがとうございます。
若林は創業200年に向けて突っ走ります!
グランフロント大阪クリスマス2017
現在、大阪駅北側の「グランフロント大阪」にて、
真っ赤なバラのクリスマス ツリーが飾られています。

grandfront-osaka2017.jpg

プレスリリース
https://www.grandfront-osaka.jp/press/pdf/release170925.pdf

グランフロント大阪のウェブサイトによると、

グランフロント大阪(大阪市北区大深町)は、
「WINTER IN RED(ウィンターインレッド)」をテーマに、まちに訪れる人々の
願いや思い、夢が集まり、紡ぐ『GRAND WISH CHRISTMAS 2017』を
11月9日(木)から12月25日(月)まで開催いたします。
5回目という節目を迎えるグランフロント大阪のクリスマス、
今年は「赤」をテーマにまち全体をクリスマスらしい華やかなムードで盛り上げます。
クリスマスカラーで良くイメージされる「赤」は一般に「クリスマス・レッド」と呼ばれ、
その由来はキリストが生まれた時に次々と実を結んだ林檎の実やヒイラギの実、
サンタクロースや妖精ニッセの帽子の色にちなんでいます。
そんなクリスマスの根源的な色にフォーカスして、メインツリーをはじめ、
館内各所を赤く彩ります。その他にも「赤」をテーマにしたイベントキャンペーンや、
サービスなど多数実施し、いつ来ても、何度来ても新しい出会いがある、
グランフロント大阪ならではのクリスマス体験を提供してまいります。

これまで誰も見たことがない、赤いバラで彩られた印象的なクリスマスツリー
『Red Rose Blossom』がナレッジプラザに登場します。
愛や寛大さを表す「赤」と情熱を意味する「バラ」、
2つの意味を大きなひとつのツリーにより表現し、
見る人すべてを大きな愛に包み、幸せな気持ちにします。
期間中、昨年大変好評を得ましたライティングショーも開催を予定しております。
デザイン、演出は昨年に続き、空間デザイナー長谷川喜美氏が手掛けます。

という内容が書かれています。

そうです、この長谷川喜美さんこそ、今回「京都本社ビル」のリニューアル
に際して、外観、店舗部分をデザインしていただいた方です。


本日は大阪市内にて研修があったため、その帰りに立ち寄ってきました。
さすがは空間デザイナー、大きな空間の中に存在感抜群のツリーが。

!cid_BCD0EC22-40B3-48FA-AF76-07249DDBA171.jpg

点灯式前は、徹夜作業だったようで、
イベントの仕事は総じて時間との戦いの部分もありますね。

15分おきに音楽にあわせてイルミネーションが変化します。
スマホを構える人も多いです。

!cid_11E76044-4FBB-4437-8828-DC7DC3743C51.jpg

!cid_0F096F09-1ACD-4EC8-84FC-6840FCD544C0.jpg

!cid_6C0D1893-4FBA-491B-B9F3-BF9602943C6A.jpg

さむ~い夜を暖かくしてくれるこのイベント、大阪駅のすぐ横ですので
家族で、カップルで、ぜひお出かけください。


鹿児島での落慶法要
鹿児島でお寺様の新築落慶法要が勤められました。

当日の西日本は最高のお天気、明石海峡大橋がクッキリ。

2017111508112281f.jpg

ご縁をいただいた了忍寺様です。
この度の本堂ご新築落慶法要、誠におめでとうございます。
心よりお祝いを申し上げます。

201711150811273cd.jpg

2017111508112456e.jpg

私は感謝状をいただくという
社長として、とても有り難くズルいお役目をいただいて参りました。


鹿児島は、江戸時代になる前から明治まで300年もの間、
一向宗、現在の浄土真宗が弾圧されてきた地域。
世間にわからないように信仰されていた「隠れ念仏」は有名です。

明治の廃仏毀釈後の布教で逆に地域に広まることとなりました。

さて、今回は珍しい「音楽法要」でのお勤め。
一般寺院様では初めて経験させていただきました。

201711150811240a8.jpg

2017111508112891a.jpg

笙、しちりき、龍笛などの楽の演奏は鹿児島別院さんより。
電子オルガンとともに「正信偈」他のお経が勤められました。

一般の方々にも大変聴きやすく、発声しやすい内容であると思います。
さすが鹿児島だと感じました。


10月から11月は気候の良い季節で、お寺様の法要も多いのですが、
今後も多くの感謝状がいただけるよう、精進していきたいと思います。

担当のK所長、ありがとうございました。
おつかれさまでした!

組合の東本願寺ツアー
京都府仏具協同組合が開催される毎年恒例のレクリエーション。

最近は市内のお寺見学をされることが多いのですが、
今年は東本願寺の御本山、「真宗本廟」の参拝&見学、
眩しいくらい雲一つない晴天に恵まれた当日、30名ほどが集まりました。

20171112095527a2a.jpg

特に最近両堂の修復が完了し、内外とも大変美しいお堂となりました。

「御影堂」は世界一大きな木造建築、その大きさはいつお参りに来ても圧倒されます。
弊社では天井〜升組の錺金具一式の洗浄及び、
欄間等の美掃作業、折障子の修復等を担当させていただいたわけですが、
50年前にも先代が修理に関わった御影堂に再び関われることは、
誠実に事業を続けてこられた証であり、感謝以外の何ものでもありません。


