FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
202004<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202006
飯尾醸造さん
京都の北部、宮津に、
創業122年の「飯尾醸造(いいおじょうぞう)」さんがあります。

商標の「富士酢」は、日本一を目指すということで、
3代目の祖父が名付けられたのだそうです。

飯尾醸造ホームページ https://www.iio-jozo.co.jp/

14380937744550.jpg

先日、イベント「京都流議定書」の京都フォーラムの中で、
ご講演をお聞きいたしました。
ひと言で言うと、「素晴らしくて、うらやましい!」


契約農家さんで、原材料の米から完全無農薬(何と50年前から)。
しかも棚田にこだわって作り、その米を市場の3倍の価格で買い取る。

そこから日本古来の製法で、規格の5倍の量の米を使い、
杜氏が伝統の酒造りと同じ方法で「もろみ」を仕込みます。

時間を掛けて、大手メーカーの真似できない丁寧な発酵法により
製造することで、アミノ酸たっぷりのまろやかなお酢になるということです。

一般的なメーカーの米酢は99%が酢酸に対して、
この富士酢は86%しかなく、お酢独特のツンとしないのが特徴。

米から日本酒を作る工程と同じ製法で、さらに発行させたのが米酢
ワインをぶどうから作り、さらにワインビネガーをつくるのと同じことであると。


全国から苗の田植えと稲の刈り取りの時期にお手伝いに来てもらって
それをイベントとして楽しんでもらえる仕組みを作っておられることが
素晴らしいと感じました。
(無農薬のために苗から自分たちでつくるこだわりようにはビックリ)


で、私も早速、「富士酢」と「黒酢」を注文いたしました。

自社の製品をここまでこだわって作り、さまざまな企画をしながら
自信を持って販売できることは本当に素晴らしく、うらやましいと感じた次第です。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.