FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
親を選んで生まれてきている?
facebookのメッセージに考えさせられるものがありました。

この話は信じる方は信じますし、そうでない方には理解不能です。
信じない方は、おとぎ話を聞いているような気持ちでお読みください。

但し、輪廻の考え方のないキリスト教の国、アメリカでも、
最近このように小さい子どもが生まれる前の過去の記憶を持っていて、
自分の意思で生まれてきたということを認めてきているようです。

/////////////////////////////

胎内記憶を語る子供たちの中には、

例えば
「僕はさぁ、雲の上で見ててママのところにビューンて来たんだよ」
と、
生命が宿る前の中間生や過去生の記憶まで出てくるケースもあるんです。

最初に気づいたのは、
ある女の子が、女優さんになりたいから、
空の上から綺麗なお母さんを選んできたって話しているのを聞いた時です。


調べて分かったのは、
胎内に宿る前の記憶を持っている子が二十%、五人に一人いたんです。

おなかの中の記憶以上に不思議な話ですから、オカルトっぽいし、
虐待や中絶をする親はどうなんだといった疑問や反論も受けます。

わざわざそんな親を選んでくる子がいるのはおかしいと。

こういうことを言うと結構批判を受けるんですが、
これまで聞いた話から推測すると、
どうもそういう子は、敢えて虐待や中絶をされるために
その親を選んできているようなんです。

恨んでいる子は一人もいなくて、みんな「お母さんありがとう」
って言うんです。

赤ちゃんはお母さんを精いっぱい応援していますし、
命を懸けてお母さんを守ろうとしています。

そして長い目で見ると、中絶や虐待があったことによって、
お母さんや家族が愛情を取り戻したりすることがあるようなんです。

あるお母さんは、義理のお父さんを恨んでいたそうなんですが、

赤ちゃんを流産した後、そのお義父さんが
「神様は絶対に悪いことをしないから」と声をかけてくれたそうなんです。

実はそのお義父さんは、かつて病気で九死に一生を得た方でした。

お母さんはお義父さんの優しさを初めて実感して、
家庭が穏やかになったそうです。

それからあるお母さんは、自分が子供の頃に虐待を受けて嫌な思いをしたのに、
今度は自分が我が子に虐待をしていた。

ある時我が子の写真を見たら、
目の奥に仏様の慈悲の心が見えてハッとしたそうなんです。

すぐ子供にそれまでのことを謝ったら、
その子は僅か五歳なんですが
「僕はお母さんが分かってくれるって信じていた。
だってお母さんがそうするのはお祖母ちゃんからそうされたからだし、
お祖母ちゃんもそうされてたんだから誰も悪くない。
お母さんが気づいてやめてくれてよかった」
って言ったそうなんです。

自分が子供に選ばれたことを自覚すれば、親子関係は随分変わるでしょう

それは子供にも言えることで、この母親を選んだと思うと
親子関係はよくなります。

人生が辛かった人も豊かになるんです。

「親を選んでくる子供たち」
池川明(池川クリニック院長)
『致知』2013年4月号
連載「生命のメッセージ」より
--------------------------------------------

皆さんはどうお感じになりますか?

同じようなことをおっしゃている方が複数人いらっしゃるので、
私はこういうことはあると思っています。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.