朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
佛願寺様の落慶法要
日曜日に奈良へご法要に行って参りました。

新名神の八幡〜城陽間が開通したおかげで、第二京阪と京奈和道が繋がり、
以前に比べて奈良がグンと近くなりました。

会社から1時間で到着したのは、この度ご縁をいただいた佛願寺様です。
この度の落慶法要、誠におめでとうございます。

20171004211627fd5.jpg

佛願寺様は3年前の11月、火災によって御本堂が全焼となりました。
その後、お寺の門徒さんが中心となって再建に動かれたわけですが、
ご近所に親しい建築屋さんがいらっしゃったことで、
話が早く進んだように感じます。

そして今回の仏具は、火災後に奈良の刑務所から譲り受けられたもの。
若林で一部修復をさせていただきました。

20171004211634d87.jpg

これまで、代務をされている近隣のご住職も相当なご苦労があったことと
存じます。自らのお寺のお務めもお有りなので大変です。

また、ご法要には西本願寺の奈良教務所長様もお越しということで…
ご本堂に入って来られたのは、何とI本先生ではありませんか。

ご転勤をされたことは聞いてはいましたが、ここでお会いするとは!
お元気そうで何よりでした。


若林は全国のお寺様を営業で回らせていただいています。
各地で様々なお寺様との出会いがありますし、
それぞれに様々なご事情を抱えていらっしゃいます。

弊社としては、できる限りそのご事情を汲み取り、
ご納得いただける提案をし、
対話を続けていくことが大切であると考えています。
これからも従業員の皆さんとともに頑張って参ります。

佛願寺様の今後益々ご発展と、檀家ご門徒様のご健勝を念じ上げます。

担当のM君、ありがとうお疲れさまでした。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.