FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201906
北海道からのお客様
先日、北海道の寺院ご一行様27名様が、京都へお越しになりました。

京都の御本山参拝はもちろん、
比叡山をはじめ京都周辺の観光を含めて楽しまれたようですね。

本社ご見学、誠にありがとうございました。
!cid_D9D5F781-CD77-4926-A9A5-29AA40F8316F.jpg

2日目夜のお食事は、店長共々ご一緒させていただきました。
2次会のご希望が先に決まっていたので、その近くでということで祇園へ!

結局20名様ほどの皆様とともにいわゆる”お茶屋”さんへ。

!cid_035550F4-56FA-4E48-9D78-77E49FA9F48F.jpg

!cid_0768085B-25C7-41EA-9D9B-DBC8A8DF86C5.jpg

お茶屋さんというと、一見さんお断り、とても敷居が高いイメージがあります。

しかし、いつも申し上げるのですが、
決して特別な場所でなく、貸会場なのがお茶屋さん。
置屋さんから芸妓さん、舞妓さんが派遣されてここへやって来ます。
食事などされる場合は、仕出しを取っていただくわけです。

今回のように2次会でお酒だけのときは、お茶屋さんで準備されます。

ということで、初めて芸舞妓さんにお会いされる方々も多く、
まずは、美しい姿に驚かれます。

今回は三味線の地方(じかた)さんもお越しでしたので、
それぞれ、舞を踊っていただきました。

!cid_D2B1D1F0-7F7D-4502-9451-BE4787C689A4.jpg

その後が「こんぴらふねふね」

曲にあわせて目の前にある器を取ったり取らなかったり
グーとパーを間違えないようにリズムよく動かねばなりません。

テンポがどんどん速くなっていき、間違えたところで終了!

さすがにお相手の芸妓さんは慣れていらっしゃるし、お強い!
しかしながら、中にはこの芸妓さんに勝つという強者もいらっしゃいました。
スゴイです!!

結局、拒んでいらっしゃったご婦人様方含め、
全員がこの“遊び”を体験され、相当に盛り上がりました!

遅くまでお付き合いいただきましたメンバーの皆様方、
誠にありがとうございました。そしておつかれさまでした!

今後ともよろしくお願い申し上げます!


仕事をする上での心得
毎日送られてくる言葉があります。
(これは松下幸之助さんではありません)

私がいつも考えていることや心掛けていることも含まれていたので、
ここでご紹介したいと思います。

一つ目
元気いっぱいの従業員がいる職場には、元気な波動が流れます。
波動は倍増して、どんどんその場は盛り上がる。
そして、みんなが忙しそうにしていると、それにつられるように仕事も増えていくのです。
お店の場合も同じです。笑顔の店員さんがいると、お客さんが増えて、いい波動が広がり、人を呼び行列ができる。
こうした波動は、たったひとりの従業員の笑顔から始まるのです。
今日からあなたがそのひとりになってみませんか。

二つ目
「押し出しのある格好をする」ことは、仕事上、必要なことなのです。
「押し出し」とは、見栄やハッタリとは違います。
品がよくて、高級感があって、パリッとした格好をしていることです。
こういう格好をして仕事をするのは自分のためであり、相手への礼儀でもあるのです。
こんな人といっしょに仕事がしたい、
この人から商品を買いたいと思われるような格好をすること。
今日のあなたの格好、大丈夫ですか。


