FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201906
覚悟はよいか。
松下幸之助さんの著書「道をひらく」で、印象に残っている一節です。

(前略)
すべてのことにおいて、いろいろの姿で刻々に
「覚悟はよいか」と問われているのである。
そのことをみずから察知して、自問自答するかしないかは、
その人の心がけ一つであろう。

ましてや昨今のわが国の社会情勢、経済情勢は、
世界の動きとともに寸刻の油断もならない様相を呈しつつある。
つねに「覚悟はよいか」と問われることを、
おたがいに覚悟したいものである。



この文章に対して、幸之助さんのサイトで解説がついていました。

覚悟はよいか――。いまから半世紀ほど前、つまり日本が戦後の経済復興に成功し、
国民が平和であることに慣れはじめたころ、松下幸之助が鳴らした警鐘です。
それでは幸之助にとっての「覚悟」とは、一体どんなものだったのでしょうか。

ささやかな町工場からはじめた事業が成功し、世間的には功成り名を遂げた幸之助は、
自らの歩いてきた道をふりかえって、自分が電気器具の製造を思い立ち、
独立開業したのは、自分の意志だけでなく、もっと“大きな力”によって動かされた
結果ではなかったかと考えるようになります。

さらにそうした運命的な力を素直に認め、その働きに素直に従う。
つまりある種の諦観をもって生きる「覚悟」を固めて、与えられた環境に没入し、
日々の仕事に最善を尽くしていくところに安心感が生まれ、知恵や勇気が湧いてくる。
個々の問題に悩まされることはあっても、大きく迷い、煩悶することがなくなり、
なすべきをなすことができるようになる。
そうしてわが道がひらけてきたのだと思いいたるのです。

人には各々に与えられた天分があり、歩むべき道があるものです。
ですから、それぞれの境遇に応じて生きる「覚悟」が必要なのでしょう。
そしてその「覚悟」から生まれるところのおたがいの行き方が、
ともに生き、ともに栄える社会を生みだすものであってほしいと
幸之助はいまも願っているにちがいありません。

ということで、何事も覚悟をもってその事に当たること。


未来はじーっとしていても、向こうからやってきます。
『人事を尽くし天命を待つ』のではなく、
『天命に任せて、人事を尽くす』のです。と言った方がいます。

今後も日々自分に問いかけながら生活していきたいと思います。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.