朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
組合の東本願寺ツアー
京都府仏具協同組合が開催される毎年恒例のレクリエーション。

最近は市内のお寺見学をされることが多いのですが、
今年は東本願寺の御本山、「真宗本廟」の参拝&見学、
眩しいくらい雲一つない晴天に恵まれた当日、30名ほどが集まりました。

20171112095527a2a.jpg

特に最近両堂の修復が完了し、内外とも大変美しいお堂となりました。

「御影堂」は世界一大きな木造建築、その大きさはいつお参りに来ても圧倒されます。
弊社では天井〜升組の錺金具一式の洗浄及び、
欄間等の美掃作業、折障子の修復等を担当させていただいたわけですが、
50年前にも先代が修理に関わった御影堂に再び関われることは、
誠実に事業を続けてこられた証であり、感謝以外の何ものでもありません。


組合の皆さんのご興味はやはり「阿弥陀堂」。
内陣の天井、柱、長押、壁面が全て金箔という、国内でも珍しいお堂です。
きらびやかな浄土を表していることは言うまでもありません。

金箔は3寸6分(109mm角)が約30万枚使われています。
今回、若林の職人として関わっていただいた方もご出席されていて、
昼食時に毎日大変だったことを語っておられました。

弊社はこうした職人さんの仕事とともに商売をさせていただいていることを
あらためて認識したところです。
有難いことです。

普段は見られない書院、御影堂門の上層へも上がらせていただき、
大変充実した見学会だったと思います。

20171112095141fa9.jpg

20171112095139e2f.jpg

20171112095141263.jpg

場所を渉成園に移し、昼食をいただいている最中に、
施工業者としてひと言話してほしいとの依頼をいただき、
ほんのさわりをお話しして来ました。
若林も、JVを組ませていただいた小堀さんもそうですが、
職人さん、従業員の皆さんのおかげで、この大きな工事が完成したことを
皆が忘れてはなりませんね。

2017111209514461d.jpg

20171112095143e52.jpg

研修委員会ご担当の皆様、ありがとうございました。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.