以上の内容なのですが、
ここでのキーワードは元気と笑顔と格好ですね。

笑顔はすべての動作の基本。
朝から挨拶もろくにせず、ブスッとしている人はいないでしょうか。

元気な人にはお客様が来る、忙しいお店にはさらにお客様が来ていただける。
笑顔の人には笑顔になる出来事が起こる。
ブスッとしている人には人は寄ってきません。

格好の話も、言いたいことは同じことなのです。
人が寄ってくるような格好をしましょうということ。


ヨレヨレの服を着ている人と、ビシッと決めているひとと
どちらから商品を買おうと思いますか。

スーツならスーツの格好で、カジュアルならカジュアルの格好で、
作業着なら作業着の姿で、
人が寄ってくるような好感の持てるパリッとした格好をしたいものです。



令和元年度 京都府仏具協同組合 総会
今年も無事に行われました

京都府仏具協同組合の総会です。

!cid_5D4A52A4-B859-4EBA-9C01-4B18166AE1B7.jpg

!cid_7CDD6861-0E5A-44D8-898E-E8C1F4D580BB.jpg

京都府には“伝統産業”と言われる「京もの指定工芸品」が31品目あります。
京都市の伝統産業一覧を見てみると、74項目も存在するのですが、
それくらい京都府、京都市に存在する工芸品は多いということです。

今でこそ“伝統”産業と言いますが、当時は手作りの地場産業だったわけです。
中でも京仏壇・京仏具は、その職人工程の多さからかなりコアな産業とされています。

昨日は、近畿経済産業局、京都府、京都市の伝統産業担当がお越しでした。
京都の仏具組合はまだまだ元気ですね~と。
他の業界の総会へも行かれているので、ギャップがあるのでしょう。

隣に座られたお付きの若い係長さんに申し上げていたのは、
親方連中もいいのですが、若い職人(後継者)と話すよう進めておきました。


さて、
私は現在「会計幹事」というお役目をいただいているので、
議案として承認していただくために、決算書・予算書の表を
一通り読んでいかなければなりません。

!cid_DF5A4B30-908E-4A42-879D-6B931A712235.jpg

これがまたしゃべる時間が長いのです。

お陰様で?
特に数字に関しては質問も意見もなく無事にご承認いただきました。

出席者からの一般質問は、工部の方から、
毎年2月の組合展示会を今後どのように考え、設え、運営していくのか。
抜本的な改革が必要なのでは?といった厳しいものがありました。

これは組合員の多くの方々が感じていることであり、
展示会が行政の補助金事業であることが大きく改革できない言い訳
(失礼な言い方ですが)になっている印象もあります。
しかし、補助金がなかったら開催できる場所も規模も限られてきます。
ここが悩ましいところですが、ここを打ち破らない限り前へは進みません。

田中理事長を筆頭に、
今後の「みやこめっせ」展示会のあり方を議論していくべきでしょう。

仏具組合の改革はもう待ったなしです!


宇宙人と化石の戦い
ロータリークラブの機関誌に“シンクロ”の井村コーチの記事がありました。

“シンクロ”とは「シンクロナイズド スイミング」。
今は、「アーティスティック スイミング」と言うのですね。

日本代表のコーチである井村雅代さんは、
2004年のアテネオリンピックの後、しばらくの間、中国のコーチをされていました。
中国に行くとなったときは、それは叩かれたそうです。

その後、紆余曲折があって2014年に日本へ戻ってきた井村コーチ。

日本で再度教え始められたら…
そこは外国より外国でしたと。

10年の間に、日本の若者は大きく変わりました。
どのようなときにどのような挨拶を、どんな風にするのか、
人への感謝の気持ちはどのようにして相手に伝えるのか。
どんな目標を持って、その目標にどのように近づいていくか。

あらゆることが変わってしまったということでした。

朝の練習に出てくる態度自体が頑張るという雰囲気がない。
下を向いてとぼとぼと出てくる。

そこで井村コーチは、「胸を張ってプールサイドを歩きなさい!」と
おっしゃったそうです。

「なぜ、練習なのに胸を張ってあるかないといけないの?試合でもないのに。」

弱そうなチームが出てきた。演技してみるといいじゃない!
ということはまずありません。

強そうなチームが堂々と現れて、素晴らしい演技をする。これが戦いというもの。
戦いは戦いの前に始まっているという意味を彼女たちは理解できなかったと。

すべてがこのような感じで、
要するに、ロシアに勝って世界一!という高い目標があるのに
そことは全く違う行動であったということ。


コーチの仕事は、技術、体力、精神力を身につけさせることが仕事。
もう一つは選手の心のスイッチを入れてあげること、背中を押してあげる
こともコーチの仕事の一つであることがわかったということ。

