FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店、若林佛具製作所から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
202011<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202101
年末のご挨拶

本年の結びに際し、ご挨拶申し上げます。

まずは新型コロナウイルス感染症に罹患された方々対して心よりお見舞い申し上げます。

年末年始にかかわらず医療に従事されている皆様に敬意を表しますとともに、

一日も早い事態の収束を心より願っております。

弊社でも引き続き感染拡大防止に努め、従業員とともに健康管理に注意を払ってまいります。


本年は創業190周年という節目を迎え、

コロナ禍で加速する社会の変化に危機感を感じながら新たな取り組みに動いた一年でした。

春に弊社のコーポレートサイトを一新し、ブランドサイトとしてそれぞれの事業ごとに

コンテンツを充実させました。

そして、弊社のミッションを意識しながら、京都の職人技術を他分野に応用する事業として、

アーティストとの新たな作品製作を担当いたしました。

海外デザイナーとの取り組みも一年後の発表を目指して着々と進行中です。


またオンライン化が進み、人々の価値観やライフスタイルもさらに多様化する中で、

初のオリジナルお線香「hito/toki」を発表。お年寄りや小さなお子さまがお住まいのご家庭でも

安心してお使いいただける新しいお線香として、発売以来好評を得ております。

さらには女性デザイナーによる次なるオリジナル仏壇第二弾も進行中、

来年早春のリリースを目指しています。

今後ますます手を合わせることに対しての考え方も変化していくと思いますので、

引き続き新たな発信を続けて参ります。


全国の寺院関係の皆様に対しましては、現在弊社からの事前連絡なしの訪問は

控えさせていただいております。

昨年オープンいたしました寺院用オンラインショップもぜひご活用いただき、

ご不明な点はお気軽にご連絡いただければと思います。

全国の営業所からの出張体制をしっかりと構築してフォローさせていただきます。


文化財修理を担当する若林工芸舎は、

若林佛具製作所とは違った側面から建造物修理を担当しています。

来年早々には、漆塗り、彩色、錺金具、丹塗り等、内外装工事に伴う全ての工程が

登録されますので、十分な施工を受注できるよう積極的に体制づくりを進めて参ります。


本年一年間、誠にありがとうございました。

来るべき令和三年も皆様にとって良き年となりますよう、

一日でも早く世界的感染が収束しますよう強く願っています。


来年も若林佛具製作所、若林工芸舎をよろしくお願い申し上げます。


久々の上賀茂コース!

久々に卯兵衛さん(通称:父)とラウンドしてきました。

 

IMG_1928.jpg


家から車で10分の「京都ゴルフ倶楽部 上賀茂コース」、10年ぶりくらいです。

卯兵衛さんにとっては60年前(!)の18才の時から

同志社大学ゴルフ部の練習コースとしてラウンドした思い出の場所です。

 

IMG_1932.jpg


このコースは1948年(昭和23年)、戦後アメリカの統治時代、

米国軍人のレクリエーションためにGHQによって計画、建設されたもので、

隣地である上賀茂神社の広大な敷地を一部使用して作られたと聞いています。

現在の鹿島建設の施工です。

ということで、京都の戦後の歴史とともに歩んできたゴルフ場ですね。

北側には京都産業大学のキャンパスが広がっています。


 IMG_1931.jpg


コース自体は狭く、各ホールの距離もありません(5818yds PAR69)。

かといってグリーンが小さく、なかなかスコアが出ないとても難しいゴルフ場です。

 

現在は京都市内にお住まいの、ご年配ゴルファーのためのゴルフ場…

というと失礼な感じですが、気楽に夫婦や友人とで回っている人も多くいます。

 

この日は前の組に、ゴルフ大好きなノーベル生理学・医学賞受賞者、

本庶 佑先生が友人と一緒にいらっしゃいました。 



ということで、この時期にしては奇跡的にお天気も良く、

無事親子ラウンドをしてきました。

卯兵衛さんは今年78才ですが、あまりお年寄り感はありません。

むしろ、まだまだ飛距離への追求があるようです。

 

スコア??まあ私は80そこそこでした。卯兵衛さんは…

 

 

本年はコロナで明け、コロナで暮れる一年ですが、

仕事においては後ろを向くことなく、ゴルフのように日々の練習(勉強)を積み、

前に向かって打ち続けて一つひとつ達成していきたいと思います。


公事にして私事にあらず

本日は、月刊誌「理念と経営」に掲載されていた記事です。

 

