FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201901<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201903
100年前の手紙
札幌店長より送ってもらいました、今からちょうど100年前の手紙です。

2019020321233298e.jpeg

20190203212332932.jpeg

宛先は大谷岩太郎さん。

北海道旭川の町を作った人の一人と言われる方で、
東本願寺旭川別院の筆頭総代(檀家代表者)をつとめられた方です。

この手紙の日付は、大正8年といいますから1919年。
私の曽祖父(3代目卯兵衛)は明治28年生まれですから、24歳くらいの話ですね。
とはいうものの、この手紙を誰が書いたかは不明なのですが…

見つかったのは大谷家の古いお仏壇の中。
林店長の解読によりますと、これは位牌の発送の際に添えられていたもので、
出来上がりに対する自己採点と、
残りの注文品が遅れている旨の言い訳が書いてあるようです。(笑)

そして末尾には、現在別院の仏具を“目下着々製造中に御座候”とあります。

弊社は、翌年大正9年に東本願寺旭川別院さんに仏具一式を納めています。

おそらく舞鶴から小樽まで船便、その後が陸送と聞いていますが
100年前であることを考えると、かなり大きな本堂の主要な仏具を
よく京都から運んで納めたものだと思います。

その時いただいた感謝状の筆頭に大谷岩太郎氏の名前があります。

20190203212334f37.jpeg

実は数年前に、この時の仏具一式が京都に戻ってきて修復させていただいています。
その時は“タイムスリップ”したような感覚がありました。

100年前の仕事を、100年後に孫やひ孫が評価しているという恐ろしい状況。
後世の方々を裏切るような仕事は絶対にできないということですね。


創業190年の話題としては、ピッタリの内容です!
H店長、ありがとうございました!



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.