FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
第69期 決算日
弊社は来年「創業190年」を迎えますが、
会社組織は昭和24年(1949年)からとなります。

本日、若林は第69期の決算日。
今月は社内が組立、納品でかなり慌ただしい雰囲気でしたが無事に月末を迎えました。
従業員の皆さんには感謝いたします。


今期に入ってすぐ、昨年11月末日に京都本社ビルリニューアルオープンとなり、
お披露目当日には多くの皆様にお越しいただきました。

特に今までのお付き合いとは違うデザイン関係、インテリア関係の方々、
様々なメディアにも取り上げていただいて反響も大きいものがありました。

以前の古い建物を取り壊すには、社内外の抵抗(特に行政)もありましたが、
若林が将来に向かって歩んでいくためには必要なことであったと信じます。

それだけに、今やろうとしている新規事業やプロジェクトの数々は、
考えに考えながらも、着実に行動して進めていかねばなりません。

これまでの会社経営は本業「拡大」中心。

高度成長期や人口増加に伴って、数字が大きく伸びてきた時期でもあります。
全国の寺院へ営業に出て、競争の中にも得意先を増やしてくるという取り組みは、
若林というブランド、京都の価値を大きく成長させてくれました。

先人には感謝しなければなりません。


これからは毎年のように変化が続くと思われますが、
この10年は、若林の“強み”をどこへ活かすのかが常に問われることになります。

元々の事業である仏具屋としての知識、仏壇店としての商品開発、販売手法、
文化財への関わり、職人さんとのつながり、分業による技術の応用、転用など、
強みによる切り口はいくらでもあります。


結局のところ選択と集中、何を優先して人と資源を集中させるのか、
そしてやっぱり行動がすべてなのです。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.