執筆者の木野親之氏は、松下幸之助の命で倒産寸前の東方電機

(のちの松下電送、現・パナソニックコミュニケーションズ)に赴き、

財政支援一切なし、「松下経営理念」だけを手に企業再建に着手し、3年で黒字達成。

社長在任中の20年間、「予算=決算」の松下流経営を実践した名経営者。

FAXの国際標準化の歴史的偉業からMr.ファクシミリといわれる方です。

 

ちょっと長いですが、経営者でなくても共感する部分があるはずです。

 

 

 

「経営といい、商売といい、これみな公事にして私事にあらず。」

〜誰もがミッションを背負っている〜

 

松下幸之助は「これが経営の心得や」と言うのです。

会社経営は、世の中をよくするため、

人のためになることをやっている素晴らしい行為である。

決して、自分が儲けるためだけにやっている私事ではない、と。

 

逆を言えば、そう心得て、世の中に求められる、

あるいは世の中をより便利にするような製品やサービスを提供していく限り、

その会社の存在価値はなくならないということです。

 

幸之助は“なんで自分は人間に生まれてきたんやろう”と考えたのです。

なんでヘビやカエルではなくて、

万物の霊長といわれている人間に生まれてきたんだろう、と。

そこで幸之助は、人間として生まれてきたということは、

生まれてきたときから天が自分に与えた使命、ミッションがあるはずや、

と思ったのです。

 

赤ちゃんの顔を見ていると、どんな赤ちゃんも無条件にかわいいし、素晴らしい。

なぜかというと、汚れを知らないからです。

自分の使命を果たすと約束してこの世に生まれてきた、そのままの姿だからです。

使命に輝いている状態と言っていいかもしれません。

 

しかし、大人になる過程でその輝きは薄れていきます。

自分の使命を自覚できる人は稀だし、その使命に生きることができる人はもっと少ない。

ひょっとすると、そんなものはないのかもしれない。

だけど幸之助は、誰もがミッションを背負って生まれてきている、と言い切るのです。

そして、そのミッションを自らの中で呼び起こさなければいけない、と言います。

 

幸之助が冒頭に掲げた言葉を言ったのは、まだ会社が小さなときでした。

どんなに小さな会社であっても、その会社の事業は公事であると考え、

さらに幸之助は、

その公事をしている自分はすごいんだと言う自己認識を持ち続けたのです。

そのことが経営に対する情熱の源になったのに違いありません。

 

経営者の感情や感性に大きく影響を与えるものは何かというと、やはりミッションです。

使命を持たなければ元気が出ません。

だからこそ自分の会社のミッションは何かと言われれば、

「これです」とすぐに出てこないといけない。

 

自社の使命を認識したとき理念が生まれます。

使命を具現化していくためにはどうすればいいのかということを

明文化したものが理念なのです。

理念とは、使命、ミッションを実現するための方法論だとも言えるのです。

そして、その方法論を具体的に落とし込んだものがビジョンです。

ビジョンは自社の理念がはっきりとしていれば、自然に出来上がってくるものなのです。

使命、理念、ビジョン。この三つが揃わない限り経営はできないわけです。

 

ビジョンが描けたならば、その未来の姿を起点に現在を見つめて、

今自分の会社はどのあたりにいるのか、点数をつけてみることが大切です。

客観的に冷静に、正当な分析をして点数をつける。

60点かもしれないし、30点かもしれません。

いずれにしても、その点数が今、自社のいる場所です。

すると、ビジョンを実現するには、今何をしなければいけないのかがわかります。

ビジョンは、そういう自己認識、すなわち羅針盤としても大いに役立つのです。

 

松下経営哲学というものは、実は非常にシンプルな経営の考え方なのです。

それは言い方を変えれば、基本に忠実な経営だということができます。

では、その経営の基本をどこに置くのか。

幸之助は「経営の究極は人間学にある」と言っているわけです。

だから、「人間を勉強せぇ」と言うのです。

 

企業の使命について、人が他のどんな生物でもなく「人間」として

生まれてきたのはなぜかという考察から説くのも、その表れです。

私たちが自らの生まれてきた理由、使命というものを自覚したときに

雄々しく人生の一本道を歩んでいけるようになるように、

企業もまず自らの使命を自覚することから始めるのが経営の第一義です。

 

