FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店、若林佛具製作所から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
202009<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202011
いよいよ師走!
明日より12月!
今年も残すところ1ヶ月となりました。


我々の会社は10月決算ですから、もう今期は始まっているのですが、
営業関係は11月末〆となっており、12月1日に新たにスタートします。

ということは、1日は始まりの日。
新たな気持ちで取り組み開始の日であります。

企業というのは、必ず業績がついてまわります。
企業は社会の公器という言葉がありますね。

業績はまずその会社、従業員さんの幸せのためにあるのはもちろんのことです。

その上で、我々は経営理念として
「関わる全ての人々の幸せと心のやすらぎを追求する」
という大きな目的を掲げているように、
最終的には関わる職人さんやお寺様をはじめとするお客様に
幸福感、心のやすらぎを持っていただかないと完結しないことだと思います。

迷ったときの判断基準は
すべてここに帰結しなければならないと言っても過言ではありません。

何が幸せに繋がるのかは、常に考えていなければなりません。
今すぐ表に出てくる幸せもあれば、将来に向けての幸せもあります。


業績を上げる(売上、利益)ことは、
幸せになるための“手段”として絶対になくてはならないものです。

こうして企業は社会のために税金を納め、これが福祉に繋がり、
また雇用を生み、将来の地域・日本を担う力となっています。

企業は社会に必要とされなければ成り立たない、社会の公器なのです。
松下幸之助氏もこれを強く唱えています。


今、我々が完全にこれを実行できているとは申しておりません。
ただ、意識し続けることが唯一これを実行できる力となると考えます。

“まず思うこと”ですね。


偉そうなことを申し上げました。
今年もあと1ヶ月、がんばって参りましょう!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.