彼女たちが経験してこなかったことは、
徹底的に追い込まれる練習、
そして、メダルを逃したときに人目をはばからず声を上げて泣き崩れるまでの悔しさ。

目標を持って望んだのに、目標が達成できずに終わってしまっていたなら
それは失敗。失敗には必ず原因がある。
失敗から学ぶ機会をなくしていたのですね。


もう一つが
これほどうれしいものはない!というような思いです。
彼女たちは達成感というものを味わったことがなかったのです。

ここで井村コーチはメダルを取ることしか達成感を味わう方法はない
と強く感じて、下手だった当時の選手たちを徹底的に練習させました。


ものごとは練習でしか身につきません。これは何でも同じことです。
大きな目標も必要ですが、小さな目標も必要というのは大きく同意するところです。


さて、井村コーチの代名詞である叱り方。

ここのコツが3つあると言われます。
1つ目はその場で叱ること。
2つ目は古いことを持ち出さないこと。
3つ目はしつこく叱らないこと。

「これがだめだからこのように直しなさい」で十分。
そして叱るときは本気で、全身で叱ること。
本気で注意すれば相手に通じる。
そしてその人をそのままで終わらせず、今より必ず良くなると信じること。


よく、オリンピックには魔物がいる、と言われますが、
魔物などいません、と。
魔物もいないし、奇跡も起こりません。
メダルを取るべき人がメダルを取って帰っていきます。
そのために練習をするのですね。

リオオリンピックでは銅メダルを取った日本チーム。
選手の演技は「練習通り」。
すべての持てる力を全員が出し切ったということ。
「こんな選手を初めて見た」と感じられたそうです。


現在は、東京オリンピックに向けて「第二次宇宙人」であるこの彼女たちと
格闘しながら日々を過ごしていらっしゃいます。

この井村コーチのモチベーションはどこからくるのでしょうか。
私達も仕事上、常に高いモチベーションを保つのは大変ですよね。
日本のシンクロのため、彼女たちのため、そして自分のため、
毎日格闘されていると思います。

毎日練習に励む選手はもちろん大変です。
しかし、結果が求められる責任がある中でのコーチはもっと大変です。


この“シンクロ”、アーティスティックスイミングを応援していこうと
改めて感じた次第です。


四つ葉タクシー!
乗ったのは初めてかも知れません。

ヤサカさんの「四つ葉のクローバータクシー」

ちょうどタクシーに乗ろうとしていたときに、前を横切って

ん??四つ葉やん!!
 
ということでちょっと追いかけてしまいました(笑)

!cid_4C40EEA2-C40E-4294-81D7-43D84EBB2EDA.jpg

四つ葉タクシーといっても、車内はいたって普通です。
何かおもしろい車内デザインがあってもいいのでは?といった問いかけに、
運転手さんも同意されていました。

そして、四つ葉タクシーに乗車すると、こんなものがもらえます。

!cid_BAABC529-DD5F-40FF-93A7-AA1A836A801F.jpg

観光客の方がよくご存知のようで、
京都の人が乗車されるよりもかなり喜ばれるようです。

ヤサカタクシーグループの1300台中の4台しかありません。

あと、上賀茂神社の式年遷宮に対しての「あふひ(あおい)二葉タクシー」
というのもあります。
こちらは2台しか走っていないそうです。

以前にもこのブログで記事にしていますが、
他にもピンクのバレンタインデー仕様などもあります。
http://tomoyuki1202.blog103.fc2.com/blog-entry-1294.html


さて、何かいいことがあるでしょうか??