どんな会社にも必ず、社会に望まれているミッションがあります。

だからこそ、会社は私事ではなく公事なのです。

 

大切なのは「うちには何もいいところがない。あるのは借金だけや」などという

後ろ向きな考えは捨てて、もう一度、自社のミッション、存在意義を考えてみることです。

 

どうしてうちが潰れずにこれまでこられたのだろうか… 。

そう自社の歩みを振り返ってみる。すると必ずミッションが見えてきます。

 

それがわかれば、そこを強くしていけばいいのです。

会社の力を、まずはその一点に集中する。

今会社が手掛けている仕事に全身全霊を傾けて、

命懸けでぶつかっていけば必ず道は拓けます。

 

 

若林の

経営理念

 

私たちは

関わる全ての人々の「幸せ」と「心のやすらぎ」を追求し、

豊かな社会の実現に貢献します。

 

 

私たちの使命

 

1.お客様、従業員、職人を大切にします

2.工芸の技術を育て、高め、次の世代へ継承します

3.手を合わせるという心と文化を守ります

 

 

いかがでしょうか。


大谷祖廟へ参拝!

冬至を迎え、京都はかなり冷え込んできました。

朝、車のフロントガラスが白く固まっている日が続いています。

 

底冷えの京都も、凛とした風情があっていいものです。

この界隈も昨年は観光客で溢れていたはず… なのに…

本当に人が歩いていませんね。どこかに消えてしまった感覚です。

 

 

さて所用により、大谷祖廟(そびょう)へお参りしてきました。

大谷祖廟は「東大谷」とも呼ばれ、浄土真宗の宗祖 親鸞聖人の墓所です。

 

真宗大谷派(東本願寺)御本山「真宗本廟」の飛び地境内として、

親鸞聖人、歴代(門首等)、全国の寺院、門徒の方々の遺骨が納められています。

※五条坂の大谷本廟(西大谷)は西本願寺さんの廟所です。

 

この日、境内への参道は陽が差し込んで素晴らしい雰囲気でした。


IMG_1866.jpg 


IMG_1875.jpg


本堂にお参りして、上の廟所へ。

正面に檜皮葺きの唐門、塀の菱格子、雲の彩色彫刻が美しい佇まいです。

 

IMG_1871.jpg


IMG_1872.jpg


広大な墓地の入口には小さな六角堂があって、親鸞聖人がお座りになっています。

 

IMG_1877.jpg


毎年、報道されている「万灯会」が行われていますが、今年は中止となりました。



普段あまり意識していない場所も、改めて訪れると思いを新たにする事があります。

京都の東山界隈には、まだまだ私の知らない場所がたくさんありそうです。


いずれ世界からのお客様が戻って来られるとは思いますが、

静かな今のうちに京都を巡ってみるのもいいのではないでしょうか。



北海道知内町の工場へ!

北海道は知内町へ行ってきました。


“しりうちちょう“と読みますが、皆さんどこかわかりますか??

北海道新幹線「木古内(きこない)」駅からさらに30分ほど南に行ったところです。

一次産品のマコガレイとニラが有名とのこと。

 

木古内という地名もピンと来ない方、

新青森から青函トンネルを抜けて、新函館北斗へ行く一つ手前の駅です。

 

東京からだと「はやぶさ」で4時間ちょうどくらい。

大阪からは100%飛行機なので、逆に変な感じです。

 

 

さて、次回のオリジナル仏壇シリーズの試作をお願いしている関係で、

デザイナー秋山さん、プロデューサー、広報担当とともに訪れたのがもう夕刻。

 

IMG_1796.jpg


IMG_1798.jpg


で、ご挨拶する前に「青函トンネル」の入口をパチっと。

 

IMG_1792.jpg

 

工場見学をさせていただいたあと、熱のこもった打ち合わせがスタート。

有意義な議論が続き、気がつけば20時を過ぎていました。


まだまだ課題はありますが、ひとまず進むようで良かったです。

会長も遅くまでお付き合いいただきありがとうございました!


