FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201902
岐阜での落慶法要。
本日は、ご新築をされたお寺様の落慶法要がありました。

雲一つない快晴のもと、岐阜県の浄土真宗本願寺派(西本願寺)専精寺様へ。
担当であるH部長とともに出席させていただきました。

!cid_49CB4512-DD0B-4599-AC13-C1B9DD232406.jpg

!cid_8F9D3292-FB94-4A88-B19E-9EF31CAF54F8.jpg

!cid_2CFAC45B-089C-4BEB-84C6-E5A564082F1B.jpg

このお寺の歴史は古く、創建は天安2年といいますから西暦858年。
慈覚大師が専精寺様の前身であり勅願寺(天皇の発願)としての天台宗 善相院を建立。
その後改宗し、現在の普門山 専精寺となった…とあります。
そしてお寺のあるこの場所は垂井城跡といわれていて、
関ヶ原の合戦で活躍した西軍の武将、平塚為弘の居城だったといわれています。

創建から4回の移動を経て1727年、現在の地に本堂が建てられました。
そんな御本堂は現在まで老朽化が著しく、ご新築の運びとなったようです。

そのような歴史あるお寺様のご新築に関われたということは、
若林として大変名誉のあることと喜んでおります。

この本堂を建築された亀山建設の社長さんとも久々にお会いいたしました。
いつもながら“ズルい”お役目の感謝状をいただき感謝申し上げます。



さて、専精寺様のすぐ近所に、朝倉山 真禅院というお寺があります。

!cid_991A5B28-E404-4D79-8AA2-B5300CAAF5EC.jpg

ここはつい最近、文化財修理のお仕事として若林工芸舎による丹塗り、漆塗り
及び彩色を施工させていただきました。

西暦739年創建といいますから、奈良時代ですね。
天台宗となったのは専精寺様の創建とほぼ同時期ではないかと推察されます。

青空に朱の丹塗りが眩しい「本地堂」です。

!cid_1568096B-6133-40AF-90D6-D3A1D55AAB83.jpg

この扉は漆塗りの中でも堅牢な本堅地下地なのですが、
京都の弊社内で丁寧にまた丁寧に、何回下地を付けて研ぐのかというくらいの
作業を経て、塗られています。
その現場をタイムリーに見ていた私には感慨深いものがあります。

!cid_4FF7273D-144D-48EF-9B0D-1C154D00F3CE.jpg

!cid_98B37895-C589-4A23-9BA7-5836C237ADFC.jpg

この三重塔も重要文化財。

!cid_214AF481-6D85-4241-B078-04330FB38E4E.jpg

関ヶ原合戦場観光の折にでも、ぜひお出かけくださいませ。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.