FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店、若林佛具製作所から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
202103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202105
組合研修始まる!
本年度も始まりました、仏具組合の研修。

昨年より「京仏ソムリエ」という資格が誕生して、
この研修を受けることによってソムリエの資格が与えられるという
重みも増しました。

もちろん上級ソムリエ資格へのステップとして受ける必要があるのと、
そもそも勉強のための無料研修ですから、受けない手はありません。


今回は木工研修として、弊社が古くからお付き合いしている唐木仏壇の宮部さん、
彫刻研修として、京都でも素晴らしい腕をお持ちの渡邉さんというお二人でした。

もちろんご両名とも経産大臣指定の「伝統工芸士」です。


宮部さんは、唐木仏壇の主に材料についてお話されましたが、
ちょっと準備不足かな?という感じ。

14438796296940.jpg

それでも3代目として、最近は洋材も使用して頑張っていらっしゃいます。
弊社もハイブリッド仏壇(伝統材と洋材の混合)製作をお願いしているところです。


渡邉さんは、ご自身のこれまでの作品紹介を中心に、
スクリーンでわかりやすく説明されました。

14438796488641.jpg

すべての作品において構図、仕上げなど、ひと味違う感覚を受けます。

これまで「伝統工芸大学校」の先生を20年もされていますので、
話すのは慣れていらっしゃる感じでしたね。


総じて言うと、
職人さんに、流れを考えてわかりやすくお話しくださいというのは酷な話です。
お話を仕事とされていないので、今までやってきたことをしゃべることしか
出来ないのは当たり前です。

参加者の質問によって、お話を引き出していかないとダメですね。


私としてはできる限り今後も生の声を聞いていきたいと思いますし、
京都の各専門職のお話はやはりエキスが詰まっていて参考になります。

ありがとうございました!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.