それにしても、ここは全国から発注のあるとても素敵な会社で、

今後も幅広くお付き合いできるのではないかとウキウキしながら見学していました。

 

IMG_1803.jpg

 

そこから函館へ車で… 久々の完全雪道を1時間半ほど爆走して戻った次第です。

(ちょっと飛ばし過ぎました…)

 

今回は1泊2日の強行スケジュールかつ、直前の寒波大雪で心配しましたが、

伊丹からの直行便が無事飛んで、着いてからは雪も降らずツイていました。

 

これから新シリーズ完成に向けて、さらに詰めていくことになります。

 

仏壇店として、手を合わせる場所を一つでも多くのご家庭にお届けするべく、

これからもデザインと質を両立した良き製品を提供してまいります。


秋山さん、引き続きよろしくお願いいたします!


 

嵐山は紅葉中!

嵐山の某寺院。

京都の人ならご存知の場所です。

 

同じロータリークラブメンバーということでお話しすることも多いですが、

今回はちょっとした御用でお邪魔しました。

 

 

お寺の駐車場に車を停めておいたところ、

その少しの間に、車に多くの紅葉の葉っぱが…

 

何とも風情のある、といいますか京都らしいなあと思ったわけです。

 

IMG_1773.jpg

 

ここのお寺は景色も最高!

ちょうどお天気も良く、京都市内が一望できました。


IMG_1774.jpg 


東山の山並み。

比叡山が左手に、右手には小さく京都タワーも見えます。

 

いにしえの人々は、ここから都の四季の風景を楽しみながら、

昇る朝陽や満月を愛でたり、歌を読んだりしていたのでしょうね。

 

 

嵐山も観光客がたくさんいらっしゃるとまた違う印象ですが、

こうして晩秋の静かな時間に訪れると、あらためて素敵な京都を感じます。


ようやく寒くなってきた底冷えの京都。

観光関連の仕事にとってはとても寒い季節となりそうですが、

必ず次の眩しい朝陽が昇りますので、前向きに進んで参りましょう!



焼肉と寿司は好調!?

社内の雑談で、回転寿司は混んでいるという話をしていたら

今回の「PRESIDENT」に“なぜ寿司と焼肉が勝つのか”という記述がありました。

その中からちょっとピックアップを。

 

今回のコロナ禍を受けて、不調に陥ったのが

都心、駅近、高級街、インバウンド、居酒屋、宴会、接待場。

特に居酒屋は全滅状態。

最近、和民さんが居酒屋から焼肉店に転換!と大きく出ていましたね。

 

今までは、駅に強力な集客力があった。しかし今は一番悪影響を受けている。

先日、京都駅に飲食出店している某君に聞くと、全店で一番落ち込んでいると言います。

 

次に高級な商店街はどうか。

東京の銀座と恵比寿はもともと人気のスポット。

しかし現状、銀座は少ないが、恵比寿は人出が多い。

年長者は外出を控えているが、若者は気にしていないことの表れであると。

さらにインバウンドを相手に安直な商売をしていたところは厳しい。

 

家族需要は好調。

郊外のアウトレットやショッピングモールは人出が多い。

特に回転寿司、焼肉店は人気で予約が取りにくくなっている。

 

立地やターゲットによって明暗がくっきりと分かれている状況です。

もちろんデリバリーやテイクアウトの需要も今後加速します。

ますますリモートが主流になるなら、いかに時間の価値を上げるかが今後の課題です。

 

 

さて、これらは飲食中心の話ですが、エンディング業界も変化しています。

コロナ禍で告知して葬儀をすることが減少し、それがスタンダードになってきています。

私たちが扱う製品、仏壇という特殊なものであっても考え方がさらに変化していきます。

 

これから製品のサイズ、価格、購入手法、どれもが新たな感覚が主流になります。

 

世の中の大きな変化を捉え、恐れず行動することが求められますし、

もうその時期にどっぷり入っていることを各自が認識すべきです。

 

社会の変化が加速しているのに、いつまでも自分は変わろうとせず、

旧態依然としたやり方を主張し、古い考え方で判断し動いている方々、

この先どうされますか〜



久々の鴨川ランニング!

もう数日過ぎましたが、日曜日に鴨川ランニングをしてきました。


お天気最高!気温も最適!走るのは太陽の光を浴びながらが最高です。

 

IMG_1725.jpg


IMG_1727.jpg


IMG_1728.jpg


今年、2月の「京都マラソン」に当選していて走る予定だったのですが、

(コロナウイルス感染拡大前、最後のマラソン大会でした!)