組合の皆さんのご興味はやはり「阿弥陀堂」。
内陣の天井、柱、長押、壁面が全て金箔という、国内でも珍しいお堂です。
きらびやかな浄土を表していることは言うまでもありません。

金箔は3寸6分(109mm角)が約30万枚使われています。
今回、若林の職人として関わっていただいた方もご出席されていて、
昼食時に毎日大変だったことを語っておられました。

弊社はこうした職人さんの仕事とともに商売をさせていただいていることを
あらためて認識したところです。
有難いことです。

普段は見られない書院、御影堂門の上層へも上がらせていただき、
大変充実した見学会だったと思います。

20171112095141fa9.jpg

20171112095139e2f.jpg

20171112095141263.jpg

場所を渉成園に移し、昼食をいただいている最中に、
施工業者としてひと言話してほしいとの依頼をいただき、
ほんのさわりをお話しして来ました。
若林も、JVを組ませていただいた小堀さんもそうですが、
職人さん、従業員の皆さんのおかげで、この大きな工事が完成したことを
皆が忘れてはなりませんね。

2017111209514461d.jpg

20171112095143e52.jpg

研修委員会ご担当の皆様、ありがとうございました。


「開明社」報恩講
西本願寺出入業者の会「開明社」。

本年度の開明社報恩講に参拝して参りました。

今年から開明社に正式に入会させていただいて初めての機会でありましたが
御本山から執行長、副執行長、御宗派から総務、副総務をはじめ多くの皆様が
出席されていました。

!cid_E081FDDF-7B44-4585-A001-7B75295CCB4F.jpg

「正信偈(しょうしんげ)」がお勤めになった後、本多執行長の法話。

昭和23年に前々ご門主である勝如上人により発布された
開明社に向けた御消息(御門主の手紙)について、
その意味をお話されました。

!cid_5FDCE08D-5502-453F-8F01-E913FC6FF73C.jpg

明治時代の明如上人の時代に始まったので「開明社」と名付けられた講
だということですが、御本山とともにあったことがよくわかります。

御消息の部分抜粋です。


かえりみるに開明社はそのかみ石山合戦に際して宗主に尽し
法難に準ずるものを出し後に本刹とともに京都に移って以来は
常に金穀労務の奉仕に遺弟の懇念を運び 前々住上人に開明社の名を
授けられ、調度を納めるの命を受けてより専ら調度出入方として
御報謝の奉仕にいそしまれたことはまことに奇特のことゝ
感激に堪えないところであります


いかがでしょうか?
石山合戦で大変な思いをされた方々の子孫がいらっしゃるということです。
我々も想像できないかなりの歴史を感じます。

このような歴史ある講に入会させていただいたことに感謝し、
引き続き御本山はじめお客様のために邁進して参りたいと思います。


光徳寺様の落慶法要
岩手県花巻市のお寺様にてご法要が勤められました。
浄土真宗本願寺派(西本願寺)の光徳寺様です。

とても大きく美しい素敵な外観の御本堂です。

2017110522515675b.jpg

この度のご新築落成慶讃のご法要、誠におめでとうございます。
心よりお慶びを申し上げたいと思います。

そして、弊社にご縁をいただき誠にありがとうございます。
おかげ様で、大変素晴らしい荘厳具を納めさせていただくことができました。

20171105225157364.jpg

いつも思うことですが、ご法要での仏具は本当に輝いて見えます。

ご法要には、東北教区の宗会議員、教区会議長、組長代表の先生をはじめ
多くのご法中が出勤され、賑々しい雰囲気。
宗会議員足利先生のご法話が聴ける!という、大変貴重な機会でした。

201711052251584fe.jpg

さて、副住職様はJCの先輩、東北地区の地区長までお務めになった、
大変アクティブかつ上背があって迫力のある方です。

ご住職は、前日に叙勲「瑞宝双光章」を受章されており、
ダブルのお祝いとなりました。重ね重ねおめでとうございます。

201711052253576a1.jpg

私は事情により祝宴(お斎)の途中で退席させていただきましたが、
この宴も結びまで盛り上がったようですね。

本当は最終までいたかった!
仙台店長お疲れ様でした。いつも感謝しています。


仏師 定朝法印 九六○回忌
毎年恒例、仏師「定朝」の法要が勤められました。
今年で、亡くなられて960年が経過したことになります。

「京都仏像彫刻家協会」の皆さんにはいつも大変お世話になっています。

定朝は、平安時代の仏像彫刻、仏具製作の開祖として「七条仏所」を開設。
国宝である宇治平等院鳳凰堂の阿弥陀如来坐像をはじめ、
数々の仏像を遺された方です。

現在の木製仏像製法や、京仏壇・京仏具の分業の制度の基礎は
この定朝の頃より始まったと言っても過言ではありません。


ということで、今年も千本北大路下ルの千本十二坊 蓮台寺さんに伺いました。
とても落ち着いた境内地で、ゆったりと時間が流れている感じです。

20171105210124d9e.jpg

本堂で法要が勤められた後、墓地にある定朝のお墓に移ります。
参加者全員が順番にお焼香をします。

20171105210124d04.jpg

毎年、こうして仏師有志の皆さんが設営していただけるおかげで、
我々仏具店のメンバーも遠い昔を思い返すことができます。
もう少し参加者が多いといいのですが。

今後もぜひ末長く続けていただきたいと思います。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.