朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
今年の祇園祭は三連休!
昨日から京都市内は大変です。
今年は三連休がそのまま祇園祭“先祭”の宵々山、宵山、巡行に当たっています。


13日の夜に仏具組合の70周年式典部会・懇親会がありました。

「まんざらNISHIKI」さんの個室で行ったのですが、
目の前が「占出山(うらでやま)」ということだったため、
「こんな場所でやるなんて!」と数名からブーイングを受けました。
(タクシーで来られないということで)

15001673060280.jpg

逆に雰囲気があっていいと思うのですが…文句多すぎ!(笑)

ちなみに「占出山」に祀られている神功皇后は 安産の神様です。


今年の“神様”お稚児さん、林君のお父上はうちのロータリーメンバー。
周りの反応「スゴイですね~」「大変ですね~」「ようやらはりますね~」には
様々な思いが含まれています。

tigo.jpg
(イメージ写真)

複数のサイトに次のような記事がありました。
事実とすれば、確かに大変でスゴイですね。

祇園祭のお稚児さんに選ばれる男の子は、
資産家のご家庭の子どもであることが多いです。
実はお稚児さんになれば、かなりの費用負担があるのです。
まずは長刀鉾町への寄付金です。
また、稚児の家には座敷が必要で、父親は羽織袴、母親は紋付の着物を新調し
関係者の飲食・接待 ハイヤーの手配も稚児家が負担します。
そのほか諸々の費用や 御祝儀・心付けなど大変もの入りで
概ね2千万円以上と言われています。


息子さんがお稚児さんになられた方は、家来役の禿(かむろ)二人を含め
私の周りにも多くいらっしゃいますが、
大変だったのですね。

私にはとてもできません。
まあ仏具屋さんが”神様”のお役目をいただくことはないでしょうが(笑)


毎日暑くて大変な京都市内ですが、
まずは先祭が無事に終了しますように祈念申し上げます。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.