朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
松山秀樹の素晴らしさ!
先日の全米オープンゴルフで、松山秀樹選手が2位に入りました。

青木 功さんがジャック・ニクラウスに次いで2位に入った
あの1980年“バルタスロールの死闘”以来です。

私がまだ中学生の時でしたので直接は覚えていませんが、
その後、何度もビデオを見ました。

私からするとジャック・ニクラウスは“別格”ですので、
単純に比較するのは難しいですが、その“別格”と4日間争ったということで、
青木さんは特に評価されているわけです。

しかし、松山選手はそんなところで終わる選手ではないでしょう。

日本人だから応援しているという小さい狭い話ではなく、
彼のプレーはどの選手よりも反復性が高い感じがします。
ちょっとアドレス(構え)時間が長いですが(笑)

コースマネジメント、考え方も素晴らしいと思います。
飛距離、正確さ、アプローチ、バンカー、パットに至るまで進化しています。

もちろん飛距離は道具の進化もあるでしょう。
大きなショットはミスしても大ケガしない球筋、マネジメントをしています。

アプローチ(グリーンを狙う短いショット)についても
他の選手よりも正確性が高く、平均的に上手です。

ちょっと違うとすれば、
欧米の選手は気分が乗ると手がつけられないというイメージ。
行くときはとことん攻める、それで大きなミスしても観客を魅了する
何かを持っています。
アーニー(アーノルド・パーマー)のように。

松山選手がメジャーを勝つ条件はすでに整っていると思いますが、
それには一歩踏み込んだ攻撃性、外国人でありながらギャラリーを味方につける
人柄も大切な要素となってくるでしょう。

石川 遼選手のように英語を話せる方がいいのかも知れませんが、
これからも日本語でインタビューを受ける堂々とした選手でいてほしいと思います。

本日は評論家のような内容でした(^^)
石川遼もガンバレ!!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.