FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
202004<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202006
東本願寺さんの報恩講
今年も報恩講の季節がやってきました。

報恩講とは、
浄土真宗の門徒(信徒)にとって、一年の中でもっとも大切な仏事。
宗祖親鸞聖人の命日までの一週間に勤められる法要です。
宗祖親鸞聖人の教えに遇い、自らの依りどころを教えていただいた御恩に報謝し、
教えを聞信して、ともに念仏(南無阿弥陀佛)を申す身となっていくことを誓います。

と、このような説明がなされています。

ちょっと難しいですね。


法要には出入業者の会(招待)として出席してきたわけですが、
例年に比べて大変暖かく、その点は有り難かったです。

と思ったら、今日からとても寒~いです。

14483477555230.jpg

御影堂でのご法要が約1時間。

その後「お斎(おとき)」という一汁一菜、精進料理の食事をいただきます。

14483477651521.jpg

今年は、12年にも及ぶ御影堂、阿弥陀堂の両堂修復工事(及び御影堂門)
が一段落することもあって、久しぶりにその両堂の姿が拝見できます。


14483478503404.jpg
(御影堂)

14483478075583.jpg
(阿弥陀堂)

14483477820092.jpg
(御影堂門)


現在、完成間近の阿弥陀堂が特別に公開されています。

堂内は撮影禁止なので残念ですが、柱、壁面から天井に至るまで、
金箔の金色に輝くまばゆいばかりの浄土の世界が復原されています。

弊社も天井、壁面、柱など、金箔押しを担当させていただきました。

14220634252860.jpg
(本年の京都新聞記事)

そして、普段は御影堂門の上に安置されていて見られない
「釈迦三尊像」も間近に見られます。

御影堂門の金具類も下請として施工、有り難いことです。


東本願寺さんの報恩講は28日まで、
ぜひ参拝されることをオススメします。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.