後輩の素敵な結婚披露宴に招待いただいたので断念いたしました。

 

そうなると目標を失うもので、春以降あまり走ることがありませんでした。

 

暑い夏は逆に体に悪いと自分に言い聞かせ、

秋は慌ただしいと言い訳し(笑)

そして今、冬を迎えました。

 

今度は続くでしょうか??

 

歩くことはもちろん、走るという行為は人間本来の本能です。

車にばかり乗っていると、間違いなく足の機能が衰えます。

 

会社でもエレベーターを使わず、意識して階段を登り降りしているのは、

私自身の恐怖心の表れでもあります。

 

マラソン42.195kmなんてとんでもない!無理!という方も多いですが、

一人で走るのではなく、また沿道にも応援があると、意外と走れるものです。

 

 

コロナが終息し、再び全国でマラソン大会が開催されることを祈念して

今度はしばらくランニングを続けてみましょうか〜

 

 

「hito/toki」使ってます!

11月25日に発売されてから、「なごみ工房」と若林佛具製作所の各店で販売中。

 

hito/toki(ひととき)」

 

Yahoo!は連日、線香、ディフューザーともランキング1位を獲得。

楽天市場も12月3日にデイリー1位を獲得したようです。

 

 22_senko-min.jpg

 

21_diffuser-min.jpg


ご購入いただいた皆様、ありがとうございます。

 

別に線香屋さんを刺激するつもりも侵害するつもりもないのですが、

これからもお客様の役に立つ製品を、企画・販売していければと思います。

 

 

私は、毎晩寝る前に「KOMOREBI」のディフューザータイプを使っています。

 

自分の周りだけにほのかに、爽やかで気持ちの良い香りが漂います。

香りの好きずきはあると思いますが、3種どれも心地よい香りがします。

 

IMG_1723.jpg


これとは別に、お線香タイプは火をつけますから香り方は違います。

本社の事務所でも時々焚くことがあり、私は気持ちが落ち着く感じがします。

 

 

お香は、身を清めるという意味合いはもちろんありますし、

香り自体は、人間の嗅覚から脳を刺激する意味のある行為です。

 

香りが認知症に効くということも証明されていて、

日常的なお香の重要性は今後ますます注目されてくることでしょう。

 

皆様も一度お試しください!



54回目のBirthday!

昨日は、54回目の誕生日でした。


今はFacebookでも誕生日設定している人は多くのメッセージが届きますね。

(私は返信しきれないので、何年か前からその機能は止めております)

 

会社へ来ると、

従業員の皆さんにも渡しているクローバーさんのケーキ系スイーツをもらいました。

「おめでとうございます〜!」とともに。何となくうれしいものですね。

 

さて、54才というととても年配者に聞こえますよね。

いつも比較されますが、実はあの“磯野波平”さんと同い年なのです!!

そして「波平さん理論」というものがあるようです。(笑)

 

—————————————

 

「波平さん理論」をご存じだろうか。

1950年頃の東京を舞台にしている漫画『サザエさん』。

父親の磯野波平さんの設定年齢は54歳だ。

あの風貌や立ち振る舞い、趣味の盆栽など今から見れば「老人」に見えるが、

当時のサラリーマンの定年は55歳だから引退間近だ。

当時の男性の平均寿命は約65歳。

「波平理論」を提唱する日銀金融研究所長の関根敏隆さんは

「生物学的には現在の74歳に相当する」と、医療の進歩や健康増進などで

80歳にまで伸びた現在との違いを指摘する。

 

—————————————

 

生物学的には現在の74才…(笑)

それだけ時代は変わったということでしょうが、たった70年前の話です。

男性の平均寿命も現在81才と延び、これから人生100年時代とも言われます。

感覚はどんどん変わっていくのでしょうね。

 

 

私は自分が54才と思ったことは正直一度もありません。

おそらく精神年齢といいますか、考え方は40才くらい(JC卒業時)と

あまり変わっていないのではないかと思います。

大げさではなく!

 

 

さて、人間は自分が決めてきたミッションを達成し、魂を向上させるために

この世界に生まれてきているといいます。

 

果たして私のミッションは何でしょうか?

そしていつまで生きて、何をこの一生で達成するのでしょうか??

 

これからの展開が楽しみです〜

 

 

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.