FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
202001<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>202003
常識を破ること
日本ではすでに、個人も企業も常識の基準を変化させないと
仕事が成り立たない時代に入っています。

今まではギリギリ常識の範囲内でおさまっていたことも、
おさまらなくなります。

それほど世の中は変わってきているのです。


以下、松下幸之助さんの言葉です。

私たちを取り囲んでいる常識というものは、
想像をはるかに越す根強さを持っています。
しかし私たちは、その常識を尊ぶとともに、
ときには常識から自分を解放することが必要だと思います。
そしてそのためには、やはり強い熱意が要請されます。

熱意のたぎっているところ、人は必ず新しい道を開きます。
常識では考えられないことをやってのけ、運命を切り開き、
新しい発明発見をします。常識を破るのです。

常識は大事であり、破るがために常識をはずれたことをするのは、
世の中を乱し、周囲に迷惑を及ぼすだけです。
そうではなくて、
熱意の発するところには、次つぎと新しい着想が生まれ、
必然的に常識が破られていくのです。


また、幸之助氏の著書「道をひらく」には


何としても二階に上がりたい。どうしても二階に上がろう。
この熱意がハシゴを思いつかす。階段をつくりあげる。
上がっても上がらなくても……
そう考えている人の頭からは、ハシゴは出てこない。

才能がハシゴをつくるのではない。やはり熱意である。
経営とは、仕事とは、たとえばこんなものである。


この先、常識を破る人が多く出てくれば、
それだけ会社も変化していくことでしょう。

まだまだ道半ばです!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.