朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
二条城東大手門の開門式典
今朝、元離宮二条城 東大手門の開門式典が執り行われました。

14902256634334.jpg

快晴のもと、8時20分より門川市長の挨拶。
同じく市長、市会議長、観光協会会長などがテープカットを行い、
門がゆっくりと開かれました。

14902255831431.jpg

14902256535863.jpg

横では一般の観光の方々が開門を待ちわびていらっしゃいました。

以下、本日 京都新聞夕刊の記事です。

14902253035340.jpg

黒と金の輝き再び 世界遺産、二条城・東大手門修理完了

世界遺産・二条城(京都市中京区)で重要文化財「東大手門」の修理が完成し、
22日に披露式典があった。春の観光シーズン本格化に合わせて、
正門の装いを新たに観光客を出迎えた。

東大手門は、1626(寛永3)年の後水尾天皇行幸時に原型が整えられ、
1662(寛文2)年に現在の2階建ての櫓門(高さ13・5メートル)になった。
2014年から64年ぶりとなる全面的な修理に入り、
入退城口は約400メートル北西の北大手門に変更していた。
修理費は4億7100万円。

午前8時45分に開門された。
金箔(きんぱく)や墨で彩られた唐花模様などの「錺(かざり)金物」が輝きを取り戻し、
観光客たちは門を眺めながら入城した。
門前には、二条城が舞台となった大政奉還から150年をアピールする
記念パネルも並べられた。

浜松市の主婦志村和子さん(64)と孫の奏君(10)は、
「大きな黒塗りの扉や柱と、華やかな金物の対比が印象的で、
開門の通り初めに居合わせて幸せな気持ちになった」と笑顔で話していた。


堀川通りからもその美しい姿が見られます。

外構工事の完成にはもう少しかかりますが、
大政奉還150年の記念すべき年を飾る仕事となりました。

関わらせていただいたことに感謝!有り難いことです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.