FC2ブログ
朝に礼拝 夕に感謝!
京都にある老舗仏壇・仏具店から「あんなこと」「こんなこと」さまざまな情報を発信します。朝(あした)に礼拝(らいはい) 夕(ゆうべ)に感謝!
201907<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201909
物心一如の商売。
久々ですが、いつも考えさせられるメールから思いを書いてみたいと思います。
松下幸之助さんの真髄とも言える内容です。


【自動販売機と同じ】

品物を売って、代金をいただくだけなら、自動販売機と同じです。
これは松下幸之助の変わらぬ信念です。
お客様と心を通わす、物心一如の商売こそ、真の商売です。
商売は機械でできるものではありません。
答えは一つではないのです。心のみが、人の心を動かすのです。
商いは心です。
喜びと、新しい変化を相手に与えてこそ、本当の商売と言えるのです。
お客様と心を通わせてこそ、真の商売です。


幸之助氏にとって繁栄とは「物質」・「精神」の両面の繁栄、
すなわち「物心一如」の繁栄を意味しました。

この心に対する強い探究心と独自の認識は無限の広がりをみせ、
ついには、宇宙には科学によって発見されるような物的な法則があるとともに、
心的な法則も存在するはずと考えていたのです。


昨今、我々の商売の手法も随分変わってきました。
特にお仏壇やお位牌のネット販売については、
一般論として10年前は発想できなかったことだと思います。
たった10年です!

実はこのネット販売こそが心を通わせる商売をしないとなりません。
実店舗での対面販売でなくお顔が見えない分、お客様の気持ちを先回りした
少しでもわかりやすい商品ページ作り、丁寧な接客が必要なのです。

ネットは自動販売機ではありません。
その店舗の味、考え方が明らかにページの中に見えますので、
お客様はそこを感じとってお求めになるのです。

もちろん評価やレビューが参考になるのは当然ですが、
これこそ日々の積み重ねによって得られる、まさに物心一如の結果です。


この先、ますます新たなチャレンジがやってくる若林にとって、
常に心に留めておかなくてはならないことだと感じます。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.