新緑のゴルフコンペ!
先週、久々に銀行さんのコンペに出席して参りました。
今年は年始からあまりゴルフもしていないのですが、5月はやっぱり外せません。

「しがぎん親滋倶楽部」

滋賀銀行京都支店さんのコンペです。
今回も専務さん、支店長さんはじめ、皆さんに大変お世話になりました。

20190513111226982.jpeg

20190513111229f48.jpeg

20190513111215a87.jpeg


各銀行支店さんは、昔?からの名残で必ず年に何回かコンペを催されます。
特に年配のおじさん連中は、昔からこれが銀行さんとのお付き合いの場でした。

この先、若い経営者の方々がゴルフをされなくなってくると
また他を考えられるかもしれませんが、大きな交流の手段にはなると思います。



また、お寺さんの関係者と回らせていただく時も、親睦交流には最高の機会です。
なので楽しく回らないと意味がありません。

私は有り難いことに、学生時代にゴルフをさせていただいたお陰で
まわりからお誘い、お声がけをいただくことが多いです。

西本願寺さんでは、明治〜大正〜昭和期にご活躍された大谷光明師の流れで
組織として「紫水会」というゴルフの公式団体があり、
ゴルフの中からも人間関係が生まれてくるのだと思っています。

大谷光明氏のご活躍の内容と設計コースはこちら



ゴルフを“遊んでる”ととらえている人もまだまだ多いですが、
1日5時間から6時間、時間をともに過ごすことは大切な関係を築きます。

心から愛するゴルフを、歳を重ねても続けていきたいものです。

自らを教育すること。
松下幸之助さんをよく持ち出してくるわけですが、
なぜそうなのかというと、私が尊敬する方であるのはもちろん
稲盛和夫氏を始め、日本のさまざまな経営者に多大なる影響を与えて
いらっしゃるということです。

そして何より、その昔、幸之助さんのご生前に
若林佛具製作所が松下家と仕事でご縁があったということなのです。


さて、本日は“みずからを教育する”ということ。


人間の教育にはもちろん立派な校舎も必要であり、環境も必要でしょうが、
それのみに頼っていてはならないと思うのです。
行政の充実により、なるほど環境はだんだんよくなってくるでしょう。
しかしそういう環境がつくられたとしましても、
その中でそれぞれの人がみずからを処して、みずからを教育してゆく。
自問自答しつつ、より高きものになってゆくということを怠っては、
決して立派な人間は生まれてこないと思うのです。

きょうよりあす、あすよりあさってと、みずからを高めてゆくところに
人間の成長があり、またそこから立派な人間が生まれてくるのではないでしょうか。


ということで、「自らを自らが教育する」気持ちを持つということ。
弊社では、いつも個人能力の向上を従業員の皆さんにお声がけしていますし、
場合によってはその補助も行っていますが、
自らが成長させるのだという“思い”がないと、まずは始まりません。


併せて「自己観照(じこかんしょう)」も重要です。

「自己観照」とはどういうことなのでしょうか。
自分で自分を、あたかも他人に接するような態度で外から冷静に観察してみる、
言い換えると、自分の心をいったん自分の外にへ出して、
その出した心で自分自身を眺めてみるのです。

時には自分をじっと冷静に、ゆっくりと見つめてみるということですね。
これは特に大切なことだと思います。


このように、自らを見つめながら自らを教育していくことが
人間として成長していくプロセスではないでしょうか。


GWの芝の手入れ!
やっと10連休が終わろうとしていますね。
皆さん何をされてましたか?

