FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
久々の築地本願寺さん!
久しぶりに本堂にお参りしました。

「築地本願寺」さん。

!cid_264FA698-14EF-4384-9901-2EEE5079581F.jpg

!cid_3F2FB458-CF32-4105-9785-D27FCFBF7CAF.jpg

!cid_C24DCA0A-B73F-4E95-9E58-13DBD2C0A794.jpg

もともとは「築地別院」といって、浄土真宗本願寺派(西本願寺)の東京別院さん。
数年前に組織が変更され、本願寺派直轄寺院として首都圏の開教の拠点となっています。

若林の築地店は、築地さんのテナントとして30年前に開店、
当初は4区画並びのうち1区画だけの賃貸でした。

当時、向かって右隣は「開明社」さん、左隣は中華料理屋。
よく”ゴキブリちゃん”が歩いていました(>_<)

その後、私が店長だった時(25年前くらい)に中華料理屋がテナントを出ることになり、若林にお声がかかりました。
この時の店舗拡張工事の大変さは、今でもハッキリと覚えています。
怒られた記憶も…

数年前に、もう1区画も借りることになって現在は3区画と、だんだん店舗らしくなってきました。


さて、この築地本願寺さん、もともとは浅草にありました。
江戸時代、明暦の大火により御堂が焼失、大火後に幕府から与えられた代替地が
今の土地、八丁堀の浅瀬(海の中)だったのです。

それから「佃島」の門徒さんが中心となって海の埋め立てがなされ、文字通り地を築く
「築地」となったわけです。

最近まで移転でもめていた、現在「築地市場」のあるところは、一帯が58ヵ寺の
この宗派のお寺が集まっていました。

それが関東大震災後に、数ヵ寺を残して都内各所へまとまって移転されましたので、
今はあまり面影がありません。

築地本願寺さんの象徴的なインド仏教様式の本堂は、伊東忠太設計で昭和9年に完成。
現在は国の重要文化財に指定されています。

境内地には「合同墓(納骨所)」や「カフェ」も完成し、大変美しく整備されました。

!cid_9BE0A2D4-B2F9-4A6D-AED5-7CA5A8C82076.jpg

久々のご本堂は、やっぱり風格があって素晴らしい雰囲気。
若林が修復(施工)した荘厳仏具や内装工事は、重厚な輝きを放っています。

!cid_22C5896D-6A39-4014-82AC-4CBF7E2D6CD1.jpg

築地さんとは、この先も40年、50年、そして100年と、ご縁を続けていける
ことと思いますが、代が変わっていっても“いい会社”であり続けたいと思います。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.