といいましても、ヨーロッパですと1ヶ月程度のお休みはあります。

休むのが目的ではなく、何かをするための手段として休みがある。
…素敵な考え方ですね。

弊社としては従業員の皆さんが幸せになれるお休みを取得できるように
今後も考えていきたいと思います。



さて、GW中に家の掃除を少しばかり。
庭の手入れをしました。
そんなに広くはないのですが、それなりに大変です。

この時期は暖かくなって、放っておくとすぐに雑草が育ってきます。
まずはこれを抜かないといけません。

まずはサッチ(枯れ芝)を取り除きます。これがまた大量に出ます。
本来ならもっと早い時期に取り除くことがいいのですが…

!cid_C8ABB280-D8A6-4CBA-A382-8BBD86B49922.jpg

その後、芝刈りをします。機械の届かないところは芝ハサミで。

!cid_9A0653F8-32F8-4469-982A-4D3216B6B362.jpg

エアレーションといって、芝生に穴をあけてあげるとさらにいい感じです。
(大変なので、今年はそこまでやりませんでしたが)
また、毎年ではなくても、芝生に砂を入れることも大切ですね。

結びには除草剤をササッと全体に蒔いて終了いたしました。


掃除も洗車も修理も、何事もそうなのですが、
自分で手入れした“もの”や“こと”は、必ず大切にします。

人にやってもらったことと比べて数倍、数十倍気持ちが入ります。
ここが大切だと思うのです。
もちろん、すべてが出来るわけではありませんが。

人に対しても、こうした思い入れ、思いやりが大切なのかも知れませんね。

ということで案の定、腰が痛くなりました!


岐阜各務原での落慶法要!
この平成~令和スペシャルゴールデンウィークは10連休のところも多く、
お天気の良い後半も、観光地はかなりの混雑が予想されます。


さて、本日はご縁をいただいたお寺様の落慶法要に参拝して参りました。
真宗大谷派 空安寺(くうあんじ)様。

!cid_DB08B79D-5023-40A8-A987-2DF76A49E7FD.jpg

!cid_D3D8C602-2CAE-42CE-9330-8F53839BB6F4.jpg

御本堂の荘厳具(仏具一式新調及び修復)、壁面本金紙表具・彩色等内装工事
を施工させていただきました。

!cid_8C1F5733-156B-4730-B580-92B75F1E7E29.jpg

!cid_CDD5CA07-F0BA-43BC-9F22-B4C11B19E690.jpg

!cid_68394317-8F4A-40D7-9D66-BAEF0CC7612A.jpg

場所は岐阜県の各務原市。
名古屋駅から名鉄に乗りますと、犬山の少し先ですね。

御本堂は、今まで何度もご一緒した関市の亀山建設さんでご新築。
会長、社長、棟梁が出席しておられました。


滞りなくご法要のお勤めが終了した後、感謝状の贈呈という場面に。

まずは亀山建設さんの会社に贈呈されたあと、現場の棟梁にも感謝状が…
珍しいパターンです。

次に若林佛具製作所への感謝状として、
いつもズルいお役目の私、社長が有り難くいただきました。

20190503_150939_001_resized.jpg

そしてこれまた、「若林佛具製作所 営業部長のHさん、どうぞ前の方へ!」…
営業担当への感謝状… 珍しいパターンです。

!cid_91874C97-5F5A-4488-8E41-E4191718A76F.jpg

もう一つ、
祝辞の場面では亀山建設の会長が代表してスピーチをしていただきました。

と思いきや、

「それでは続きまして、若林佛具製作所の社長から一言ご祝辞を…」

聞いてないな~(笑)

でも、亀山さんのお話の途中から何となく“勘”といいますか、もしかして?
という気持ちもありましたので、舞い上がることはなく…

営業部、製作部をはじめ会社のメンバー、職人さんの力を結集して完成したのが
この荘厳具であり、内装工事です。
それをお伝えすることにしました。


いずれにしても、素晴らしい御本堂で素敵なご法要に出席させていただき、
あらためて空安寺のご住職、寺族の皆様、建設委員会の皆様に
感謝を申し上げる次第です。

これがお付き合いのスタートですので、今後ともよろしくお願い申し上げます。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.